ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.04.27

オリベイラ監督初戦はアウェイで黒星

Pocket

 さて、4勝2分け0敗という驚異的な結果を残して、

新監督にバトンを渡した大槻組長。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その新監督オズワルド・オリベイラに対する期待は、

嫌がおうにも高まるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろ暫定監督があれだけの結果を残したのだから、

名将オリベイラははたして何をやってくれるのか、と。

*********************************************************************************************

2018年J1第10節

柏レイソル  1-0    浦和レッズ (三協フロンテア柏スタジアム)

  (前半  0-0)

  (後半  1-0)

*********************************************************************************************

 柏レイソル、今期はここまで3勝2分け4敗、

対する浦和は3勝3分け3敗とわずか勝ち点1差。

ただしレイソルは2連敗、レッズは3連勝のあと1分けである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、試合開始後からレイソルの圧力に押されっぱなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中2日のレイソルの勢いが中3日のレッズを完全に上回っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は両キーパーの好セーブもあり0-0の展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、レイソルが疲れて展開が変わるかと思ったが、

流れは変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、数々のピンチを西川の神がかり的セーブで凌いでいたレッズだが、

72分、ついに失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、オズワルド監督が取った策とは、

意外にもディフェンダーの槙野をワントップに上げたパワープレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 な、なんと、こんな古典的な作戦はひさびさに見たぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、さらに時間が押し詰まると、

センターバックのマウリシオまで、前線に貼らせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、これは、まさにかつて鹿島アントラーズの2枚岩といわれた

大岩、岩政のガタイの大きなディフェンダー2人を終了間際に前線に貼らせる、

というあのスタイルではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっ、これが、オリベイラ・スタイルかっ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいじょうぶかなあ、この監督、

まさか10年前から戦術が進歩していなかったりして・・・・。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ