ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.09

ついに、やっぱり、無観客

Pocket

ついに、というか、やっぱり、というか

オリンピックの無観客開催が決定したようです。

今のところ、首都圏の一都三県に限り、

となっております。

これも「今のところ」は外せない。

全会場、ってなったら札幌のマラソンはどうなるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に文部科学省が

オリンピック開催に際し

国立競技場に1万人収容した場合の

感染率をスーパーコンピューター富岳で

シミュレーションした結果を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると

観客1万人の中に従来株の感染者10人が4時間滞在した場合、

新規感染者が何人生じるかを予測。

競技場の設計通り観客席後方から風が吹く場合、

全員がマスクをして、前後左右に空席を設けると

新規感染者はほぼゼロとなった、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客1万人が4時間マスクつけて無言で、

ジュースや水も飲まず、お弁当やスナックも食べず、

売店やトイレにもいかず、

ただじっと座ってた場合ですか。

入場や退場や生き帰りの交通機関や、

その前後の1万人の飲食、会食が全くゼロという設定ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか観客を入れて開催したい政府が、

でっちあげた悪あがき的なデータですが、

スーパーコンピューターに失礼だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューターはスーパーでも、

入力するヒトがスーパーおバカでは、

お話になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなわけで無観客はやむを得ないところでしょうが、

そこまでして開催するオリンピックって・・・・。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、今から楽しみなのが、

オリンピックの公式記録映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの例から、すでに誰か大物監督が依頼されており、

通常であれば開幕前から撮影に入っていると思われます。

ということは去年のコロナ前から、

すでにクランクインして撮り始めているはずですが

さぞかし苦労されてることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタ的にはいっぱいあるはずですが、

「公式映画」となると主催者側に否定的な描き方はできないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあテーマ的には

「コロナに打ち勝って成し遂げた」

みたいな路線を目指すのでしょうが、

「打ち勝てる」かどうかも今のところ不透明なわけです。

映画のシナリオの「結末」が未定のまま

撮り進めているってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 依頼を受けたのは当然コロナ前ですから、

あー、メンドクサイもの引き受けちゃったなー、と

さぞかし後悔しているのではないか。

でも、どちらにせよ過去のオリンピック映画と比較しても、

ひときわ異彩を放つ、

歴史に残る1本にはなることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ