ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.06.04

「水ぼうそう」の頃(第1話)

Pocket


 何気に「水ぼうそう」はやってます。
 子供の時にかかっちゃう、ってのも手なんですけどね。
 実は、私、大人になってから「水ぼうそう」にかかって、
大変な思いをしたことがあります。
 私が医者になって2年目の事でした。
 1年間大学病院で、研修をし、2年目から外の病院に出ました。
 国家試験の関係で当時は6月が異動でした。
 その前からなんとなく体調が悪かったのですが、
土曜日の晩、当直にあたり、翌朝、日曜日の事です。
 ああ、昨夜は救急車がいっぱい来て、何回も起されて大変だった。
早く、回診を済ませて帰って休もうと、
当直室の洗面台に向かった時の事。
 鏡をのぞきこんでびっくり。
 なんと顔中にぶつぶつが。
 あわてて、シャツをはだけると、胸から体も発疹だらけ。
「なんじゃあ、こりゃ。」 (松田優作ふうに)
 昨夜、深夜に急患の頭の怪我を縫ってた時にはなんもなかったはず。
 あわてて、もう一人の「内科当直」の先生を呼び出す。
(総合病院なので「内科系」「外科系」と2名の当直医がいる)
「うーーーん、なんだろーねー。わかんないなあ。」
「どっちにしろウイルス感染だから、薬って解熱剤くらいしか無いですよね。」
「うーーーん、まあ、そーゆーことだねー。」
という内科の頼りない先生の意見も聞いて、
自分で処方箋書いて
薬剤部で薬もらって自宅に帰った。
 ところが、家に帰って、ぐんぐん熱が上がる上がる。
 解熱剤も全く効かない。
 月曜日になっても高熱なので、病院に電話して休ませてもらった。
 しかし、高熱は一向に下がらず、食事も取れず。
 ついに夕方、病院に電話して診てもらうことに。
 とても車の運転はできないので、タクシーで救急外来にかかった。
 「よく、わかんないけど、入院しましょう。」
 んで、やっぱり「よくわからない」まま、
とりあえず内科の大部屋の空きベッドに
生まれて初めての入院をしたのだった。
    ~つづく
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ