ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.13

「少ない」は「飛んでいる」ということ


先週末に患者さんが急に増えたが、

今週の金曜日、土曜日はさらにスゴかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、このご時世、

花粉症でくしゃみやセキをして、

周囲に変な目で見られたくない、という意識が働くのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の天気予報でも、気温の上昇を告げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、天気も良く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、NHKに改善を望みたいのがこの画面。

これだと、全体がグレーの色調で

非常に多くなってもあまり画面から危機感が伝わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、最近来院された方で、

「まだ、花粉飛んでないっていってるのに、目がかゆいんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違います。

よく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面表示の「青」は「飛んでいない」ではなく、

「飛んでいるが量はピーク時に比べれば少ない」

なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてスギ花粉抗体価の高いヒトは、

少ない量でもじゅうぶんに症状が出ますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重症化してからでは薬が効きませんよ。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ