ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2012.09.29

イマジン

Pocket

 尖閣諸島、竹島問題は大変です。
 私は領土問題には詳しくなく、
右翼でも共産主義でもないのですが
この現状にはいろいろ思うこともあります。
 やっぱり石原慎太郎が尖閣諸島を買う、
なんてところからが
まず、変だ。
 しかも、島の所有者がいた、というのもビックリなんですが。
 
 しかし、冷静に考えれば中国のヒトビトが、
ああ、日本が買っちゃったのか、そら残念でしたー、
と思うはずはない。
 ここまで激しい反日デモとは思わないにしても、
反発は当然の結果ですよね。
 同じように島に上陸しちゃう韓国大統領も
大いに思慮に欠ける。
 漁船に乗って島に上陸する人も
島を視察に行く議員も子どもじみてる。
で、デモに乗じて破壊や略奪をする輩は、
もはや文化的な現代人からは程遠い。
 でもここで大事なのは、
どっちが正しいかじゃない 
わけです。
 マスコミとか有識者がいろんな資料を持ち出して
正当性を主張してみても
多分あちらの国でも
同じように学者や政治家がいろいろ
資料を並べ立てて自分たちの正しさを
証明しているわけだし。
 これは、どう考えても我が方が正しい、
と双方が固く信じているわけで。
 仮に第3者的に裁定が下っても
結局負けた側は納得いかない。
 えー、だってあれは誰が見てもハンドだろ、
などとサッカーレベルの話でも
審判の裁定に遺恨を遺す。
  サポーター間で暴力事件が起こることもあるので、
これが国家間の関係だと大問題である。
(南米などはサッカーレベルの話でも人命に関わる場合もある)
 こんな子供のケンカみたいな争いで
企業や個人が損害をこうむったり、
貿易や交流にヒビが入ったり、
するのはまことにもって申し訳ない、クダラナイ。
 さらに紛争や戦争になったら目も当てられない。
 別に日本だって中国だって韓国だって
あんなちっぽけな島なくたって生きていけるでしょ。
 最初っから無かったことにして、
放棄するとか共同管理にするとかしか
解決法はないのでは?
 それにしても中国や韓国の人があれだけ興奮するのは
やはり教育のせいなのだなあ。
 子供の頃から親に先生に社会に
日本のことを悪いイメージで教育されてきたので
もう、そうとしか思えないんでしょうね。
 そういう思い、考え方って放射能や水銀みたいに
生体内で濃縮していくからコワイ。
 中国って体はでかいがオツムがついていかない問題児みたいなもんだけど。
 でも、一緒の幼稚園に通ってるんなら仲良くしないと。
 日本人が中華街にデモ行進してお店に投石したり、
韓国焼肉屋に車突っ込ませたりしない分、
日本人の方が大人だと思うし誇ってもいいが、
国民性の違いもあるにしろ多くは教育の違いでしょうね。
 結局、一番得したのは島を売った人か?
Imagine there’s no countries
It’s not hrd to do


 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。



コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ