ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.09.29

エバークックのフライパン

 ついに買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ、自炊が「マイ・ブーム(まだ死語じゃない?)」であったが、

ついに新しいフライパンをアマゾンで購入。

ユーザーレビューや、ネット記事を2日ほど検索、吟味し、機種選定。

丈夫で、長持ち、使いやすそうな、コレにしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 色が「赤」というのもレッズファンとして、決め手の一つになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと大きいけど、使い勝手は良好。

デカい分、まとめて入れられる。

ガラス製のふたも同時購入していろいろな料理ができます。

まあ、下ごしらえが必要なような、手の込んだものは作りませんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステーキもばっちり、野菜もたくさんとれて、栄養バランスもイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パスタもヨユー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、つい作り過ぎ、食べ過ぎで、

体重が増えがちになるのは注意しないとイカンなあ。

 

 

コメントはまだありません
2019.08.14

綾戸簗

 お盆休みに子供たちが帰ってきたら

みんなで鮎を食べに行こうといってたのですが、

今年は忙しくて、戻れない、とのことで、

夫婦2人で行ってきちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 綾戸簗は赤城インターと沼田インターのあいだ、国道17号の対岸にあり、

以前、スキー帰りの裏道で通ったことはありましたが、

鮎を食べに訪れるのは初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり奥まったところにあり、ちょっと秘境感あります。

が、お店のヤル気はかなり感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナカナカ雰囲気は良い。

椅子席もあるので股関節術後には助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 利根川沿いの桟敷。

利根川もここまで登ると、かなり狭く早い流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この、一見シンディ・ローパー風のピンク色の髪のオバサンが、

店内を仕切っていますが、かなりデキる人と見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、奥ではオジサンたちが、働いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちのオジサンは、いけすから取り出した鮎に串をさしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこっちで、塩を振ったり、さばいたりしてる模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはカンパイ。

帰りの運転は妻です。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはお新香と酢の物。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、「うるか」。

鮎の塩辛である「うるか」は日本酒が合いそうだが、

かつては胃腸薬でもあったとのこと。

「楊枝ひとすくいで、腹痛が治ったのよ。」

と、シンディさんが言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しい。(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、フライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、鮎の活け造り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、動きます。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど「活鮎料理専門店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とかいってるうちに雨がザーッと降ってきた。

台風は明日西日本上陸らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、いよいよ田楽と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 塩焼き、やってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒレもパリッパリでウマイのなんの。

アタマまで、全部いただきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夏も鮎をいただくことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、海なし県だけど、北関東に住んでることの特典のひとつ、かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.19

北海道旅行2019年夏~トリトン編

 さて、16日最終日は、妻の検診。

病院は、ホテルから徒歩でいける距離。

あさイチの予約をとったというので、午後9時の開院に向けて

妻は、一足先にホテルを出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、しばらく部屋でうだうだしたあと、チェックアウト。

時間があるので、ネットで調べた北海道最大級の模型ショップに行ってみるが

さしたる収穫は無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 向かいのスーパーマーケットで、地元産納豆をしこたま買い、

妻と待ち合わせの札幌駅に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検診を終えた(特に問題なかったそうです)妻と駅から向かった先は、

この北海道旅行の最後のミッション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 回転寿司の「トリトン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この店、以前、妻が娘と北海道に来たとき(前回の検診)に、

タクシーの運転手さんに教えてもらったお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一見、郊外型のフツーのチェーン店の回転ずし店であるが、

あなどるなかれ。

これが、かなり、レベル高いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼時とあって、何人か待ってるヒト。

しかし、サラリーマンや地元の主婦ばかりで、観光客の姿はない。

内装もフツーの回転寿司である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、待つことしばし。

ようやく席が空いた。

とりあえず、生ビール。

(キリンでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お皿をとってみると・・・

ネタが、デカい。

しかも、つやつや、てりてり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 横から見るとこんな感じ。

食べてみると、サーモン、ウマイのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マグロもこの通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この大きさ、スゴくないすか。

味も抜群、サカナ食ってる感、ハンパなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 炙りものも、このとおり。

肉厚で、見るからに美味しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お茶も、テーブルの下の銭湯風蛇口から出るお湯で粉茶を入れる

一般の回転ずし風なのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一皿100円ではなく、いろいろなネタによって値段が違うが、

たらふく食って、ビールも飲んで、2人で約3000円。

コスパ高すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが、北海道、おそれ入りました。

名前や外見ではまず、旅行客が入らないお店。

地元情報はたしかでした。

ちょっとしばらく、関東の回転寿司やスーパーのお刺身は食べられないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その後、空港に向かい、午後のAirDoで羽田へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、関東地方は梅雨でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 湿度が違う、このジメジメは本州特有だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、2泊3日の北海道旅行。

楽しく行ってまいりました。

やっぱ、たまには学会場に行かない旅行したいです。

今回のお土産は、ほぼ納豆のみでした。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.18

北海道旅行2019年夏~再びジンギスカン編

 さて、1日富良野で遊んだあとの晩飯である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、ジンギスカンで今日は北海道料理、という選択肢もあったが、

妻は、エビ、カニのアレルギー、そしてワタシはイクラのアレルギー。

エビ、カニ、イクラのない北海海鮮料理、というのもいまひとつインパクトに欠ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、昨日食べそこなったサッポロビール園のことが、

どうもひっかかっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、2人の意見が一致し、サッポロビール園に。

しかも、予約なしで!

予約枠と、直接枠があるだろうし、

20時過ぎればツアーなどの団体客はいなくなるだろう、

2人なら、何とかなるんじゃね、

というのが、我々の見方。

タクシーで向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タクシーの運転手さんに予約してあるんですか、と訊かれ、

いや、してないんです。

日曜、祝日は30分から1時間くらいは待ちますよ、といわれて受付へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、レストランならすぐ用意できるが、

ホールは45分待ちです、と言われる。

覚悟の上なので、待ちます、とキッパリ。

携帯の番号を告げてその辺ぶらぶら。

お腹空いて、表情冴えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、45分か、長いなー、どうするかなーと思っていると、

尻ポケットのスマホが鳴った。

(クルマなどに座るとき以外は、やはりケータイは尻ポケットが便利。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「お席の準備ができました。」

手元の予約券を確認すると

なんと、受付時間から10分もたっていないじゃん。

今日は、天気といい「ツイてる」日だ。

写真、ブレちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、無事、着席。

笑顔が戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日連続でジンギスカンは、間違いなく人生初。

食べ飲み放題で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、やっぱ、サッポロはウマい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちら、ウーロン茶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッポロビール園の特徴は生ラムジンギスカンのほかに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷凍ジンギスカンがあること。

カボチャもあるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この冷凍が意外と好きなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、このビアホールの雰囲気は、もうサイコーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とかいってるうちにエビス黒生に移行。

思わず、エビス顔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は生ラム行きます。

ここ、サッポロビール園ではすべて、タレを後からつける札幌式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールはハーフ&ハーフに。

これまた、ウマし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、2夜連続のジンギスカン対決と相成ったわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビール、ジンギスカン、お店の雰囲気等を総合的に評価すると、

やはりここは余裕でサッポロビール園の勝ち、というのが

我が家の見解。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココロとお腹を満たして、タクシーでホテルに戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、続く。(^^)v

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.16

北海道旅行2019年夏~ジンギスカン編

 思えば、学会以外で旅行をした、というのは何年ぶりだろう。

子供が、成人して家族旅行しなくなってからは、とんと記憶にない。

まあ、イヌ連れて温泉一泊、とか、妻の御両親の金婚式、で、

とかはあるが、2泊以上の夫婦の旅行はいつ以来か。

まあ、今回も、妻の股関節術後定期検診がらみ、ということではあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は2年に一度の検診で札幌の病院に受診するわけですが、

今回は、ある企みがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女は前々から、富良野のラベンダー畑を見たい、と思っていたらしく、

ラベンダーが満開のこの時期に、検診の予約をとったわけです。

しかも、検診の予約は2か月前からだが、

この定期観光バスは人気で期間限定のため日曜・祝日分は即完売になってしまうらしく、

3か月前予約解禁のこのバスツアーの方の予約を先に取ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラベンダーが最も満開の時期を調べ、先に予約をとって、

ワタシにも、ほぼ事後承諾という、

綿密に計った真珠湾攻撃並みの奇襲作戦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日のツアーが取れず、月曜日なので出発は日曜日。

この日は午後の飛行機で札幌に行きます。

空港で、ランチを食べますが、夜、ジンギスカンを食べる都合で、お昼は軽めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空港のレストランは高いな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京は、雨。

梅雨が、まだ明けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鉛色の低い雲に向かって離陸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、新千歳も小雨でした。

エアポート快特で札幌まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今晩の夕食のジンギスカンですが、

4日前にインターネットからサッポロビール園に予約を入れたら、

後日、決定のご連絡します、であったが、

なんと今日の午前中、満席で予約が取れませんでした、とのメールが来た。

なので、北千住駅で急遽、キリンビール園に電話し、予約。

ホテルからは徒歩20分。

雨は上がっていたので、歩いていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温22度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このビルの7階にあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻がエビカニアレルギーなので、ジンギスカンコースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジンギスカンには、焼いてからタレをつけて食べるものと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらかじめ、このようにタレに付け込んであるラム肉を焼く方式とがあります。

この2大方式、前者は「札幌式」後者は「滝川式」とも言われるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのほかにソーセージと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豚肉もこのコースはつきますが、まあどっちでもいいようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野菜はキャベツ、モヤシ、タマネギ。

このお店は、カボチャなし、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、焼くぞ。

サラダも頼みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼き方はこのように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビール飲み放題。

キリン・ブラウマイスター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはイケる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウーロン茶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼きあがる前に2杯目、ハートランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼けてまいりました。

やはり、ジンギスカン、サイコーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、黒生一番搾り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールあってのジンギスカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デザートあってのジンギスカン(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、まずは北海道のマストアイテムをひとつクリア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日目に続く

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.28

第81回日本耳鼻咽喉科臨床学会@名古屋~ひつまぶし編

 「手羽先編」からの続きですが、

このタイトル設定は2013年の名古屋ブログと一緒だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、木曜日朝、6時に起床し、7時に朝食会場へ。

ちょっとネボケ面だが、注目はバイキングメニュー。

お味噌汁が朝から赤だしなのは、名古屋だから当然として・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、「ひつまぶし」もありました。

しかし、ウナギはこの茶色い顆粒状のモノがウナギかも、

といったミクロなレベルでしか、存在せず、

肉眼では判定不能であり、

まあ、ひつまぶし風ご飯、といった方が正確である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、昨日から天気が崩れ、今日はどうも雨らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも、どんどん風雨が強くなる模様。

まあ、夕方には名古屋を離れるので、問題はないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温は高く蒸し暑そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チェックアウトし、学会場へ。

徒歩約3分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 総合受付は2階。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、クロークは5階。

これは、かなり不便でしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 荷物をもって、エレベーターで上がったり下がったりして、手続きを済ませ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メイン会場に入ると、まだほぼ誰もいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始は午前9時から。

学会にはふさわしくないけど、

今回は復活した浦和レッズGショックをしてきちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開会宣言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学会に出て毎回思うのは、

日常遭遇する疾患の診断、治療に関しても、

日々新しい知見や、技術が生まれているということ。

なるべく出席してUp to Dateに勤めていますが、

それを知らないと、最新の常識ではむしろ「間違った」

今まで通りの診療を続けることになります。

そのことを知らない医者が医療ミスに問われることはないわけですが、

患者さんにとっては不利益でしょうね。

その辺が、医者の自己研鑽に任されている、というのが現実です。

最近は、学会、専門医の研修規定が厳しくなっていますが、

それでも、学会参加は自己負担だし、外来を休まなくてはならないので、

開業医の先生は、あまり参加されない方もいるでしょう。

オレの場合、手羽先がモチベーションになるんだけど・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教育セミナーを4コマ聴き、その後、特別招聘講演。

キャロル・ブラッドフォード先生はミシガン大学医学部耳鼻咽喉科教授で、

このたび、全米耳鼻咽喉科学会の会長に就任されるという方。

写真はミシガン大学医学部のホームページからいただきました。

ワレワレのちょうど前の席に座っていたのが、おそらくご主人かと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭頸部がんのスペシャリストにして一男一女の母、

そして、趣味でテニスやランニングを楽しむという。

この先生の講演がスバらしく、カッコ良かったです。

英語なんですが、同時通訳があったもんで。

ただ、英語だと、半分くらいはわかるので、同時通訳のレシーバーと

どちらを聴くか、脳が多少混乱しましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく年代的にはかなり近い。

同じ耳鼻咽喉科というカテゴリーを選択し、キャリアを積んできた。

むろん、ワタシなどとは比べ物にならない素晴らしいキャリアですが、

この歳になり今までの医師人生を振り返る、という講演要旨に

いろいろ、わが身に重ねて思うところがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その後はランチョンセミナー。

今回は、メニエール病の話を聴きましたが、配られたお弁当には手をつけず、

お昼は、やや遅い時間にコチラに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱田にある「大和田」さんは、バンド仲間の名古屋出身の安藤先生に教わったお店。

マスコミ取材お断りのお店で、穴場的名店という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大雨で大変でしたが、遅い時間もあり、並ばず入店。

これは、昨今のウナギ市場を鑑みると、かなりお安いのでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせなら特上で。

ウナギ、重なっています。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一杯目はそのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二杯目は薬味をのせ(写真撮り忘れ)、三杯目はお茶漬けでいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてその後は、地下鉄、JRと乗り継ぎ、名古屋駅に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のぞみは往路と同じN700系でした。

乗り心地が良く、ほぼずっと寝てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りは台風の影響で大変蒸し暑くかったのですが、

G20の影響で、ほぼすべての自販機が販売停止になっていたので

飲み物が、買えず。

これは、思わぬ余波でした。

 

 

 

 

 

 

さあ、また、ガンバロー。

帰宅して、夜は9時からバンド練習でした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.27

第81回耳鼻咽喉科臨床学会@名古屋~手羽先編

 水曜日の午前中の診察が終わると、午後から学会出張です。

今回の行先は、名古屋。

なので、お昼はこんなモノで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気分を盛り上げるつもりだったが、辛くて、ダメ。

ワタシ、辛いモノは苦手なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、気を取り直して出発。

夏のような天気だが、このあと低気圧の接近で天気は崩れるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 15時40分の新幹線で、名古屋に着いたのは17時19分。

名古屋は近いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宿はホテルから歩いてすぐ、学会場へも3分。

見えてきました。

奥の大きな建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入口は1階だが、入ったところには何もなく、エレベーターホールがあるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一瞬、入り口を間違ったかと思ったが、

フロントはエレベーターで18階まで上がるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デカイホテルに見えて、実は8階建て、ということですね。

つまり、先ほど見えた大きなビルの、この上の白い部分だけが、ホテル、ということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 18階に上がると、チェックイン待ちの長い列。

ほとんど、中国人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロビー天井のこの金ぴか具合はいかにも名古屋風。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、エレベーターも金ぴかであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、大浴場も。

以前泊まった名古屋の別のホテルで、

あまり広くない大浴場の真ん中にデッカイ金のシャチホコがあって、

大変ジャマだった記憶を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、夕食に向かった先は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも、ホテルから徒歩3分。

ご存知「世界の山ちゃん」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ夫婦はこの店の大ファンなのだ。

ホテルを選ぶとき、このお店もすでにリサーチ済み。

ここは、3階まで「山ちゃん」なんだ、スゲエ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満席で、禁煙席の空くのを待つことしばし。

ようやく通されたのは、3階だった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目当てはもちろん、この「幻の手羽先」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、カンパーイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。

これが、今回の学会出張の主目的といっても過言ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これが、ビールに合うのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻はウーロン茶ですが、無類の鶏肉好きで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 味噌カツや、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソース味の黒手羽先も頼みましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんてったってこのスパイシーな奴がウマイ。

名古屋の手羽先居酒屋チェーンではもう一つ「風来坊」といお店が双璧といわれるが、

以前食べ比べたけど、ウチは断然「山ちゃん派」です。

東京にもお店があるんだけど、何故か名古屋の方が美味しいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ方は、箸袋に書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、ビールもススム、ススム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに10本の追加オーダーまでして、

多量の骨の山を築き、マンプク、マンゾク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、学会、ホント、楽しい(?)(^^)v

 

 

 

 

 

 明日が、本番なんですが、もう目的は達したな・・・。

 

 

1件のコメント
2019.06.25

すきやきの味

牛肉話第3弾(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな高級食材である牛肉は

ワタシが子供のころは我が家の食卓に上ることはまずなかった。

ビフテキはおろか、スキヤキなんてものも食べたことはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのころ登場したのが、コレである。

これは今のパッケージ。発売は1963年。

55周年と書いてありますが、今年は56周年かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてのデザインはこんな感じ。

青空が目に染みるが、目を引くのはなんといっても「牛肉」の文字。

高級品だった牛肉入りだぞー、と。

今でいうと、何でしょうね。キャビア入り、とか牛肉なら松阪牛とか、のイメージか。

ワタシなどは、ホンモノの「すきやき」より先に、

こちらの「すきやき」の味を覚えちゃったのであった。

ビーフ味のふりかけではあるが、これがすきやきの味かというと、ちょっとギモン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、完全に定かではないが、

一度この「すきやきふりかけ」をご飯にかけたら、虫が混入していて、

以後一時期「すきやきふりかけ」が食べられなくなった記憶がある。

当時は食品衛生事情は今とは比べようもなく悪かったし、

輸入物のチョコレートから生きたウジ虫様の虫が出てきたのを見たのは

一度や二度ではないので、

特に大騒ぎもせず、

しばらくしたらまた普通にふりかけ食べてましたけどねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おりしも当時丸美屋はテレビ放映中の「エイトマン」のスポンサーであり、

強力にマーケティングをしていた。

ここでも「牛肉」は強調されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中でも、ふりかけに封入されるエイトマンシールは

子供たちのあこがれの的であり、

シール欲しさにふりかけをねだったものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、当時うちの医院に住み込みで働いていた看護婦さんの実家が

いわゆる「よろずや」さん的な、田舎の食料品店で、

遊びに行ったときに子供たちにお土産、といって、

丸美屋のエイトマンカレンダーふりかけもらって超感激したことを覚えています。

これは、ふりかけの小袋が、厚紙のカレンダーに貼ってあって、

月曜日は「のりたま」、とか火曜日は「すきやき」、てな感じのものだったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、「エイトマン」は少年マガジン連載中は「8マン」であったが、

テレビ放映時はカタカナの「エイトマン」になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは放送が6チャンネルのTBSテレビだったため、

8チャンネルのフジとの誤解を避けるため、といわれています。

ムカシはTBSとかフジテレビではなく、

みんな6チャン、8チャンなどと呼んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エイトマンの主題歌は前田武彦氏作詞。

あの「巨泉前武ゲバゲバ90分」の方だと知ったのはずいぶん後になってからでした。

なんか、牛肉から完全に話がそれましたね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2019.06.24

ビフテキ

 先日ステーキを焼いて食べましたが、

かつてはステーキのことを「ビフテキ」と呼んでいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん「ビーフ・ステーキ」なので、「ビフテキ」なんですが、

要するに当時は牛肉は高級食材だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いま高級料理といえばフレンチとか京懐石などがイメージされるが

ワタシが子供のころは夢のご馳走≒ビフテキであった。

この辺、今では高級車というとベンツ、フェラーリあたりが想起されるが、

昭和30年代には高級車といえばキャデラックだった感覚に極めてよく似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い浮かぶのはこの話。

巨人の星第28話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 延長戦の上、東京都大会の決勝に駒を進めた青雲高校野球部のために

PTA会長伴大造氏が、決勝戦前に自宅で前祝いの食事会を催すのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、供されたご馳走の数々だが、おそらくメインディッシュはビフテキであった。

たしか、テキにカツとかいってビフテキとトンカツが出たのでは・・・。

しかし、野球部、ユニホームのままメシ食うなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天野先生は、この事態に憂慮していたが、コイツもトレーニングウエアだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果的に食中毒か食べ過ぎかで、

伴宙太と星飛雄馬を除く全員がヒドイ下痢に見舞われ、

決勝戦は大ピンチになるのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ビフテキの赤い部分みると、

時々チラッとこのエピソードが頭をよぎることはありますね。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ここまで書いて、ちょっとネットで調べたら、意外な事実が判明。

なんと「ビフテキはビーフステーキの略じゃない?

↑ クリックしてみてください。知らなかったー、そうだったのかー。

じゃあ、「トンテキ」とかは文脈的にオカシイということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにここのお店のお肉、かなりいいお値段です

少なくとも自分で焼く勇気はないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2019.06.23

ステーキ

 最近、自炊にハマっていることは以前も書きましたが、

土曜日の夜なので、ステーキを焼いてみました。

この間のバーベキュー大会で、シェフのワザを盗み見たから、

というわけでは無いですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーパーのお買い得品。

カナダ産、100グラム264円なので、これでざっと500円。

もうホント貧乏性なので、高いお肉は買いません。

冷凍しておきましたが、しばらく室温で解凍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニンニクもトッピングして、けっこうイイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 切ってみますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホラホラ、イイじゃないですか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 500円のホームセンターのワインで、美味しくいただきました。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ