ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.04.30

「C5-dips」バンドパラダイスで前橋ダイバー初見参

Pocket

 連休初日の5月29日(日・祝)。

やってきたのは、第2の故郷前橋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ずらり並んだライブスケジュール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日は、ココだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 噂に聞いた前橋ダイバーにいよいよ初見参。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リハーサルのあと主催の山田恭子さんから朝礼があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いざ、出陣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、開幕。

トップバッターはその恭子ちゃん率いる「花束」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブルーハーツ、HIDEなどの曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中でドラマーとギターが交代したりして、

いかにも音楽で楽しんでます、という感じがステキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2番手は本格ジャパメタバンド「ラウド茄子」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名前の通り「ラウドネス」のコピバンです。

前回見たときはボーカルの方が女性でしたが今回この方がオリジナルメンバーだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ベースの方が「茄子」です。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてボーカルの関口氏は氷室京介が大好きということで、ラウドネスなんですが、

モニターに片足載せのボウイスタイル。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけに途中ドラムの方のご子息、天才少年ドラマー、ショーマ君が2曲叩きます。

これが上手いのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな見どころ満載のバンドのあとは「オランダ獅子頭」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名前の由来は聞き漏らしましたが、

全曲オリジナルのファンキーなポップロック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雰囲気的には「踊るポンポコリン」的なノリの、イカしたバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4番手は、おなじみ「Power Puff Nori-P’s」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日々進化する洋楽HR/HMコピーバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に衣装(?)が進化していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女王様アンジーさんは相変わらずの存在感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくロック・エンタテイメントのお手本の様なバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして5番手でワレワレ「C5-dips」登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お客さんもいっぱいでウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月はじめのオヤジロッカー以来、2か月近くぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間、花粉症の猛威と、中野くんの職場の欠員関係で、

バンド活動は完全に忙殺されていましたので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これからは約2週間おきにライブありですが。

花粉症で疲弊した耳鼻科医2名もようやく息を吹き返すか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治之氏は今回フェンダーのリードⅡを投入。

相変わらずレアなギターマニアぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中野くんもお昼過ぎまで仕事してギリギリに登場、ご苦労様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今回、またまたアンジーさんにゲストボーカルをお願い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一発合わせですが、バッチリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり「ギミ・シェルター」は女性ヴォーカルが入るとグッと盛り上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、シメはブラウン・シュガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場も盛り上がってチョータノシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、ジャンプで。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドやっててお友達が増えるのは実にウレシイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最後大トリは「漣2(さざなみセカンド)」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「サザン・オールスターズ」のコピバンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏も完璧なれど、パフォーマンスが抜群にスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、誰でも知ってるサザンの曲、盛り上がらないわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールを含め、大盛況のうちにバンドパラダイス、めでたく終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、楽しかった。

また、次回もやりたいですな。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ