ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.29

オミクロン株出現

Pocket

国内での新型コロナの感染者が激減し、

いよいよ収束に向かうのか、

との期待に冷水を浴びせかけるような

「オミクロン株」の出現のニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南アフリカ共和国で見つかったこの新規の変異株は

WHOが「懸念される変異株(Variant of Concern)」と認定し、

オミクロン株と名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでデルタ株が広がっていた南アフリカハウテン州で

急速にオミクロン株に置き換わっている、ということは

この変異株がデルタ株より感染力が強い、ということは

ほぼ確実と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカ以外で、香港、ベルギー、イスラエルなどで発見されており

南ア以外のアフリカ諸国からの帰国者から見つかってることから

アフリカ諸国で広がっている可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変異の数が30を超えており、これまでで最も多いということは

ワクチンの効果が弱まっている可能性が高いと思われますが、

どの程度かは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイルスの毒性、侵襲性についても現時点ではわかっていませんが、

急激にアフリカ各地に広がったことを考えると

少なくとも極めて危険なウイルスではないということはいえそうです。

重症度の高いウイルスは知らないうちに広がることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても「オミクロン」はギリシア文字の15番目だから

もう半分以上行っちゃったわけか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら「ニュー株」「クサイ株」は無かったそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ν(ニュー)」は英語の「New」と混同するので避けたそうですが、

「ξ(クサイ)」は英語記載の「xi」が

「習近平」の「習」の英語表記と同じなので

WHOが忖度した、という噂が流れたが、

WHOは一般的に多い苗字なので、とコメントしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに「習近平」はクサイやつだと思ってたが

やっぱ「クサイキンペー」であったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、このオミクロン株の登場によって、

第6波の危険性も高まったし、

北京オリンピックの開催も危うくなったということですね。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ