ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.28

お花見のエッセンス

Pocket

コロナ騒動で今週末のお花見会場はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあいだ、政府のほうからは、密閉、密集、密接の

「3密」を避けてください、なんて話をしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生の「3つの気」の話か、

はたまた結婚式の「3つの袋」の話か、

こいつ、なめとんのか、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日レディアと「お花見」をしたわけですが、

ワタシ的にはあれを「花見」とは言いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり「花見」とは、

「桜の木の下でみんなで酒を飲むこと」

という解釈ですので、あれは花見ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若いころはできれば女子と一緒に、

という追加条項もありましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生のころは友人と一升瓶とラジカセ(!)をもって

小僧寿しのファミリーセットを買って

下宿近くの敷島公園に繰り出したものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、全員「彼女無し」だったので、

追加条項はついぞ満たされませんでしたが・・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、医者になり2年目、初めての研修病院として

桐生厚生病院に勤務した時のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上司のW部長は、ネチネチとした厳しい指導で有名でした。

手術は巧いが、性格的にクセがあって怖いので教室員の中には、

あそこの病院に行くくらいなら医局を辞める、

といった者もいたくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その先生のもとで指導を受けて、

1年近くたったちょうど今ころ、

部長にいわれました。

「オグラくん、来週花見やるから、病棟の看護婦さんに声かけといて。」

(ちなみにこのセリフは東北弁のイントネーションで読んでください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「花見ですか、良いですねー。どこでやるんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「場所?いつもの『〇〇』でやるから予約しといて。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『〇〇』とは、宴会でよく利用していた料亭の名前でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「はあ『〇〇』ですね、それでサクラはどこで見るんですか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「サクラ、そんなもの見ねえよ、みんなで飲むだけだよ。

サクラ、見る必要ある?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに「お花見」の必須項目を重要な順に列挙すると

①酒②食い物③看護婦さん④桜

ということになりますので、

上から順に選んでいけば、必ずしも桜は必要ないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「わっかりましたー。(`・ω・´)ゞ

さっそく病棟に行って若い看護婦さんに声かけてきます。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この先生は苦手でしたが、

この一件で、ちょっと尊敬しました。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ