ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.10.20

アウェイで鹿島粉砕、2位浮上!

Pocket


 ミッドウイークの天皇杯をある意味「捨てて」臨んだ
週末の「大一番」。
 首位を勝ち点差2で追う3位レッズが、
4位の鹿島アントラーズとアウェイで対決。
 負ければ順位はひっくりかえり4位転落とともに
優勝の可能性はかなり遠のいてしまう。
 しかし、カシマスタジアム15時キックオフは当然間に合わず。
夜は日赤で夜間救急当番だし。
 ああ、でも、何かできることをしなければ。
 という事で「とんかつ定食」(笑)
002_201310201831101d8.jpg
 今日は大一番という事で足利でのとんかつの名店とされる
大通りの「とんかつ栄」で、「とんかつ定食(上)」でいってみた。
005_20131020183111863.jpg
 ごはん、お代わりして、テレビの前に。


 2013年J1第29節
 鹿島アントラーズ    1-2    浦和レッズ   (カシマサッカースタジアム)
       (前半    0-1)
       (後半    1-1)


 天皇杯で山形に敗れた試合をスタンドから見ていたレギュラーメンバーたち。
 見てろよ、今度はオレたちがやってやるぜ、
とモチベーションが高まったことだろう。
 今期ホームゲームでは負けなしの11勝2分けと圧倒的な強さを示し、
直近公式戦4連勝の絶好調の鹿島を敵に回し、
レッズはゲームを支配した。
 トップチームは今やミシャサッカーを完全に理解し、
サイドチェンジと縦パス、ワンツーで鹿島陣内に攻め入る。
 守っては、早いチェックで鹿島フォワードに仕事をさせず、
そのイライラが後半のダヴィの退場につながった。
 なんと言っても、大事な試合で点を取ってくれる那須の存在は大きい。
 うーん、「ナス」といい「コオロギ」といい、
秋になって「旬」になるわけだ。
 原口のドリブルシュートも良かった。
 本人が言うとおり2003年ナビスコ決勝
鹿島アントラーズ相手の達也のゴールを彷彿とさせたなあ。
 あの日もこんな冷たい秋の雨だった・・・・・。
 当時、原口は小学生だったそうだが、
相手キーパーは今と同じソガハタというのもスゴイ。
 さあ、これで単独2位浮上、
1位マリノスとの勝ち点差は「2」。
 盛り上がってきたぞーーー。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    残念ながら完敗して、乾杯せずです(ノД`)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ついにワンチャンスの所まできましたよね。残り試合全勝でマリノスをぶっちぎってやりましょう。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    suzuki様
    他のチームも勝ってますね。もう落とせません。
    で、これから国立行ってきます。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ