ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.06.28

やはりホームではFC東京には負けない

Pocket

 

さて、鹿児島学会、バンドのライブ等で、すっかり時間がたってしまったJリーグ。

 

 

 

 

 

 

 

 2試合たまってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、先週水曜日、22日のFC東京戦。

 

 

 

 

 

 

 

 この試合はちょうど、鹿児島に向けての移動日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランチは、途中の北千住。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、カツを食う手もあったのだが、

前回書いたように、連敗で身も心も胃袋も疲れていたので、あえて別メニューで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てんや「のどぐろと空豆の天丼」。

 ・・・・いや、全然胃袋にやさしくないぞ。^_^;

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、「てんや」好きなんだけど、足利にないんだもん。

 美味しかったっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、試合は帰宅後、金曜日に見たわけだが。

*******************************************************************************************************************************

2016年J1第13節

 浦和レッズ   3-2    FC東京  (埼玉スタジアム2002)

    (前半  0-2)

    (後半  3-0)

*******************************************************************************************************************************

 なにしろ、大失速、絶不調の浦和レッズ、

対する相手は、強豪ながらめっちゃ相性のいいFC東京。

 

 

 

 

 

 

 

 ホームゲームでは2003年以来、15戦連続でFC東京相手に公式戦負けなしである。

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、前半はFC東京のゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 13分、31分とゴールを割られ、0-2となった時点で、ああ、今の浦和ではダメか。

ジンクスもいつかは破られるもの、と誰もが思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、このジンクス、予想以上に強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半21分、CKの流れからの興梠のクロスを槙野がヘッドでゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、いろいろ「目が覚めた」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのわずか6分後にまた槙野が同点弾を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなると「ジンクス」は、プレイヤーの脳裏に強烈に働きかけてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「勝てるぞ」と思う浦和の選手と「また、負けるかも」と思うFC東京の選手のメンタリティが

チームの勢いに現れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 78分に阿部の強烈なミドルがバーをはたくが、そこに李忠成がいて、胸で押し込むことができたのは、

何となく、そういった見えない力に導かれたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、大逆転で連敗のトンネルを脱出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日の夜なので、もし、学会がなかったら

見に行っていたゲームなので、そこだけクヤシイ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ