ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.09.12

アナフィラキシー

Pocket

 アレルギーとは本来体に「無害」な物質を

体が「敵」と誤認して

その排除のために行う免疫反応の「暴走」といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その原因は大きく分けて「吸入性」のもの

「食餌性」のもの「接触性」のものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、日曜日の朝ごはんに、だいぶ前にお中元でもらった

「鮭ルイベ漬け」の冷凍ビン詰めを食べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鮭はけっこう好きで、おお、これは美味いと思ったが、

2口目を食べたときにアレ、という違和感が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐさまビンを見るがそこには「鮭ルイベ漬け」としかなく、

おそらくお中元の箱に入っていた製品紹介パンフレットに

成分がかいてあったものと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻が当該メーカーホームページを調べるとそこには

果たしてサケとともに成分としてイクラの記載が・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シマッタ。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  実はワタシ「イクラアレルギー」であり、

その件については以前ブログに書いたことがある。

イクラ殺人事件」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、最初は少しのどがカユイくらいであったので、

それ以上は食べず、別のおかずで朝食を終えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝、アレルギー性鼻炎のクスリであるディレグラ飲んでたので、

それで何とかなるかなー、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、15分ほどするとムカムカがひどくなり、

心拍数も上がってきた。

横になって休むが手足の冷感が出てきて、

悪寒もする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、セレスタミンを内服。

ステロイドの入った強力なクスリである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何回か皮膚手足を見るが、発疹はないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この上、粘膜の浮腫や呼吸困難が出たらボスミン注射か、

とビビったが、毛布をかぶって寝ていたら

ナントカ、2時間程度で回復。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー、コワイです。

瓶詰めの美味しい「鮭ルイベ」は残念ながら、妻のものになりました。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ