ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.10.06

あきらめるには早すぎる

Pocket

 鹿島が引き分け、大分が負けお膳立ては整ったはずだったのに・・・。


 2008年J1第27節
  ジェフ千葉  3-2  浦和レッズ  (福田電子アリーナ)
    (前半   1-1)
    (後半   2-1)


 それにしても、予想通りジェフは5月とは別のチームになってました。
私が5月のブログで、書いた記事は下をクリックしてご覧ください。
落日のジェフ
それにしてもこれがたった5ヶ月前なんて・・・。
 チームが変わったのは、監督もそうだが、選手自体が新しくなっている。
ジェフは背番号が30番代後半から40番台の選手ばっかり。
開幕後の連敗を教訓にきちんと補強をしてきたという事だ。
 特に今回は深井選手にやられました。
こいつは、鹿島時代からいやな奴で、ウチの娘などは
「深井って不快だよねー。」
といってたのだが、新潟行ったり名古屋行ったり、で、今度はジェフですか。
 ウチにとって「いやな奴」ってのは、相手にとっては「いい選手」ってことなので、
何で、出番がなくてこんなに移籍しちゃうのかよく分かりませんが、
「レッズに対してだけ、強い」、んですかねー。
時々そーいう奴、いるんだよなー、大宮の桜井とか・・・。
 いずれにしろ、新たに補強した深井やミシェウの活躍で生まれ変わったジェフと
開幕から問題を抱えつつも対策・補強を怠ったレッズとの明暗がはっきり出た試合ではありました。
 残留を目指すチームのほうが優勝を狙うチームより遥かにいいサッカーをやってる。
 大体ジェフは古河電工の時代から通じ、唯一2部落ちをしたことのないチーム。
今回も立て直してきたようだ。
(実は”赤き血のイレブン”のモデルである永井良和氏は
かつて三菱重工ではなく古河電工にいました。
オレが、ガキのころは憧れでした。)
 一方、大宮戦、埼スタのアルカディシア戦で高まってきたレッズのチームとしての士気は
名古屋でのつまづき、京都の取りこぼし、そして今回の敗戦で急降下。
選手のコメントにもそこはかとない終戦感が漂ってる。
 
 まだ、1位との勝ち点差はたったの”3”なんだぞー。
 去年の鹿島を見ろ。
去年の今頃、残り数試合でウチとの勝ち点差は10以上あったんだぞー。
それに比べたら、ここからレッズの優勝の可能性は断然高いじゃん。
 勇気を出せ、這い上がれ、自信を持て、そして死ぬ気で戦え!!

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まさに先生の言うとうり、ここからが本当のリーグ戦です。選手、サポーター、顔を上げてさあ追撃だ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    こんばんはです。
    まさか前期のジェフがここまで生まれ変わってしまうとは、あの時は露ほどにも予想しなかったですが、それに素直に飲まれてしまうレッズが、やはり問題でしょうねぇ。
    とにかく切り替えて上を見なくては・・・

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ