ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.10.13

伊勢うどん

 さて、この間の鈴鹿詣での際に買ってきたのがこの伊勢うどん。

 

 

 

 

 

 

 

 伊勢うどん、ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本三大うどんといえば、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、・・・・

あともう一つは群馬県の水沢うどん、五島列島の手延べうどん、愛知県のきしめん、

と諸説あるようですが、

別にムリに3大にしなくても、2大でいいじゃん。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、一般的に美味しいうどんの表現といえば、

コシのある、のど越しのよい、ツルツルシコシコ、などという形容詞が想定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、この伊勢うどんは「ツルツルシコシコ」とは対極の食感で有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グーグルで「伊勢うどん」を入れて検索すると、

伊勢うどんに関連する検索キーワードが提示されるが、

その一番上が「伊勢うどん ランキング」で

2番目に多く検索されてるのが「伊勢うどん 食べ方」

そして3番目がナント

「伊勢うどん まずい」

なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家も以前伊勢志摩方面に旅行に行ったおり、

この名物伊勢うどんを食べましたが、

感想は、なんだ、こりゃ、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、まずどんぶりを見ると麺だけでつゆがない。

食べてみると麺が太くてべたべたしてまったく「コシ」が無い。

そして甘辛でシツコイ味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、久しぶりに食べてみたくなったので買ってきました。

中はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地域ブランドなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたが「よこづな」でしょう。

このフリガナは国語のテストでは✖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レシピ通りに、2,3分茹でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 茹であがり。

表面がツルツルしていないのが写真からもわかります。

讃岐うどんがカーモデルのような光沢仕上げなら、これはさしずめ戦車モケイのような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 具はかまぼこと青ネギにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこに添付の「つゆ」をかけると・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、これは「つゆ」ではなく「タレ」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこ間違わないように作り方にはわざわざ赤字、囲みで強調して書いてあります。

やっぱ、うすめたくなるよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かき混ぜて絡めます。

この作業はなんか、カップ焼きそばみたいだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予想通り、コシは全く無い、味は濃い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツルツルすするのではなく、噛み切ってモグモグ食べます。

うどんではなく、お餅みたいなもんですかね。

海苔で巻いたら美味しいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また数年すれば食べてみたくなるかもだが、

三重県のヒトはいつもこのうどんなのかしら・・・。

 

 

 

 


1件のコメント
2018.10.07

旭川の思い出 その3

 さて、かの学会の折り、駅前のイオンのスーパーで買ったのがこれ。

この一見「唐揚げ」様の食品、北海道名物「ザンギ」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふたを開けると、これはどう見ても「唐揚げ」である。

ピンボケですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そこで、グーグル先生にその違いをレクチャーしてもらうが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろ調べても、明確な違いはないらしい。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鶏肉を生姜醤油に付け込んでから揚げるとか、書いてあるのもあるが、

さまざまなレシピがあり、唐揚げもまたいろんな唐揚げがあるので、

どうも「トリ唐揚げのローカルネーム」と考えた方が良いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにこんなのも「ザンギ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはワレワレの概念では「フライドチキン」と呼ぶべきもので

この形態をもはや「唐揚げ」とはなかなか言わないから、

「ザンギ」の方が間口が広いのかしらん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、食べてみましたが、

マチガイなく「唐揚げ」、「和風フライドチキン」でした。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.05

旭川の思い出 その1

このあいだの学会の帰り、

旭川の駅前のイオン、道産物品販売のお店で、

こんなモノを見つけ、買ってきました。

「やきそば」だが「ゆで」だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウラはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 説明が書いてあるが、美唄では食べたことがないヒトはいないが、

他の地域には一切流通してなかったというモノらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フライパンで炒めてお召し上がりください、とあるので

昼食用に作ってみました。

せっかくなのでキャベツ、ピーマン、ハムを入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに給食のヤキソバってこんな感じだったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、インターネットで検索してみると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒットしました。

オフィシャルサイトあるじゃないすか。

 「彩食倶楽部 かどや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通販もある、アマゾンでも売っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、衝撃的だったのはこの記事。

シマッタ、オレは食い方を間違ったのか?(゚Д゚;)

 「俺は絶対に手を汚さない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、袋には「フライパンでいためてお召し上がりください」

と、書いてあったじゃないかー。

ここは、もう一回「お取り寄せ」で袋から食べてみようか、

などとも思いましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷静に考えれば、こんなにたくさん、しかも送料払って買うほどでもないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、よく考えたらこの味は焼きそばパンの味とほぼ同じでした。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまた、旭川に行く機会があったら、

今度は飛行機の中かなんかで袋から箸を使わずに食ってみるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.29

鼻科学会2018 旭川その3

 

 学会2日目。

天気は昨日より暗いが、どうやら曇り。

会場までは徒歩なのでともかく雨だけは困る。

それにしても、あの工場、今時すごい煙だけど

一体何の工場なのか。

まるで曇り空を製造しているかのような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝7時前に朝食、7時半にはホテルをチェックアウトする。

なんせ2日目の共通講習は朝8時スタート。

最近、なぜだか、この「早起き学会」が流行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、夜だけでなく朝も人かげの少ない旭川市。

朝の通勤、通学のピーク時間だと思われるが、

一体どうなってるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日も無事会場到着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クロークの番号札は1番と2番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事、間に合いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  午前中、共通講習と領域講習を受講。

領域講習は今回、アジアの外国の教授を招いての講演で、

内容は全て英語でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場で群大の後輩の二宮先生に会いました。

群馬中央病院時代のワタシの同僚で、

かつてはいっしょに仕事をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとランチョンセミナー。

この間社内勉強会でワタシが話をした、

経皮吸収抗ヒスタミン剤の話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そこまで聞いて今回の学会はお終い、会場を出ます。

旭川駅に向かう途中にあるラーメン屋さんでお昼にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのお店、「蜂屋」は旭川ラーメンを代表する有名店らしく

かつては新横浜のラーメン博物館にも出店していたらしいです。

お店の壁は有名人の色紙でいっぱい。

だが平日1時半だったので、空いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 事前リサーチのオススメ、しょうゆラーメン、ラード濃い目で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレです。

たしかに「濃い」(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スープはサカナ系のダシが効いて独特の味。

麺は太めであまり縮れはなく白っぽいので、

なんとなく「沖縄そば」を連想させます。

なるほど、結構「くせになる味」かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、これで今回の主なミッションが終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスで旭川空港へ向かいます。

本数、少ない(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが飛行機まで3時間もあり。

保安検査場の開場までも2時間もあるのだ。

羽田行きが1日数便しかないので、こんな事態になっていますが、

後から考えると特急で新千歳空港まで行ったほうが

早く帰宅できましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、最終の23時46分に足利市駅着。

明日は、土曜日、外来混むだろうなあ・・・。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.28

鼻科学会2018 旭川その2

 木曜日は学会1日目。

天気、うす曇り。

ホテルの窓から外を見ていて、あるものに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれは、たしか、なんつったっけ・・・・・

そう、ラウンドアバウトだ。

メズラシイ。

ちなみにワタシがこの「ラウンドアバウト」というものを知ったのは

もちろんプログレッシブロックの大御所「イエス」の名曲「Roundabout」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学会場までは徒歩で数分。

雨さえ降ってなければ楽勝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、ガンバルゾ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回提出する受講用紙は、ちょっと大ぶり。

専門医番号書くところがないけど、大丈夫なのかしら・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼も弁当食べながらセミナーを聴き、夕方まで。

ちなみにお昼のお弁当は2種類あって選べる。

ワタシはこれでしたが、けっこうガッツリ系・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう1種類はこれだったので、

イクラアレルギーのワタシは、とても食べられない。(T_T)

北海道なので、こっちの方が「旅気分」なんですが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、一日勉強したあとは、また、行くぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、平日とはいえ、飲み屋街になんで全然人影が無いのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、震災の影響か?

それともこの街じたいが、さびれてきているのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、北海道にきたらこれでしょ、ということで。

ここはジンギスカン専門店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、サッポロ・クラシック生。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北海道に来たら、コレダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店は、鉄鍋ではなく水晶のプレートで焼くジンギスカンがウリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、お店の中はたくさんのサイン色紙が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遠赤外線でじわっと焼けるらしい。

美味かった。

これはラムのタン、メズラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた、ごちそう様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 残り1日。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.27

鼻科学会2018 旭川その1

北の大地を目指し、

水曜日の外来終了後13:40のりょうもう号で出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、北千住から押上まで行き、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗換で、京急羽田線に乗ってみました。

これは、便利。

モノレール乗らずとも、また浅草乗換のようないったん駅の外に出ることもなく、

2時間15分で羽田空港に着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田~旭川間はAir-Doで1時間35分。

旭川空港からは、バスで約40分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスの中は(おそらく)耳鼻科の医者ばかり。

○○センセイがどーした、ラリンゴがこーした、などという会話が耳をよぎる。

若い先生が多いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後8時ころにホテル着。

自宅を出てから約6時間30分の移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 晩飯を食いに外に出ます。

ホテル近くの焼き鳥屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットで知った旭川名物、この「新子焼」というのを食べてみたかった。

チャップというのも謎メニューだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはカンパイ🍻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが「チャップ」。豚肉の肩ロース肉を焼き鳥のタレで焼き上げたもので、

ポークチョップから来てるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこれがウワサの「新子焼き」。

若鳥の半身を焼いたもので、

名称の由来は出世魚のコハダは稚魚の時は新子と呼ばれる。

若鶏は肉ではあるが同様の意味で新子、

それを焼くので新子焼きという名で良いと言って広まったということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやーウマイウマイ。

むろん焼き鳥も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りにコンビニでお茶とワインを買って帰る。

震災後の節電のため、外の電気が消えて暗いセブンイレブン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、明日から学会。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.16

なつやすみの思い出

 この6日間の夏休み、唯一の「お出かけ」は15日夜の埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 猛暑が続くが、雲には秋の気配も垣間見える8月15日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブタクサの季節も始まるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はいつもと違って南ゲートから入場してみました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 席もいつもと違いスタンドで一番安いバックアッパーではなく、

バックロアーのSB席、3200円。

休み中全くお金使わなかったから、というわけではありませんが・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、発雷確率も気になったので、

バックアッパーの下のいちばん雨にぬれにくいこの席にしたんですが、

結局雨降らなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また今日も上りの蓮田サービスエリアで夕食のお気に入り「かき揚げ弁当」550円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前も書いたけど、このようにぐちゃぐちゃにして、食べるのが好きなのです。

イヌか、ネコのご飯みたいだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜の相手は、ジュビロ磐田。

2016年にJ1に復帰してからの対戦成績は浦和の1勝1分け3敗。

今年のアウエイでも逆転負け、また、埼スタでは2年連続で敗戦を喫している苦手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、現在9位の浦和、10位のジュビロだがともに勝ち点は28。

得失点差でレッズが上だが、負けた方が蹴落とされるというシビアな試合である。

相手選手紹介で一番ブーイングが大きかったのはサブの大久保であった。

気持ちは、わかる。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はイエロー累積でSBマウリシオが欠場。

最終ラインは真ん中に阿部が入り、左槙野、右岩波の3バック。

阿部ちゃんは、ホント「使えます」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************

2018年J1第22節

浦和レッズ 4-0 ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 0-0)

  (後半 4-0)

********************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 さて、何回か書いたが、ここ最近の浦和レッズは、

引いた相手に対しボールを保持した試合では苦戦し、

逆に相手に持たせて早い攻撃やセットプレーで得点している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、磐田がどう来るかが見ものであったが、

この通り、かなり高いディフェンスラインをひいてきた。

これなら、チャンスがあるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、前半は0-0。

ポスト直撃のあぶないシュートも受けたし、予断許さない展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始後10分、右サイドの崩しから青木が強烈なミドル。

これがカミンスキーにはじかれるが、それをファブリシオが見事なボレーで叩きこみ、先制。

写真よくわかんないですね。

ゴールの瞬間立ち上がったら、カメラのバッテリーがずれたみたいで、

電源が入らなくなってしまい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、59分、柏木に代えてケガから復帰した長澤投入。

中盤の厚みという意味で彼の復帰は心強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、待望の追加点は59分、

武藤のパスにラインの裏に抜け出したファブリシオがキーパーを見てシュート。

またしてもファブリシオ、今日の彼は「来ている」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今期初先発の森脇に代えてはいったのは、

橋岡ではなく、菊池大輔であった。

それにしても、今夜の森脇は気合入ってたなあ。

やはり、橋岡の存在が脅威だったのでしょうね。

けっこう手を抜く森脇があんなに走るとは・・・。

チーム内にいい緊張が生まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3点目はコーナーキックからであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 85分の槙野のこのヘッドで、試合は決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、さらに「デザート」が待っていた。

終了間際の90分、

交代でディフェンスに入った荻原が相手を振り切ってゴール前まで持ち込み

ファブリシオにパス。

きょうのファブリシオは外さない。

ダメ押しの4点目、自身のハットトリックとなるゴールで、

真夏の花火大会を締めくくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、苦手なジュビロを完膚なきまでに粉砕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4点取って、完封、ってのもまた気持ちがいいったら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオ、これで一気にブレイクか。

ゴール後のウルトラマンポーズ、また見たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでレッズは勝ち点31で順位は9位だが、

4位神戸の勝ち点は33。

実に6チームが勝ち点さ「2」の間にいるという大混戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナントカ、この大団子から抜け出して、3位以内のACL出場権を目指したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それにしても今夜は絵日記に書きたいくらいの

楽しい夏休みの思い出ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2018.07.22

「そうだ、あれ、食べたい。」

 暑いよねー、アツい、アツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだ、あれ食べたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、土曜日午後銀座まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目的はココ。

そう、「冷麺食べたい」発作が起きたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼時を過ぎたので待ち人数は前に2組だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので、ちょっとタン塩、カルビなんぞを前菜がわりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・せっかくなんで、一番搾りも。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、美味し。(≧◇≦)

やはりここの冷麺は確かです。

実は前回エッシャー展に行って冷麺食べて、

やっぱ「ぴょんぴょん舎」食べたいね、と話していたので。

顔はマヌケだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来たかいがあったというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷麺で満足し、

ほか、特に用もないので、デパ地下で夕食の食材買ってまっすぐ帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オマケ。

 夏らしく。(^^)v

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.17

鮎と悪魔

毎年夏には一回は鮎を食べに行くことしております。

去年は群馬に行きましたが、今年はまたここで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったより空いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずの生もウマし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、夏が早いと得した気分だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンクロナイズドなお姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、感無量。

そういえば、東大一直線にあったな「カンムリョゴン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいそのから揚げと御新香も忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ココ、ウナギもあるんです。

トナリのヒトが食べててデカくておいしそうだったんですが、

やっぱココまできたら鮎ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、マンゾク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日こっち方面に来たのにはもう一つの理由あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻の運転で15分ほど、ここは壬生ハイウェイパーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペースデーモン様の献血コラボイベント「ドラキュラロックフェスタ」の応援に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻も一緒に写真撮っていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシスタントMCのメグちゃんも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても暑そうだ。

去年は、ココとおおた夏まつりをダブルヘッダーでやっちまったのだった。

去年も暑かったけど、今年はさらに。

この日やってたら、完全に死んでたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、秋には出演したい。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.14

ミラクル・エッシャー展に行ってきました。

 先週に引き続き、上野。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は梅雨の晴れ間のいい天気です。

気温は高いが湿度は低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて今回の上野訪問の目的は、またしてもパンダではなく、コレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は我が家はエッシャー大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京でエッシャー展が開催されるのは12年ぶりだそうですが、

12年前も間違いなく見てるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マウリッツ・エッシャーは「だまし絵」で知られる

オランダ人の画家(版画家)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内撮影禁止ですので以下は会場で買い求めた図録の写真です。

2700円ですが、かなり立派な本です。

言っちゃあなんだが、森高千里さんのパンフレットよりはかなりお買い得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺の代表作は誰でも一度は目にしたことがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は幼稚園の時の絵本でエッシャー世界に出会ったそうですが、

ワタシがこの作家のファンになったのは子供のころある雑誌で見てからです。

その謎ときは後日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても見れば見るほど引き込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 展覧会には若いころからの作品を含めて150点余りが展示されており

かなり見ごたえがありましたが、

若いころの作品はフツーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、こういったモチーフが

のちの作品の下地になったことがわかるような展示になっていました。

2つ前の階段上る絵と比べてみるとナルホドとわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こんな絵を描くので神経質な偏屈な人ではあったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エッシャーのもう一つの得意技である平面分割。

組み合わせが少しづつ形を変える不思議絵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもダイスキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメタモルフォーゼはその集大成、大作になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、図録では伝わらないのでネットニュースからの現場写真で。

下のガラスケースにあるのが原画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、なかなか見ごたえのあったミラクル・エッシャー展でした。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサーはなぜか、法律事務所。

所長が好きなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、腹減った、何か食べようか、ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この看板に惹かれて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷麺食べてきました。

もう、夏が来る♪ 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ