ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.11.10

ひさびさの歌舞伎座

 土曜日診療終了後、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜はアレルギー性鼻炎関係薬剤のセミナーです。

14時40分の特急、まさにギリギリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、一泊して翌日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのまま帰るのもなんなので寄り道して帰る計画を立てていました。

東銀座方面に向かう途中、皇居周辺。

警官だらけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は午後3時から天皇陛下の即位記念パレードが行われます。

前日の場所取りは禁止、

朝8時から20数か所で手荷物検査が行われ、

許可になった人から区域に入れるとタクシーの運転手さんが話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機動隊のクルマもいっぱい。

昨日から待機してました。

たぶん、隊員はここで一晩過ごしたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2万6000人態勢の警備で日本全国から集合。

タクシーの運転手さんによると、なにわナンバーの機動隊車などもあったとか。

なにわナンバー、強そうだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外人さんも多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ワレワレの目的地はここ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久々に歌舞伎でも見ようかい、ということでチケットをとっておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の演目は、実は知らないお話ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演目では無く、日程で選びましたので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、地下の「やぐら」でお弁当を購入。

まだ、腹減ってねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヤホンガイドも忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10時半ちょっと前に入場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、チケット買ったのはそんなに前では無かったのですが、

今回、超良い席が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、前から7列目の「花道」すぐ脇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃ、ラッキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇陛下のパレードと時間が被るせいなんでしょうか。

だとしたら、天皇陛下万歳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクワクして11時の開演を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最初の演目は「研辰の斬られ」。

「かたき討ち」を題材にした、大正14年初演の新歌舞伎。

「かたき討ち」を題材にしつつも、コミカルな演出を加え、

必ずしも討つ側と討たれる側を完全に善悪で分けない、

という描き方は

大正時代という自由で享楽的な時代背景を反映しているようだ。

ロープウェイ(?)のアクションもあって面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「関三奴」。

大名行列の「奴」をモチーフにした15分間の舞踊。

華やかだが、ちょっと、眠くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幕間のお弁当は歌舞伎のお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは今回は、これで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の11月興行に合わせた、秋がテーマのお弁当。

美味しかったけど、イクラアレルギーのワタシ、

よけて食べたが、口の中が若干カユクなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはデザートの方が楽しみらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の演目は「梅雨小袖昔八丈」。

髪結の悪党の、そのまた上をゆく大家さんのしたたかな悪人ぶりが、

これまたユーモアを交えて演じられます。

歌舞伎俳優さんの「役者力」が見ものの演目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子役のこの子は5歳だそうで、

将来は大物役者さんになるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、全く馴染みのない演目でしたが、

かなり楽しめた今回の歌舞伎座。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は、来月の「白雪姫」に興味あり、と言ってますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ