ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2011.04.11

イクラ殺人事件

Pocket

 先日、ワタシ自身のアレルギー検査のお話をしました。
 その時の結果はRASTスコアで、イヌ、ネコともにスコア2でした。
 んで、もちろん、スギ、ヒノキ、イエダ二、ハウスダストはすべて0だったんですが、
実は、RASTスコアで「3」を示した項目があったんです。
 それは、なんと
「イクラ」!なのだ。
 もう7,8年も前になるかなあ、
ある飲み屋で飲んでると、どうも口の中がカユイ。
 んー、なんかのアレルギーかとも思い、その時食べたモノを記憶していた。
 そして、しばらくした後、また別のお店で口内のかゆみが。
 その時の食材と、前回のものを突き合わせると、
どうも犯人は「イクラ」らしい。
 まさかねー、などと思ってたが3回目に試しにイクラを
ちょっと食べてみて、間違いないことを確認した。
 なぜ、イクラ?
 ちなみにウチの妻はエビ、カニのアレルギー。
 本人によるとエビもカニも大好きで、食べすぎたためではないか、
とも言っていた。
 確かにアレルギーは、体質的素因と環境要因によって発症するので、
すすんで摂っていると発症しやすい、ということはある。
 しかし、オレ、別にイクラ好きじゃないし、
そんなに大量に食べた覚えもナイ。
(そんなに大量に食べるもんでもないし)
 アレルギーの素因は遺伝するので、
ひょっとして、死んだ親父が北海道大学だったので、
大学時代イクラ食いまくってたとか・・・。
 でも、大学の寮にいた学生がそんなにイクラ食うわきゃねえなあ。
 まあ、そんなわけで、イクラは気をつけて食べないようにしてるが、
もともと好物でもないし、何より大体そのまんまの形で上に乗っかってるので、
よけやすい。
 その点、エビなんかはすり身や粉末やなんかで混入してることがけっこうあるので、
ウチの妻は苦労しているようだ。
 彼女によると「かっぱえびせん」はアレルギーが出るが、
「オホーツク(カニ風味かまぼこ)」は全然大丈夫みたいだ。
 この間、学会の立食パーティーで、にぎり寿司を食べたら
イクラはとらなかったのに口の中がわずかにカユクなった。
 その場で握ってる板さん、ちゃんと手、洗ってよ。
 この辺になると、かなり敏感なセンサーなんだなあ、と思う。
 うまく証拠を隠滅したつもりだろうが、オレの舌は、ごまかせないぜ、みたいな。
 なんかこのネタで、推理小説が書けそうな・・・・・
 ・・・・・やっぱ無理か。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ