ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.01.03

Dreams Come True

 初夢とは1月1日夜から2日にかけてみる夢のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「一富士二鷹三茄子」などといいますが、

富士山も、鷹も、茄子の夢も見たことないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいがいは忘れちゃんですけど、

ワタシが今年観た初夢は・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこかのお殿様とその若君とかなんか、

時代も国もよく覚えてないので、ひょっとしたら国王と皇太子だったかもしれないが、

ともかく偉い人とのその後継者的な人たちが病に侵される。

病気はその一族の多数のヒトに蔓延し、

やがて生命を落とすものも出てきた・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その病気がナント「副鼻腔炎」、まあ、俗に言う「蓄膿症」ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時点で物語のシナリオとしては成立しないが、

まあ、そこは、夢なんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこに招かれたワタシが「シュミット」して次々に治しちゃうという。

王様は手遅れで亡くなっちゃったが、王子など多くの人は救われて、

大変感謝されるという、荒唐無稽なストーリーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼ、こんな夢を見たのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その理由は、起きてすぐわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭が重く、後鼻漏でタンが絡んで、ノドがイガイガ、

左の頬のあたりと、左の上顎の奥歯が痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、まぎれもなく「急性副鼻腔炎」の症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年末からやや風邪気味だったが、

忘年会ではしゃぎ過ぎたか、または忘年会が終わって気が緩んだか、

大みそかも酒飲んでから、真夜中の寒い中に

除夜の鐘をつきに行ったからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風邪をこじらせての副鼻腔炎。

その症状が夜半に悪化したため、こんなヘンテコな夢を見たに違いない。

まるで、おねしょする前の子供がトイレに行く夢見るたいなもんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 声も出ないし、週末にはライブもあるのでマイッタナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シュミットも自分ではできないし、妻にやってもらうのも怖いので、

死なないうちに(笑)、抗生剤を開始しました。

 


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ