ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.12.22

オリエント急行殺人事件殺人事件

Pocket

 

 昨日の「オリエント急行殺人事件」のブログに

KAZU氏から大変、蘊蓄の深いコメントをいただきまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありゃま、カワイソウ、

その高校生、映画館出てから尾行して後ろから刺したろか、

と思う気持ちが芽生えたかと思うがよく思いとどまりましたね。

あやうく「オリエント急行殺人事件殺人事件」になるところで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急に思い出したのが、ワタシの友人I氏に聞いた話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時は2002年、日韓共催のワールドカップの際のお話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予選リーグでベルギーに引き分けたのち、ロシア、チェニジアを破った日本は

予選を首位で勝ち抜け、決勝トーナメントで宮城スタジアムでトルコと対戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 I氏は大のサッカーファンであり、

しばしばワタシもスタジアムに一緒に行ったことがある。

この2002年ワールドカップも予選の「日本対ロシア」と、

準決勝の試合も一緒に見に行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、「日本対トルコ」、キックオフは平日の15:30。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院はこの日、ワタシが午後の診察開始を急遽「試合終了次第」としていたが、

会社勤めのI氏は、この時点での臨時欠勤、早退は不可能であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、I氏は帰って録画観戦しようと、キックオフ時間以降、

一切のメディアとの接触を断ち、

同じフロアの同僚には、ゼッタイサッカーの情報はもらすな、

と厳命していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、仕事をすばやく切り上げ、

5時半過ぎにはオフィスを出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕時計を見つめなが下りエレベーターを待っていると、

開いたエレベーターから、他の部署の若い女子社員が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、

「あ、I課長、お疲れ様でーす。日本、負けちゃいましたね。」

と、笑顔であいさつされたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時のI氏の心情たるや、察するに余りあるものであり、

涙なくしては語れない話である。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ