ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.04.11

よこはま、ひきわけ

Pocket

 

  今年はまだあまり現地に行けてない。

 

 

 

 

 

  まあ、春、開幕当初は昼間のゲームが多いのでだいたい毎年そうなのだが。

 

 

 

 

 

  今日はアウェイだが日曜日なので、ちょっと横浜まで。

 レッズサポにはいきなりレプリカを家から着てっちゃう人も多いですが

 何となく、電車で行くときは遠慮してしまうシャイなワタシ。

 P4100016

 

 

 

 

 

 

 だが、靴は浦和レッズ別注のナイキ。

 P4100018

 

 

 

 

 

 

  腕時計は浦和レッズJリーグチャンピオン記念Gショック。

 P4100019

 

 

 

 

 

 

 リュックは浦和レッズ別注吉田カバンポーター製。

 P4100020

 

 

 

 

 

 

 ついでに、携帯はレッズ仕様のiPhoneケース。

 P4100024

 

 

 

 と、完全装備で向かう。

 ついでにパーカーはアジアチャンピオン記念パーカー、

 キャップもかぶり、

 お見せできないが下着も浦和レッズロゴ入りパンツである。

 

 

 

 

 

 新横浜駅を降り、日産スタジアムに向かう。

前の10番、マリノスサポとレッズサポが並んでいるのかと思ったが、

赤い方はマリノスの今年のセカンドユニで濃いピンクであった。

 

 

 P4100029

 

 

 

 

 

 

 途中こんなマンホールがときどきあり。

 P4100036

 

 

 

 

 

 

 あえて、いちいちすべてを踏みつけて進む。(^^)v

 P4100034

 

 

 

 

 

 やってきました日産スタジアム。おや、ピカチュウが。

 マリノスのスポンサーが全日空だかららしい。

 そういえば横浜Fマリノスの「F」は、

 今はなき「横浜フリューゲルス」の「F」だった。

 P4100037

 

 

 

 

 

 

 このスタジアムは入り口までが遠い。

 前を行くファミリー。

 「22」はキャプテン阿部。キャプテンは偉いのだ。

 お父さんかなり疲れてました。

 P4100043

 

 

 

 

 

 トンカツを食わねばならないところだが、どうしてもこれが食べたくて。

 P4100061

 

 

 

 

 

 子供のころから大好物。

 P4100069

 

 

 

 

 

 

 まず、ふたの裏についたご飯粒から食べるのが「昭和30年代生まれ」。(^^;)

 P4100067

 

 

 

 

 

 まあ、一応、メンチカツ串、ってのを売ってたのでこれで「カツノルマ」とする。

 P4100056

 

 

 

 

 

 

 3連勝中の首位レッズだが、3位マリノスも3連勝中。

 P4100101

 

 

 

 

 

 勝ち点差は「2」なので、今日レッズが負ければ順位がひっくり返る。

 P4100116

 

 

********************************************************************************************************

 2016年J1第6節

 横浜Fマリノス  0-0  浦和レッズ  (日産スタジアム)

     (前半 0-0)

     (後半 0-0)

********************************************************************************************************

 思えばここまで上位との対決はない。

 

 

 

 

 開幕戦の柏レイソルはその後監督解任になってもいまだ白星無しだし、

磐田、福岡、湘南、甲府と昇格組、残留組とのカードばかり。

 (そんな昇格組の磐田に負けてるけど・・・)

 

 

 

 

 

 今回初めての強豪チームとの対決になる。

 P4100107

 

 

 

 

 

 しかし、開始直後からレッズはボールを支配し、優位にゲームを進める。

 前回のACLの広州恒大と比べれば、あきらかにマリノスといえどもチーム力は格下だ。

 P4100112

 

 

 

 

 

 選手もそれを肌で感じつつ、自信を持ったプレーをした。

 ほとんど、ハーフコートゲームのようなマリノス陣内でのサッカーになる。

 P4100114

 

 

 

 

 

 しかし、余裕は時として、強引さを減弱し手堅さにつながる。

 

 

 

 

 

 余裕があるだけに、より確実に決めようとし、

シュートタイミングが遅れたり、キーパーの守備範囲にシュートを打つことになる。

 

 

 

 

 

 なかなか決めきれないレッズ。

 

 

 

 

 

 

 一方、マリノスの最大の武器は中村俊輔のFK。

 

 

 

 

 

 ペトロビッチ監督は自陣深くで絶対相手にFKを与えないように厳命し、選手もそれをよく守った。

 

 

 

 

 

 唯一、直接ゴールを狙えたFKはこの位置。

 まあ、ここならそれほど怖くはないが、それでも、直接打ってきた。

 P4100118

 

 

 

 

 

 

 結局、両チームとも得点を挙げられずスコアレス・ドローとなった。

 P4100128

 

 

 

 

 

 

 あれだけ攻めて勝てずにがっかりだが、昨年0-4で負けたことを思えば、まあ、いいか。

 P4100130

 

 

 

 

 

 両チームサポともモヤモヤし気持ちで帰路につく。

 P4100133 

 

 

 

 

 

 

 結局、アントラーズとフロンターレが勝ったので、レッズは3位に落ちた。

 P4100136

 

 

 

 

 ワタシとしては今期3試合観戦し、1勝1敗1分けになった。

 

 

 

 

 

 帰る途中、北千住駅で歯科のW林先生とばったり。

 

 

 

 

 

 講演会やってきた帰りだという。

 

 

 

 

 

 いやワタシは横浜でサッカーを、いえ、はい、レッズ、引分けで・・・・

 

 

 

 

 

 あれ、オグラセンセイ見に行った時って、けっこう勝ってないんじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 それは、言っては、イケマセン。(--〆)

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ