ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.11

「C5-dips」in GET LUCKY vol.13

Pocket

梅雨空の6月10日。

ここは、あのタイガーマスクで有名な、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢崎レフュッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこのイベント「GET LUCKY vol.13」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、観に来たことはありますが、

今回「C5-dips」として、このイベントに初参戦、

四角いジャングルでの戦いに参加することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントの特徴はチケット代の一部がチャリティとして

施設に寄付されること。

場内にも募金箱が設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のチャリティー売り上げは、

群馬県藤岡市の障害を持った子供さんたちの学童保育などのサービス事業所

「NPO法人かてて」さんに寄付されます。

「かてて」とは方言で「(友達に)まぜてー」の意味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル後そんなイベントの趣旨が主催のちょば~ん氏から説明あり。

難病で亡くなられたお子さんが、生前この施設を利用され、

今回バンドでも参加する「TEN-YEN」のYokozawaさんから施設の解説がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、そんなわけで、盛り上げていきまっしょい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のための特製クッキー、ティアドロップピック型なのが♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターは「超飛」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スーパーフライ」のコピバン、このイベントの常連さんです。

若干メンバー変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずド迫力のパンチの利いたボーカルで盛り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手は「Assort Beat」。

この時、ワレワレ出待ちで楽屋でしたが、聴こえてきた音に

お、デトロイト・ロック・シティか、と思ったら中森明菜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指板まで赤いストラトキャスターがステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3番目がワレワレ「C5-dips」の出番です。

幕が開く前に1枚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は主催のちょば~ん氏のニルヴァーナトリビュートバンド

「OUT-AGE」に敬意を表して

オール・フー・ファイターズ・セットで臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんとこ、ドラム中野くん多忙でなかなか練習時間とれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここレフュッジのステージは初めてですが、

ステージの音環境は良く、演りやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は全曲フーファイターズなので、

めったに弾かないセミアコをチョイス。

ギブソンではなくヤマハです。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもヤフオクで10年以上前に4,5万で手に入れたもの。

ピンクフロイドのブタさんステッカーはりました。🐽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーやお客さんに助けられ無事演奏できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこのイベントは素晴らしい。

なんともう13回目だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペデー閣下のドラキュラロックフェスタといい、

この手のロックイベントはすごくいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、機会があれば出たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、お次は大好きな「Rusty Note」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリジナル曲だが、もうすっかり覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メタボ・キングで一緒にタオル回すためにワタシもタオル持参、忘れません。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなロックンロール・ファイヤーなあとは「OUT-AGE」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イベントの仕掛け人Kurt Chobain氏率いるニルヴァーナトリビュートバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段の姿から一転、

ステージに立つとカート・コバーンがカツラとともに降臨します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコええ。

21世紀のグンマで見るニルヴァーナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のメンバーもスゴイが、片麻痺のドラマー、雅美氏は

こんど「脳フェス」という脳卒中患者んさんのイベントに参加するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンド「TEN-YEN」は、このチャリティの寄贈先「かてて」を紹介したバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 亡くなられた息子さんもロック好きだったとか。

音楽の力、ロックの力を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トリは「ポ袋寅次郎」氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もと「ボウイ」の布袋寅泰氏のトリビュートバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲はボウイの曲ではなく布袋さんソロさんの曲なのかな、

その辺詳しく知らないのですが、雰囲気はまさに布袋寅泰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場大いに盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、第13回のGET LUCKY 。

総額139,957円の寄付が集まったそうです。

見て楽しく、演奏して楽しく、

また梅雨本番なのに募金をして

気持ちも晴れ晴れという素晴らしいイベントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 企画運営の方、参加された皆様、チャリティーにご協力いただいたお客様、

また、会場のPA,受付の方々大変お世話になりました。

また、ぜひ参加したいですね。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ