ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.17

まぼろしの雪山

Pocket

そんなわけで、朝少し寝坊したが

尾瀬戸倉に向け出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セブンイレブンで朝ごはんを調達。

北海道グルメフェアやってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで「いかめし」おにぎりを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼田インターで降りると、道路は圧雪路。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道沿いのお店ではどこも雪かきに追われています。

ということは雪は夜まで降っていたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬戸倉は片品村のスキー場でも最も奥にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前9時55分に到着。

駐車場は空いてます。無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフト券売り場に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにランチ券付で2800円だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか、群大の冬山診療所はあの奥にあった。

パトロール詰所の裏が応急処置所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに寝泊まりしてると、

パトロールの人とも仲良くなって、

夜は一緒にお酒飲んだりしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しまった、リフト券売り場でゲレンデマップをもらうの忘れた。

まあ、いいや。

降りてこられないところはないだろう。

あとから考えると、これが最大の過ちであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ゲレンデへ。

いい天気、空いてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりスキーは平日に限る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日まで雪が降ってゲレンデコンディションは最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ稼働リフトの数が少ない。

経費削減のためか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時になり、山頂へ行くリフトが動き出したので、

これに乗って上まで行く。

おお、サイコーじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを一気に滑り降りて、もう一回同じリフトに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は別のコースで降りようと、

違う方向に向かったら、非圧雪の上級者コースであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、なんとか行けるでしょ、と思ったが、

新雪に足をとられて転倒。

立とうとしたが、スキーも完全に埋まって身動きが取れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキーを履いた脚を上に抜くのは不可能なので、

いったんうつぶせになって両足を折り曲げ

雪の中から何とかスキーを引き上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして立とうとしたが、

ストックが新雪の中に60~70センチもずぶずぶと入ってしまい、

底なし状態なのでストックで体を支えることができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもストックをさす位置をあちこち変えて、

固定されるところを見つけ、何とか立ち上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして滑り出すのだが、

あっという間にスキーは膝まで埋まり、

またまた転倒。

今度はスピードがあったので板が片方外れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外れた板はわずか1メートル上方にあるのだが、

そこまで這って上ることができない。

よじ登うとしても、手やひざは新雪に埋まり

全く手がかり足がかりがなく、

かえって体が斜面を滑り落ちてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 俄かに映画「八甲田山」とか

「エベレスト神々の山嶺」とかのシーンが蘇る。

「遭難」の2文字が頭をよぎる。

だが、まあ、天気もいいし、スマホもあるし、何しろゲレンデなので

いきなりジョージ・マロリーや北大路欣也になることはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、考えた末、上に上るのはあきらめて、

ストックを目いっぱい伸ばして、

埋もれてるスキーを掘り出し、

ストックのハンドストラップをスキーに引っ掛け、

相当苦労して何とか手元に引き寄せることができた。

これだけでかなり体力を消耗した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このフカフカのところでは

板を履くことはできないだろう。

ということで、もう一方の板も外し、

両手に板をもってずりずりと斜面を降りることにした。

一か所に体重がかかると体やスキーが雪に沈んでしまうので、慎重に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間をかけて数メートル降りて、

ようやくブッシュが出てるところにたどり着いたときは、

息も絶え絶え。

一休みして呼吸を整えてから、

そこに板を置いていざスキーを履こうとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、ブーツが割れていた。

10年以上前のブーツなので樹脂が劣化していたところに

強い衝撃が加わったためだと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも何とか板を履き、

残りの斜面を滑って下までたどり着いた。

いやー、マジ遭難するかと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、これ以上滑るのは無理だな、

ということでとりあえず昼メシ。

空いているが、そういえばメンズばかりだ。

若者率が高いのはカネがないからだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1000円のランチ券に200円追加してカツカレー1200円。

ゲレ食といえば昔からカツカレーが定番なワタシ。

高カロリーだが、さっきジタバタ相当体力を使ったし。

かつてはこれにビールなのだが、

本日はこのまま帰るのでそうはいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターでカツカレーのカレーは

ビーフにしますか野菜にしますか、と訊かれ

一瞬考えてしまったが、

トンカツが載ってるのだからビーフではなくて野菜だろ。

でも、若者はトンカツ&ビーフで行くのかもなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、思い出の尾瀬戸倉をあとに。

考えてみれば、このスキー場、来た回数は多いが、

ゲレンデ全体を滑ったことは実はあまりないわけだ。

子供たちと来たこともなかったので、

軽井沢や苗場のようなゲレンデの「土地勘」」が無かったのだった。

なので、あんなことになっちまった。

あの時ゲレンデマップをもらっておけばよかった。

新雪も20~30センチくらいなら何とかなったろうが、

まさか70~80センチも積もっているとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、まさかブーツがぶっ壊れるとは。

あとで見たら、反対側もヒビが入っていた。

まあ、膝をちょっとひねったが体にケガがなくて何よりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、今日のスキーは足腰よりも腕や肩に来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、スキーブーツ新調するかなあ。

スキー板のほうの耐久性はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ