ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.07

「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」

Pocket

さて、今回のゴジラ映画はこちらです。

2000年12月公開のいわゆるゴジラ・ミレニアムシリーズの第2弾。

前作は前年の「ゴジラ・ミレニアム」次作は翌年の「ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このミレニアムシリーズは、

毎回ゴジラシリーズ内での「背景設定」が違うので、

まずそこを抑えないといけない。

この映画では1954年の初代ゴジラは史実としてあったこと。

だが、その時ゴジラは死滅させられずに、今回も同じゴジラが襲来。

しかも、前回のゴジラによる破壊のため、

2か月後に首都は大阪に遷都しており、

1966年に東海村の原子力発電所がゴジラの再上陸で破壊されたことにより

政府は原子力発電を永久放棄した、

という、いわばパラレルワールドが舞台。

なぜか大阪城の隣に、東京にあったのと同じデザインの国会議事堂が建っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ゴジラが襲うのはなぜかお台場であり、

重要な役割を果たすマイクロマシンの天才は、

東京秋葉原でスカウトされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

序盤のシーンで子供たち相手にマジック的にカレーを作ったが、

それがマクロマシーンの仕業とわかると、

子供たちが、なーんだ、とガッカリして帰ってしまう。

オイオイ、そこ、違うだろ。

手品よりマクロマシーンの方が断然スゴイじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はその天才科学者である彼の頭脳、技術力によって、

「ディメンションタイド」というブラックホール砲を完成させ、

ゴジラを完全に消滅させてしまおう、

というのがストーリーの骨子である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがそのディメンションタイドの試射の際、

時空の歪みが生じたため、太古の昆虫メガニューラが蘇り、卵を産卵。

それを拾った小学生が、引っ越し先の渋谷に持ち込むが、

気持ち悪くなって下水に捨てる。

飼っていたミドリガメやヒキガエルが大きくなっちゃったので、

黙ってそこら辺のドブ川に捨てた経験を持つ男子は多いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて孵化した幼虫「メガヌロン」は人間を襲い、

渋谷の地下水脈を破壊し渋谷を水没させてしまう。

このシーン、なかなかいいです。

メガヌロンは1956年の映画「空の大怪獣ラドン」で出たヤゴの怪獣。

ここで復活するのは非常にうれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてメガヌロンは羽化して、メガニューラに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして大量の卵が・・・。

誰もが思いだす、あの名作「エイリアン2」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これらがまた大量に、羽化のために陸上に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシ的にはこのシーン、最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数あるゴジラ映画の中でも屈指の名シーンだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、残念ながらこの展開はゴジラ映画の正当な文脈ではないのだ。

いっそのこと、このプロットでゴジラ出さないで、

メガニューラだけの映画にしたらよかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しょせん虫ケラは、怪獣王ゴジラの敵たるを得ない。

ああ、五月蠅い(うるさい)。

この場合「五月蜻蛉い」か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴジラの熱線で焼かれてしまう、文字通り「飛んで火にいる夏の虫」なのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、合体して、巨大化。

安易すぎるが、ゴジラ映画のお約束である怪獣プロレスを行うには

このサイズになってもらわないと、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バトラ造形にも似た、いかにも敵役、悪役顔だが、

やはりトンボの口は上下でなく左右方向に開いてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、巨大化しても所詮はトンボ、

カマキラスやクモンガがそうだったように、

ゴジラと対を張れる存在にはならなかった。

トンボの強みは飛行能力なので、

もっとゴジラが追い付けないような

高速でアタックするような演出があってもよかったかな、

四つに組んで勝てるはずがない。

そもそも幼虫メガヌロンは孵化したラドンの雛の餌だったくらいだからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボは燃えやすそうだよなあ。

これによって「ゴジラの逆襲」のアンギラスのように、

最終的には人間対ゴジラの戦いになっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてその人間のキャスティング面では、今回主役はこの人。

1996年第4回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞を受賞し、

1997年NHK朝ドラ「あぐり」でデビューしたそうだが、

当時は朝ドラ見る習慣はありませんでした。

なんとなく歴代東宝シンデレラ顔とは違うような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防衛庁の対ゴジラ対策機関・特別G対策本部(特G対)が擁する

対ゴジラ戦闘部隊「Gグラスパー」の隊長役で

ゴジラにも乗っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして1964年の7「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣地球最大の決戦」に出演した

星由里子さんが物理学者役を演じているが、

これが、宇崎竜童の自衛官同様、まったく物理学者に見えなく完全なミスキャスト。

36年ぶりのゴジラ映画出演でしたが残念でした。

このあと、2002年の「ゴジラ×メカゴジラ」で、

同様に東宝特撮映画の往年のスターである水野久美さんが

内閣総理大臣役を演じるが、こちらはばっちりハマっていたので、

もっと別の役で出てほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋葉原でスカウトされたこの天才科学者も、

なんとなくイマイチ感情移入しがたいキャラで、残念。

いっそ二枚目タイプではなくて、

メガネかなんかかけててファッションもダサい、

もっとオタク風の設定だったら良かったのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、このGグラスパー所属の特殊戦闘機「グリフォン」。

「りょうもう号」みたいなチープなデザインでイマイチであった。

スーパーXといい、どうも円谷英二以降の東宝の特撮メカは

ハリウッドに大きく水をあけられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この映画のヤマ場はやはりディメンションタイド。

この発想はSF映画のアイディアとしては良かったが、

先程も述べたようにゴジラ映画としてはフィットしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの映画、興行的に振るわず、

次作は大きく変わったアプローチになることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では実に惜しい作品である。

ブラックホール砲の発想、メガニューラの大量発生なんかは良かったんだが。

そういえば、首都が大阪に移転したという設定が

全然生かされてなかったような・・・・。

ゴジラが襲ったのがまた東京のお台場だったんで、

首都は救われた、大阪にしといて良かった、ということ?

ハードSF的なアプローチは良かったが、

ゴジラ映画としては70点くらいかな。

このゴジラの造形は、歴代ゴジラの中でかなり好きです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ