ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.08.21

せっかく(?)オリンピック予選負けしたのに、生かせず (T_T)

Pocket

 

  オリンピックで盛り上がるスポーツ新聞。

 

 

 

 

 

 

  くわえて作新学院、甲子園決勝進出。

 

 

 

 

 

 

 

  そんな中で、非常に扱いが薄いが、今日は大一番。

 

 

 

 

 

 

 

  川崎フロンターレとの直接対決。

 

 

 

 

 

 

 

  現在年間順位は勝ち点同じで川崎が首位、

 セカンドステージ順位は勝ち点差3でレッズが首位。

 

 

 

 

 

 

 

 

  今日勝った方が、どちらも首位に立つ、ということである。

 

 

 

 

 

 

 

  ま、一応今日の日替わりがヒレカツだったので。

 P8200027

 

 

 

 

 

 

 

 

  台風の影響か朝から雨が降ったり日がさしたりであったが、

 何とか雨は上がっている。

 P8200030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いざ、ホームへ。

 P8200034

 

 

 

 

 

 

 

 いつもの505ゲートをくぐってバックアッパースタンドへ。

 P8200038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦いの幕開けだ。

 P8200042

 

*****************************************************************************************************

 2016年J1セカンドステージ第9節

浦和レッズ   1-2    川崎フロンターレ  (埼玉スタジアム2002)

   (前半  1-1)

   (後半  0-1)

*****************************************************************************************************

  川崎サポはこの大一番にヴィジュアルを用意。ゴミ袋?

 P8200043

 

 

 

 

 

 

 

 

  一方のレッズサポはあえて(?)、通常仕様で。

 P8200045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  注目のスタメンであるがミシャ監督はブラジル帰りの興梠、遠藤をベンチに温存、

 一方、川崎は大島を先発で使ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前回、名古屋を完封したレッズであるが、今回の相手は前節とは段違いの強さ。

 名古屋のなまくら刀と違い、一瞬でも気を抜けば切りつけられ、血を流す。

 P8200053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして、その刃がついにレッズの守備陣を切り裂く。

 前半15分、あ、ヤバイ、ヤバイ、と2回叫んだあとフロンターレのキイマン中村憲剛に決められる。

 P8200059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがはケンゴウ、一刀のもとに、最初のチャンスをモノにした。

 P8200060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半28分、レッズの攻撃が実を結ぶ。

 P8200061

 

 

 

 

 

 

 

 

 森脇の攻め上がりからの波状攻撃のこぼれ球を李忠成が押し込む。

 P8200063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前半は1-1、勝負は後半へ。

 P8200071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ここで、オリンピック帰り組を順次投入。

 まずは60分に興梠。

 P8200075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ところが、遠藤航投入の直前、74分に川崎に2点目を決められてしまう。

 P8200078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして、遠藤航投入。

 P8200080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  最後に青木。

 P8200081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  しかし、これを跳ね返すことができず、1-2で敗れ、

 セカンド首位を明け渡し、年間勝ち点でも水をあけられるという痛い結果となった。

 P8200087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  振り返ると、レッズのポゼッションが多く、

 決定機も4,5回はあったが決まったのは1本だけ、

 対する川崎は3回の決定機のうち2回を得点に結びつけた。

 P8200088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  結果的に「毎度のレッズ」的な展開になってしまったわけであるが、

 柏木もいうように今年はまだここから8試合あるので、

 コレがシーズン末恒例(?)の失速のスタートにならないことを祈る。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ