ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.02

ついに魔法がかかった?

Pocket

実は、前節の試合見損なった。

 

 

 

 

 

 

 

先週末に行われたアウェイでの首位サンフレッチェとの1戦は

フジロックの時に行われたが、

そのフジロック参戦でばたばたし、もとよりテレビ中継はないが、

DAZN見る間もなく、テレビのスポーツニュースで結果だけ知ってしまった。

 

 

 

******************************************************************************************

2018年J1第18節

サンフレッチェ広島 1-4 浦和レッズ (エディオンスタジアム広島)

(前半   1-1)

(後半   0-3)

******************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか、勝つとは・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、今回はホームゲーム、

テレ玉でも、NHK-BSでも中継もあるのだが、ここはナマで見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもι(´Д`υ)アツィー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが夕立の心配はないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日なので早目にスタジアム入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生ビールが旨い、ったら・・・。

この1杯のために、1時間も早くスタジアムに来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 片手で持って食べられるから揚げ串がスタジアムでは便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップの中断があったので、

1か月半ぶりの埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、前節見てないので、

いったいなんでレッズが首位に勝てたのかわからないが、

今回の相手も現在3位、昨年のチャンピオン川崎フロンターレ、

強豪である。

 

 

************************************************************************************************

2018年J1第19節

浦和レッズ  2-0   川崎フロンターレ (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-0)

   (後半 1-0)

************************************************************************************************

 それにしても、この暑い中で試合する選手は大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 だが、試合は思いのほか早く動いた。

開始7分、ディフェンスライン岩波からの縦フィードに

上手く武藤が裏をとり、ゴールライン近くで折り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中を見据えたクロスに、走りこんだ興梠とのタイミングもぴったり。

相手DFとGKが寄せてきて難しいシュートだったが、

エース興梠はこれをキレイにネットにおさめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、興梠は7年連続2ケタゴールで、

エジミウソン、佐藤寿人と並んでJリーグ記録に並んだ。

とくに浦和レッズにきてから6年連続、というのがウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、リーグ随一の得点力を誇る川崎フロンターレ相手に

前半7分で先制、というのは正直早すぎたかな、という思いもあった。

このまま、済むはずはない・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、川崎フロンターレの怒涛の攻めが始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今までのレッズと違うのは、

前回書いたように、守ってカウンターというスタイルが

以前のポゼッション・サッカーから、新しいレッズのサッカーになってきている、

という点。

現代のサッカーのトレンドを踏まえた上でかどうかは、別として。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のようにボール保持率を高めて戦う戦い方ではないから、

このような展開になっても比較的平静に試合を進められるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも西川のスーパーセーブがなかったら、

プランは破綻していただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半にも1対1を防いだ西川周作であったが、

また後半、疲れがたまってミスが目立った橋岡が

相手にGKと1対1になるプレゼントパスを与えたが、

これをまたまた西川スーパーセーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 武藤に代えて阿部を入れ、中盤を固めたオリヴェイラ監督は

その橋岡をすぐ引っ込めて、森脇に代え、

また、その後、興梠に代えて李忠成を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半ロスタイム、川崎フロンターレの猛攻を必死にしのぐレッズが、

飛び出した李忠成が相手ペナルティエリア内で倒されPKを得る。

ここはオリヴェイラ監督が

「ファイター」タイプの李忠成を投入したことが図に当たった形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをファブリシオが決め試合の幕をひいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ワールドカップの中断明けから

天皇杯を含めて公式戦5試合で4勝1分け、

しかもここ3試合はリーグ戦上位との対戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オズの魔法使い、中断期間中にやはり魔法を使ったか。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ