ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.04.06

「ハナ」と「メ」


ちょっと前に「鼻」と「洟」の話を書いていて、ふと気づいたのは

「目」と「眼」。

花粉症で「目がかゆい」、という人も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鼻」と「洟」は以前から気にしていましたが、

「目」と「眼」」はどうなのか、と思い調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと「眼」は「目」に含まれるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「眼」が臓器、器官としての意味なのに対し、

「目」の方が一般的で広い内容を含むようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「台風の目」「木目」などのほか

「目当て」「痛い目にあう」などといった使い方をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう「眼」は臓器としての目なので一般的には「がん」の読みで、

「眼科」「眼球」「眼瞼」などで用いられますが、

「め」の読みでは「眼鏡」「眼薬」などで使うと。

フムフム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、「目がかゆい」も「眼がかゆい」も正解です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「眼力(がんりょく、がんりき)」とは、

物事の本質や真贋を見抜く能力を言いますが、

「目力(めぢから)」というと、

目の表情や視線が相手に与える印象をいいます。

そして、「視力」はまた別のものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「目玉焼き」はいいですが、

「眼玉焼き」となると、ホラーか猟奇殺人事件になっちまいます。

フライパンの上で血走った眼が焼かれるイメージ、コワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ