ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.02.24

「北朝鮮飯店」in「第3回昭和歌謡ヒットパレード」


半日でへとへとの花粉症の週末の夜、

今宵はここで昭和に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回を数えました「昭和歌謡ヒットパレード」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛毛兄弟のオープニング・アトラクションからの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Music Board」でスタート。

最近、ライブがやたら多いらしい。

今回シンちゃんがサポートドラム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナオちゃん、今回はキモノスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手は「シュガーパンチ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モトオ氏、はりきる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもながら抜群のテクニックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「ローリングすめしゃるZ」。

以前、小山のドラキュラ・ロック・フェスタでご一緒したことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その間に楽屋で準備するメンバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北朝鮮飯店」令和2年最初のステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットリストが決まってから出演までに期間はあったはずなのに、

結局、練習できたのは2回だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間に余裕があると思って新曲4曲も入れちまってマズった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ後、ギタリストの皆さんからお尋ねあった、このギターですが、

ムカシっから持ってたのですが、ふと、ステージで使ってみました。

14,5年前、5000円で手に入れた中古のヤマハSFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24フレットもあるので、ちょっとポジション間違いそうになります。

いつも使ってるフェンダーは21フレット、ギブソンは22フレットです。

竿、長いです。

24フレットなんて、ワタシが弾くはずもないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーグン様、今日はフツーのファッション、というか日本人に変装か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッサンやな、ただの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、せめてもうちっと、なんかアクションしろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝が痛くてダメだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、初めてセンターでギタボをやらせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「花とみつばち」、ヒロミ・ゴー、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目玉は、ケイコさんの歌う「伊勢佐木町ブルース」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のヅラも青江三奈さんのイメージかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はアヤちゃんが「学園天国」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場も盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレのあとはこれまたおなじみ

「グンマ・メディカル・フュージョン・カンパニー」。

みんな、巧いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はアヤちゃんがキーボードで助っ人。

真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、近い。

演奏力を求められるバンドは違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「エルモア―ズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「じゃも~んずプラスマイナス」といったバンドですが、

演出が流石。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は会場ノリノリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、昭和歌謡といってもいろいろなアプローチがあるわけで、

他のバンドの皆さんのパフォーマンスが大変参考になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、我々はまず、

もうちょと練習をマジメにやらなければ、

というところではあるのですが。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、楽しかったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ