ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.12.03

オミクロン株が地球を救う?

Pocket

「驚異の新人」オミクロン株は、

あっという間に世界各国からその存在が確認されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、謎の多いオミクロン株ですが、

南アフリカでのデルタ株からの急速な置き換わりを見れば、

デルタ株に比べて段違いの感染力がある、ということは確かなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、気になる重症化のリスクですが、

この間書いたように、これだけ短期間で世界各地に広がる、

ということは重症化のリスクはかなり低く、

症状の出ない不顕性感染もそれなりにあるのではないか、

ということが推察されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実際に海外からの報告では

今のところは軽症例が多いという傾向が伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが、ここ最近考えていたことは、

このオミクロン株がコロナ禍の終わりをもたらすかもしれない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで広がった新型コロナウイルスが、

地球上から消えてしまうことは、もはや考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンによる免疫を強化し続けるという未来もありますが、

もっとも考えやすく、理想的なのは、

新型コロナウイルスが普通の風邪のウイルスになる、

というシナリオです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライノウイルスやRSウイルス、そして旧型コロナウイルスは、

「Common Cold」を引き起こす普通の風邪のウイルスとして存在していますが、

かつてはヒトを死に至らしめるような強毒性のウイルスだった可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今のようなほどほどの侵襲性を持ったレベルになり

今日まで命脈を保ってきたと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 繰り返し述べてきたことですが、

細胞外で生きられないウイルスは、

侵襲性が強すぎて宿主が死んでしまえば、

自らも一巻の終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の宿主に移動する手段として、

呼吸器系のウイルスは、咳や、くしゃみで飛ばしてもらう、

消化管系のウイルスは、嘔吐や下痢を介して

次の人の口に入るという方法を取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 呼吸器系のウイルスとしての新型コロナウイルスの

理想的進化形は、寝込むほどではない軽い風邪症状を起こし

咳やくしゃみ、会話を通じて

人から人に感染を繰り返すモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株はこのモデルに近いのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株で死者が出ることもあったとしても。

ライノウイルスや、RSウイルスなどの普通の風邪でも

こじらせて肺炎を起こしたりして、

重症化したり、命を失う人もいるわけですから、

その辺も考慮して判定すべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染力の強いウイルスは、従来のウイルスを駆逐してくれますから、

それが重症化しにくいウイルスであれば、コロナ禍は終わる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上は、ワタシの都合のいい楽観論ですが、

オミクロン株でなくとも、いつかはこういった形で

新型コロナが収束していくのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では今、新型コロナウイルス感染者が減っているので比較できませんが、

南アフリカなどのデルタ株流行地域でオミクロン株に置き換わったあとの、

致死率や重症化率の比較統計が出れば、

おおよその傾向がつかめるかもしれません。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ