ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.08.17

やっぱり、このヒトにやられた

Pocket

 夏休みの旅行から帰って来てまずすることは、
蒸し風呂のようになった室内を早くエアコンで冷ますこと。
 そして、次に録画したこの試合を見ることだった。


 2010年J1第18節
  名古屋グランパス    3-1    浦和レッズ  (豊田スタジアム)
         (前半    0-0)
         (後半    3-1)


 竜宮城のようなサンゴ礁の南の島から、
また、一気に現実の世界に帰って来てしまった。
 フィンケの続投が決まり、再出発の意識を持って臨んだ試合。
 しかし、この結果は今の両チームの状態を考えると
至極妥当な結果とはいえる。
 相変わらず、ボールをポゼッションし、パスをつなぐレッズ。
 しかし、パスは足元に入るため、
次第にコンタクトのきつくなるゴールに近づけば近づくほど、
受け手は次のアクションができなくなる。
(エジミウソンが体勢を整える前に足元から強引に打ったシュートは、惜しかったけど。)
 ワンタッチ、ツータッチの素早い崩しも、
ゴールに近づくと、徐々に精度にブレが出てシュートに至らない。
 唯一、ワクワクしたのが、柏木が自陣から、
右サイドを長い距離ドリブルで駆け上がったシーン。
 カウンターが見事にはまり、得点にはならなかったが、
久々に興奮した。
 もっとこういうスタイルを取り入れてもいいのでは。
 すべてカウンターサッカーに戻れとはいわないが、
相手や時間帯によっては攻めさせて、カウンタ-を狙うような、
サッカーを織り交ぜる必要があるだろう。
 考えてみれば、実力が上のチームからカウンターをくらって失点したシーンは、
開幕の鹿島戦を含めけっこう多い。
 カウンターとミドル、スペースへのパス、
この辺だと思うんだけどなあ。
 それにしてもお盆のこの時期、
交通機関の混雑と猛暑の中を名古屋まで行かれたサポの方、ご苦労様です。
 ああ、この試合で「あいつ」にヘッド決めれれるのだけはカンベンだなー、
というサポの思いに、御約束のごとく(?)答えてくれるレッズ。
 宇賀神のシュートだけが、心の救いですね。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    前節のグランパス戦悪くなけったけどな~。急遽ベガルタ戦に参戦することになりました。家族総出でこの連敗を断ち切ってきます。良い報告ができるよう目一杯声だしてきます。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ