ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.15

スホーイSu-22フィッター

たしか、2月にニッケルバックを見に行ったとき、

秋葉原の中古プラモデル屋さんで買ったのがこのモデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いたことのないメーカーだが、定価3500円が1400円ならお得かなーと思い、購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってから調べると「グリフォン」はすでに今はない日本のメーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、市川市にあったんだなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この顧客カードはいったい何通返信されたのだろう。

このキットナンバーは「S-01」なのでシリーズ第1作と思われるが、

このほかにこのメーカーのキットを見たことが無い・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ネットで調べると、

このキットは、東西冷戦のさなかに発売され、

ただでさえ情報不足のところ、零細メーカーなので考証が甘く、

「買ってはいけない」モデルと断定するサイトまであり・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーい、こうなったらもうサクサク作っちまえー、

ということで、ソッコー組み上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Su-22は旧ソビエト、現ロシアの戦闘機であるスホーイSu-17フィッターの輸出型。

なので、いわゆる東側諸国に多く配備されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほいでもって、このキットは「リビア空軍」仕様。

リビア空軍の飛行機なんて初めて。

色もわからないので、中東の国のヒコーキの写真見て適当に吹きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにこのモデルは有名な1981年のシドラ湾事件を下地にしている。

1981年8月19日、リビア空軍のスホーイSu-22の2機が

アメリカ軍の空母ニミッツ所属のF-14トムキャット2機と空戦、

Su-22のミサイル攻撃をかわしたF-14は

サイドワインダーでこれを2機とも撃墜した、というものである。

箱絵も、おそらくその場面を描いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともに可変翼機同士のドッグファイトとなったわけで。

Su₋22の可変翼はこんな感じだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「買ってはいけない」キットといわれたけど、

もともとこの実機をよく知らないし、イメージが無いので、

つくってみると、けっこう雰囲気出てるじゃん、とは思います。

ミドリの丸のリビア空軍マークが新鮮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにこのソ連機独特のショックコーンと、

冗談のように長いピトー管が、気分でています。

1981年当時、F-14トムキャットは1973年からの運用でバリバリ現役。

Su-22の運用は1969年ですが、母体となったSu-7の初飛行は1955年ですから

最新鋭の電子武装したトムキャットに比べれば古さは否めない。

すると、この長大なピトー管が

太平洋戦争時のB-29 に立ち向かう日本の「竹やり」のイメージと重なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、なると、今度はトムキャットが作りたくなるなあ。

たしか、ストックがあったはず。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.13

ダグラス・ワールドクルーザー

ダグラス・ワールド・クルーザーは1924年に

はじめて世界一周を達成した航空機です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダグラス社の雷撃機DTを改造して製作された5機のうち

1号機からボストン、シカゴ、シアトル、ニューオリンズと名付けられた4機が

アメリカ、シアトルから東回りで出発し、

ボストン号、シアトル号は脱落したが、

2号機シカゴ号、4号機ニューオリンズ号の2機が

175日かけて44342㎞の大飛行を成功させました。

今回はその「ニューオリンズ」号を作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットはウイリアムブラザーズというアメリカのメーカー。

それほど多くの製品はなく、機種選択は、どれもマニアックすぎるので有名(?)な

「ド・マイナー」メーカーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつ買ったんだろうなあ、少なくとも20年以上前だと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 非常に資料性の高い説明書。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウインドシールドは塩ビ板がセロテープで説明書にはりつけてある。

これを加工して作れと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエンジン、ラジエーターグリルグリルが自動車と同じ形で

機種にドカーンとある。

排気管といい、エンジン本体も車のエンジンみたいな形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品点数は少ないが、複葉機はこの「張り線」がメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単発の複葉機としては、かなり大型。

1930年のイギリスの戦闘機「ホーカー・フューリー」との比較。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1935年の「グロスター・グタディエイタ―」との比較。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1933年の「カーチス・シーガル」は複座だが、それでもこの程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このオープンコックピットで世界一周したわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロペラなんか木で出来てるわけで。

木の質感、出てるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飛行機が「冒険」だった時代のロマンを感じちゃうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.15

ノースアメリカンF-107A

でもって2機目がこれでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを買ったのは原宿キディランドですね。

おそらく、子供がまだ小さいときにクリスマスプレゼントを買いに行った記憶があるので

その時に、ついでに買ったものでしょう。

それ以外で行った記憶が無いので。

というとこれまた20年以上押し入れで眠っていた、ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはレアですね。

核爆弾をも搭載可能な戦闘爆撃機としてアメリカ空軍が開発を要請した機体で、

ノースアメリカン社はF-86Fセイバーの進化形F-100スーパーセイバーをもとに

試作したジェット機です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、リパブリック社のF-105サンダーチーフに敗れ、

わずか3機の試作機にとどまったという機体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもこの「懐かしのSF」チックなフォルムはどうだ。

レッド×シルバーといえば、言わずと知れたウルトラマンカラー。

このまま、ジェットビートルやマットアローとともに

科学特捜隊や、MATのメカキャラクターとしても十分通用しそうなスタイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ことにアメリカ空軍のマークを貼るこの前の段階では、

頭の中はもう

「ワンダバダバダバダバ・・・・」が流れっぱなし(笑)。

流星マークを貼ってみて―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この異形のフォルムは

フロントエアインテークだったF-100にレーダーを搭載する必要から、

エアインテークを、移動する必要が生じ、

機体下部は核爆弾を搭載する関係から、背中にインテークを背負うことになったため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後方視界も悪いし、いざというときのパイロット脱出にも問題ありそうだが、

何よりも、カッコ悪い。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、このF-107Aが

第2次世界大戦中の最高傑作戦闘機P-51マスタングを開発し、

戦後は朝鮮戦争でも活躍する傑作機F-86Fセイバーを生んだ

名門ノースアメリカン社の最後の戦闘機となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、やたらと長い機首のピトー管といい、

見れば見るほどヘンテコなヒコーキだなあ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.14

F-84Fサンダーフラッシュ

 正月休みにひさびさにプラモデル作りの時間が取れたが、

ついに完成はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この成人式の2連休で、ようやく2機完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、「リパブリックRF-84Fサンダーフラッシュ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リパブリック社の「サンダー」シリーズで、

昨年作った「F-105サンダーチーフ」の先輩。

中翼式のエアインテークの処理にリパブリック社のクセが見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「RF」の頭文字は戦闘機改造の偵察機を意味し、

もとになった機体は「F-84」。

「F-84]シリーズは直線翼の「F-84A~E/Gサンダージェット」と、

後退翼を持つ「F-84Fサンダーストリーク」に分類される。

これはもう、30年近く前に作った「サンダーストリーク」。

かなり経年劣化してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンダーフラッシュとの2ショットを見ると、

RF-84Fではエアインテークが翼端に移動しているところが最大の相違点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 偵察機ゆえ、機首にカメラを配置しなければならないため、

このような処理になったわけです。

機首先端、側方に見える四角い窓がカメラの窓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このキットは昨年の人間ドックのあと秋葉原で買ったもの

たった400円だったんだよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古いキットを作るのは楽しい。

こんなテキトーなパイロット、今は無い、いい味出てるなあ。

この手は何なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、コックピットは床が無く、宙ぶらりん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これではさぞかし、心もとないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカールは予想通り(?)そのままではボロボロになり使えなかったので、

ニスを塗って、補強して使用しました。

中華民国(台湾)空軍機マークもちょっと心うごいたが、素直に米軍機にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然、手間かけず、スジ彫りもしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎度いいますが、この時代の「ジェット機」、好きだなあ。

今のラプターやステルスにない色気がある。

米軍使用にしたのは、この主翼の赤い整流板がカッコよかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主翼の形状は、次回作のサンダーチーフを予見させますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジェット機黎明期のF-84シリーズは、

同時期のノースアメリカン社製の傑作機F-86 セイバーシリーズに比べて

性能面でも販売面でもかなり見劣りするが、

このリパブリック社対ノースアメリカン社の対決は、

次のラウンドに、持ち越されるのであった。

それが、この連休のもう1作。つづく。

 

 


コメントはまだありません
2019.01.13

デロンギのオイルヒーター

 ストーブ、ファンヒーター、エアコン、電気、石油、ガス、

暖房器具に様々あるが、わが家の寝室で長年愛用しているのが

オイルヒーターである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では、あまり注目されないが、ヨーロッパではメジャーな存在。

1987年、中島悟がドライブしたロータス99Tの

サイドポンツーンにスポンサードしている「デロンギ」はイタリアのメーカーで

オイルヒーターの最王手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家でこのオイルヒーターを導入したのは、もう四半世紀まえ、

子供が生まれたときである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オイルヒーターの良いところは、空気が汚れないこと。

なので、赤ちゃんの寝室の暖房用に、ということで導入した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以来、子供は大きくなったが、寝室の暖房用としていまだに愛用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空気が汚れないだけでなく、音がしない、燃料の補給が無い、

火事の心配がほぼない、基本的にメンテナンスフリーである、

ということで、寝室の暖房用にもってこい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖房には時間がかかり、暖房力は弱いが、

対流で暖めるのでじんわり暖まり、自然な暖かさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑くなりすぎることはなく、どちらかというと

「暖かい」というよりは「寒くない」といった感じが気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この25年間故障もないし、そういえば、このロータス99Tを作ったのも、

もう四半世紀以上前かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デロンギを知ったのはロータスの方が先でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このロータス99T、中島悟のチームメイトは、あのアイルトン・セナであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプラモデルはこの通り中島悟仕様で作ったが、

実はもう1台キットを買って、アイルトン・セナ仕様も作る予定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い出したけど、実は、そのキット、いまだに押し入れの中にあるんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、だいぶたっちゃったなあ。

平成中には作れなそうだ・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.06

新しいエアブラシの第1作は「雷酋長」

 さて、先日、オリンポスのコンプレッサーが壊れたとき作っていたのはこのモデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのレベル製のF-105D サンダーチーフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中身はこんな感じ。がさっと入っていてアメリカン!なテイスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつ、どこで買ったかは覚えていないが、キットは1988年製。

ちょうど30年前ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、昨今の国産キットのような繊細なスジ彫りではなく、

力強い凸モールド。

あえて、彫り直さず、このまま行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 組み立てられるのは、この一種類のみ。

メンフィス・ベルⅡという、有名な機体だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、デカールは発色も良く、生きてるっぽい。

それにしても、シンプル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、アメリカのキットって、どうして部品番号がランダムなんだろう。

14の次が56というのは解せん、ナゼだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このパイロット、胸郭の前後径と左右径があまり変わらない

いわゆる「ビヤ樽状胸郭」ですね。

診断学で習いましたが、ということは肺気腫、コイツはヘビースモーカーか?

ヘルメットもデカすぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、座っていただければ、目立たないか。

コックピットも、ちょいちょいそれっぽく塗りますが、どうせ見えないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、仮組み。

これは、機種に入れるオモリの重さを決めるため。

釣り用の板なまりを巻いて加減を見ます。

これ忘れると完成後にシリモチつきますんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな感じに仕込みます。

この機体はスペースがいっぱいあるので楽勝ですが、

時にパイロットの足をぶった切って入れにゃならない手合いもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、このあと、機体下面色のFS36622を吹いたあと、

オリンポスが突然死するわけですが、

その後新機種の操作に気をとられ写真を忘れたのでいきなり完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-105はセンチュリーシリーズの5番手として

1955年に初飛行、1958年から運用開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特徴はそのデカさ、頑丈さで、

同じリパブリック社で第2次世界大戦中に活躍したP-47サンダーボルトのイメージと重なる。

単発の戦闘機としてはその大きさは最大らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘機としてよりも戦術爆撃機の性格が強く、

実際、ベトナム戦争ではいわゆる「北爆」の75%は本機によるものとされている。

本来、機体下部に爆弾倉を持つが、通常爆弾が運用できなかったため、

爆弾は「外装」となった。

ワタシはむろん戦争反対ですが、外装の爆弾は模型映えするのも否定できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「メンフィスベル」とは第二次世界大戦で活躍した

B-17スーパーフォートレスの1機につけられた愛称であり、

25回の出撃を達成し、映画になって大変有名になった。

1990年公開。ワタシも見ました。

そのプラモデルも作りました。

その機体にあやかって「メンフィスベルⅡ」とつけたんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デザイン的には評価の高くないF-105ですが、

ムカシっから、ワタシ、この形はけっこう好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この、子供が描くジェット機のような後退翼のスタイルが、

いかにもジェット機というフォルムで、好きですねー。

鉄人28号や、鉄腕アトムに出てくるジェット機の形です。

最近のステルス機などはどうも好かん。

ワタシにとってこの形は、葉巻型F1的なものか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しい、エアブラシの第1作。

ベトナム迷彩もフリーハンドですが、イイ感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、コックピットはほとんど見えなかったなあ。

凸モールドはそのままで、あえてスジ彫りせず。

ムカシはペーパー掛けして彫り直してましたけど、もはやそんな気力も時間もないし、

かえって、力強い感じなので、と言い訳しつつ。

ただ、ウインドシールドだけは、機首との間にパテ盛り、ペーパー掛けで

面一(ツライチ)に仕上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの「雷酋長」のキットははみな古く、ハセガワもF-104はリニューアルしたが、

F-105に関しては1960年代のキットのみ。

その後、韓国か中国のメーカーがスジ彫りのキットだしたらしいけど、

このアメリカンなキットは、何となくサンダーチーフの

「古参の鬼軍曹」といった雰囲気をよく出してるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はそのハセガワの古いキット、最近2機セットのコンボで出たのを、

うっかり(?)買っちまいまして、この際続けて作っちゃおうかなあ、と。

エアブラシの調子もいいんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も「イキオイ」というモノは大事で、

モケイは「並べて楽しむ」というのがセオリーですんで。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.27

新機種購入

  続きです。

 

 

 

 そんなわけで、後継機種の選定に入ったが、

ネットで調べた結果、多分、どれでも大差ないだろうということがわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機種お勧めのポイントになってるのは

パワーとコンプレッサーの発する音の小ささのバランスらしいが、

どうも、どれを選んでも今まで使っていたコンプレッサーに比べれば

格段に動作音は小さそうだ。

この辺、エアコンの進化と同じ。

20~30年前のエアコンに比べて今のエアコンは

格段に静音、かつパワーがあり省電力だ。

なので、パワー重視でチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ラインナップの中でも「入門者向け」ではなく「上級者向け」を選ぶ。

自分が「上級者」であるかどうかははなはだ疑問だが、

少なくとも「入門者」ではナイ。

そもそも、30年使った初代オリンポス、

今度のエアブラシを30年使ったらワタシは80歳。

ということは、これが人生最後のエアブラシになるわけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、30年前はわざわざ吉祥寺までクルマで出かけたが、

今や、ネットショッピングの時代。

アマゾンで、朝食前に簡単に注文してしまった。

文字通りの「朝飯前」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ヤスイ。

上級機種を選んだのだが、なんと税込み36000円、

アマゾンプライムで送料は無料。

30年前の半額、しかもあのときは

くわえて高速代、ガソリン代、時間もマル1日かかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、わずか1日で届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、コンパクト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにこれが今まで使っていたコンプレッサー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり重いです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、ニューモデルはこんなに小さく、軽い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、使い勝手はどうか?

 

 

 

 

 

 

 

また、レポートしますねー。

 

 

 

 


2件のコメント
2018.10.26

さらば、オリンポス

プラモデルを作るときは塗装をします。

 

 

 

 

 

 

 

細かいものは筆で塗りますが、

面の塗装や、明細、特殊塗装にはエアブラシが欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプレッサーとスプレーガンなどがセットになったこの高価な機械は

子供のころは手の届かないあこがれでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模型屋さんのショーケースに飾ってある完成見本の

迷彩塗装を見て、こんな作品が作りたくて

ガラスに顔をくっつけてはため息をついたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、大人になり、ある程度お金も自由になったので、

エアブラシを購入したのはもう30年前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今は無き吉祥寺のボークスで、購入。

当時、エアブラシは通常の模型店などにはあまりおいてなく、

画材店などで扱っていた。

ボークスはガレージキットなどを扱うお店であったが、

雑誌でこのお店でエアブラシを扱っていると知り、わざわざ出向いたのであった。

たしか、結婚したてで、まだ子供もいないころで、

妻も一緒に行ったはず。

店員さんに勧められるがまま買ったのは、オリンポスというメーカーのセット。

コンプレッサーと、水抜きタンク、エアブラシセット、

値段はよく覚えていないけど、7,8万はしたのではなっかたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はタミヤやクレオスなどの模型メーカーがエアブラシを販売しているが、

その当時はエアブラシ専門メーカーが、エアブラシを製造販売してたのでした。

その中でもオリンポスは最高峰、

エアブラシといえばオリンポス、といわれたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 値段は高かったが、その後、そのオリンポスは

消耗品をメンテナンスしながら30年間、

カーモデル、飛行機、AFV、軍艦、ゴジラやなんかまで、

ありとあらゆる模型製作に大活躍。

その数、数百点、おそらく、これを使わずに完成させた作品はないと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが先日、突然、逝ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日の夕方、ライブから帰ってF-105のベトナム迷彩を吹いていたとき、

スイッチを入れて、ガクン、といったきり、

あとはうんともすんとも動かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに、突然死、であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 修理に出す手も考えたが、なんせ、このオリンポス、

メーカー自体が10年以上前に倒産してるし、

今や、安くてコンパクトなエアブラシがいっぱいあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30年使ったら、もう寿命でしょう、

ということでこの愛機にお別れをすることにしました。

ありがとう、さらば、オリンポス。

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.04

貿易赤字

 10月3日はワタシは人間ドック受診のため東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 喀痰は3日間、検便は2日間とるのだが昨日の朝、便をとるのを忘れ、

昨日夕方と、今朝にウンコ取って何とかセーフ。

 

 

「正しい大便のとり方」って、なんか堂々として男らしい表現だなあ。

 

これをみると「1日目と2日目の採便間隔はなるべく短くしてください。」

とあるので、まさに「正しい」とり方をしたといえる。<(`^´)>

 

しかし「容器の水を捨てたり飲んだり、水を足したりしないでください。」って、

飲むヤツるのか?(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日は、アルコール禁、当日は朝メシ抜きで水かお茶だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけで採血やらCTやら第1日目の検査が終わり、

1時半に解放される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 買い物がてら秋葉原で遅いランチ。

ナゼカ、健診のあとは決まって肉に惹かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガッツリ行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これにも惹かれる。

鉄板メニューご注文の方は¥500⇒¥300とあったもんで、つい(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肉じゃー。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなかのボリウム。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、こちらのお店に。

いや、メイドカフェじゃなくて、中古プラモデル屋さん。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 在庫を増やしちゃいけないとは知りつつ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、いずれも格安ジャンク品。

エアフィックスの1/72は¥500。

金型は旧エレール製と思われます。

実はシュペル・エタンデールはワタシの好きなジェット機ベスト3に入る機体なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも古いエレール黒箱のF-104。

複座型の TF-104G、しかもベルギー/デンマーク空軍が作れるのはかなりレア。

ただし、デカールが生きてれば、だが。

でもお値段はなんと¥400。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてテスター/イタレリのRF-84Fサンダーフラッシュ。

これまた、破格の¥400。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、完成品よりも新規購入品の方が依然多く、

貿易赤字は依然拡大。

ここはトランプ大統領のような思い切った政策が必要なのかも・・・・(>_<)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.11

フレンチブルーの憂鬱

マトラMS11を作るにあたって、少し調べてみた結果わかったこと。

 

 

 

 

 

 

そもそもこのマトラをよく知らなかったもので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの第1次F1ブームは小学校低学年の1966年、昭和41年から2年ほど。

1964年、ホンダがF1に参戦したことがきっかけだったが、

レーシングカーブームで少年誌にはレース関係の記事が多かったせいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時のF1チームは

ロータス、ブラバム、フェラーリ、クーパー、BRM、イーグル、

そしてホンダだった。

新興のチームを除けばほぼイギリスとイタリアのコンストラクターであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マトラ参戦は1967年、大活躍は1969年だから、

ワタシの興味はすでに他に移っていたころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マトラはもともとフランスのミサイルメーカー。

ミラージュ戦闘機に積まれていたマトラR530、R550はやはりプラモデルで知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F2で実績を積んだマトラですが、

F1参戦時はこの間書いたように実は2チームありました。

いわゆるワークスであるマトラ・スポールと、マトラ・インターナショナル。

マトラ・スポールは自社製の12気筒エンジン、

マトラ・インターナショナルはカスタマー仕様の超ベストセラーエンジン、

フォード・コスワース・DFVを載せた「マトラ・フォード」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケン・ティレル率いるマトラ・インターナショナルはのちに独立、ティレルになります。

(当時日本では「タイレル」と発音してました。)

これは、経営難になったマトラ本社がクライスラー傘下の「シムカ」と合併し、

マトラ名義ではフォードのDFVエンジンが使えなくなったため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今回の12気筒エンジンのマトラMS11はワークスということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもフランス人というのは自国愛の強い国民で、

このマトラもとことん自国製にこだわっており、ドライバーもフランス人。

ウイングにでかでかと名前と国旗が書いてあるマシンは他に見たことがないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「ニワトリ」のマークもフランスの象徴。

サッカーフランス代表のエンブレムもニワトリです。

起源はフランス人の祖先がガリア人(フランス語ではゴロワ)と呼ばれていたことに由来します。

世界史で習ったシーザーの「ガリア戦記」のガリア、ですね。

ガリアも雄鶏もラテン語だと両方ともGallus。

そのためゴロワのニワトリというのがシンボルになったということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ガリア」といえばフランスで有名なタバコブランド

「ゴロワーズ」の語源も「ガリア」みたいですねー。

パッケージは古代ガリア人が被っていた羽根のついたカブトだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたいラジオで放送する曲は40%以上がフランス語であること、

なんてことが法律で決まってる国ですからねー。

ワタシの唯一の海外旅行は新婚旅行のヨーロッパですが、

イタリアでもスイスでも片言の英語でナントカ通じるのに、

フランスだけは

(たぶんむこうは分かっているのに)

英語では返答してくれないことが多かった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「マトラ」の参戦も、

1964年の日本のホンダ、

1966年のアメリカのイーグル等のコンストラクター参加に刺激され、

モータースポーツ先進国を自負するフランスが、

是非ともナショナル・カラーのフレンチ・ブルーをまとったマシンを走らせたいと、

当時のドゴール大統領の肝いりで進められた国家プロジェクト的な形であったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマトラ、いったんF1撤退後、

1976年にエンジン・コンストラクターとしてF1に復帰しますが、

その供給先が「リジェ」だったのです。

またまたこれも「フレンチ・ブルー」のマシンで「フランス愛」満載です。

スポンサーはフランスのもう一つの有名なタバコ「ジタン」。

オーナーのギ・リジェは時のミッテラン大統領と懇意であり、

またまた政権と結びついたナショナルチームの様相です。

リジェのプラモデルも作りました。フランス、エレール社製1/12。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この「リジェ」もマトラ撤退後、

またぞろフォード・コスワースDFVを積んでから成績アップするという・・・・。

なので、このモデルはフォードエンジンを積んだリジェJS11フォード。

個人的にはF1で5本の指に入るカッコ悪いマシンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、このマシンは2年間に5勝をあげ、これはリジェの通算勝利数9の半分以上にあたる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タバコメーカーの「GITANES」のデカールは当然はいっていなかったので、

パソコンで自作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと、フランスには中国の「中華思想」に似た、

ヨーロッパの中心はフランス、みたいな発想が根強くあるわけです。

だが、戦争ではドイツに歯が立たなかったし、

F1ではイギリス、イタリア勢にほぼやられっぱなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フランスでF1といえば、最も成功しているのはルノーであり、

フルコンストラクターとして通算35勝、

エンジンコンストラクターとしては、

フェラーリの225勝、フォード・コスワースの176勝に続く

歴代3位の168勝というのは素晴らしい。

(ホンダは72勝で5位だが、4位にメルセデスが160勝とルノーに迫っている。)

なにしろ当初はルノーと言えばターボ、ターボと言えばルノー的な

ターボ時代の申し子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルノーは他のフランスメーカーと違ってフレンチブルーではなく、

ムカシから一貫してメーカーカラーのイエローを基調としたマシンが多いのも

興味深いですね。

(ベネトンの時のブルーはスポンサーのマイルドセブンの青です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルノーはその後、エンジンサプライヤーとしてF1で大活躍。

なんといってもこのマシン。

アクティブサスペンションとルノーV10で

ホンダから王座を奪い取ったウイリアムズFW14B。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駆るのはサーキットの荒法師(ナツカシー)ナイジェル・マンセル。

1992年に全16戦中9勝を挙げ、ドライバーズチャンピオンをとるとともに

チームメイトのパトレーゼの1勝と合わせて年間10勝で

コンストラクターチャンピオンをチームにもたらした。

ポールポジションに関してはカナダGP以外の15戦で

すべてこのクルマが最速であった。

だが、むろんこのクルマにもフレンチブルーの面影はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、フレンチブルーのマシンはF1に関しては、

どうも「強者のイメージ」からはほど遠い印象です。

その後、1996年の雨のモナコでオリビエ・パニスが

リジェに最後の勝利をもたらしたマシンはフレンチ・ブルー。

このときのエンジンサプライヤーは無限ホンダで、

この1勝は無限ホンダにとってもオリビエ・パニスにとっても

唯一のグランプリ勝利となった。

ワタシなどは日本製エンジンの勝利を喜んだが、

フランスタバコ「ゴロワーズ」スポンサーの

フランス人ドライバーによってフレンチブルーのマシンが勝ち得た勝利は

愛国心の強いフランス人にとってはなかなかに歴史的なものでした。

これが日本製エンジンでなくルノーエンジンだったら完璧だったのか。

ただし、ここに登場したフランスのマシン、

シャシーのみ、エンジンのみを含めて

ガソリン/オイルスポンサーはすべて「elf」、

フランスの石油メーカーであることはまた興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、弱っちいフレンチブルーのマシンですが、

ただ、個人的には「ナショナルカラー」のマシンは大好きなので、今後も期待。

ホントは日本のナショナルカラーであるグランプリホワイトの

ホンダのマシンに走ってほしいのだが、

トロロッソ~レッドブルはスポンサーカラーからまず、期待できませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F1はまさにヨーロッパの文化なので、

これを調べるといろいろなヨーロッパの歴史、文化がわかるので

実にオモシロイです。

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ