ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.03.23

のどが痛いのはナゼ?

Pocket

 首都圏ではサクラの開花が進んできて、いよいよスギ花粉症もピークを過ぎつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラの開花≒ヒノキの開花なので、まだまだシーズンこれから長いが、

この時期になると、特徴的な患者さんが毎年みられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは「のどが痛い」ヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のどが痛いヒトは一年中いるし、

風邪や溶連菌感染症を含む扁桃炎、アデノウイルス、手足口病、ヘルパンギーナ等、

さまざまな病気があるが、これらはいずれも「感染症」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪などウイルス関連はほっときゃ治るし、検査して溶連菌ならペニシリンを10日間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがこの時期、感染症でない咽頭通の方が結構いらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは「花粉症」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻水、くしゃみ、目のかゆみときたら、素人でも花粉症では、と考えるのですが、

実は鼻症状も目の症状も、本人はほとんど自覚がない「咽頭痛」だけの花粉症があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診断のポイントはまずのどに目立った炎症所見が無いこと。

発赤、腫脹、膿栓、白苔など一切なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻から喉にかけてヒリヒリ、つんつんする持続性の痛みが典型的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時に微熱が出る場合もあるのでさらに風邪と紛らわしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、鼻腔を見るとたしかにハナはよく通って、鼻水もあまりないが、粘膜が蒼白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉症の既往があるか、血液検査でスギ花粉抗体陽性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして季節が合えば、ほぼ診断できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻水、くしゃみ出ますか、と訊いてもハナは何ともない、

という方も多いのですが、そこでハナの中をキチンと見て診断できるのが耳鼻科の強みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内科で抗生剤出たけど治らない、なんて人が何人か来ると、

我々耳鼻科医は花粉症シーズンもそろそろ後半戦だな、と思うわけです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ