ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.26

いざ、日本武道館へ

Pocket

午前中の仕事をすばやくこなし、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

目指すは日本武道館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武道館といえば、昨夜はポール・マッカートニーがコンサートを行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポールは2年前に見たし、今夜はコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドゥービー・ブラザーズといえば、

ワタシが洋楽を聴き始めたころはそれこそアメリカNo. 1バンドであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数々のヒット曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カントリーテイストのある痛快なロックンロールや、

素晴らしいコーラスやギターワークは、

基本、ブリティッシュロック派であったワタシも、

やっぱ、ドゥービー、カッコエエ、とよく聴いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その後、リードヴォーカルのトム・ジョンストンがグループを去ると、

キーボードプレイヤーのマイケル・マクドナルドが中心のバンドになっていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると荒削りなロックンロールは影を潜め、

そのサウンドはオシャレで都会的なAORに変わってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、当時のカフェバー文化などに象徴されるシティポップブームにのり、

音楽性を変えたことにより、

この時期バンドは最大の成功を収めるのである。

シカゴやイエスもそんな道を選んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかーーし、ワタシは今も昔もこの手の音楽が好きではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ワタシの中のドゥービー・ブラザーズは

1975年のスタンピードまでなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回のメンバーはマイケル・マクドナルドはいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回来日のオリジナルメンバーはトム・ジョンストンとパット・シモンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2人がいれば、ワタシはOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみだー。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ