ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.03.19

ゆく川の流れは絶えずして

Pocket

 

 昨日の昼休みWindows10再起動しまくりの記事を書いたら、

なんと、その金曜日の午後から、全く再起動がなく、

今日の診察中も問題なく、ウソみたいにマジメに作動。

 

 

 

 

 

 いったい、なのがどうなったかわからん。

 

 

 

 

 

 Windows10が、解除されることを恐れて、自らいい子になったのか、

プログラム上の問題がやっと片付いたのか、

ともかく、しばし、様子をうかがうことにする。

 

 

 

 

 

 今日も花粉症の患者さんが多い。

 

 

 

 

 

 症状がかなりひどくなってから来られる方もいて難儀する。

 

 

 

 

 

 

 ついこないだも、書きましたが、花粉症はアレルギー性の炎症反応なので、

いったん重症化するとなかなか消退しません。

 

 

 

 

 

 化学伝達物質の放出により、多量のアレルギー細胞と、炎症細胞が鼻粘膜に誘導されるため。

 

 

 

 

 

 

 おとなしい鼻粘膜は最初はある程度の花粉が来ないと症状を起こさないのが、

こうなると鼻粘膜はケンカする気満々で、

少しの花粉や、温度変化、気圧、機械的刺激などの花粉以外の刺激でも

アレルギー物質を放出しまくるので始末が悪い。

 

 

 

 

 

 毎度言いますが、くれぐれも花粉症は我慢しないように。

 

 

 

 

 

 最近、こんな説明をしている。

 

 

 

 

 

 花粉症の治療は川の増水に対し堤防が決壊し無いようにすること。

 

 

 

 

 

 花粉症の薬を飲むと堤防が高くなるので、少し増水しても川は氾濫しないが、

それでも多量の水が来ると堤防は決壊してしまう。

 

 

 

 

 

 いったん決壊すると洪水が引くまでには時間がかかるし、

堤防が壊れているので今度は少しの増水でもまた洪水になってしまう。

 

 

 

 

 

 人間の体には自然治癒力、免疫力があるので、正直、薬なんかなくたってインフルエンザも風邪も治る。

 

 

 

 

 

 だが、アレルギー性疾患は、その免疫が体を裏切っているので、ガマンすればするほど悪化します。

 

 

 

 

 

 

 ひどくなってから、治療するのでは遅いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 卒業式を校庭でやったり、マスク禁止にするのは絶対やめてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで一方、Windows10の方は自然治癒したのかなあ。

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. 20日(金曜)に耳鼻科に行きました‼ ナント!お休みに…先生体調を崩されたのか?心配してしまいたした。 先日友人が、小倉先生随分痩せられて心配…とこぼしていたので、本当に調子が悪いんじゃないかと!! 先生には、後20年は頑張って頂かないと❗
    それには、先生が健康管理をしっかりして頂だき、息抜きのロック活動を減らし、ラーメンの汁は吸わないでいただきたいものです。
    どうか、皆の願いを受け入れていただいて、後20年‼
    宜しくお願い致します。

  2. ご迷惑おかけしてスイマセン。ブログに書いたように学会でして。痩せたのは週3回のスイミングと毎朝のイヌの散歩。血圧も正常で、忙しいけど体調はイイです。体力も以前よりついた感じ。
    ただ、あと20年後はもう引退かな。バンドはやってると思うけど。(#^.^#)

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ