ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.10.22

インフルエンザ、困った話

Pocket


 【その1】
 昨日来た、患者さん(女性、成人)の話。
 37度台の熱があり体がだるい、とのこと。
 「周りにインフルエンザの方はいましたか?」
 「高校生の息子が先週39度までの熱が2日続いたんですが、
近くのお医者さんでインフルエンザではないといわれました。」
 「学校ではどうなんですか。」
 「それが、息子のいる2年生はそうでもないんですけど、1年3年は大分多いという噂が・・・。」
 「噂?」
 「学校側が公表しないんです。」
 話としては、その高校(足利市内ではない)では、1年生、3年生に
インフルエンザと思われる多数の欠席者があるのに、
保護者には特に連絡をせず、修学旅行なんかも行っちゃったらしい。
最近、世の中でインフルエンザが流行ってるので注意しましょう、
というプリントが来ただけだという。
 
 これ、ダメですね。
 風評被害を防ぐため隠蔽した、としたら問題ですね。
 こういう、社会に影響を与える情報は、なるべく早く、広く、正しく伝えるべきです。
 自然災害でも、事故でも、伝染病でも「正確な情報」が、最も重要です。
 【その2】
 そして、今日の午後来たアレルギー性鼻炎の小学5年生の男の子。
「また、鼻炎出てきたね、お薬出します。」
すると、お母さんが
「この子、お姉ちゃんがインフルエンザだったので、予防してるんですが。」
「予防?」
「ええ、リレンザを。」
「リレンザ!この子なんか病気あったっけ、腎臓とか糖尿とか・・・。」
「何もないです。」
「何か症状あるの?」
「咳ひとつしません。」
「だー、どこの病院?」
「×××です。」
「また、あそこか。ひょっとして、お姉ちゃんは他に薬何か出てる?」
「トミロン出てます。中耳炎とかにならないようにって。」
 あー、全く話にならん。
 新型インフルエンザで耐性ウイルスが出てるから、
タミフル、リレンザの予防投与は控えるようにと、
WHO(世界保健機構)が通達を出したのは9月のこと。
それを受けて、厚労省も同様の勧告を行っている。
予防投与のリスク」「アメリカCDC」参照。
 その前、7月に大阪で見つかった新型インフルエンザの耐性ウイルスも、
予防投与を受けていた40代の女性教諭だった。
 そもそも、季節性のインフルエンザでも予防投与は、
ごく限られたハイリスクの場合しか認められてないし、それも保険適応はなく自費扱いだ。
 
 なんか、こんな話聞いて、情けなくなってガックリきて、
そのあと、夕方、仕事するのがしんどかった。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    インフルエンザの情報のお話、またありがとうございます。日々更新されていく報道や通達文など先生方のご負担も大きいものとお察しいたします。
    先生のご紹介の厚生労働省の通達にあるように、医師の判断により治療が委ねられる今、本当に重要なのは「正しい知識をしっかりお持ちのお医者さんにかかること」だと痛感しております。
    私、昨冬三年ぶりくらいに熱発しまして、市内の某町クリニックに受診し(日曜でやってるとこだったので)インフルエンザの簡易検査してもらったら陰性でした・・・しかしあれはインフルだったに違いないと先生のブログを読んで思ってます。綿棒ぐりぐり明らかに不慣れな看護師さんだったし・・・。なぜ翌日おぐら耳鼻科さんにかからなかったのかと今でも後悔してます。
    諸般のご事情で実名を挙げられないことと思いますが、もう少しヒントでも与えていただくことがバカ医者(失礼!)にかからずに済むことに繋がりますので・・・よろしくです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     いつも応援ありがとうございます。
     病院の実名はネットではちょっとアレですので、まあ、直接ならいくらでもお教えしますが・・・・。
     えーと、綿棒グリグリ看護師さんなんですかー?
    医者じゃないの?
     以前も書きましたが綿棒グリグリ大事ですよ。
    大人は鼻をかんでからだけど、鼻かめない子供はホントは耳鼻科で鼻吸引すると
    正確に出るんですけどね。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ