ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.19

イマドキの切手


 切手の話の続きです。

メールやファックスでの連絡は多くなったが、

請求書はほぼ郵便で送られてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 料金後納郵便も多いけれど、切手が貼ってあると

つい見てしまいます。

切手コレクター世代ですので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンダの切手もある。

最近の主流はシール切手です。

コレクター的にはちょっと気になりますが、

やはり写真はちょっと違うなあという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはなんだ。

香水瓶みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、なんだかわからなかったが、

スタッフの一人が一発で当てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正解は「ホッケの開き」。

拡大して見れば確かにそうですが、

想定外の絵柄なので、ぱっと見全くわかりませんでした。

全国うまいものシリーズ「北海道編」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 拡大しても全くわからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 郵便局のホームページで検索。

これか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リビング、寝室、バスルーム・・・・

デザイン的にはどうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくともコレクターとしての食指は動きませんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、こんな切手を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお。これは昭和47年の切手趣味週間の「湖畔/黒田清輝」、

・・・・・ではなく額面が84円、

ということはリイシュー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた郵便局のホームページで検索をかけると・・・

これかー。

上段右から3番目の葛飾北斎「甲州石班沢(こうしゅうかじかざわ)」も

国際文通週間で取り上げられた絵柄ですね。

たしか、持ってたような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

63円バージョンもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術の世界第2集では同じく切手趣味週間に取り上げられた上村松園の「序の舞」

葛飾北斎の「凱風快晴」通称「赤富士」もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、見るとこのあいだ来た、

これまた何の絵柄だかわからなかったこの切手も

美術シリーズだったのだ。

上の写真にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、切ってはがしてとっておこうかな、

と思ったけど、残念ながら

あー「目線」入っちゃってましたね。(T_T)

 

 

 

 切手ブームのころはコレクターのことを考え、

記念切手の消印は隅っこにかかるくらいに押す、

という配慮がたしかあったような気がしましたが、

今はないのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ