ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.11.04

「北朝鮮飯店」Japan ツアー(≧▽≦)2日目

Pocket

 北朝鮮飯店来日ツアー(!)の2日目は佐野バーケン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントです。

ん?Hard Rock version?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天下の往来に「北朝鮮飯店」の名前出て大丈夫かな。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 到着した時には一発目の「Saory」がリハ中。

小山のドラキュラ・ロック・フェスタでご一緒したバンドだが、

ギターの増澤氏とはこれまでも交流があり、

今回の出演も、彼のお誘いによるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、定刻の20分遅れくらいで「Saory」スタート。

衣装など、上の写真のリハの時と一見変わりないように見えるが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココが違います。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回は70年代洋楽ハードロックオンリーでしたが、

今回は80年代ジャパメタも取り入れた選曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドの華、ボーカルのサオリさんは、

ハードロックを歌いながらも、どことなく「歌のおねえさん」的な爽やかさあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワイルドなギターの増澤さんとの掛け合いがまたバンドの魅力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後にますます期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして2番手「北朝鮮飯店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド史上初の2夜連続ライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回イベントのサブタイトルが「ハードロックなんちゃら」だったので、

昭和歌謡のワレワレはいかにも場違いで、心配でした。

とりあえずフライングV だけ持ってきました。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、演奏する曲は昨日と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アグネスはハイソックスを準備しました。

あれ、うつってない。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アウェイではありましたが、意外なほどお客さんの反応は暖かく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世代的にもストライクは人がいて、楽しんでいただけたようです。

ショーグン様のお顔はこの角度から見ると、

息子である第一書記に似てきたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、歴史的(?)な2夜連続ライブは無事終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて出たのは「キャルル」。

バンド名からも、出で立ちからも分かるように「キャロル」のコピバンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、年齢からみてもリアルタイムキャロル世代に違いなし。

ステージ上手(かみて)ギターのヒトは、ワタシより1個下でした。

高校時代「キャロル」のコピバンと対バンすると、

みな「ツッパリ系」で恐かったものですが、

アラ還世代の「キャロル」のコピバンは

みな、気さくなオッサンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「VanqueTz」。

なんて、読むのかな。

こんどは、ハードロックかと思ったら、いきなり「ギャランドゥ」から始まってビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルの人は

みうらじゅん、あるいは「半分、青い。」の秋風羽織氏風だが、

 このバンドが、めちゃ巧い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西城秀樹のあとは、もんたよしのり、近藤真彦、ショーケン、

・・・やはり昭和歌謡的な選曲ですが、

リズム隊は、ほぼ完全にプロの仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルも上手、ギターも超テクニシャンで、参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考画像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後は「CABROCK」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて見るバンドだが、ギターのヒトはこの間、古河で対バンした

「桃色ジャンキー」のギターのヒトでした。

いきなり挨拶されてビックリしました。(゚д゚)!

今回はお互い別のバンドでの対バンとなったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ミッシェル・ガン・エレファント」などのコピーで、

ジャンル的にはこれまたハードロックではありませんでしたね。

ボーカルのヒトのギターの構え方(≧▽≦)

こういうコダワリは、好きだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考写真。

(昨日も出ました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、他のバンドの方とも交流でき、

またまた楽しい、佐野の夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ