ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.01

2020年、あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。

昨夜は、除夜の鐘はつかず、そのまま「ゆく年くる年」を見た後、就寝。

朝は、日の出前に織姫神社に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、誰もいなかった同時刻に、

今日は初日の出を待つ人々がぎっしり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日の出時刻は7時ちょっと前の予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、地平線付近に低くたなびく雲のために太陽はなかなか姿を現しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 固唾をのんで見守ります。

ホントはヒトが多くてビビリまくり、早く帰りたくて仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抱っこしてる方も手が疲れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ようやく一条の光が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年の朝日が顔をのぞかせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっせいに写真を撮るヒトビト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日の天気では日の出などとても見られなかったので、1日違いでラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸先のいいスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日の出を拝んで皆帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、どこからこんなに来るのでしょうか。

いつもの散歩の時とは全く違う風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、かえって、朝ご飯。

おせち料理と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お雑煮、関東風。

醤油ベースのすまし汁、

おもちは焼いた角もち

具材は鶏肉、カマボコ、ナルト、シイタケ、ミツバ、ニンジン、ダイコン、サトイモ。

昔から、コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、朝からお酒が飲めるのもお正月ならでは。

ただし、今日はクルマの運転があるので形だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食後、支度をし、家族写真を撮ってから明治神宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はちょっと早く11時前に到着。

おお、いつものあのキリスト教徒の街頭演説はまだ始まっていない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは1年お世話になったお守りを返納します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、参道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気も良く穏やかな元旦です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年で26回目。

昨年の「大厄」も無事乗り切りました。

今年は「後厄」ですが・・・。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は時間がやや早いせいか、予想外に空いている。

オーロラビジョンのコーナーまでスムーズに進むと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのままストレートに南神門に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はピーポくんの順番待ちは、無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年来ているが、この26年間でも、記録的な早さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、混んでいる中央の門ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空いている、脇からスムーズに入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、あっというまに境内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じりじりと最前列まで進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この1年の一家の健康をお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてそのあとは「物販」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年買うものも同じ、買う場所もだいたい決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 御朱印ブームで「御朱印」の行列は去年あたりから凄まじい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、帰ります。

今年は代々木体育館に駐車しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り、高速で予想外の渋滞にハマる。

事故渋滞とのことですが、こちらは事故渋滞中に起きた事故らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本体の事故は、すでに撤去が終わって後片付けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の干支鈴は、今までと違い、真ん丸ですね。

ひょっとすると、今後12年間はこの真ん丸シリーズになるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、今年一年も一家息災で、楽しく過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、2020年も「ロックな耳鼻科」をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.31

大みそか

 今日から冬休み。

12月31日の朝は霧であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2019年最後の朝散歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神社も霧の中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうど日の出の時刻だが、まだ暗い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日、元旦のこの時刻には、初日の出を拝む人でここは満員になるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、数時間後、今度は家族4人で、また階段を上ってきました。

年越しそばをいただくために「蕎遊庵」に。

場所は朝上った神社に行く途中です。

すっかり良い天気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利はそば処で有名ですが、

その中でもおそらく1,2を争う美味い蕎麦のお店。

11時の開店時間に合わせてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 田舎そばと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おせいろをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで良いお正月を迎えられそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレが帰るころはすでに行列がどんどん伸びていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も当ブログのご愛読ありがとうございました。

それでは皆様も、良いお年を。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.30

2019年仕事納め

 12月30日。

2019年の仕事納めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来院100人、終了13時10分と読んでいましたが、

実際にはやや多く120人近かったが、終了は予定通り。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も何とか、業務終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13時過ぎの終了を目指したのは、

毎年恒例のこの店に行くため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 店内満席なので、外でしばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、息子が帰ってきて家族全員がそろいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のシメは、やきそばで。

ここは何食ってもウマイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、去年はこのあと休日夜間診療所でしたが、今年はありません。

お正月までに、少しくらいは、家の掃除ができるかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.25

クリスマスケーキ

 今日12月25日はクリスマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、子供が家を出ると、クリスマス感がなくなるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが子供のころ、昭和40年前後は、

家族でクリスマスを祝う風習が定着したころだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまではクリスマスは

大人が酔っぱらって踊りまくるもの、だったようですが、

1960年代から家族で祝うイベントにかわっていったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高度経済成長や、日本人のライフスタイルの欧米化によるものでしょうが、

一説によると、当時盛んに放映されていたアメリカのホームコメディ、

「奥様は魔女」とか「ルーシー・ショウ」などで、

クリスマスツリーの周りにプレゼントを並べてホーム・パーティーをする様子が

放送されるようになった影響もあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和40年代の我が家にもありました、クリスマスツリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、ホームセンターなんかもないころ、

今みたいなプラスチックのやつはあまりなかったような記憶だが、

盆栽の好きだった父が、

どこかから手ごろなモミの木を仕入れてきたような気がします。

あるいはモミではなくヒノキか、トドマツあたりだったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、クリスマスケーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時のケーキは今のような生クリームでは無く、

バタークリームというやつだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今の人はあまり食べたことがないでしょうが、

子供のころはこれがクリーム、これがケーキだと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生クリームより固く、こってりしているので、

このクリームでバラの花かなんかあしらったデコレーションケーキもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イチゴは今のような生のイチゴは冬の時期には流通していなかったので、

砂糖漬けのイチゴ、ヘタするとサクランボだったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あこがれのクリスマスケーキということで、喜んで食べましたが、

バターなので、なにせヘビー。

しかも、当時はコストを抑えるため、

バターではなくショートニング(植物性油脂)を使ったクリームも流通したというので、

ワタシどもが食べていたのは間違いなくこの手合いだと思われ、

見た目は華やかだが、味はあまり美味しくなかった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけに当時はケーキに銀の粒々がふりかけられていた。

これはアラザンというらしく、

れっきとした食べられるケーキのトッピングなのだが、

ワタシの食べたアラザンはこれも粗悪品だったと見えて、

ガリッと噛んだら、石でも噛んだように硬くて歯が痛くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと虫歯で常に悩んでいたワタシは

これがトラウマになり、

一時はクリスマスケーキ恐怖症まがいのこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、生クリームのケーキが普及して、

その美味しさに、今まで食べてたのは何だったのか、と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて、中学、高校になり、クリスマスケーキとは疎遠になりましたが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近また、バタークリームのケーキが出てきてるそうで、

たぶん、昔とは違い美味しくなっているのでしょうが、

わざわざ食べてみる気は、今のところおきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のクリスマス、

子供たちは東京なので、我が家にクリスマスツリーもケーキもなく、

昨夜のイブはビールとおでんでした。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.16

上野で「ミイラ展」

 日曜日はまたまた上野公園。

今日は、サムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すっかり冬めいてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 落ち葉が道にいっぱいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて向かう先は上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国立西洋美術館で開催中の「ハプスブルグ展」でもなく、

(コッチはちょっと見たいけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 行先はやっぱり「科博」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特別展「ミイラ~永遠の命を求めて」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜の朝イチを狙いました。

それでも中はけっこう混んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場内は撮影禁止なので、内容はのちほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、なかなか面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のフォトスポットにて。

この写真で、年賀状用、というわけにはいかないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゆっくり見て、お昼になったので上野でランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鹿児島料理のお店。

「魚」の字が島津藩の家紋ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日の鮮魚御膳、ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上野だから、西郷さんで鹿児島料理なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後銀座に行き、クリスマス・ショッピングなどして夕方帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕焼けの富士山が見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.18

2019年行列のできる専門医講習会Day2

 Day1からの続き

 

 

 

 さて、最終日です。

2日続けてこのいい天気。

うらめしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの朝ごはんでプチひつまぶし。

昨夜の手羽先食いすぎでやや胃袋はグロッキーだが、

気合い入れていくぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場に向かうタクシーの右折渋滞を経て

無事会場入り。

それにしても、朝から超満員。

日曜日なので昨日よりは参加者が多いようだ。

ちょっと遅かったら、一コマ目は並びの席が空いていなくて離れた席で聴講。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2コマ目は第2会場か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もまた、入室と退室の行列の繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2コマ目、第2会場は超満員で立ち見多数。

後ろから、横の壁までビッシリ。

駿台予備校時代を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃ、大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 退出の時、事故が起こらないように、主催者側も必死だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 講演終了後、間髪を入れずに座席待機を呼びかけるアナウンスの声もやや上ずってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、またお昼はランチョンセミナー。

第1会場に移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は「矢場とん」と思っていたが、

胃袋に、それほどの余力が無く、天ぷらもキツイので、ローストビーフをチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これなら、あっさりしてるかな、と思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名古屋なので、ソースが「赤みそ」でした。(^_^;)

甘くて、シツコイ。

どうして、名古屋人はトンカツでもうどんでも味噌汁でも

みんな同じ味にしちまうのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、ガッチリ講演を聴いて、最後、帰りは、またタクシーの列に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな小春日和の穏やかな日に、

紅葉狩りでも行けたら最高だったのだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のぞみで東京まで。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 疲れて、もう、寝てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 富士山、綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、行列のできる専門医講習会は無事こなしました。

明日からの診療に役立つことでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.17

2019年行列のできる専門医講習会:Day1

 Day0から続く。

 

 

 

 

 

 おお、いい天気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHKのローカル版って旅情があって結構楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は一日いい天気らしい。

それにしても、天気予報は名古屋ローカルで長野県も入っている。

たしか、関東ネットでも長野県は入っていたような・・・。

長野県ではどっちが映っているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝9時から開始ですが、

その前に受付やランチョンセミナーの整理券などあるので早めに出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、駅前のタクシー乗り場はまさかの長蛇の列。

何か、みな、同じような細長い荷物を持っている。

あとでネットで調べたら、どうも剣道の大会だったらしい。

タクシーの運転手さんも土曜日のこの時間に

タクシー乗り場にこんな長い列ができることは無い、と言っていました。

思えばこれが、「最初の行列」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシー運ちゃん、ビュンビュンとばして、無事会場に到着。

事前登録を済ませてあるので、まず参加受付をして荷物をクロークに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチョンセミナーの整理券ももらっておきます。

なぜか、配布所は一番奥にある。

たぶん、主催の藤枝先生が、機器展示場に人を動かすように、

出展企業に気を使ったと思われます。

専門医講習会は、ほぼ会場にカンヅメになっちゃいますからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、会場に向かおうとすると、

さっき空いていた参加登録はすでに長い列ができている。

すっ飛ばしてくれたタクシーの運転手さんに感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例によって、専門医カードをタッチして入場。

以後、入場、退場のたびにこの作業を繰り返す。

8時45分入場。

入室時刻も記録されるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、会場は余裕があります。

入室、退室の導線が繰り返し画面で示されます。

これを見て、出口に近いほうに席をとることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとコマ終わると、退出。

カードリーダーが少ないので、なかなか退出できません。

そしてまた、入室の列に並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを繰り返し、昼休みはなく、昼食はランチョンセミナーで。

メシを食いながらも講習を聴く。

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3種類のお弁当から早い者勝ちで選べるが、

あらかじめ、狙っていた弁当があった。

やはり、そのお弁当の前だけ列が長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが空いております、といわれても

オレはこっちが食いてえんだよ。

みんなそうみたいで、あとの2つはガラガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念願のお弁当をゲット。

この「飛騨牛まぶし弁当」、以前、やはり学会で食べたことがあって、

その味が忘れられず、今回は最初から狙っていた。

朝早く来たのも、お弁当の整理券があると思ったため。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛肉を「ひつまぶし」風に食べる、というもので、

いろいろ付属の薬味やタレがついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、お弁当で、しかも会場なのでお茶碗も、電子レンジもないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、全部かけちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぶします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、これ美味かった。

まあ、学会の楽しみといえば食いものくらいなので。

一度、本店で食べてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、セミナーも聴いて、午後もそのまま会場出たり入ったり。

午後イチは第2会場に行くが、ここの入場も長蛇の列。

ぐんぐん伸びる行列に「最後尾」の札を持った係員はおいていかれてしまう。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、名古屋国際会議場は

新専門医制度がはじまってから最初の日本耳鼻咽喉科学会総会が開催された場所。

その時は、大混乱で、会場に入るのにこの中庭に何重にもなる列ができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時よりは、マシになったとは言えるが・・・・、

第1会場に戻ると、またこの列。(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー飲みたくなったが、ドリンクコーナーには無し。

自販機を見つけて、一服。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょっと頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、夕方まで連続で講習を受け、会場を出るとタクシー待ちの列にまたまた並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルにチェックイン後、夕食に出ます。

ある意味、今回のメイン。

今年二度目の「世界の山ちゃん」。

電話したが予約いっぱいで、直接行って順番待ち。

これもまた、ある意味行列待ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここ、道を挟んで向かいにも「世界の山ちゃん」2軒もあります。

そちらは外に並ぶ人の姿は見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもあえて、この店に並ぶのは理由があります。

この店舗は今年10月1日から全面禁煙。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは大変に素晴らしいこと。

昼間と目の輝きが違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 禁煙の居酒屋、最高ですね。

しかも、満席。

いずれ、みなこうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この近隣には「世界の山ちゃん」が何店舗かあるが、

たぶん、ここが一番人気では。

他のお店は並んでなかったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今年2度目の「幻の手羽先」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり名古屋に来たらこの誘惑には勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールがススム、ススム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大満足で、明日もガンバルゾ。

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2019.11.14

富山ブラックと黒部の太陽

 先日富山の学会で(そのしょっぱさに)衝撃を受けた富山ブラック。

お土産で買ったインスタント麺、食べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インスタントラーメンとはいえ、半生麺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店の形態に近づけるよう、ネギとメンマとチャーシューで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、ライスも。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、麺がたしかに黒い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもって、さらに臨場感(?)を出すために、

黒部アルペンルートで見た黒部ダムの映画、

「黒部の太陽」をビデオで見ながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この映画は、1968年というからダム完成のわずか5年後に公開されている。

当時映画俳優は東宝、東映、松竹、大映、日活の5者協定で

他社の映画に出ることはできなかったが、

東宝から独立した三船敏郎と日活から独立した石原裕次郎が

タッグを組んで製作した超大作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東宝と日活なので、まあ、ゴジラとガッパが共演したようなもの。

ちょっと、違うか・・・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見たのは以前NHK-BSで放送したのを

録画しておいた2時間20分の特別篇であったが、

オリジナルは3時間16分もあるそうだ。

石原裕次郎が大きなスクリーンで見てほしいと、

ビデオソフト化を許さない遺言をしたので、

長らく、家庭では見られなかった。

まったく、自分勝手な野郎だ。ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画は短縮版でも冗長で退屈な場面もある反面、

トンネル工事のシーンなどは迫力満点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ破砕帯から水が噴き出すシーンでは、

現場のミスで予定より大量の水が流れ込んだため、

あやうく犠牲者が出るところだったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、これは狙って撮れるレベルの映像ではないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に黒部ダムやその周辺を見た直後だったので、なかなか興味深く見ました。

だが、関西電力が全面協力していることもあって、

悲惨な工事による犠牲者や、

会社の利権関係で動いたであろう多額のブラックマネーなど、

このプロジェクトの「ブラック」な部分はほとんど触れられていない作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、こちらの「ブラック」も、オリジナルの雰囲気はあるものの

「家庭用」なので、しょっぱさはかなり普通レベルになっており、

映画もラーメンも、実際のホンモノはもっと「しょっぱかった」のに・・・、

というオチでした。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.12

胸部陰影

 毎年10月に人間ドックを受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頸動脈、心臓の異常と、毎年「病気・異常」が発見されていますが、

まあ、早期発見のためのドックですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年、ドックの結果

「CT上、肺に影があるので、呼吸器外科を受診してください。」

との通達が。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「肺にカゲ」とは穏やかではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肺がんか、結核か、はたまた・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自覚症状がないので気にもしていなかったが、

すぐ受診しろと言われると、

なにやら毎日セキが出るような出ないような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もしがんだったらどうしよう。

肺がんはがんの中では最も死亡数が多いがんであり、

5年生存率も20%強と、治療の難しいがんだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、がんならば突然死は無いから、

いろいろ死後の準備もできるし、やりたいこともできる。

どうせ死ぬならがんが良い、という本もあったような気がする。

たくさんストックのあるプラモデルは、全部は無理だから、

どれとどれを完成させようか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というようなことまで思いを巡らせつつ、本日、呼吸器外科を受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと緊張して診察室に入ると、

先生の話によればCTの陰影は

見たところほぼ炎症性のものだから、

とくに症状がなければ、3か月後にCTで消えているか確認しましょう、

とのことであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、ホッとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり余命宣告とまでは思っていなかったが、

がんの疑いでもあれば、まず生検だから、

気管支ファイバーなのかな、イヤだな、やったことはあるがあれは苦しそうだ。

などと思っていたので、気が抜けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3か月後のCTを予約して、

帰りに昼メシ食べて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カツ丼、美味かった。

 

 

 

 

2件のコメント
2019.10.25

学会(?)で富山~その4

 前回からの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは窓口で昨日のバーコードを見せ、チケットを受け取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレで(●`・ω・)ゞ<ok!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、立山黒部アルペンルートとは

自然保護のためマイカー乗り入れ禁止となっている黒部ダムまでの区間を、

様々な交通機関を乗り継いで踏破する行程である。

全体が一つの観光ルートになっており、1枚の切符で往復、あるいは通り抜けできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山頂の様子がライブモニターで放映中。

天気は良いが、やはり、かなり寒そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全て交通機関で移動できるが、3000メートル級の山々を越えるため、

ある程度の、寒さ対策は必要。

学会参加予定だったため何の準備もなかったが、

立山駅では、山登りグッズが大量に売っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フリース、ダウン、マウンテンパーカーなど売っていたが、

とりあえず厚手のストールを買っておく。

妻はソックスのほか、関係ないものも買っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、アルペンルートの第一弾は立山駅~美女平間のケーブルカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 標高差500mを7分で登ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最急勾配29度は、スキー上級者コースレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから、高原バスに乗り換えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 室堂まで約50分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスは環境にやさしいハイブリッド車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと環境に配慮するためマイカー乗り入れ禁止になった道路ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一部はクリーンディーゼルを使う場合もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しいバスで快適。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 室堂までの高度差はナント1500m。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高度が上がるにつれ、次第に紅葉が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺はちょうど見ごろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、次第に周囲は霧がかかったように、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは霧ではなく、雲の中に入ったのです。

しばらくミルク色のモヤの中を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 標高2000mを超えると、雲の上に出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急にあたりに広がる絶景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 圧倒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、素晴らしい天気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12時50分、標高2450mの、室堂に到着。

ここから、13時発のトロリーバスに乗り継ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トロリーバス、ナツカシイ。

今の若い人は知らないと思いますが、

ワタシが子供のころ、東京の印象は都電とトロリーバスでした。

1968年、つまりワタシが9歳の時に全廃になっています。

今や、この路線が日本唯一のトロリーバス路線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 標高3000mを超える立山の真下を抜けて、約10分で大観峰へ。

約10分後に出る黒部平行きロープウェイに乗り継ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いよいよアルペンルートも佳境です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車内はイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真は窓が反射してシッパイ。

ここからの絶景写真は、帰りにご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7分間の空中散歩で黒部平に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、アルペンルートの最後は黒部湖まで下るケーブルカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 標高差400mを5分で下るこのケーブルカーはすべてトンネルの中。

それも日本唯一だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 立山駅から2時間あまり、富山からは3時間半で、

往路の終着、黒部湖に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからトンネル内を進むことしばし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出口の向こうは黒部ダム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来たぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 期待通りの良い天気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紅葉もバッチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、ダムの対岸を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 向かう先は黒部ダムレストハウス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう2時近く、腹減った。昼メシを食わねば。

このレストハウス、普段は混雑するらしいが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平日のこの時間であれば、ハイシーズンでも楽々。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お目当ては事前リサーチ済みのコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに来たらこれを食べねば。

黒部ダムのアーチと黒部湖のグリーンをイメージしたほうれん草のグリーンカレー。

浮かぶヒレカツは遊覧船。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お供はコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黒部トンネル工事の最大の難関であった「破砕帯」にちなんだ「ハサイダー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは慎んでいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お気づきとは思うが、周囲の人はウインドブレーカーやマウンテンパーカー、

フリースやダウンベストなのに、ワレワレ2人だけ、

ブレザーとスカートという学会ルックでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 辛いカレーに甘いサイダーがよく合います。

それにしても、このカレーのクオリティはかなり高し。

街中のレストランでも上位のレベルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腹ごしらえのあとはダム見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな山奥によくこんなどでかいシロモノを作ったものです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この黒部ダム建設の苦難の工程をドキュメンタリー風につづったのが映画「黒部の太陽」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセットを模した展示場がダム中腹にありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むむ、今話題の「関西電力」だ。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 公開当時かなり話題になった映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見た記憶があるような、無いような。

テレビドラマ版もあったらしいので、見たのはそっちかな。

今度映画版見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダムの周囲は風が強い。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな具合。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 階段は疲れるし、風にもあおられ、ちょっとコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、日も傾いてきました。

ダムを渡って帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、今頃は学会場でノートをとってる予定だったのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まごまごしてると帰りの便に乗り遅れてしまいます。

黒部湖駅に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来たルートと逆を通って、まずはトンネルケーブルカー。

15時に出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黒部平着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからはロープウェイ。

発車までちょっと時間があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黒部平でちょっと散策。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紅葉はここから下。

学会ルック。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お土産屋さんで気になったメロディ。

 

 

 

 

 

 

 

 エンドレスで流れていましたが、けっこうミミにつく。

ちょっとハマりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ロープウェイ。

今度は、写真撮るために場所を確保。

見事な紅葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ぐんぐん上ります。

中間点ですれ違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見る間にどんどん離れていきます。

雲ははるか下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度はバッチリ絶景が撮れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、トロリーバスで大観峰から室堂まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この照明が青い部分がかつての「破砕帯」。

難工事で80m掘り進むのに7カ月かかったという。

今は一瞬で通過します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 室堂から美女平は高原バス。

この1500mの高低差で、天空から地上に下りる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻は4時半を回り、太陽は沈んでいきます。

そこに見事な雲海が広がります。

遠くに見えるのは石川県の白山連峰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに「海」。

山の頂が本当に島のように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その「海面」がだんだん近づいてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、「海中」に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思ってみると海草やサンゴのようにも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は美女平から立山駅までのケーブルカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 立山駅から17時30分発の富山地方鉄道です。

駅員のオジサンは録音でなくちゃんと日本語と英語でアナウンスします。

全体としてこの立山黒部アルペンルートは

観光として実に行き届いたサービスをしています。

バーコードの乗車券や、液晶の乗車情報、職員も十分に配置され、

サスガだな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうとっぷりと日が暮れました。

電鉄富山駅に着いたのは18時40分。

シミュレーションよりは早い時間に戻ることができました。

しめて8時間30分の、きわめて中身の濃い日帰り観光でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タクシーで学会場となりのANAクラウンプラザホテルにチェックイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一休みして、近くに夕食に出ます。

やっぱ、サカナ、食っときましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、今日のアルペンルートは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 魚はウマいし、富山もなかなか良いとこですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この異様な魚は「ゲンゲ」。

富山湾で底引き網にかかる深海魚で

かつては網や他の魚を傷つけるので「下の下」の魚でゲンゲと言われたそうだが、

近年その味が見直され「幻魚(げんげ)」とも呼ばれる人気魚になったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても顔がコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、これが実に日本酒にあいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、明日はやっと学会。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ