ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.05.02

天昇堂

 この間ライブを行った前橋ダイバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はかつてこの近くに住んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬大に入り卒業後、同大学の耳鼻咽喉科に入局。

そして結婚したのが28年前。

ワタシの勤務先が群馬中央総合病院になったので、

その近くのマンションに住むことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このダイバーは、その双方のはぼ中間点、

群馬中央総合病院からも、かつての住まいからも1キロ程のところにあります。

むろん当時はダイバーはなかったんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、リハーサルのあとその辺をぶらぶら散歩してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院には車で通勤してたので、実際にはあまりこの近所を歩いたことはないのだけれど

ところどころ覚えていてナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく地酒を買った酒屋さんもまだありました。

ムカシ、そこのご主人に頼み込んで

森高千里さんのビールのポスター譲ってもらったんだった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒマを見つけてとこどき模型を買いに行ってた「天昇堂」、

まだ、あったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時もオバサンが一人でやってたけど、今もいらっしゃいました。

お元気でした。店の前のプランターにじょうろで水をかけていました。

(失礼ながら、まだ御存命とは思いませんでした。

天昇堂だけに、もう、昇天しちゃたかと・・・(^^;))

ムカシは、店舗が道の前にあったのが、引っ込んで駐車スペースを作ったとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「やってるんですか。」

と尋ねたら

「やってないけど、やってるよ。」

と相変わらずの少々ブッキラボーな調子で言ってお店に入れてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店に入り、ナツカシイキットもありましたが、

新製品なども少しですが入荷していました。

かつては、にぎわっていたプラモデル屋さんですが、

もう、最近の子供はプラモデル買いに来ないのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に目当ての品はなかったのですが、

何も買わずに帰るのもなんなので、

2個ほど購入してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特価品で半額でしたが、また、在庫が増えてしまった・・・・(^^;

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.21

疾風、雷電、飛燕、零戦。

昨年、ヤフオクでポチッた1/48の疾風、雷電、

ナントカ完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4式戦疾風は中島飛行機製。

大東亜決戦機と呼ばれてた太平洋戦争時の陸軍戦闘機としては、

もっともバランスの良い、傑作機です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、この旧日本軍機特有(?)のハゲチョロ塗装をしたくて、

試してみましたが少々やり過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方法としては下地をととのえたあと、実機通りに銀塗装。

その上からヘアスプレーケープを噴霧。

すると親水性の膜ができるので、その上から塗った塗料をはぎ取ることができる。

あわてて、無香性ではなく微香製を買ってしまったので、

作ってる途中なんとなくいい匂い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷電も同様に。

こちらは少し加減しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷電21型は三菱製。

つくり比べると陸軍と海軍の違いよりも

中島と三菱の設計上の「くせ」の違いが分かってオモシロイ。

海軍だが、局地戦闘機といって、空母運用ではなく陸上配備する戦闘機。

主にB-29 等の爆撃機の迎撃用に本土に配備されたインターセプターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迎撃用の高高度の上昇力を確保する高出力の戦闘機用のエンジンが日本になかったため

爆撃機用の火星エンジンを積んだので、胴体が独特のずんぐりむっくり型です。

小学生、中学生時代以来何機か作っていますが、

今回初めて稲妻マークなしにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに1/72のストックも少し片づけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸軍期は3式戦闘機飛燕。

川崎製です。

同じ陸軍機でも中島製の機体とは若干色調が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メッサーシュミットBf109のエンジンをライセンス生産した液冷エンジンを搭載したので

ハナとんがってカッコいいが、残念ながら当時の日本の工業力では、

ドイツ製エンジン並みの出力は出ず、

しかも、故障が多く運用は困難を極めたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、1/72の海軍機でストックがあったのがこの零銭52型丙。

いわずとしれた「ゼロ戦」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供のころから何機作っただろうゼロ戦。

推力増進のためカウリングからタコ足上に突き出た排気管と

武装が99式20mm一号機銃から長砲身の二号に換装されたため、

主翼から長く突き出した銃身が特徴です。

銃口はピンバイスで開口しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりこの美しいフォルムには魅了されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 改造、追加工作一切なしのやっつけ手抜き製作だが、

それでも、なかなかストックは減らないなあ・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.02.21

45年ぶりの再会

 

ネットオークションで古いプラモデルを買いあさるのは最近の悪い癖。

箱汚れや、説明書なし、なんてのを格安で買う、

というのも醍醐味だが、

今や売ってない絶版キットを手に入れる、という楽しみもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは、いうもののワタシはコレクターではないので、

レア物、博物館的な逸品には興味がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシ、作ったことのあるキットを作るのは楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキットはタミヤの3号戦車。

今から45年ほど前、中学生のころ作ったが、

その後、3号戦車はニューキットが出て旧モデルは絶版になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、再び作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころにはなかった、機材、テクニックで

懐かしのキットを仕上げるのは、子供のころかなわなかった夢をかなえる感じだ。

古いキットなので、モーターライズの痕跡が。

ムカシはプラモデルが何でもモーターで動いたもんだが、

今はほぼすべてがディススプレイモデルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足回り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

75mm砲もなんと、銃口が無い。

今では考えられないが、当時はコレでも良かったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のころは多分、真ん中を黒く塗っただけだと思いますが、

今回はピンバイスで穴を開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車体の完成。

もちろん、砲身に穴はあけたけど、他は一切の改造はしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーフェイサーを吹いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下のシャドーを吹き、陰影を残しながら色を重ねていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて模型屋さんのガラス棚には、ぼかし塗装で仕上げられた

戦車や飛行機が飾られていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、当時はエアブラシなんて高価なものがあるはずもなく、

筆でペタペタ塗るか、缶スプレーでべったり、というレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまや、こんなエアブラシによる塗装ができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、当時の3号戦車の説明書には缶スプレーでぼかし迷彩をする

画期的な手法が紹介されていた。

糊で綿を張り付けて行うもので、これ、やりました。

その時は感動しましたね。

細かいのは無理だけど、なんせぼかし塗装ができたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカール、汚しを施し、フィギィアとともに箱絵の仕様で完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのがショーケースに並んでたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 45年たって、自分で作れるようになりました。

 

 


コメントはまだありません
2018.01.04

マクラーレンMP4/2

 

  昨年暮れから取り組んでいたマクラーレンMP4/2。

年内完成を目指していたが、お正月にようやくシェイクダウン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1984年のドライバーズチャンピオン、コンストラクタ―ズチャンピオンの

ダブルタイトルを獲得したマシンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  この年マクラーレンは、ニキ・ラウダが5勝、アラン・プロストが7勝をあげたが、

ドライバーズタイトルは最終戦で0.5ポイント上回ったラウダが手にした。

と、いうことでイギリスグランプリ優勝のラウダ師匠の仕様です。

ちなみにワタシはタバコ反対派ですが、やはり再現性という観点から

マルボロロゴは社外品にてフォローしています。

あるはずのところに何も無いとカッコ悪いし。

 

 

 ところで、この年ドイツグランプリでは

すでにマシンのタバコ広告が禁止になりストロボに代えられている。

イギリスグランプリが、タバコ禁止になるのは翌年から。(だったと思う。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カウルを開けると90年代のF1に比べ驚くほど小さなTAGポルシェ製ターボエンジン。

その分、デカいのがドライバーズシートとの間にあるガソリンタンクで、

この年レギュレーション変更で250リットルが220リットルになっているが、

昨今のF1は100リットルちょいなので、ざっと倍は違う。

今と違ってまだ、社会的にエネルギー問題はあまり問題にされず、

ガンガンガソリンぶち込んでバリバリエンジンを回す時代であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、20世紀のF1マシンはイイっすね。

しかし、きたねーな机の上。(^^;)

 

 


コメントはまだありません
2017.10.22

フェラーリ312T2

ヤフオクで絶版プラモデルを買いあさるという悪癖は、

いまだやまず、もはや「依存症」の領域かもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1月落札したプロターの1/12フェラーリ312T2 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロターとはもはや消滅したイタリアのプラモデルメーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のプラスチックモデルは

精密さ、組みやすさ、正確さどれをとっても世界一だが、

海外メーカーはそうはいかず。

とくにプロターは組みにくい上に無駄に複雑なので有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、中古品なので未開封だが破損もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは難しそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この厄介なゴムのパーツも難物。

同じ1/12でフォーミュラカーをシリーズで出しているタミヤと比べると

あまりの差に愕然としてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前作った「フェラーリ126C2」よりは、

同じプロターでもいろんな意味ではるかに厳しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、花粉症が終わったころから製作を始めたが、

ナゼカいきなり基本塗装に失敗。

海外モデルはまず、パーツを中性洗剤で洗うべきだったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く泣く、塗装をペーパーですべて落とし、下塗りからやり直す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことやってるのでゴールデンウィーク過ぎてもちっともはかどらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこ3リッター水平対向12気筒エンジン、

なんとシリンダーブロックまで再現されてるが、

完成後はもちろん、エンジンが組上がった時点でもう絶対見えないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪戦苦闘の日々が続きますが、徐々にエンジンも組上がってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア語の組み立て説明書は絵もアバウトなので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハセガワの1/24の312T2を同時進行で製作し、参考にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月お盆休み、やっとエンジンをマウントできた。

予想通り、シリンダーなんてどこにあるのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴムがあちこちぴろぴろしてるが、

これも最終的にはしまい込まれて見えなくなる運命。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の難関はデカール。

一般にイタリア製キットが日本製より優れている点は

カルトグラフ社製のデカールを採用してることが多い点のみですが、

今回は、なんとドライデカール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するにインレタみたいなもんで裏紙をはがしてモデルに密着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごしごしこすって、そろりそろりとはがしますが、

年季が入っていてなかなか剥がれない。

しかもこのような平面はイイが局面に貼るのはかなりの根気良さとテクニックを必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、冬から春、夏を過ぎて

朝晩に秋の寒さを感じられるようになった10月の連休・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとかかんとか完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットのシートベルトは全く使い物にならないので、

現在、適当なものを物色中で未装着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

312Tの発展型だが、あちらはタミヤ製があるがT2はプロターのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラを探せばきりがないが、ともかく完成したということでご勘弁願いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、毎度のやっつけ仕事ででっちあげて、やっと肩の荷が下りたが、

また、こんなモノをヤフオクで落札してる‥‥。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、これは「病気」ですな。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.20

ロッキードT-33A

 

 コレは相当古い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 値段は225円。ヤスイ!

サクラホビーは前橋にあった模型屋さんだったか、

というと買ったのは30年以上前だが、そこのお店でもずっと棚にあったと思われる。

むろん当時は消費税など無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も問題はデカールだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシのプラモデルは、このようにチューブ入りの接着剤が入っていた。

未開封だがもちろん、かっちんかちんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて組んでみるとやはりデカールがダメ。

ニスを塗ってバラバラを避けても台紙から何としてもはがれない。

お湯を使っても、何時間つけてもダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、しょうがないので日の丸は塗装でいきます。

この円形カッターを使い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスキングしてスプレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、この点「日の丸」で良かった。

アメリカ軍やカナダ軍では大変な作業になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにオーストラリア空軍やニュージーランド空軍だったら塗装は絶対不可能。

カンガルーがオーストラリア空軍のマーク、

そしてニュージーランド空軍は空軍なのに「飛べない鳥」キウイがマークになってます。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 数字は別の航空自衛隊キットから持ってきたが、

部隊マークは大きさが合わないので手書きです。アップではキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで完成ということに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パネルによってシルバーのトーンを変えてジュラルミン無塗装の気分だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジェット時代のまさに黎明期、主翼も尾翼も後退翼なんてモノはありません。

初飛行が1948年、自衛隊の運用は昭和29年(1954年)から。

ちなみに1954年は航空自衛隊の発足した年であり、

映画「ゴジラ(初代)」が封切られた年でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このT-33AはロッキードP-80 の練習機用派生型で、この視界の良いキャノピーが特徴。

これで訓練した自衛官もとっくに退役して、

すでにお亡くなりになってる方も多いでしょうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは航空自衛隊の飛行機にはけっこう日本語の愛称がついており

こT-33Aも箱絵にある通り「若鷹」という名があったようだ。

たしかF-104は「栄光」、P-2ネプチューンは「おおわし」だった。

最近はそのような愛称はきかないが、F-15 イーグルなんかにはあるんでしょうかね。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.04.15

依存症

 

 ああー、オレは何てダメなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたが、自室には生涯かかっても組みあがらない恐れのあるほどのプラモデルの在庫がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それなのにF!やAFVのナツカシイ模型をフラフラとヤフオクで落札してしまい、

完成よりも、在庫の方が増える貿易赤字がとまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいて、ついにまた・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒコーキは1/72しか手を出さないと決めていたのに、

1/48のヒコーキ、しかも6機セットで落札。(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤフオクは手数料はかからないが送料は原則落札者負担なので、

セットで買うとお得ではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もこのキット、1個あたりは送料入れても500円程度だから、相当オトクではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中でもこの「疾風」は初版1971年だから、小学校6年か中1のころ作ったはず。

傑作キットであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまで1/50で発売されていた「傑作機シリーズ」はコレの一個前の「ハリアー」から

国際スケール1/48にされた。

次の発売がこの「ブリュースター・バッファロー」でこれまたナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤ模型はそれまでF!は1/20、ヒコーキは1/100と1/50、

AFVは1/35と独自のスケールで出していたが、

ヒコーキ関係はこの頃から1/48、1/72と国際スケールに合わせた。

一方AFVはすでにタミヤのシェアが世界的だったので

逆に外国のメーカーが1/35に合わせたという経緯がある。

ちなみにF1は今でも国際規格は1/24、国内規格は1/20である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなうんちくはどうでもいいけど、

セット買いだとそれほどほしいわけではないはずのキットも買ってしまうわけで。

フジミの1/48のBf110なんて、フツーならまず買わんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、そうえばこのあと出た

タミヤの1/48の零戦シリーズも作ったなあ、良いキットだったなあ、

などとまたぞろヤフオクを検索してしまう、ふがいない自分なのであった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.03.26

F11F タイガー~グラマン社ネコシリーズのオミソ?

 

基本プラモデルはクルマ、ヒコーキ、AFV、艦艇と各ジャンルを作ります。

作らないのはオートバイとガンダムか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ヒコーキモデルといえばハセガワです。

基本、1/72しか作りません。

この間のXウイングも1/72で、同じくくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラマンF-11Fタイガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも相当古いモデルで定価は700円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例によって、改造、追加工作一切なしのストレート・フロム・ザ・ボックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがデカールがまた死んでいた。(過去の失敗から学んでない・・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、もう一個用意されていたシャークマウスの仕様で。

実は、シャークマウスはあまり好きじゃない。

そもそもこれ、タイガーだし、なしてネコ科にシャーク?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ海軍戦闘機といえばグラマン「猫」シリーズ。

大戦中の「ワイルドキャット」「ヘルキャット」「べアキャット」から

朝鮮戦争時代の「パンサー」「クーガー」を経ての「タイガー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコ科の「王者」タイガー、

本来ならドイツ戦車のように歴代最強になるはずが、

推進器の出力不足、全天候レーダーの未登載によって

1957年の配備からわずか2年程度で現役を退いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米海軍機初の「エリアルール」採用の機体である。

エリアルールとは1950年代に発見された

音速付近で飛行する機体は断面積変化を少なくすることによって

抵抗を減らすことができるという法則。

だから翼のある部分の胴体が細くなっている。

当時は軍事最高機密。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海軍の名門グラマン社はこののち主力戦闘機の座を

ボート社のF8クルセイダ―、

そしてNATO諸国のベストセラーであるマクダネル・ダグラス社のF4ファントムⅡに奪われ、

苦難の時代が続くのだが、

1973年映画「トップガン」で有名なF14トムキャットで返り咲くである。

ちなみにトムキャットは「オスネコ」の意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実機は不遇であったが、個人的にはこのエンピツ型の胴体に後退翼のスタイルは

鉄腕アトムをはじめ昭和30年代の少年漫画の「ジェット機」のステレオタイプであり、

なぜか、とても愛着があるのだ。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.03.07

ポルシェ962C

 

新年からプラモデル在庫やっつけ製作を開始しイタレリやバンダイの模型を作ったが、

何といってプラモデルといえばタミヤである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タミヤのプラモデルは考証や造形の正確さもさることながら、

組み立てやすさ、作っていて楽しい、というのがその最大の魅力である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このメーカーがなかったらワタシはこの歳まで模型作りなどしていなかったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、タミヤの古いプラモデルを在庫棚から引っ張り出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年の製品ですな。定価は1000円、貼ってあった値札は800円でした。

この当時は消費税あったっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 箱を開けてみるとランナーは1枠でシンプル。

タミヤには珍しくエンジンレスですね。

手間がかからず、歓迎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがなんと、ボディがウインドやヘッドランプを含め一体成型。

ボディのエアインテークの形もおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみるとこれはもともとラジコン用のボディーをプラモデルに流用したらしい。

タミヤはこの前モデルのポルシェ956をモデル化してるのでこっちは手を抜いたようだ。

なんか、めんどくさそうでイヤな予感。

まずは、ウインド部分をマスキング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 表の部分はキットに付属するが裏はないのでマスキングテープから切り出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうこの時点でちゃっちゃと完成させちゃおという気分。

しかし、サーファエーサーを吹くと、こんなところにパーティングラインが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここはペーパー掛けしにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤスっては何回もサフを吹きなおし、相当時間をかけてやっと消えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボディは単色だから楽だと思ったが、

冬場で乾燥のためホコリが入って何回も吹きなおし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、デカールである。一見、大丈夫かと思ったが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり死んでいた。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、コレの登場。

死んでいるデカールに命を吹き込む透明ニス。

手芸用なのでデザインがちょっとアレである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをデカールに塗りたくって、何とか貼っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初から使うべきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと数日間の乾燥を挟みつつクリアーがけを数回行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、コンパウンドで研ぎ出し。

粗目⇒細目⇒仕上げ目の順で磨いていく。

もう、途中からこの作品に対する「プラモデル愛」を失ってるので

やっつけ仕事で苦痛である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボロボロだがナントカ完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤのモデルにしては相当出来が悪い。

以前作った長谷川の962Cの方がまだまし。

やはりラジコン上りが問題か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、大量の在庫が1台減ったということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタミヤのポルシェ962C、色違いでもう一台タンス在庫があるんだなあ。

 

 

 


コメントはまだありません
2017.02.19

帝国の逆襲

 

 この間「Xウイングファイター」作ったので、どうしても作りたくなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コチラはバンダイではなくファインモールド社製。

実はずいぶん前に買って、ストック状態であったのを引っ張り出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆるフツーのプラモデルです。2002年製だったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帝国軍パイロットスタイル悪し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもこの操縦桿はママチャリか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、乗せてしまえばほとんど見えなくなってしまうのだが、

それにしてもヘンなコックピットだ。

キットが古くてデカールがやや死んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら、もう見えない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで「やられメカ」完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 並べたいために作ったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 TIEファイター自体にはほぼマッタク思い入れが無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもヘンテコな機体だ。

何となく鬼太郎の目玉オヤジを彷彿とさせる・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミレニアム・ファルコンはでかいから、いいかな。

基本ヒコーキ関係は1/72しか作らない主義なので。

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ