ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.17

イニエスタ、ついにレッズ戦に登場

Pocket

 医院の再開とともに再開したJリーグ。(泣)

神戸でのアウェイゲームは、DAZNで観戦。

むしろ当日は、サマーソニック2日目に行きたかったが、

やはり外来の混雑状況では15時半のランシドには間に合わなかった。

それより、足の小指が腫れて、靴がはけない!

イヌの散歩はビーサンでした。(T_T)

*******************************************************************************************

 2019年J1第23節

ヴィッセル神戸  3-0   浦和レッズ (ノエビアスタジアム神戸)

     (前半 1-0)

     (後半 2-0)
*******************************************************************************************

 3試合連続引き分けの不完全燃焼浦和レッズに対し、

神戸の方は2試合連続引き分け、6戦未勝利という「くすぶり対決」であったが、

蓋を開けたら、神戸の快勝、浦和の惨敗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツ2部ハンブルガーSVから移籍加入した元日本代表酒井高徳が

いきなりの先発で、大活躍、もたしかに神戸勝利の原動力ではあったが、

一番の要因は、やはりこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018年に来日し神戸に加入したバルセロナの手品師、

アンドレス・イニエスタはこれまでいろいろな事情で

対浦和戦には出場がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、満を持して(?)の初先発。

いやあ、やっぱりイニエスタはスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 35歳のロートルと思いきや、ボールのおさまり、さばき、

正確なキック、スルーパスから、強烈なシュートまで、

やっぱ、異次元だわ。

おまけに、前線から相手をつぶしに行く激しいボディコンタクトも見せ、

小手先のテクニックでなんとかしようということではなく、

サッカー選手のお手本のようなプレーぶりに感服いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいえ、1点も取れず、逆に失点にはならなかったが、

レッズのゴールポストにあたったシュートが3本(!)、

また西川のファインセーブに救われた場面が何本かあり、

大量失点していた可能性もあるレッズは、ヤバいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸に行った方は、お疲れさまだったなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ