ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.09.27

こんな法律、あればいいのに

Pocket

 自民党の新内閣が発表されました。
 いろんな、ご意見もありそうですが、
 私が、非常に気になったのが
「2世議員の多さ」
です。
 新閣僚の、中曽根弘文さん、小渕優子さん、浜田(名前忘れた)さん、
そして、そういえば、麻生さんだって、福田さんだって、
民主党の小沢さんだって、みーんな国会議員の子供じゃん。
 これは、どうなんですかねー。
 私、選挙はまったく疎いですけど
良く、地盤、看板、カバン、なんていいますね。
 2世議員は、父親の地盤を引き継いで、すんなり議員になったりすることが多いのでしょう。
 これが、日本の政治をだめにしてるのではないか。
 国会議員の周りには、その利権に預かろうとする輩がまとわりついている。
初代の時には、一緒にがんばろう、なんて男気で支援してくれた人も
その息子が次やるとなれば、息子にとっては支援者は父親の世代で目上だから
どうしても、使われる身になってしまう。
 で、いろんなシガラミやなんかが絡みついて、政治が弱者から離れていってしまうのではないか。
 小泉元首相は、良い面悪い面あるが、リーダーシップがあり、構造改革を掲げて
悪しき政治の因習を、変えようとしたところは評価に値すると思ってました。
 そしたら、今回引退して、その地盤を息子に譲るようだ。
やっぱ、こいつも、この程度の政治家だったのか、とがっかりしました。
 日本の政治を良くするために
「国会議員の2世は、父親が選出されたのと同じ選挙区からは立候補できない。」
という、法律をつくるべきだ。
 でも、法律を作るのが2世議員だから、やっぱ、こりゃ無理なのかもなー。
これ、絶対、いいと思うんだがなー。

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. 「大臣にしがみつかない」=日教組は「日本のガン」-中山国交相

     中山成彬国土交通相は27日午後、一連の問題発言をめぐり、自らの辞任を求める声が与党内でも出ていることについて「国会審議に影響があれば、(ポストに)きゅうきゅうとしているわけではないが、教育改革、地方の高速道路(の整備)とかをやりたいなという思いがある。…

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ