ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2011.05.16

あんたが大将

Pocket

 週末は恒例のオールナイトバーベキュー大会、
で翌日は例の「足利演芸場」で、忙しかった。
 その模様はあとでレポートするとして
まずは録画観戦となったこのゲームから。


 2011年J1第11節
 浦和レッズ    1-1    セレッソ大阪  (埼玉スタジアム2002)
       (前半 1-1)
       (後半 0-0)


 5月のさわやかな日曜日、
これはサッカー観戦日和だなあ、と思ったが
先の理由でライブ終了後のテレビ観戦であった。
 テレ玉で見るのは久々だなあ。
 実況はおなじみ上野晃さん、んで、解説は、おお「大将」こと福田正博氏ですか。
 試合はいい入りをしたレッズが好調原口元気の
2試合連続ゴールで先制。
 元気はここんとこいいなあ。
 このゴールもその前の思い切りのいい彼のシュートを
キーパーがはじいたところからのチャンスだった。
 で、このまま名古屋戦の再現と行くかと思ったが、
最終ラインのパスミスから同点弾をくらい、
以後押し込まれる展開で何回も危ない場面があった。
 相手も不調のセレッソだったおかげか、
決定機を結構外してくれて、
まあ、引き分けで勝ち点1で良かったかも、という試合だった。
 何でバイタルエリアであんなにフリーの選手が出ちゃうんだろう。
 それにしてもこの試合観ていて一番印象に残ったのは
解説の福田氏である。
 ともかくこのヒトは喋りまくる。
 ほとんど90分間、こんなにしゃべる解説者は日本中、いや世界的にも
あまりいないのではないかと思う。
福田「だからですね、この左サイドでですね、原口と宇賀神のですね
距離感というか間合いみたいなものがですね・・・」
・・・すごく理屈っぽい。
福田「そうですね、だからこのように、攻撃が同サイドだと手づまりになるわけです。
ここで、サイドを大きく使ってですね、
ピッチの幅は68メートルなんですけど・・・。」
・・・いろいろ細かいデータも頭に入ってるようだ。
福田「ああ、ここでカットされると、これ危ないですね、
これ、3対2ですね、いや今もう一人来て4対2になりましたね。」
・・・なんか競馬の実況みたいなあわただしさだ。
上野「シュート!枠を外れています。福田さん、今の攻撃はあれでいいんですか。」
福田「まあ、今のシュートでも悪くは無いという言い方もできるんですけども、
やはりここは一回きり返して、という選択肢もないわけではないですから・・・。」
・・・どっちなんだ。
長野静「ハーフタイム、ペトロビッチ監督は不用意な横パスはやめようと・・・」
福田「どれが不用意かは難しいですね、まあ、あの失点は不用意でしたけど
横パス使わないとなると縦パスばかりになり攻撃が単調になってしまいますね。」
・・・ペトロビッチなんかこわかねえ。
 まあ、このマシンガン解説を御せるのは上野さんくらいだろうなあ。
 まあ、そんなこんなでやっと勝ち点4。
 1勝1分け4敗かあ。
 思えば今季試合に行ったのはその1勝を挙げた名古屋戦。
 うん、オレが行けば勝つ。
 つぎ鹿島戦には順当なら行けるはずだが・・・。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ