ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.10.26

そして終電で帰宅

Pocket

朝、ホテルをチェックアウトし、

こども2人とまた葬儀会場に向かう。

10時から御斎の予定。

ホテルから会場まではグーグルマップの検索で

クルマで高速を使うと16分、下の道で30分の結果でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルで呼んでもらったタクシーが9時半に到着。

高速で行けば楽勝と思い、

行き先を告げ、高速でお願いします、

といったら運転手さん急に焦りだす。

こっちはどうせ間に合うと思ってるし、

ちょっとくらい遅れてもどうってことないと思ってたのだが、

イキナリ高速で飛ばす飛ばす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニかスイッチ入っちゃったみたいで、

高速で激しく車線変更。

カーブでもアクセル全開で、乗ってるワレワレは横Gかかりまくり。

海の見えるハイスピードバトルはモナコGPか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、わずか13分で着いてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここでまた食事を摂る。

「お斎(おとき)」というのは、グーグル先生によると、

 

お斎(おとき)とは、葬儀・法事の後に行われる食事会のことです。

地域によっては葬儀の朝に故人と一緒にとる最後の食事を指すところもあります。

また別の地域では、「出立ちの膳」と言って

出棺前に振舞う食事のことをお斎というところもあります。

通夜振る舞いや精進落としもお清めと呼ばれ、お斎に含まれます。

 

とのことだが、

この地方では「地域によっては」の部分に当たるようだ。

ともかく朝8時前にもつ鍋を食べたのだが、

また10時からこれを食べることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、葬儀は12時から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間に余裕があるので、付近を散歩しました。

九州は暑い、上着は脱いで歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、葬儀。

昨日と同じく、身内だけの静かな式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 棺には、娘がその場で描いたイラストも入れられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 火葬場に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 火葬終わるまでの間、控室で待つこと約1時間半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、拾骨、葬儀場に戻り初七日法要。

あわただしく過ぎましたが、故人に寄り添ったいい葬儀だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 式が終わってのお食事は時間の関係で折詰にしていただき持ち帰り。

すぐに空港に向かいます。

娘が使ってるタクシーアプリが役立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りも機内食 ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、終電で足利まで戻りました。

りょうもう号最終は館林止まりなので、最後は各駅最終に乗り換えです。

葬儀会場から家までほぼノンストップ。

帰宅したのは、12時を回るころでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 始発で行って終電で戻る、

内容も大変に濃密な丸2日間でした。

明日からまた2日間、一人外来だ。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ