ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.10.24

「犬吠様咳嗽」

 先日のクループの話で出た「ケンケンの笑うようなセキ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 医学用語では「犬吠様咳嗽」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文字どうり「犬が吠えるようなセキ」という意味ですが、

「犬吠様咳嗽」の読み方は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正解は「ケンバイヨウガイソウ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「犬吠埼」という地名があるので「ケンボウヨウ」と読みたくなりますが、

「吠」の字は訓読みはもちろん「ホえる」ですが、

音読みは「ハイ、バイ」ですので「ボウ」という読み方はアリマセン。

「いぬぼうざき」はおそらく「いぬ・ほえ・ざき」からの転化でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは「喘鳴」の読みは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「ゼンメイ」が正解で、「ゼイメイ」は誤用です。

「喘」の字の音読みは「セン、ゼン」で訓読みは「アえぐ」です。

「ゼイゼイいう」ので、つい「ゼンメイ」といいたくなりますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは、喘鳴とともに粘稠な痰が出る、などの「粘稠」の読みは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「ネンチョウ」と誤読しがちですが、正しくは「ネンチュウ」です。

実は「稠」の字の音読みには「チュウ」のほかに「チョウ」もあるのですが、

ここは「ネンチュウ」が正しい。

この字の訓読みはムズカシイです。

「稠い」は「オオい」と読んで

「おおい、しげる、びっしりと集まる、濃い」などの意味を表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、この辺はけっこう誤用され、見過ごされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にこれはどうでしょう「喉頭蓋谷」。

喉頭蓋と舌根の間の谷間を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「コウトウガイヤ」といいがちで、ワタシも以前そう読んでいましたが

正しくはどうも「コウトウガイコク」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「谷」の字の訓読みはもちろん「タニ」、

そして音読みは「コク」、渓谷の「コク」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では「ヤ」はどうなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「渋谷」とか「四谷」とか「大谷石」とかの「ヤ」は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、どうも「やまと言葉」由来の「訓読みの一種」になるらしい。

参考「漢字Q&A」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで「喘鳴を伴う犬吠様咳嗽があり、喉頭蓋谷に粘稠な痰の貯留を認める」

が、正しく読めるようになりました。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、漢字の読み、誤読はわりと気になる方で、

以前はこんなブログも書きました。

易感染性の読み方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、総理経験者で現副総理のあのヒトは誤読で有名で

「未曾有」を「ミゾユウ」、「踏襲」を「フシュウ」、「低迷」を「テイマイ」

と読んだらしいし、

現総理大臣にしても、ついこの間演説で「背後」を「セイゴ」と読んだらしいから、

漢字の読みなど気にするようでは、一国の宰相などは務まらないのかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、当時「みんなの党」代表だったW氏が

足利に選挙遊説に来たとき、その演説の中で

「まさに、アクノスクツです。」

と言ってたが、たぶんあれは「悪の巣窟」のことだったんだろうなあ。

あのヒトも大物政治家の資質があったということか・・・・・・。

だから「みんなの党」はひらがなだったのかなあ。

 

 


コメントはまだありません
2018.08.26

ダブルボランチ

サッカー中継を見ていてずっと気になっていたことがあった。

 

 

 

 

 

 

 

それは「ダブルボランチ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ボランチ」はサッカーのポジションで、比較的新しいネーミング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起源はブラジル、ポルトガル語で「ハンドル、舵」の意味だそうで、

従来ディフェンシブ・ハーフと言われていたポジションである。

ブラジルではもっと前から使われていたらしいが、

日本に「輸入」されたのはワタシの記憶では

1994年のワールドカップ・アメリカ大会から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまや、すっかり定着し、小学生でも知っているサッカー用語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になっていたのは「ボランチ」はポルトガル語なので

英語の「ダブル」との組み合わせはおかしいのではないか、ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボランチを2人置くシステムでは「ダブルボランチ」「ツーボランチ」

3人ののときは「トリプルボランチ」「スリーボランチ」

などとフツーに言っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル語ならば「ドイスボランチ」が正しいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを今までモヤモヤ思っていたが、

突然、あることに気づいた。(゚д゚)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「重箱読み」だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校で習ったように漢字には「音読み」と「訓読み」があり、

漢字はもともと中国のものですから音読みは「中国語」

訓読みはそれに日本語訳を与えた「日本語」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢字2文字の単語は、

通常は「猛暑(もうしょ)」「立秋(りっしゅう)」のように「音・音」で読んだり

「夏空(なつぞら)」「秋風(あきかぜ)」のように「訓・訓」で読みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その例外が「重箱読み」「湯桶読み」といわれるやつです。

「重箱(じゅうばこ)」は「音・訓」で読んでるわけで、

そのほか「残高(ざんだか)」「路肩(ろかた)」なんかがそうですね。

その逆が「訓・音」で読む「湯桶(ゆとう)読み」で

ほかには「朝晩(あさばん)」「出番(でばん)」「見本(みほん)」等々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医学用語でもマーゲンチューブとかディスポーザブルメスなど

フツーに使っていますが

マーゲンはドイツ語、チューブは英語で、

ディスポーザブル(ディスポ)は英語でメスはオランダ語(!)なので

本来はおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば「パン」もポルトガル語、英語では「ブレッド」なのに、

「ジャムパン」「クリームパン」とかフツーに言ってるし、正しい日本語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボランチももはや「日本語」なので、ダブルボランチでいいんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、そういうことをつつくことが

重箱の隅をつつく」ということなのか、

・・・・アブナイアブナイ。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.12

「はしかのようなもの」

 はしか(麻疹)が流行の兆しというニュースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 沖縄を旅行で訪れた台湾の人から感染が広がり、

ついに東京でも出たらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はしかは空気感染し、インフルエンザの数十から数百倍の感染力があるため、

免疫を持っていない人にはかかる可能性が高いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種をしていても一回しか接種していないと

抗体価が下がっていて感染する恐れがあります。

現在は2回接種になっていますが、

1977年4月2日〜1990年4月1日に生まれた世代は1回接種の時代で、これにあたります。

1977年4月1日以前に生まれた世代は、1度も接種していない可能性がありますが、

自然にかかって免疫を獲得してる場合が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシも小学生のころ「はしか」にかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全身に発疹が出て高熱が全然下がらず、何日も苦しい思いしたことは記憶にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは自然にかかったもので

「○○君ははしかでお休みです。」

「××さんは水ぼうそうでお休みです。」

なんて連絡は、小学校時代、朝の学級会の時に必ずあったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて

「それははしかのようなもの」

という言葉がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日の下野新聞の1面のコラムでもとりあげられ、

「誰もが一度は通る道」といったところ、

と解説していましたが、ちょっと足らないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はしかのようなもの」は正確には

「誰もが一度は若いころに経験するあまりよろしくない経験ではあるが、

若いころにかかっておいた方が、あとあとかかるよりも軽く済んで良い。」

という意味と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり「若気の至り」的な意味があり、

「タバコ吸ったり、親に反抗したりして不良ぶること」であったり

「年上の女性に対していだくかなわぬ恋心」であったり

「女の子のことが気になって気になって勉強どころではない」といったことだったり、

「ロックに夢中になってエレキギターをガチャガチャやって大騒ぎをすること」

だったり・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、オレ、「はしか」治ってねーな・・・・。

ということで、今晩はライブでガチャガチャしてきます。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.02.22

パシュート

 

 ピョンチャンオリンピックで女子団体パシュート、見事金メダル。\(^o^)/

高木美帆選手はこれで金、銀、銅メダルをコンプリートしたわけで、

これはなかなかにスゴイ、

コレクター的にはコンプリートなのでウラヤマシイ。

しかも、最後が「金」ってのも良かったですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝は、NHKの酒井さんもコスプレで頑張ってました。

このヒトのこういうとこ、好きだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このパシュート、日本語では「追い抜き」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「Pursuit」は、本来「追跡」とか「追撃」「追求」とかいう意味だから、

「追い抜き」はちょっと違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、英語で「戦闘機」は「Fighter」なので、

戦闘機は「F-14トムキャット」とか「F-15イーグル」とか、

「F」の記号が使われます。

同じく爆撃機は「B-29」など「Bomber」の「B」、

攻撃機は「A-10 ]など「Attacker」の「A」が付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、第二次世界大戦まではアメリカ陸軍では「戦闘機」のかわりに

「追撃機」という呼称が用いられ「P」の文字が与えられていました。

「P-38ライトニング」「P-51ムスタング」と言った具合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、この追撃機が英語で「pursuit aircraft 」で「パシュート」の「pursuit」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは高校時代、この件から「pursuit」という英単語を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、高校生諸君、この単語を間違って覚えて、

英文解釈で「追い抜く」という誤訳をしないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、ゼッタイ、テストで間違う奴、いると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.09.03

Ludwigの読み

問題。

 

 

 

 

あなたは次の語を何と発音しますか?

 

 

 

 

 

「Ludwig」

 

 

 

 

 

 

ドイツ語、人名でこれは「ルードヴィッヒ」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイシュヴァンンシュタイン城で有名なルードヴィッヒ2世や、

あのベートーベンのフルネーム、ルードヴッヒ・ヴァン・べートーヴェン

などで知られたドイツ語圏の名前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがコレは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは・・・「ラディック!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近のロゴはコチラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、ちょっとバンドに興味ある人はみんな知ってるアメリカのドラムメーカー。

ビートルズのリンゴ・スターのドラムで有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかにもツェッペリンのジョンボーナムをはじめ、ラディックの愛好者は多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてワタシの敬愛するドラマー森高千里さんはリンゴのフォロワーですから、

当然ラディックを愛用。

(彼女のドラムを聞くと、ニヤリとするくらいリンゴのフレーズをコピーしてます。)

ライブでも見るこの白のドラムセットは彼女の所有と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なわけで、これは、だれが読んでも「ラディック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ルードヴィッヒと同じスペリングだったとは。Σ(・□・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近知って、かなりビックリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文字だと「ルードヴィッヒ」

ドラムヘッドやあのロゴだと「ラディック」

と自然に読み分けていたわけです。

いつも通る道が、ふと曲がってみたら

全く別の、見覚えのある道につながっていたみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかにもこの手のものがあるか探したら、

実はありました。

 

 

 

 

 

 

 

「Erixeir」

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「エリクシール」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、ギタリストはこれを「エリクサー」と読む。

高級ギター弦です。

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると「Erixir」はもともと「錬金術」で

飲めば不老不死になる「万能薬」という意味で、

そういう意味ではアンチエイジングな化粧品や、

通常の弦の数倍の寿命を持ち、張った時の響きが長期間持続するギター弦にふさわしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、調べてるうちにもう一個の「Elixir」を発見。

 

 

 

 

 

 

 

「デカドロンエリキシル」

耳鼻科的には小児の声門下喉頭炎等で用いますが、

このエリキシルも同じ語だったとは。

 

 

 

 

 

 確かに「ステロイド」は魔法の薬のように効く場合もありますが、

この場合「エリキシル」は何もステロイドに限らず

「甘味・芳香をもち、エタノールを含む透明な内用液剤」のことなので、

特に薬効を持つ「主剤」には関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふーん、なんでエリキシㇽと付いたのでしょうか。

 

 

 

 

 


1件のコメント
2017.06.02

学校のセリフ

 

学校検診が、終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月から始まり、5月はほぼすべての昼休みがつぶれたが、

今月からは「自由の身」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、学校というのは誰でも子供の時行くわけだが、

基本的には「閉鎖的社会」であり、病院などと同じように

学校独特の「業界用語」というか「言い回し」があるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校医になって、いったん「娑婆」に出て学校に行ってみると、

そんなことに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう気になるのが「命令形でない敬体文による命令」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何のことかというと一般にはうるさい子供たちに対し

「はい、静かにしなさい。」

という命令形で指示をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、学校では特に女性の先生はこれをしばしば

「はい、静かにします。」

という普通の敬体文で「命令」するのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きちんと並びます。」

「口をききません。」

というのは

「きちんと並びなさい。」

「口をきいてはいけません。」

という、命令文の意味なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、コレは学校以外では使わない言い方なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の先生はそのことを意識して使ってるのであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、この言い方、フツーの命令文よりも「有無を言わさぬ感」が強く

威圧的、効果的なような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマなんかで使ったら、ぐっとリアリティが増すこと間違いなしですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、こんなことがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のようにワタシは毎朝イヌの散歩で、階段の上の神社まで往復する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の散歩やトレーニングの人に出会うと、たいがいは

見ず知らずの人でもお互いに「おはようございます。」と挨拶をかわす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、階段を下りていくとワタシよりも

おそらく一回りくらい年上と思われる男性とすれ違った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに、目を合わすわけでもなく

すれ違いざまに普段通りに「おはようございます。」と声をかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとその初対面の初老のオジサンは軽くうなづきながら

「はい、 おはよう。」

と返答した。

(ゆっくりした口調で、「はい」と「おはよう」の間に0.5秒くらいのインターバルあり。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、このヒトきっと、退職した元校長先生に違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.02.21

答は風の中に

 

 今朝イヌの散歩に外に出ると何かが風に舞っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、目に見えるほどデカイスギの花粉かと思ったが、さにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風花であった。

写真ではわからないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうも今日は「冬型」のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神社まで石段を上がるとさらに量が多くなる。

肉眼ではかなり見えたのだが、やっぱり写真にとるとよくわかりませんね。

白いチラチラがあるんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて「風花(かざはな)」はおそらく「標準語」であるが、

ワタシが群馬大学の学生のころ飛んできた風花を見て、

地元前橋出身のT君は

「お、ふっこしきゃあ、さみいなあ。」

と口にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだい「ふっこし」って?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と尋ねると、どうも「風花」のことを上州弁で「ふっこし」というらしい。

発音は「引っ越し」と違いアクセントは前の「ふ」にあり、

「ピッコロ」と同じイントネーションである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくは「吹き越し」の音便が語源で、

上越国境の山を吹き越えてくるイメージで呼ばれたのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなT君も今や都内の有名私立大学の医学部教授、

専門分野では日本の権威であり、テレビなどで彼の姿を見ることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今も彼は風花を見て「ふっこしだ」、と口にするだろうか。

都内では、あまり見ませんかね、風花は。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2016.12.03

「パワーをもらう」

 

NHKの「LIFE」というコント番組があり、大ファンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、いいとこついてるなあ、というネタが多いのであるが、

この間見た「パワーをもらう」

というネタもまた秀逸であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かねがねこの「パワーをもらう」という言い方にたいへん違和感を持っていたので、

思わず、拍手喝采したいほどであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも「パワー」とか「元気」とかは、あげたり、もらったりするもんじゃないだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

モノの例えとして使うならまだしも、日常的に使ってることが多いのにはウンザリしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は「パワースポット」やら「パワーストーン」やら得体の知れないものがあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じように違和感があるのが「ありがとう」。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ選手をたたえたりするのに「ありがとう、○○選手!」とやる、あれがヘンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにオリンピックなんかに多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

選手は自分のためにスポーツやってるんだから、別にお礼を言う筋合いはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

選手が試合後観客に向かって「応援、ありがとう」というのは、きわめて自然だが、

テレビで試合を見た観客がインタビューを受けて

「金メダルを取った○○選手に、パワーをもらいました、ありがとうと言いたいです。」

というのは違和感がありありである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、これから埼玉スタジアムにパワーをもらいに行ってきます。

(やっぱ、オレは、言えねーわ。)

 

 


コメントはまだありません
2013.06.16

ヤバい若者


 先日、サッカーの試合で埼玉スタジアムに行ったときの話である。
 その時の相手は鹿島アントラーズ。
 関東を本拠地とする人気チーム、上位同士の好カード、
しかもJリーグ20周年記念試合であった。
 こういうゲームだと
ふだんサッカーをナマで見たことないヒトなんかも
スタジアムに足を運んだりする。
 バックスタンド上方、ワタシの席の隣にあとからやってきた
20歳前後と思われる若い男性2人組もそんな感じだった。
 「えーと、×○列の○×△番は、おお、ここだここだ。」
 スタジアムの段を上ってきてワタシの隣に腰を下ろす2人。
「おお、ここ、やばくね?」
「うぉー、これちょー、やべー。」
「やばいだろ?」
 
「うん、やべ、やべ。」
 最近の若者言葉では「ヤバい」は主として
オドロキを持った喜びを表す形容詞、もしくは感嘆詞である、
らしい。
 どうやら、初めてスタンドから見るピッチの様子に感動しているようだ。
 そのうち、場内アナウンスとともに
オーロラビジョンで選手紹介が始まる。
 まず、鹿島アントラーズの選手紹介です。
 時を待たず場内から割れんばかりのレッズサポのブーイング。
 それを聞いて、
「おおおおー、やっべー。」
「やべーー、やべーーー。」
 つづいて、我らが浦和レッズのスターティングラインナップです。
 場内湧きあがる歓声と打ち振られるたくさんの大きなフラッグの波。
「おお、見ろよあれ、やっべーーなあ。」
「うん、やべー、やべー。」
 ともかく、やべーしか言わない会話である。
 その後も応援歌が歌われたり、点が入ったり、勝利のホイッスルが鳴ったり
そのたびに2人して「やべー」を連発。
 おそらく、
「今日の試合、やばかったな。」
「ああ、チョーヤバかった。」
などといって帰ったんだろうなあ。
 まあ、言葉は時代とともに変わるものだから、
コミュニケーションの手段として成功していればいいんですけど。
 ここからはワタシの想像ですが・・・・
 とある病院で耳鼻咽喉科指導医のA先生が研修医のB先生と
頸部腫瘍の摘出手術をしています。
A「お、B先生、みて、CTと違うよ、これやばくね?」
B「ああー、センセイ、マジッすか、こりゃ、やばいっすねー。」
A「ほら、これ、こんな感じ、な、ヤバいだろ。」
B「あれあれ、いや、ヤバすぎですね。」
 実は、難しそうに見えた頸部腫瘍が、
いともあっさり無事摘出できた時の会話だとしても、
もし局所麻酔だったら患者さんは生きた心地はしないだろうな。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




2件のコメント
2012.04.23

テンション、上がってる?


 先日来た患者さんの女の子、6歳くらいだったか、
「かぜ、ひいてね、でも、なんかかえってテンションあがっちゃって・・・。」
 うーん、この「テンションあがる」という言葉、
最近よく聴きますよねー。
 どうもなじめない、っていうか。
 文脈から察せられる意味としては
「気分が(よい意味で)高まる」
とか
「元気が出てる」
みたいに使ってると思われる。
 「ハイテンション」なんて言い方もある。
 どうもしっくりこないのは、もともと「テンション」とは、
「緊張」「張力」という意味のはず。
 たとえばギターの弦や、ドラムの皮の「張り」の事をテンションという。
 「精神状態」ということでは英語本来の意味から言うと
「テンションが高い」状態とは
むしろ 「緊張している(不安である)」という意味のような気がするが。
 まあ、ガイジンには通じない和製英語なんでしょうけど、
誰が言い出したんでしょうかね?
 この意味のテンション高い、は英語で言うと「hyper」とか「lively」とかに当たるのかなあ。
 「ハイパー」は日本語でも同じ意味で使いますね。
 ちなみに「ハイパーテンション/hypertention」となると、
お医者さんや看護師さんなら誰でも知ってる「高血圧症」という意味になっちゃいます。
よくカルテに「HT」などと略号で書きますな。
 まあ、6歳の女の子だから風邪ひいて血圧が上がっちゃったわけじゃないでしょう。
 和製英語ってことを知っておかないと、
意外な場面で誤解を招くこともあるかも。
 いやあ、最近歳のせいか、テンション上がりっぱなしだよ、
塩分控えなきゃ、
 
  なんて。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ