ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.08.28

エスパルスに逆転勝ちし、リーグ3連勝

Pocket

 

子供たちが大学から帰省中。

 

 

 

 

 

 

リビングのTVでゲームに興じているので、

オヤジはTV スティックを引っこ抜いて、2階のTVにさす。

 

 

 

 

 

 

 

インターネット環境があればどこでもDAZNが見られる、

というのもこのファイアTVスティックの利点である。

ムカシだったらチャンネル権争いに敗れて涙をのむ父親の図、

になるところであった。

 

 

*****************************************************************************************************************

2017年J1第24節

清水エスパルス  1-2   浦和レッズ (IAIスタジアム)

    (前半  1-0)

    (後半  0-2)
*****************************************************************************************************************

かくて、2階寝室で一人サッカーみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の相手は清水エスパルス。

水曜日の川崎フロンターレとのACLの関係で、

この試合と甲府対川崎戦のみ日曜日開催。

土曜日なら行けたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なに、鄭大世とチアゴアウベス、ケガで離脱中。

こりゃ、ラッキーですね。

なんせ5月のゲームではテセに2ゴール、チアゴに1ゴールくらってますからね。

こちら柏木と森脇がいないけど、差し引きではまだ十分プラスだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はレッズペースで進み、良い位置でのFKを含め、けっこうチャンスもあり。

FKのキッカーは柏木がいないので矢島。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプした相手の下を通すのは、いいアイデアであったが、

そこに滑り込んでクリアしたエスパルスDF角田の読みはスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがチャンスは多く、レッズペースで進み、いつ得点はいるか、

とか言ってたら、コーナーキックからDF角田にヘッドで決められてしまう。

槙野、マーク外すなよ、そんなんで日本代表かよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなん、やられた日にゃあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、まだまだこれから、と思っていたら、

ネットテレビの接続があやしくなってきた。

画像がとまって、なんかくるくる回ってるぞ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思っていたら、・・・・消えた。(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何が悪いかわからないが、いったん切ってつないだらまたつながった。

しかし、すでにハーフタイム。

後半はどうか。

たのむぜ、レッズもDAZNも・・。

しかし、今回アウェイ用の蛍光イエローのセカンドユニ、キーパーが蛍光ピンクで

まるまる蛍光マーカーになってますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、64分、待望の同点弾。武藤のクロスに合わせたのは遠藤航。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、がぜん勢いづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして70分には、興梠がボックス内で見事なボディバランスで

ラファエルシルバに落とす。

これを8番が冷静に決め、逆転に成功する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、倒れてるー(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この点差を守り切り2-1で逆転勝ち。

堀新監督になってからリーグ戦負けなし、1分けのあと3連勝になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ守備面で不調であった遠藤航が

今日は再三いい縦パスを供給、自らも得点を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今日一番光ったのは興梠新三のプレー。

前線でタメを作ったり、サイドに流れてマークを引きはがしたり、

また、早いチェックで相手攻撃の芽を摘むなど、

縦横無尽の活躍ぶりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここIAIスタジアム、もともとは日本平スタジアムであるが、

エスパルスが勝つと花火が上がっていた。

以前、逆転負けでクヤシイ花火を見た覚えがあるが、

今夜行った人は良かったですね。

行きたかったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと水曜日にルヴァンカップ第1レグでアウェイでセレッソ大阪と戦う。

上位チームに勝って、再生したレッズを示すことができるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ