ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.09.17

「C5-dips」で「ミュージックザウルス2018」出演しました。

Pocket

 続きです

 

 

 

 

 

 さて、藤岡インターを降りてから神流町まではうねうねとした山道を30キロ余り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、神流湖畔を通ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ずっと一本道ときいていたが、

落石工事で片側交互通行になった0.5本道の区間も多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっと着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 渓流沿いに立つ「神流町こいこいアイランド」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「こいこい」は「鯉々」だったのです。

ここは渓流にかかる鯉のぼりが名物なようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、「ミュージックザウルス」の「ザウルス」は

この近くで発見された恐竜の化石にちなんでいるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「ミュージックザウルス」は25年も前からある由緒正しいイベントなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが、到着した時は13:00~の「サカナnoシッポ」というグループが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アコギ2人。1人は12弦。

日本語の曲を歌っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、タイヤ交換でハラ減ったので売店の焼きそばを。

ビールは、残念ながら「ノンアル」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次の「M.O.B.」はジャパメタのバンドであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アース・シェイカー?ラウドネス?

まあ、その辺です。

かなり巧い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてお次はお馴染み「Power Puff Nori-P’s」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山奥の知らない土地でのはじめて出るイベントで、知ってるバンドが出ると心強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お約束のキメキメステージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、「C5-dips」の出番です。

いろいろあったが、ここまで来られてヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、はっと気づく。

今回は前回仙台とは別セットで、グリーンディの「パンク系」の曲中心のセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで「パンク」したのか!(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回持ち込んだギターもモズライトの「ラモーンズモデル」。

まさに「パンク」!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、まさか、そこかー。

モノゴトには後になってからわかるリクツがあるもんだ。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ワタシのTシャツは「ザウルス」にちなんで、

古代怪獣「ゴモラ」にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、無事演奏出来てよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、前回仙台で演奏できなかった「Brown Sugar」。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の方にも歌っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次は「HITOYASUMI」。

地元のバンドのようです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも手慣れた感じの上手なバンド、静かな曲と、激しい曲。

最後の相川七瀬がよかったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トリは多分主催者の方々のバンドかと思いますが「? ? ?」。

読み方はスリー・クエスチョンズだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スリーだが4人組、というのもクエスチョン??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後まで、アツいステージで「ミュージックザウルス2018」をシメました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、たのしかった、また出たいですね。

こんどは泊まりで山奥の温泉、というのもアリかな。

駐車場にナゼかたくさんいるナツコイネコたち別れを告げ、

ライブの余韻に浸りつつ帰路につきました。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ