ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.04

ニキ・ラウダのために

ちょっと前になるが5月26日開催の歴史と伝統のモナコグランプリ。

今年はやはりこのセレモニーから。

グランプリウィークの月曜日に亡くなったニキラウダ氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間も書いたが、彼がF1シーンに残した影響は

限りなく大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェラーリ時代の爆発的な速さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低迷していた名門に2度のワールドタイトルをもたらした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、瀕死の事故から奇跡の生還を果たした後は、

クレバーな走り、確実にポイントを積み重ねて

チャンピオンを取るという新たなレーシングドライバーの

スタイルを披露してみせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうと語弊があるかもしれないが

彼のような偉大なドライバーを見送る場としては

このモナコグランプリはもっとも相応しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということはこの死のタイミングは最適だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして偶然にも

モナコの国旗はニキラウダの母国オーストリア国旗と色が同じ。

オーストリアは上から赤白赤、モナコは赤白。

ちなみにポーランドは白赤でモナコの逆さま、

インドネシア国旗は赤白でモナコ国旗と同じです。

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて予選結果は1位はメルセデスのハミルトン。

2位に同じくボッタス。

メルセデスのワンツーは盤石か。

しかし3位にはレッドブルホンダが初めて滑り込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダの2位以上も期待されたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェルスタッペンは5秒ペナルティをくらい、

抜けないこのサーキットではけっこう致命的。

ボッタスはピットのタイミングでフェラーリの後塵を拝す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このトンネル、まさにモナコの醍醐味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく見た目は2位フィニッシュのフェルスタッペンは、5秒追加で4位、

表彰台を逃す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダメージのあるタイヤで首位を守ったハミルトンが優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2位にフェラーリのベッテルが入り、開幕以来のメルセデス1-2は途絶えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、順位はこの通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奇しくも、ニキラウダデザインの特製仕様のヘルメットをかぶった2人がワン、ツー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホンダは表彰台は逃したものの、レッドブルのフェルスタッペンが4位、ガスリーが5位、

トロロッソのクビアトが7位、アルボンが8位フィニッシュし、

1991年以来の4台そろってのトップ10入り。

近年は10までが「入賞」であるが、かつては6位までが入賞のポイント圏内だったので、

4台入賞は1987年イギリスGP以来の37年ぶり。

この時はウイリアムズ・ホンダのマンセル、ピケが1-2、

ロータス・ホンダのアイルトン・セナ、中島悟が3-4位であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、モナコ王妃、美しい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の黒いドレスは、やはりニキ・ラウダ氏への追悼でしょう。

昨年のモナコグランプリでは、シャンパンラッパ飲みで物議をかもしましたが、

さすがに今年は封印してたようです。(^^;

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.23

ニキ・ラウダの時代

5月20日の月曜日に飛び込んできた訃報が、

ニキ・ラウダ氏の逝去のニュースだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1975年、1977年、1984年のF1ワールドチャンピオンであり、

言わずと知れたレース界の「巨人」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストリア、ウィーンの出身でデビューは1971年、マーチから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、BRMを経て、1974年にフェラーリに移籍。

そして1975年、名車「フェラーリ312T」を駆って、

初のワールドチャンピオンに輝くのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「312T」は3リッターの12気筒、

Tはトランスバース・トランスミッション、すなわち横置きギヤボックスのTである。

ラウダはこのマシンでフェラーリに1964年以来、11年ぶりの

コンストラクタータイトルをもたらしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、タミヤの1/12。

作ったのはもう5,6年前だったかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ニキ・ラウダにとって運命の1976年。

そこまで、このフェラーリ312T2 でポイントリーダーとして快進撃を続けたラウダは、

8月1日のドイツグランプリ本戦でクラッシュ、クルマは大火災に包まれる。

ドライバー、コースマーシャルの捨て身の救助でラウダは九死に一生を得るが、

衝突の際ヘルメットが脱げてしまい、顔の大きなやけどを負い、

有毒ガスを吸い込んだ影響で肺に深刻なダメージを受けた。

全身の70%の血液を入れ替え、一時は生命も危ぶまれたが、

その後驚異的なペースで回復。

事故からわずか6週間後のイタリア・グランプリで奇跡の復活を成し遂げるのである。

そして、タイトルの行方は最終戦。

舞台はこの時はまだ、イレギュラーだった日本開催のF1世界選手権イン・ジャパン。

富士スピードウェイの決勝は大雨で、ラウダは危険すぎると判断し、

わずか2周で自らクルマを止め、リタイア。

チャンピオンは1ポイント差でマクラーレンのジェームズ・ハントにわたった。

この312T2は、

一昨年作った今は無きイタリア「プロター社」製の1/12モデルであるが、

作りにくさでは定評がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コチラは、ハセガワ製の1/20の312T2。

レインタイヤでその富士スピードウェイの仕様になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、翌1977年、ラウダはシーズン3勝などで72ポイントを上げ

またこの「フェラーリ312T2」で2度目の王座に返り咲いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、フェラーリを離れブラバムで2シーズンを戦いました。

これは1/20のブラバムBT46。

タミヤ製、限定クリアカウル版。

カウルはクリア塗料で塗ったので、透けて見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライバーフィギュア付き。

ラウダ先生、運転してます。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストリアカラーのヘルメットにはニキ・ラウダの文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラバム時代にはアルファロメオエンジンの不調もあり勝利は無く

1979年、いったんは現役を引退。

しかし、1982年にマクラーレンから現役復帰し、

1984年にマクラーレンMP4/2で、最後のワールドチャンピオンを獲得。

このモデルはアオシマの1/20「マクラーレンMP4/2」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルボロカラーはカッコええなあ。

タバコは、ダメよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その翌年、1985年にマクラーレンのチームメイトのアラン・プロストの

初のワールド・チャンピオン獲得を見届けて

ニキ・ラウダ氏はドライバーズ・シートを降りた。

写真はマクラーレンMP4/2C。アラン・プロストのチャンピオン・マシンである。

これもプロター1/12。

作りにくいがフェラーリのキットよりはまだマシだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現役引退後はラウダ航空など、航空会社の経営に携わる。

フェラーリのアドバイザーを経て、

先日までメルセデスF1チームの役員を務めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70歳という年齢での死因は肺の病気といわれ、肺移植も受けていた。

あのドイツGPでの肺損傷が後年まで後遺障害を残したのであろうか。

偉大なドライバーの冥福を祈りつつ、

今週末は伝統のモナコGPが開催される。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.28

グランプリ野郎

「グランプリ野郎」という漫画をご存知であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃ワタシの愛読していた雑誌が「少年」。

これには、かの「鉄腕アトム」と「鉄人28号」がともに連載されていた

少年誌のチャンピオンみたいな存在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「鉄人28号」の作者横山光輝氏が1968年から同誌に連載開始したのが

「グランプリ野郎」。

当時、ブームになっていたモータースポーツを扱った少年漫画である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、ワタシのレーシングカー好きの原点はこの漫画にある。

ワタシにとって「レースマンガ」といえば「グランプリ野郎」。

「マッハGo Go Go」でも「サーキットの狼」でも「赤いペガサス」でも

まして「チキチキマシン猛レース」でもないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピットインとか、スピンとか、スリップストリームなんていう「レース用語」は

全てこの漫画で学んだ。

ドリフトとかシケインとかダウンフォースなんていう言葉は

まだなかった時代である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は「葉巻型のフォーミュラカー」、まだウイングなし、という時代である。

でも、シートベルトはあったはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この主人公の若林真一が乗るレーシングカーのデザインを、

雑誌「少年」で、一般公募した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの応募があった模様で、ワタシなども結果発表を心待ちにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その発表された最優秀作がこのマシンであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンガ自体がわりとリアル路線で来ただけに、

このSFチックな、マッハ号的なデザインは、

正直、どうなのかなあ、と子供心にも思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、実際にマンガに登場するのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のマシンとあまりに違い過ぎて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃ、ちょっと、アレだなあ・・・。

そんな、「グランプリ野郎カー」であったのだが。

つづく

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.16

カレンダー

 ひと昔前には、この時期になると、

毎年東急ハンズにカレンダーの買い出しに出かけるのが、

我が家の恒例行事であったが、

ここ最近ではカレンダーはネットショッピングで購入する。

便利な反面、出会い、発見のドキドキがないのが、

ちょっと残念である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、カレンダーなんてもんは、

ほぼ毎年、同じところに同じ類いのモノをかけることが多いので、

ネットだと確実に同じものが手に入るわけで、

リビングやトイレなど、妻のテリトリーでは、

この10年以上ずっとシバ犬のカレンダーがかかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ワタシの部屋はといえば、これはさらに長く、

もうこの20年以上ずっと同じカレンダーを毎年購入しています。

それはAuto Course のF1カレンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカレンダー、英国製で

以前は渋谷の東急ハンズで買い物をした後に、

恵比寿にあったMr.Craftという

カーモデル専門店で買っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.Craftが無くなっちゃってからは

洋書を扱う店などをあちこち探して買っていましたが、

最近はAmazon で手軽に購入することができるようになって

大助かりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし早くに注文しないと品切れになってしまいます。

今年も無事ゲット。

これはイギリスから直接来るのか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、円で払っていますけど、£11.99、いくらだったっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25年前にはF1ブームで

F1のカレンダーは国産のものが何種類もあり、

どれにするか迷いましたが、

やはり由緒正しいAuto Course のカレンダーは一味違う、

ということで購入。

そしてF1ブームの去った今、

国産カレンダーはほとんど無くなってしまいましたが、

このカレンダーは毎年同じ装丁で作り続けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マシンのフォルムが良く分かる写真であることと、

上位チームだけでなくすべてのチームのクルマが登場するので、

カーモデラーにとって非常に資料性が高いのも魅力です。

これは今年のヤツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これは如何ともしがたいことですが、

カレンダーのマシンは当然ながらちょうど1年前のモデル。

そこが残念なんだよなぁ。

これが、20年、40年前のマシンと言うのなら

それはそれで全然気にならないのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.11

日本グランプリ2018鈴鹿詣で:その④

長編になりましたね。(^^;

 

 

 

 

 

 

朝、4時過ぎに起床。

別にアラームをかけたわけでなく、トイレ行きたくなって目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用を足して戻ると、他にも車中泊とおぼしき車が、2,3台。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、出発。

もう600キロ近く走ったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐそばのローソンでホットコーヒーを買う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを、浦和レッズのボトルに詰め替え。

よし、(●`・ω・)ゞ<ok!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻は午前4時半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢湾岸道から東海環状道を通って中央道へ。

ずいぶん高速道路網が整備されています。

やがて、夜が明けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央道、阿智PAでトイレ休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、6時半、駒ケ岳SA。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店が開いていたので、ここで朝飯にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常なら朝なので「とん汁定食+納豆/卵」とか「焼き魚定食」かなんかにするところだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来たら「駒ケ根名物ソースかつ丼」を食わねばなるまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻はまだ6時台だが、朝からもう2時間半もおきてるので

いけるんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この時間のトンカツはさすがに、ややもたれた。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、むろん、完食。

食後に血圧のクスリも飲みました。

胃腸薬も持ってくりゃ良かったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに中央道を進み、岡谷JCTから長野道へ。

梓川SAで休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、最終レグです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからは、もう少し。

更埴JCTから上信越道、そして藤岡JCTから関越道、高崎JCTから北関東道、

もう、まっしぐら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、午前10時前、無事帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日半の総走行距離は1000キロを超えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーパーやSA,PAでお土産品をどっさり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イカナゴくぎ煮、大好きなんです。

関東で売ってる小女子の佃煮とはやっぱ、ちょっと違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、地元納豆も忘れません。

    

 

 

 三重県松阪でつくっても「東京納豆」。

そのなぞはここに「東京納豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伊勢うどん。

そんなに好きではないですが・・・・。

横綱は「よこずな」ではなく「よこづな」なのでは?

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インスタントラーメンマニアとしても。

ソバとかタンメン入っていますが・・・・。

納豆もラーメンもこの間、北海道で大量に買ってきたばかりなのだが(>_<)

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地酒も。

「三重の寒梅」って、パロディじゃないですよね。

「半蔵」は伊賀の忍者「服部半蔵」からのネーミングでしょうね。

「忍者」というお酒もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、アイルトンセナのTシャツ。

写っていないけど、ホンダのステッカーと、ペットボトルホルダーも買ってボールペンもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、還暦間近のオヤジが、

車中泊2泊の時間も行程も行き当たりばったりの学生みたいな一人旅。

われながらよくやるなあ、と思いますが、

いや、楽しかった、また、是非やりたいですね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.10

日本グランプリ2018鈴鹿詣で:その③

 さて決勝スタートは2時10分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは先に述べたように「ホンダ応援席」だが、

たまにフェラーリファンもいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それより、頭髪の具合から推測するに年配のファンも多いゾーンといえるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、決勝スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トロ・ロッソの2台はスタートふるわず、5週目でガスリー7位、ハートレー11位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場所は鈴鹿のキモである1コーナーから2コーナー、

そしてS字から逆バンクへのマシンの挙動が確認できるという、

まことに通好みのポジションなのだが、一つ困ったことがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホンダの応援席なのでホンダのマシンが通るたび小旗が打ち振られ、写真が撮れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、まあ、なんとか、すきを見て。

だが、失敗。(>_<)

肝心のホンダはピンクのフォースインディア2台の前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは成功。

しかし、このあと黄色のマシン、カルロス・サインツのルノーに抜かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トロ・ロッソ・ホンダは2台とも、どうも、スピードのびません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、メルセデス、速し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 追うべきフェラーリは序盤ベッテルが接触で大きく順位を落とし、もうダメダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハミルトン、絶対的な速さで、寄せ付けず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トロ・ロッソのふがいなさに、後ろにいたオッサン2人は途中で帰っちゃうし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、ハミルトンは53周のあいだ、一度も首位を明け渡さず、

バトルもなくポール・トゥ・ウィン。

メルセデス、盤石の1-2フィニッシュでタイトル王手になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、予選グリッドが良かったので期待されたトロ・ロッソは11位、13位。

フェラーリもダメだし、いやあ、レースはつまんなかったな。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、90年代のF1と比べてすごく現地で違いを感じたのは、音とニオイ。

ワタシの聴覚、嗅覚が年齢とともに衰退しているせいではなく

(いや、聴覚は衰退しているが・・・・・(^^;))

90年代自然吸気エンジンからかわった現行のパワーユニットと呼ばれる代物は、

あの甲高い音と、オイルの焼けるあのカラダに悪そうな匂いがしない。

クリーンなのは良いことだが、なんかサビシイ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、全体を振り返れば、実に楽しかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、ライブは良いモノ、行ってこそ、ナンボ。

また、来年も来ようか、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、帰るぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、帰りの渋滞を避け、回り道をして買い物。

明日が休みなので、今夜も車中泊予定。

急ぐ旅ではナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、グーグルマップはスゴイ道 走らせるなあ。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地元スーパーで買い物などして、

泊まりは伊勢湾岸道「刈谷ハイウェイオアシス」。愛知県です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた温泉へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、フェラーリとトロ・ロッソが入って行く。

今日はお互いダメでしたなあ・・・、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは昨日のとこよりは数段新しく、キレイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 料金は820円。

混んではいたが、中は広いので洗い場も問題なし。

ただし、今日1日ですごく日焼けしたので、

腕や首筋がヒリヒリ痛くてタイヘン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、風呂から上がれば、2階にフードコートがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、そこでそのまま一杯。

サイコーかよ。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名古屋といえば手羽先。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、さらに一杯・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマに帰って、もうちょっと飲みながらDAZNで見るのは

今日の昼間にあったJリーグ。

ベガルタ仙台とのアウェイゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F1なかったら、仙台までこの試合観に行ってたはずでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半終わって1-1。

眠くなったので、もう、寝ます、オヤスミナサイ・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、続く。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.09

日本グランプリ2018鈴鹿詣で:その②

車中泊の夜が明けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずやることは一番近いコンビニに行って、

アサメシを確保すること。

クルマで5分のファミマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事ゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、トイレ行って歯磨いで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに公式プログラムを買ってクルマに戻ります。

2000円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、タイムテーブルと地図を見ながら今日の作戦を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラムは当日に買うと、昨日の予選結果がオマケで付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は良さそうだ。

支度をして、出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場のすぐ前、西ゲートから入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の席は、Cスタンド、東エリアのホンダ応援スタンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、サーキットの東半分を時計回りにぐるっと回って、

メインスタンド裏経由で移動することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1991年に初めてF1の決勝を見たのは一番西のスプーンカーブのあたりだったので、

行ってみたい気もしたが、遠いのであきらめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立体交差のコース下を通って、130R方面へ。

サーキットは歩く距離が長く、起伏もあるので

中高年の運動不足解消にもってこいです。

フジロックもそうだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、いい眺め。130Rの立体交差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝9時前ですが、自由席エリアはすでに場所取りがはじまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもいい天気というより、暑い暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインゲートのあるGPスクエアに向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、圧倒的にフェラーリファン、多し。

強いメルセデス、人気のフェラーリ。

メルセデスのウエアは、見ませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ドライバーズスーツを着込んだファンも。

ヘルメットは2004年ころのミハエル・シューマッハ?

だが、アッツイだろうなあ、さぞかし・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、ひさびさにキマシタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ショップでもっともにぎわっているのは

ホンダがエンジンをサプライするトロ・ロッソ。

せっかくなので、なんか買おうかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツ、7000円、高っ(@_@)

チームロゴシャツは13000円ですと!

トロロッソ自体には思い入れはないので、これはパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりにアイルトン・セナショップでTシャツ買いました。

これは飾ってあったレーシング・スーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのコーナーでは過去のF1マシンが陳列。

2005年にジェンソン・バトンがドライブしたBAR007ホンダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、1987年に中島悟がドライブした、ロータス99Tホンダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、マッテマシタ。

1991年にアイルトン・セナがワールドチャンピオンに輝いたマクラーレン・ホンダMP4/6。

ワタシのメモリアル&フェイバリットマシンです。

ちなみにバックミラーが赤は開幕戦から第10戦ハンガリーまで、

ウインドシールドが透明で下が黒いのは第5戦カナダGP以降、

5戦から10戦までのうち第8戦イギリスGP、第9戦ドイツGPではタバコ広告禁止。

ということはカナダ、メキシコ、フランス、ハンガリーの4つに絞られる。

なんてことをすぐ考えるF1オタク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーズの先端にある「少年ジャンプ」のロゴが、

当時の日本でのF1人気を物語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてオトナリのブースではなんとこのマシン。

第一期ホンダ最後のマシン、1968年のホンダRA301。

ゼッケン横にTとあるので、Tカー、すなわちスペアカーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマシン、いわゆる「羽根付き葉巻型」なので、ワタシの大好きなクルマなのだが、

残念ながらあらゆるスケールで一度もプラモデル化されていません。

エブロあたりに期待しているのですが・・・・。

はっきり言って、RA272やRA273よりこっちが好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この年、実はホンダは空冷のRA302を並行して開発していたため、熟成が進まず、

そのRA302のテスト中の死亡事故でホンダのF1活動そのものが

中止に追い込まれたわけだが、

順調に行けばチャンピオンも狙えるマシンだったはず。

子供のころ、このクルマの活躍に期待していたのです。

ドライバーはホンダのエース、ジョン・サーティース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その横で、こんなイベントをやってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッと見50分待ちまでは無そうだったので、

せっかくなので、撮ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントはMP4/6かRA301の方がもっと嬉しかったんですけど。

それにしても、今のマシンは細くて、長くていろいろゴチャゴチャしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなしてるうち、お目当てのイベントの時間が近づいてきた。

10:25から「レジェンドF1デモンストレーションラップ」の時間。

急いで、観戦席に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと着きました。

おお、いい眺め。

1コーナーから2コーナー、S字から逆バンクが臨めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじまりました。

先頭はフェラーリ248F1(2006)、うしろがフェラーリF187(1987)。

過去の名マシンを、またかつてF1で活躍したレジェンド・ドライバーが走らせるという企画。

前のマシンに乗るのは昨年まで現役だったフェリペ・マッサ。

フェラーリF187(1987)は、鈴鹿初開催のF1でベルガ―がドライブして優勝したマシン。

今回、ステアリングを握るのはジャン・アレジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前は例のマクラーレン・ホンダMP4/6(1991)、ドライブするのは佐藤琢磨。

後ろはフェラーリF2005(2005)かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前がフェラーリF10(2010)、

後ろロータスホンダ100T(1988)は実際に当時のパイロットの中島悟氏がドライブ。

上のマクラーレンもそうだが、タバコスポンサーのラクダさんが消されています。

キャメルイエロー、マルボロレッドのみ、仕方ないけど、寂しいなあ。

イベントブースの展示マシンはみんなタバコロゴ付きでしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先頭のアレジのF189に続くカラフルなマシンは

ベネトンB189(1989)、1989年の日本グランプリでは

有名な第1次セナプロ接触があり、トップチェッカーを受けたセナが失格となったため、

このマシンを駆るアレッサンドロ・ナニーニが優勝。

その後、ナニーニはヘリコプター事故で右腕を負傷し、F1から姿を消したが、

手術後特殊なステアリングをつけたアルファロメオでドイツツーリングカー選手権で活躍。

今回ベネトンを運転するのはその1989年の日本グランプリで

ラルースランボルギーニに乗り

日本人初の3位表彰台を記録した鈴木亜久里。

その後ろがマクラーレンMP4/13(1998)で、

ドライブするのは自らこのマシンで初のワールドチャンピオンに輝いた

フライング・フィン、ミカ・ハッキネンである。

あー、写真1枚に情報量が多い。(;^ω^)

この辺のこと語らせると、ずっとしゃべってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このほかティレル019(1990)もグリッドには並んだが、スタートできず。

ドライバーは当時ジャンアレジとともにこのマシンを駆った中島悟氏の息子、

中嶋一貴であったのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェラーリ248F1(2006)をドライブするフェリペ・マッサだけが、

昨年まで現役だったので、やたら元気でチェッカ―後もビュンビュン回っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ的にはやはりこのマクラーレンMP4/6。

自然吸気エンジンはいいなあ。

佐藤琢磨がセナ足のコピーでアクセルを小刻みに吹かすと、

12気筒のホンダミュージックが鈴鹿の空気をふるわせる。

そのむせび泣くような甲高いサウンドに

1991年の初観戦を思い出して思わず涙がこぼれそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にこのAGS JH23(1988)が出走。

運転はオーナードライバーさんだそうで、きっとF1マニアの金持ちのオジサンだな。

さすがのオレもこのマシンのことはほとんど知らないし、

ダントツの最下位だったんだけど、けっこうスタンドから拍手多かったりした。

なんとなくアフリカの小国の代表選手がオリンピックの競泳種目に出て、

全然遅いんだけど温かい拍手もらってる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ポルシェカップが始まる前に、売店へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中ならビールもOKでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青空に、良く似合う。🍺

晴れて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポルシェ・カップ決勝。

特に興味はないが、ガルフカラーのマシンが2台あったのが気になった。

ガルフブルーにオレンジのストライプです。

映画「栄光のルマン」、思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、決勝まで時間があるので

またGPスクエアに。

トークショーをやっていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 佐藤琢磨、ミカ・ハッキネン、中嶋一貴、

インディ500、モナコGP、ルマン24時間という

世界の3大レースを制したドライバーのトーク・ショーという触れ込みだが、

うーん、言われてみればたしかにあってはいるんだけど、

その括りにはすごく違和感あり。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、いいけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、決勝はじまるので、応援席に戻らねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道にこの表示にひかれから揚げを買います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諭吉のからあげ」なので、まさかお値段1万円?

と思ったが600円でした。(^^;

美味しかった。

 

 

さて、このあとレースは「その③」で。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.08

日本グランプリ2018鈴鹿詣で:その①

 10月の連休は鈴鹿に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年で、鈴鹿のF1は30周年。

かつて90年代に4,5回行った事がありますが、

今回は約15年ぶりくらいかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシはまだ小さかった子供を連れて一家4人でクルマで行きました。

土曜日の夜、家族はクルマの後ろで寝袋で川の字に寝て、ワタシが運転。

未明にサーキットに着き、仮眠をとって臨んだものだった。

今回は一人だが、せっかくならクルマで行ってみようかなあ、と思い立ち。

カーナビが最新ではないので、グーグルマップで行けるよう、

ホルダーと、電源ソケットを用意。

運転しながら写真もとれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 14時半、ガソリン満タンにし、いざ出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東北道~圏央道~東名道経由と、

北関東道~長野道~中央道経由があるが、

日本海を進む台風の影響が心配さてたので、行きは台風から遠い東名道をチョイス。

昼メシ食いながらGO。

このおにぎり、釜めしのおぎのやですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東北道~圏央道は順調。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厚木PAでトイレ休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海老名JCから東名道へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、やがてむくむくと雲が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 御殿場あたりから降りだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後、土砂降り・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浜松SAで休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新東名を通り伊勢湾岸道へ。

この辺の道は初めて通ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ちょっと手前の「みえ川越IC」で降ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはサーキットの駐車場で車中泊する前に、

お風呂に入っていこうと思ったため。

浜松SAで休憩中、ネットで検索して結果、ここに決めました。

一見、郊外型パチンコ店みたいな外観ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サーキットに近い、ということもあるのですが、

決め手は名前、なんと「天然温泉ロックの湯」。

ロックな耳鼻科たるもの、ココに入らずにドコ入る。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、命名の由来は不明。

この看板の様子だと、ムカシは2階にも何かあったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 施設は、内外ともかなり老朽化しており、そこはかとない場末感が漂っております。

つくりからはバブルのころの施設かもですね。

自動ドア、手であけるのが、ロックだぜ。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 MP4/5、1989年にアイルトン・セナが

ここ鈴鹿のシケインでプロストとぶつかったマシンだ。

とするとやはりそのころからあるんですかね。

だいぶ古い写真でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入浴料600円。

9時半頃でしたが、明らかにF1見に来てると思われるヒトもちらほら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、サッパリした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、サーキットの駐車場に。

今夜はココで泊まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、車内後方の特設カプセルホテルで

風呂上がりのビールを飲みながら夕食と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日行われたF1の予選をDAZNで見ます。

インターネットTV、便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、メルセデスが強い、ポイントリーダーのハミルトンがPP。

ただし、トロロッソ・ホンダは予選6位、7位と今季最高。

明日は行けるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、寝ますか。

カプセルホテルというよりは、昭和の学生の下宿だな、こりゃ。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.11

フレンチブルーの憂鬱

マトラMS11を作るにあたって、少し調べてみた結果わかったこと。

 

 

 

 

 

 

そもそもこのマトラをよく知らなかったもので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの第1次F1ブームは小学校低学年の1966年、昭和41年から2年ほど。

1964年、ホンダがF1に参戦したことがきっかけだったが、

レーシングカーブームで少年誌にはレース関係の記事が多かったせいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時のF1チームは

ロータス、ブラバム、フェラーリ、クーパー、BRM、イーグル、

そしてホンダだった。

新興のチームを除けばほぼイギリスとイタリアのコンストラクターであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マトラ参戦は1967年、大活躍は1969年だから、

ワタシの興味はすでに他に移っていたころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マトラはもともとフランスのミサイルメーカー。

ミラージュ戦闘機に積まれていたマトラR530、R550はやはりプラモデルで知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F2で実績を積んだマトラですが、

F1参戦時はこの間書いたように実は2チームありました。

いわゆるワークスであるマトラ・スポールと、マトラ・インターナショナル。

マトラ・スポールは自社製の12気筒エンジン、

マトラ・インターナショナルはカスタマー仕様の超ベストセラーエンジン、

フォード・コスワース・DFVを載せた「マトラ・フォード」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケン・ティレル率いるマトラ・インターナショナルはのちに独立、ティレルになります。

(当時日本では「タイレル」と発音してました。)

これは、経営難になったマトラ本社がクライスラー傘下の「シムカ」と合併し、

マトラ名義ではフォードのDFVエンジンが使えなくなったため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今回の12気筒エンジンのマトラMS11はワークスということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもフランス人というのは自国愛の強い国民で、

このマトラもとことん自国製にこだわっており、ドライバーもフランス人。

ウイングにでかでかと名前と国旗が書いてあるマシンは他に見たことがないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「ニワトリ」のマークもフランスの象徴。

サッカーフランス代表のエンブレムもニワトリです。

起源はフランス人の祖先がガリア人(フランス語ではゴロワ)と呼ばれていたことに由来します。

世界史で習ったシーザーの「ガリア戦記」のガリア、ですね。

ガリアも雄鶏もラテン語だと両方ともGallus。

そのためゴロワのニワトリというのがシンボルになったということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ガリア」といえばフランスで有名なタバコブランド

「ゴロワーズ」の語源も「ガリア」みたいですねー。

パッケージは古代ガリア人が被っていた羽根のついたカブトだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたいラジオで放送する曲は40%以上がフランス語であること、

なんてことが法律で決まってる国ですからねー。

ワタシの唯一の海外旅行は新婚旅行のヨーロッパですが、

イタリアでもスイスでも片言の英語でナントカ通じるのに、

フランスだけは

(たぶんむこうは分かっているのに)

英語では返答してくれないことが多かった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「マトラ」の参戦も、

1964年の日本のホンダ、

1966年のアメリカのイーグル等のコンストラクター参加に刺激され、

モータースポーツ先進国を自負するフランスが、

是非ともナショナル・カラーのフレンチ・ブルーをまとったマシンを走らせたいと、

当時のドゴール大統領の肝いりで進められた国家プロジェクト的な形であったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマトラ、いったんF1撤退後、

1976年にエンジン・コンストラクターとしてF1に復帰しますが、

その供給先が「リジェ」だったのです。

またまたこれも「フレンチ・ブルー」のマシンで「フランス愛」満載です。

スポンサーはフランスのもう一つの有名なタバコ「ジタン」。

オーナーのギ・リジェは時のミッテラン大統領と懇意であり、

またまた政権と結びついたナショナルチームの様相です。

リジェのプラモデルも作りました。フランス、エレール社製1/12。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この「リジェ」もマトラ撤退後、

またぞろフォード・コスワースDFVを積んでから成績アップするという・・・・。

なので、このモデルはフォードエンジンを積んだリジェJS11フォード。

個人的にはF1で5本の指に入るカッコ悪いマシンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、このマシンは2年間に5勝をあげ、これはリジェの通算勝利数9の半分以上にあたる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タバコメーカーの「GITANES」のデカールは当然はいっていなかったので、

パソコンで自作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと、フランスには中国の「中華思想」に似た、

ヨーロッパの中心はフランス、みたいな発想が根強くあるわけです。

だが、戦争ではドイツに歯が立たなかったし、

F1ではイギリス、イタリア勢にほぼやられっぱなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フランスでF1といえば、最も成功しているのはルノーであり、

フルコンストラクターとして通算35勝、

エンジンコンストラクターとしては、

フェラーリの225勝、フォード・コスワースの176勝に続く

歴代3位の168勝というのは素晴らしい。

(ホンダは72勝で5位だが、4位にメルセデスが160勝とルノーに迫っている。)

なにしろ当初はルノーと言えばターボ、ターボと言えばルノー的な

ターボ時代の申し子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルノーは他のフランスメーカーと違ってフレンチブルーではなく、

ムカシから一貫してメーカーカラーのイエローを基調としたマシンが多いのも

興味深いですね。

(ベネトンの時のブルーはスポンサーのマイルドセブンの青です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルノーはその後、エンジンサプライヤーとしてF1で大活躍。

なんといってもこのマシン。

アクティブサスペンションとルノーV10で

ホンダから王座を奪い取ったウイリアムズFW14B。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駆るのはサーキットの荒法師(ナツカシー)ナイジェル・マンセル。

1992年に全16戦中9勝を挙げ、ドライバーズチャンピオンをとるとともに

チームメイトのパトレーゼの1勝と合わせて年間10勝で

コンストラクターチャンピオンをチームにもたらした。

ポールポジションに関してはカナダGP以外の15戦で

すべてこのクルマが最速であった。

だが、むろんこのクルマにもフレンチブルーの面影はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、フレンチブルーのマシンはF1に関しては、

どうも「強者のイメージ」からはほど遠い印象です。

その後、1996年の雨のモナコでオリビエ・パニスが

リジェに最後の勝利をもたらしたマシンはフレンチ・ブルー。

このときのエンジンサプライヤーは無限ホンダで、

この1勝は無限ホンダにとってもオリビエ・パニスにとっても

唯一のグランプリ勝利となった。

ワタシなどは日本製エンジンの勝利を喜んだが、

フランスタバコ「ゴロワーズ」スポンサーの

フランス人ドライバーによってフレンチブルーのマシンが勝ち得た勝利は

愛国心の強いフランス人にとってはなかなかに歴史的なものでした。

これが日本製エンジンでなくルノーエンジンだったら完璧だったのか。

ただし、ここに登場したフランスのマシン、

シャシーのみ、エンジンのみを含めて

ガソリン/オイルスポンサーはすべて「elf」、

フランスの石油メーカーであることはまた興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、弱っちいフレンチブルーのマシンですが、

ただ、個人的には「ナショナルカラー」のマシンは大好きなので、今後も期待。

ホントは日本のナショナルカラーであるグランプリホワイトの

ホンダのマシンに走ってほしいのだが、

トロロッソ~レッドブルはスポンサーカラーからまず、期待できませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F1はまさにヨーロッパの文化なので、

これを調べるといろいろなヨーロッパの歴史、文化がわかるので

実にオモシロイです。

 

 


コメントはまだありません
2018.09.02

マトラMS11、完成しました。

 夏休みの宿題、ギリギリで完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1/12マトラMS11、ほぼ1968年イタリアGP仕様?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 製作開始から半月ちょっと、お盆休みの6連休があったとはいえ異例のスピード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下、製作過程のエピソードなど。

まずは仮組み。

見ての通りこのシャシーはエンジンマウント方式で、

ロータス49以降のエンジンがボディ後半のストレスメンバーとなるトレンドからは、

若干後退し、古臭い印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古(いにしえ)のキットなので、モーターライズの名残り、電池ボックスの遺残がある。

発売は1969年だが、このキットは1998年のスポット再発売の時に買い求めたもの。

もちろん、モーターライズは廃止されています。

そもそも、この複雑で重たいキット、

実際にモーターで走らせることができたヒトって、

当時いったい何人くらいいたんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、まずはどのグランプリ仕様にするか、という問題。

だが、ワタシはガチガチの考証派ではないので、見た目がカッコイイならいい、

ということで、この箱絵みたいにしよう、と。

フロントウイングとミッドウイングはどうしてもつけたいので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それなんで、タミヤの説明書を読んだり、

ネットで記事を検索したり・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このインストラクションではゼッケン6でフランス人ドライバー、J-P ベルトワーズ。

しかし、箱絵はかの有名なジャッキー・スチュワート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく調べたところ、マトラは2チームあって、

純フランス主義の「マトラ・スポール」と

多国籍軍の「マトラ・インターナショナル」があったと。

で、よく見ると、

明らかに箱絵のマシンのお手本になったこのタミヤの説明書の写真は、

「マトラ・インターナショナル」の「マトラ・フォード」であって、

マトラV12エンジンを積んだマシンではないじゃないかー。

ノーズに「Ford」のステッカー、

だからこのエンジンはフォードV8でこの模型とは違うのだ。

世界のタミヤもこの頃はまだいい加減、まあ、おおらかな時代だったというべきか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、手元の資料を紐解く。

この「F1全史」全12巻はワタシの模型作りの座右の書である。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによると、ベルトワーズがゼッケン6をつけて出走したグランプリは3戦しかない。

フロントウイングやミッドウイングのない仕様もあるんで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、このイタリアGP仕様、ステッカー関係は多少違うが説明書のカッコイイ方で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノーズに白丸入れて、あとはフィニッシャーズのフォーミュラフレンチブルー。

いい色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ここで問題発生。

マトラMS11のフロントウイングはどの資料を見てもシルバーで

ボディ同色のフレンチ・ブルーはない。

要するにタミヤのこのインストラクションは間違い、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、これも時代のなせるあいまいさ。

ということで、泣く泣くマスキングして塗り直し。

メンドクセー。

ネットでも間違ってブルーのままのウイングの作例多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やれやれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マトラV12は新鮮な印象。

1960年代後半からターボ登場前の1986年までの約20年間、

F1のエンジンといえば、フェラーリ以外はほぼフォード・コスワースのワンメイク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノーズラジエーターの葉巻型のF1、マイファーストF1はこの形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2枚あるウインドシールドはナゼかヘンな段差あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペーサーをかまして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツライチにします。

どっから塗っていいかわからないので、クリアーのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にもいろいろ細かい修正加え、

ただ基本は大雑把に、完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまりアップには耐えられない大雑把な作品ですが、

ともかく「完成」「在庫減らし」が大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時代の「羽根の生えた葉巻型」がワタシの最も好きなF1です。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ