ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.22

たまに試合中継があると・・・


 いまだにDAZN未加入です。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節の試合のダイジェストをテレ玉のGGRで見たら、

コンサドーレ札幌との試合は2点先行したあと、

3点取られて逆転されるも、その後追いつき、

ロスタイムに決勝ゴールを挙げての劇的な再々逆転勝利だったようで、

あー、これは見たかったなーと悔やまれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今節はNHK-BSとテレ玉で生中継あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は、目下破竹の勢いで首位街道を突っ走るフロンターレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんたって、強い。

だが、これを破って連勝できれば、

レッズもググっと上がってくるのでは、

と、かすかな期待はあったのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************

2020年J1第17節 

 浦和レッズ   0-3   川崎フロンターレ (埼玉スタジアム2002)

     (前半 0-1)

     (後半 0-2)

********************************************************************************************

 だが、やはり、川崎は強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半しばらくの間は、むしろレッズペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 川崎のプレスをいなして、サイドから仕掛ける攻撃が有効で、

しばしば相手ゴールに迫るレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、前半37分の川崎の得点は、

家長のおぜん立てによる山根のボレー。

さすがトップチーム、ぐうの音も出ないほどの鮮やかなゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもこの家長という、

Jリーグ屈指のサッカーセンスを持った男が、

サイドにいるというところが、

このところサイドからの攻撃に弱いレッズにとっては

かなり致命的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2点目も、3点目も家長のサイドからの仕掛けで鮮やかに決められてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、今の川崎にはかなわん、完敗でした。

前節の札幌線は、テレビ中継がなかったが、ぜひ見ておきたかった試合だが、

この試合は逆に、見なくても、いや、見なかった方が良かった。

なかなか、そこはままならぬところ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ