ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.24

ビフテキ

 先日ステーキを焼いて食べましたが、

かつてはステーキのことを「ビフテキ」と呼んでいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん「ビーフ・ステーキ」なので、「ビフテキ」なんですが、

要するに当時は牛肉は高級食材だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いま高級料理といえばフレンチとか京懐石などがイメージされるが

ワタシが子供のころは夢のご馳走≒ビフテキであった。

この辺、今では高級車というとベンツ、フェラーリあたりが想起されるが、

昭和30年代には高級車といえばキャデラックだった感覚に極めてよく似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い浮かぶのはこの話。

巨人の星第28話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 延長戦の上、東京都大会の決勝に駒を進めた青雲高校野球部のために

PTA会長伴大造氏が、決勝戦前に自宅で前祝いの食事会を催すのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、供されたご馳走の数々だが、おそらくメインディッシュはビフテキであった。

たしか、テキにカツとかいってビフテキとトンカツが出たのでは・・・。

しかし、野球部、ユニホームのままメシ食うなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天野先生は、この事態に憂慮していたが、コイツもトレーニングウエアだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果的に食中毒か食べ過ぎかで、

伴宙太と星飛雄馬を除く全員がヒドイ下痢に見舞われ、

決勝戦は大ピンチになるのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ビフテキの赤い部分みると、

時々チラッとこのエピソードが頭をよぎることはありますね。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ここまで書いて、ちょっとネットで調べたら、意外な事実が判明。

なんと「ビフテキはビーフステーキの略じゃない?

↑ クリックしてみてください。知らなかったー、そうだったのかー。

じゃあ、「トンテキ」とかは文脈的にオカシイということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここのお店のお肉、かなりいいお値段です

少なくとも自分で焼く勇気はないなあ。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.06.23

ステーキ

 最近、自炊にハマっていることは以前も書きましたが、

土曜日の夜なので、ステーキを焼いてみました。

この間のバーベキュー大会で、シェフのワザを盗み見たから、

というわけでは無いですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーパーのお買い得品。

カナダ産、100グラム264円なので、これでざっと500円。

もうホント貧乏性なので、高いお肉は買いません。

冷凍しておきましたが、しばらく室温で解凍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニンニクもトッピングして、けっこうイイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 切ってみますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホラホラ、イイじゃないですか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 500円のホームセンターのワインで、美味しくいただきました。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.06.08

宇都宮やきそば

 先日ライブの打ち合わせで小山に行ったときに、

地元スーパーでこんなモノを購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだよ宇都宮やきそば。

富士宮やきそばなら有名だし、

栃木県は我が地元足利市、栃木市の「ポテト入りやきそば」

は、ちょっと有名なB級グルメになりつつあるが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話はそれるが、足利の「ポテト入りやきそば」、

ムカシは「ポテト入り」などとは言わなかった。

ワレワレが子供のころは焼きそばにポテトが入っているのは

ごく当然のことだったので、

ただ単に「やきそば」でした。

むろん、ポテトは入っているものと、入ってないものもあったが、

カレーライスだってジャガイモの入ってるやつも、ないやつもあるし、

じゃが入りのものをわざわざ「ポテト入りカレーライス」といわないのと同じことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 閑話休題。

ネットで調べると「宇都宮やきそば」の定義(?)は

①太麺、もちもちであること。

②ウスターソースを「追いがけ」して自分で味を調節すること。

③テイクアウトの際はビニール袋に入れて提供されること。

らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウスターソースで追いがけったって、

そもそもこの製品にはソースが付属していない。

また、持ち帰りの際云々も、スーパーで売ってるので意味なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、キャベツとモヤシと豚肉で。

ソースは冷蔵庫にあったセブン&アイの中濃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、定義の①太麺、もちもち、のみ再現の「宇都宮やきそば」でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、これはソース味の焼うどんとどう違うのか・・・・。

 

 


コメントはまだありません
2019.05.31

キレイな空気でごはんを食べたい

最近自炊がマイブームで、めっきり外食が減った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナポリタンもそうだが、カレーライスも焼肉定食も

自分で作ると大変美味い。

カレーの玉ねぎ、にんじんや、焼き肉のたれや肉の厚さなど、

自分のイメージに沿ってできることもあり、

「オレナポ」ではないが、満足度が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は朝の味噌汁もインスタントではなく、

自分でダシをとって作るようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自炊のもう一つのメリットは意外なところにある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「タバコ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは定食屋が大好きで、外食の時はなるべく

昔ながらの「○○食堂」的なお店を選ぶことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、残念ながら、その手の大衆食堂は、喫煙率が高いのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に入って店内を見まわし、

タバコを吸っている人、あるいは吸いそうな人がいると、

なるべくそこから離れた席をとるが、

せっかく料理が来た、といったタイミングで

あとから来たお客さんが、

席につくなりタバコに火をつけたりするとがっかりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに美味しい料理も台無しになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受動喫煙を防ぐための改正健康増進法が制定され、

禁煙化する飲食店が増えてきているとはいうものの、

田舎では、東京に比べてどうもそのスピードが遅いようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の下野新聞によれば禁煙・分煙推進店に登録された店舗は278。

うち飲食店関係は40ほどだという。

むろん登録してない禁煙のお店も増えているが、まだまだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の前橋の「レストランとよだ」は禁煙でした。

さすが、群大病院御用達のお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家から歩いて1分、子供のころからおなじみの

ラーメン屋さん「泰鵬」も、店内改装後数年前から全面禁煙です。

お店はますます繁盛しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食事は人生の楽しみですから、すべての飲食店に完全禁煙を望みます。

今日、5月31日は世界記念デーです。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.29

思い出の風味焼き

 先日水曜日、ムカシの仲間との飲み会があり、グンマへ。

水曜午後からなら行きたいお店がある。

会場は高崎だが、まず前橋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここら辺はかつてのナワバリ。

この交差点を左折すると群大病院だ。

だが、この辺もずいぶん変わった。

エメラルドボウルは当時からあり、同級生がバイトしてたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目指すお店はコチラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「レストランとよだ」は群大病院の職員御用達のお店。

医局まで出前を持ってきてくれるので、週何回も食べていました。

ムカシは三中通りにあったけど、群大病院のすぐそばに引っ越した。

やはり、群大からの注文が多かったせいだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハンバーグ、オムレツ、フライなどいわゆる町の洋食屋さん的なお店だが、

注文するものはメニューを見る前から決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伝統の鉄板メニュー「風味焼き定食」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ナツカシイ。

外来で、医局で、何回これを食べたことか・・・・。

かみしめるほどに、若い医者の時代の記憶がよみがえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランチタイムも終盤の静かな店内。

パソコンを叩く男性も、多分群大のセンセイなんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、群馬大医学部の某教授が、退官の時このお店に感謝状を贈ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日が定休日なので、こういった機会が無いとなかなか来られませんが、

あの味が忘れれずに、また食べたくなります。

いつまでも続いてほしいお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.28

ナポリまでの遠い道のり

そもそも最初はこのお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スパゲティ専門店の密集度は日本一ともいわれる

群馬県央部で青春時代を過ごしたワレワレ夫婦は、

その味が恋しくなって、定期的に群馬のパスタ屋さんに足を運ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 注文するメニューは様々だが、前回はナポリタンを注文してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、なんか違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、かつてはスパゲティ、当時はスパゲッティーといったが、

スパゲッティといえばナポリタンとミートソースしかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこの洋食屋に行っても、デパートの大食堂でも、喫茶店でも

メニューにあるのはナポリタンとミートソースの二択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、大学に入って、この「シャンゴ」なんかに行くようになって、

「ボンゴレ」だとか「カルボナーラ」だとか「ペスカトーレ」なんかに

初めて出会ったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、逆にこの「シャンゴ」で食べたナポリタンは「オレのナポリタン」ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ナポリタンのことが気になって気になって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年12月のこのブログもそんなことを反映している。

だが、このナポリタンも「オレのナポリタン」では無かったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月に足利にある美味しい洋食屋さん「伴兵衛」でナポリタンを注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレはかなり近い。

その時に「オレのナポリタン」に必要なものは

「タマネギ」「ピーマン」「粉チーズ」そして少々の「タバスコ」であることがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、残念なことにこのお店、

その後まもなくご主人が急にお亡くなりになりお店を閉めてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなったら、自分で作るしかない。

で、作った第1弾がコチラ。

市販のレトルトのナポリタンにピーマン、キャベツ、ベーコンを足してみた。

色からもわかるように、何となく、野菜の追加で薄味になっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、かようなものを導入。

これなら味の調節は「好きなだけ」できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてタマネギ、ピーマンは必須として、

ワタシが子供のころは、ベーコンなんて洒落たものは

まだあまりなかったと記憶しているので、

代わりにソーセージでいってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、前回は調達しそこなった粉チーズ&タバスコの往年のコンビを招聘。

やっぱ、ミュンヘンオリンピックの松平ジャパンにあって王古、森田に対する、

猫田、嶋岡みたいな役割といえばこのコンビだ。

これは、ほぼ「オレのナポリタン」だ、と満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、完成を見たかに見えた「オレナポ」であるが、

この間スーパーでこんなモノを発見。

おおー、コレだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく、導入。

赤ウインナといえば避けては通れない「タコさんウインナー」。🐙

そこで、人生初の「タコさんウインナ―」にも挑戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 充分炒めたのち、パスタを投入。

やっぱ、色が、イイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これにて、究極の「オレナポ」完成。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、調子こいてタコウインナーを投入しすぎたので、

「タコの惑星」になってしまったのが、反省点です。

 

 

 

 

 

 

 


3件のコメント
2019.05.04

憑き物と香辛料

 さて5月3日は後半5連休の2日目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この5連休の予定といえば、真ん中の4日に

埼玉スタジアムに浦和レッズの試合を見に行くことくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとはのんびりして、

本を読んだり、模型を作ったり、録りためた映画を見たり、

という予定。

これが大変、楽しみ。

妻は1日午後から、九州の実家に帰っており、

ワタシの役目は、イヌの世話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり外にも出ず、もっぱら基本は3食自炊なのだが、

昨夜遅く、急遽、息子が帰ってくるとのLINEが入ったため、

お昼はカレーでも作るか、と思いたった。

朝、ご飯を炊き、朝飯の支度とともに、カレーも仕込んでおく。

とりあえず、「減塩」で。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はお昼ころ着くとのことであったが、

その後、特急りょうもう号が満席でとれず、

やや、遅れるとのこと。

じゃあ、こっちは、先に食べちゃうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、カレーを火にかけ、

まったりとなんかテレビでも見ながら食べよう、

とテレビをつけ番組表を検索すると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「!」

 

 

 

 

 

 

 

 14時からテレ玉で、「浦和レッズ スーパーマッチ」ですと!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、試合はたしか、明日では・・・・

と調べると、なんと本日5月3日午後2時キックオフ

ハッと、時計を見ると、現在午後0時30分!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やばーーーーーい💦、勘違いをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、カレーの火を止めて、支度をする。

チケットは買ってあるが、まだ発券していないので、

まずセブンイレブンに寄って行かないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レプリカやタオマフをバッグに詰め、クルマで出発。

ちょっと走ったら

「ETCカードが挿入されていません」

と、機械がしゃべる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シマッタ、こりゃ、イカンと、すぐさま自宅へとってかえし、

もう1台のクルマからカードを抜き取って、再出発。

あせっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番近い駅前のセブンイレブンに寄ったら、

向かいの専門学校で何かイベントらしきものをやってて、

ヒトがうじゃうじゃ。

レジは列ができている。

ここは、時間がかかる、ダメだ、とまたクルマに戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、昨日までに発券しておけばよかった。

そうすれば、日時の勘違いにも気づいたかも、だし。

ともかく、街道沿いのセブンイレブンで、チケットを発券し、

埼玉スタジアムに向かう。

もう、半泣きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い道は、混んでおらず、一般道、高速道を吹っ飛ばしてゆく。

 

気持ちが動転してるので、ヒトやネコをはねたら大変だ。

 

こういう時は、気をつけないと。

 

ネコならいいが、ヒトだと一生がフイになっちまう。

 

いやいや、ナニを言ってる、ネコだってはねたらダメだ。

 

 

・・・・・あせっているので、どうも思考が混乱している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お腹は空くが、スタジアムでお弁当でも買えばいい、とまずは現地へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう、誰もいませんね。

キックオフ時間はテレ玉の中継があるということは14時4分だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2019年J1第10節

浦和レッズ   0-1    ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  0-0)

   (後半  0-1)

*********************************************************************************************

 

 

 

 

 そんなわけで、滑りこんだのは開始15分後、まだ0-0であった。

昼メシは、キックオフ後なのに売店前にまだけっこう長い列ができていたので、後回し。

まったく、今日はどうしちゃったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはスリーバックか、ふんふん槙野、マウリシオ、鈴木、

両ワイドが山中と、森脇で、中央に長澤とエヴェルトン、

2トップは武藤、興梠、主審は・・・あの顔は松尾一だな、

と、ピッチを見ながらスタメンと、そのスパイクの色を確認する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、メインスタンド南をとったので、ジュビサポモちらほら。

それにしても、バックスタンド上方までよく入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半30分過ぎに出るオーロラビジョンでは、

本日の入場者数は53361人、と発表されました。

たいしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは、ボールを支配するが、司令塔の柏木を欠くためか、

なかなか有効な攻撃ができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に、カウンターから決定機をつくられ、西川のファインセーブで間一髪しのいでいる。

文化シャッターの「Nice Save」、今日は何回あったかしら。

そのたびにざわつく、これまた上までいっぱいのメインスタンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マッチデープログラムと何か食いものを買おうと、

後半終了前にコンコースに出たが、

マッチデーを買って戻るとすでに飲食販売はごった返しており、

蛇行する列にならぶ元気もなく、食事はあきらめる。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的には前半からの流れだが、

次第にレッズも形ができてきた。

しかし、得点力不足・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3連勝したが、ついに引き分けか、とおもった88分。

レッズに最大の決定機が訪れる。

山中がカウンターから抜け出し、キーパーと1対1。

よし、そこだ打て―(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

・・・・・・・打たねー (*_*;

 

 

 

 

 

 

 

なんと、中の興梠に出したが、コースが甘く、キーパーに止められる。

おそらく前節エスパルス戦の汰木~興梠のゴールが頭にあったのかとは思うが・・・。

あそこは、打つでしょ。

そのままロスタイム突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、4分のロスタイムも残りわずかとなった時、

レッズ左サイドにいた青木が何を血迷ったか、

キーパーに、不用意なバックパス。

むろん、ロドリゲスがそれを見逃すはずが無く、

かっさらって、持ち込んでシュート。

そりゃ、うれしいよな、満員のアウェイでレッズ相手にロスタイムのゴールなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決勝点となって試合は0-1で終了、レッズにとっては痛すぎる敗戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、最初からツイてなかったからなあ。

負け方のパターンとしてはサイアクだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、どうも何かとり憑いているらしい・・・。

さらに悪いことは続く。

なんと帰り道で、スマホの液晶がおかしくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに、足利の携帯ショップにもっていったら、

これは、修理ですね、

ここではできませんのでアップルショップに持ち込んでください。

または、機種交換しちゃいますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この際、機種交換でもいいかな、とも思ったのだが、

待ち人数もいて1時間くらいかかる、とのこと。

ともかく腹が減ってどうしようもなかったので、

いったん帰宅することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、朝飯のあとは、何も食べられず、

帰ってから午後7時に、遅い昼ご飯を食べました。

まあ、カレーは良くできてましたけど・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、カレーライス食べて少ししたら、なんと液晶が復活。

あら、機種交換しなくて良かった。

カレーの香辛料が効いたのだろうか・・・・。

香辛料は、古くはクスリや魔除けとして用いられていた。

ジャワカレーだし・・・。

カレー食べてから行けば、試合も勝ったかなあ・・・、なんて。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.28

チキンラーメン情報

先日の「チキンラーメンのない時代」に対し、

大変参考になるコメントをいただきました。

 

 

 

 

1960年生まれです。
確かに私の子供の頃はチキンラーメンは関東では売っていなかった。
オバQの小池さんのラーメンも不思議でした。
母に聞くと「昔のラーメンはああだったのよ」と言われました。
私が大学生のころ、ビッグコミッツスピリッツの記事で名古屋ではチキンラーメンがまだ売っているという記事を読んだことがあります。
名古屋は不思議な街だという記事でした。
きっと西の方ではずっと売っていたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧なコメント、大変ありがとうございます。

1960年生まれ、ということはワタシが1959年生まれなのでほぼ同じ。

お母さんの発言から、かつては関東地方でもチキンラーメンは売っていたが、

それは、その後無くなった、ということがうかがわれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、大学生時代もおそらくワタシとほぼ同じですので、

その時代にも関東地方では手に入らなかった、ということもわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、そうだったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後も、調査を進め、何かわかったら書きますね。

情報も、全国から募集します。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、朝ドラ「まんぷく」の主題歌、ドリカムの曲は、

前の星野源の「半分青い」よりは断然好きだが、

半年間ほぼ毎日聴いていたというのに、

いまだになんて歌ってるのか歌詞が聞き取れません。(^^;)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.21

チキンラーメンのない時代

 NHK朝の連ドラ「まんぷく」は、ご存知の通り

「チキンラーメン」を開発、インスタントラーメンの礎を築いた

安藤百福氏の成功物語をなぞったドラマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インスタントラーメン・マニアのワタシとしては、

毎朝楽しみに見てたわけですが、

ここにきてようやく「チキンラーメン」が、

番組では「まんぷくラーメン」として、完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうやら、この朝ドラの影響で、全国的にチキンラーメンが売れてるようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃそうだ。

やっぱり食べたくなりますね、食べるのにそうハードルの高い食べ物でもないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくいうワタシも、先日、スーパーで購入、食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、昭和33年発売のこのチキンラーメン、

ワタシが子供のころ関東地方ではあまり売ってなかった、という記憶がある。

ちなみにワタシは昭和34年生まれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日清食品のホームページを見ても、その辺まったく記載がないのだが、

1980年代になるまであまりスーパーで見かけた記憶が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供のころはラーメンとはいえ、母親が作るわけで、

お湯かけてできる具のないラーメンなんか、子供に食べさせるわけにはいかない、

と思ったのかもしれないが、

ともかくチキンラーメンが食卓に上ることはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッポロ一番、出前一丁、チャルメラは袋めんの御三家であり、

これらは食事としてしばしば提供され、

ワタシは「ゴマラー油」の出前一丁が好きだったので、

母に「ラーメンは出前一丁で」とリクエストしたことも覚えている。

だが、皆、鍋で煮るラーメンでお湯かけてできるラーメンはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オバQこと「おばけのQ太郎」は1965年、昭和40年からの放映で

当時ワタシは幼稚園の年長、大好きでよく見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに登場する有名なサブキャラが、言わずと知れた「小池さん」。

独身男性で、年がら年中インスタントラーメンを食べている設定だったのだが、

彼が食べていたのはお湯をかけて食べるラーメンだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、子供心には不思議で仕方がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち、いろいろな話を聴いて自分なりに

「かつてはお湯をかけて食べるラーメンがあったが、

いまは鍋で煮るラーメンにとってかわられた」

という結論に達し、それをずっと信じていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1970年の万博の前にチキンラーメンの発売元でもある日清食品は

「出前一丁食べて、万国博に行こう。」

という大々的なキャンペーンを打っていた。

「チキンラーメン」ではなく「出前一丁」の販売に力を入れていたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、1971年発売の日清食品の「カップヌードル」の登場によって、

「お湯をかけて食べるラーメン」は「カップヌードル」ということになっていく。

当然、日清食品もこの画期的な新商品を売りまくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 袋めんを作っていた各社もこぞって「カップ麺」の開発、販売に力を注ぎ、

カップラーメン黄金時代が到来した。

ちょうどワタシが一人暮らしを始めた浪人~大学時代である。

ありとあらゆるカップラーメン、カップ焼きそばを食べた気がする。(^^;)

だが、チキンラーメンは、無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにカップめんで好きだったのは

ワンタンの入ってるマルちゃんの「激めん」と

チャーシューの入っているエースコックの「大吉ラーメン」でした。

調べたらどちらも1978年の発売。

おお、まさにワタシが大学に落ちた年、浪人してた年でした(笑)。

下宿の電気ポットで作って夜食に食べた思い出が・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんなカップラーメン黄金時代であったが、

ある時、例の「すぐおいしい、すごくおいしい」のCMソングにのって

チキンラーメンが、またまた市場に出回ってきたのである。

調べるとこのCMは1984年らしいから、ワタシの記憶に合致する。

1984年といえばワタシが大学6年生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、たぶん、1969年ころから1984年ころまでの15年ほどの間、

関東地方ではチキンラーメンがあまり売っていなかったはずなんですけど、

誰か、証明してくれる人、いませんか?

 

 

 

 

 


4件のコメント
2019.01.10

「一蘭」袋めん

 昨年11月の専門医講習会でお昼を食べたこのラーメン店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の、旭川に続いて「袋めん」が売ってたので、お土産に買ってきました。

コレクター魂を刺激します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、作ってみましたが、なんか全然違う・・・・。

 

 

 コチラ、お店のラーメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと気づいたが、この袋にあるように、インスタントは「ちぢれ麺」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 博多ラーメンといえば、細麺ストレート、がウリなのに、

これはどうしたことか。

だから、食感が全く違う。

製法上の問題かもしれないがちょっと、なあ・・・・。

ただ、ホームページを見るとストレート麺タイプもあるようだが、

いわゆる袋めんスタイルではないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、赤い秘伝の粉、注意してかけたつもりだが、辛過ぎになってしまった。

ワタシ、辛いの、めっちゃ弱いんす。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ