ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.21

オリンピックチケット

Pocket

 オリンピックのチケットの抽選結果が発表になって、

あちこちで当落が話題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほとんどは「当たらなかった、残念」という話題ですが、

中にはもし多数申し込んだチケットが全部当たっていたら

何百万も払うところだったので、

残念な反面、ちょっとホッとした、という意見などもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシといえば、一つも申し込んでなかったので、

ふーん、という冷めた感想ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、それほど見たい競技がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだん、陸上や水泳、体操、柔道などの試合を

見に行くことはありませんし

サッカーは好きだけど、フル代表ならともかく

オリンピック代表では、あまり食指は動きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開会式はちょっと見たいけど、

数万から数十万円も払って見たいかというと、

そこまでではなく、テレビでいいかなあ、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2002年のワールドカップ日韓大会の時は違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時は、チケットは確か郵送で登録制だったので、

自分はもちろん、職員のお父さんの名前、

当院に出入りしている製薬メーカーのヒトの名前を「借りて」応募。

これで40通くらい応募してたしか2通当選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、Jリーグサポーター枠、というのがあって

Jリーグのチケットの半券の裏に

住所と名前を書いて、もぎってもらうと

抽選でチケットの購入権が当たる仕組みがあった。

ふだんからレッズの試合に通っていた甲斐があって、

この枠でも1枚当選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2次募集でも電話かけまくって1試合当選。

その他、サッカー仲間の方があてた枠と

当院の薬局の親会社の方から、サッカー好きの先生のためにと

スポンサー枠的なチケットを譲ってもらい、

全5試合を見ることができました。

結局、日本戦2試合は日本対ベルギーは1人で、

日本対ロシアは友人と、

予選リーグのイングランド対スウェーデンは妻と、

準決勝トルコ対ブラジルはそのスポンサーさんから譲ってもらった人たちと、

そして決勝のドイツ対ブラジルを息子と見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、サッカーファンとして

八方手を尽くして一生懸命努力したので、

それなりの結果が出て

チケットを確保することができ、良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに比べ、今回はそんな気分にはならず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、全競技が完売することはないだろうから、

あまりメンドクサイことはしたくないが、

簡単に手に入る地味なのでイイから

1個くらいは話のタネに見てみたい気もします。

一番お手軽に見られる競技はなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ