ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.05.28

森高千里Singles Day1

土曜日はアコナイで「渡良瀬橋」「風に吹かれて」と森高千里さんの曲を演奏しましたが、

日曜日は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からりょうもう号で出かけます。

会場はなんと女子大かあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三軒茶屋は渋谷の次、足利からは乗換は1回だけ、ちょうど2時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに女子大の中にあるの( ゚Д゚)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりココで良いようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ女子大生ではない中高年の男性女性がぞろぞろと・・・・・。

(オレもモロそうだけど)(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あそこですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばし、待ちます。

天気よくてヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、立派な建物。

人見さんは誰?創設者でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:15開場です。

毎度思うけど、こういう名前付きのお花を送るのは日本の風習なのだろうか。

海外のコンサート見たことないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは物販。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはライブに行くとほぼ必ずTシャツとパンフレットは買います。

バンドTは黒が多いので、ココは赤だな。

赤に青はアントラーズを連想させるので右上の赤白で行きましょう。

意外にも白Tがサイズ完売多く、次が黒、赤は2種類とも全サイズありました。

やはり、一般のオジサンは赤Tあまり着ないから?

ワタシはライブもあるし、サッカーはすべて赤だし、赤T重宝します。

(しかも来年は還暦だし(^_^;))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく着たりして。

JETの時もそうでしたが、わりと、ライブ会場で着る派です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても高えなパンフレット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30周年記念なので

中にシングルのディスコグラフィーや

売り上げ枚数や発売のデータがありと期待したのですが、

文章文字の類は一切なく、全面「写真集」でした。

なんか手抜きっぽいけど、やはりこういう需要が多いのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回の企画はデビュー30周年を記念して

2日間にわたりすべてのシングル曲を演奏する、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージにはすべてのシングル盤の写真が投影されている。

これを見るとジャケットの形から

最初から6枚目「ザ・ストレス」まではレコード盤で「17歳」からがCDシングルだということがわかる。

時代の移り変わりを感じさせ、実に感慨深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は、満員。

それにしても女子大のホール、すげえな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のライブはむろん撮影不可だが、実に楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何しろ、やる曲は全部後ろに書いてあるので、今やってる曲はもちろん、

次の曲もその次の曲もあらかじめわかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、曲が始まるとタイトルとともにリリース年月日が出るので、

リアルタイムで聴いているワタシどもなどは、

「あ、この頃に○○病院に移動になったんだ。」

とか

「この頃に結婚前の今の奥さんとローリングストーンズ初来日見にいった。」

(どの曲のことだか、わかるヒトにはわかる。)

「この曲の出た直後に結婚した。」

「この曲のころ、子供生まれたんだった。」

などと、自分の人生と重なって感慨深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻も森高千里ファンだったので1989年リリースの「非実力派宣言」は我が家に2枚あるが、

翌1990年に結婚したため、その年発売された「古今東西」は我が家に1枚しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Day1はシングルA面全45曲の前半部だけだったわけだが、

とりあえずお気に入りの曲は前半に多く得した感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことに、その前の晩演奏した「渡良瀬橋」「風に吹かれて」を聴くことができて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20枚目のシングル「風に吹かれて」は、ギリギリだなあ、

今夜やるのか、明日なのかが、ずっとヤキモキしてたが

Day1の最後の最後で歌っていただき、ここまで聴けて超ラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「渡良瀬橋」に関しては、もうリコーダーが気になって気になって、

双眼鏡でずっとて元ばかり見てました。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ほど機会を見てライブレポート書くかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても3時間近い長丁場、途中休憩や衣装替えもなく、

ずっと、歌とMCで出っぱなしの森高千里さん。

(写真はfacebokから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力も集中力も記憶力もさすがプロだと、感心しました。

彼女の今回のパフォーマンスがただならぬスゴさであることは、

実際にライブで演奏するものとしてはホントよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、主婦や母親やりながらだからなあ。

ホント、スゲエ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変満足して、夜11時、「渡良瀬橋」にほど近い足利市駅に到着。

ちなみに当駅の列車のチャイムは「渡良瀬橋」のメロディです。

「渡良瀬橋」を横に見ながら歩いて帰宅しました。

「コンサートの夜」なので。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.13

ワタラセソニックvol.3

 5月12日(土)はワタラセソニックvol.3でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は「ビアンベニュー」当院から徒歩3分のお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日貸し切り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PAはおぐじび忘年会でもお世話になった「まえはらサウンド」(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 着々と準備が進みます。

ほとんどおまかせなんですが・・・・。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リハーサルもすみ、いよいよ It’s show time !?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オープニングはご挨拶がわりにアヤちゃんが

ワタラセソニックのテーマソング(?)「渡良瀬橋」を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギターでサポートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日のために準備した(?)森高千里リストバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでにもう一曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ガーネット/奥華子」。

良く知らないんですけど・・・・(^^;。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの2曲が一番緊張した。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、Kozzy’sの小島さん、今回はメンバーの都合つかずソロギター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「北関東飯店」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はメンバーのうち、ベースのリンダさん、ドラムのテルちゃん、アコギのクータンが都合で欠場。

かわりにベースにシバハラ氏、ドラムに「じゃも~んず」のせきちんを拉致。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 常にリスキーな当バンドですが、

近々開催の米朝首脳会談の成り行きによっては、

安全が確認された場合再び「北朝鮮飯店」を呼称とする可能性のあることを、

ショーグン様が公の場で発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんボーカルの「風に吹かれて/森高千里」は再びワタシのリクエストで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「初恋/村下孝蔵」はショーグン様が歌を拒否されたのでワタシが歌う羽目に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夢先案内人ではギロを弾くショーグン様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、曲は次第に夜の曲、大人の曲へと・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 藤圭子、八代亜紀・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ラストの曲の前にサプライズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、ワタシとショーグン様にバースデーケーキが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日、5月13日はワタシとショーグン様の59回目の誕生日なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思いがけずで、感謝感激です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花束までいただいてしまいました。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづいては「じゃも~んず」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもノリノリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マキちゃんのボーカル「オー・ダーリン」も良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次は「Kazzfest」from Dokkyo。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「王様」の日本語直訳ロック。

 「キツネっぽい女(Foxy Lady)」

「俺たちは独協医大のバンド(We’re an American Band)」等

お馴染みのナンバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「湖上の煙(Smoke on the Water)」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「C5-dips」の出番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は前回のライブから練習日が取れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中「Walk/Foo Fighters」は唯一の新曲。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとは前回からのセットでFoo Fighters、Green Day,Oasis・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のセットはストーンズ無かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても一晩で2バンドやるのはやはりいろいろキツイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間、体力だけではなく、キャラクター、気持ちの切り替えの面で。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は前原先生の新バンド「Fuse Box」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 元ミュージシャン、現ラーメン店経営の凄腕サックス奏者の方をフィーチャーした

本格フュージョンバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトが上手いのなんの。

他のメンバーもみなテクニシャンなのですが、やはりプロはスゴイ。

聴き惚れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ライブは深夜まで及び、

さらに打ち上げは午前3時を回りました。

 

 

 

 

(^-^;御出演、ご来場いただいた皆様、PA担当前原先生、

そして遅くまでお店をご提供いただいた「ビアンベニュー」さまありがとうございました。

あ、バースデイプレゼントも。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.02

天昇堂

 この間ライブを行った前橋ダイバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はかつてこの近くに住んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬大に入り卒業後、同大学の耳鼻咽喉科に入局。

そして結婚したのが28年前。

ワタシの勤務先が群馬中央総合病院になったので、

その近くのマンションに住むことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このダイバーは、その双方のはぼ中間点、

群馬中央総合病院からも、かつての住まいからも1キロ程のところにあります。

むろん当時はダイバーはなかったんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、リハーサルのあとその辺をぶらぶら散歩してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院には車で通勤してたので、実際にはあまりこの近所を歩いたことはないのだけれど

ところどころ覚えていてナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく地酒を買った酒屋さんもまだありました。

ムカシ、そこのご主人に頼み込んで

森高千里さんのビールのポスター譲ってもらったんだった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒマを見つけてとこどき模型を買いに行ってた「天昇堂」、

まだ、あったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時もオバサンが一人でやってたけど、今もいらっしゃいました。

お元気でした。店の前のプランターにじょうろで水をかけていました。

(失礼ながら、まだ御存命とは思いませんでした。

天昇堂だけに、もう、昇天しちゃたかと・・・(^^;))

ムカシは、店舗が道の前にあったのが、引っ込んで駐車スペースを作ったとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「やってるんですか。」

と尋ねたら

「やってないけど、やってるよ。」

と相変わらずの少々ブッキラボーな調子で言ってお店に入れてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店に入り、ナツカシイキットもありましたが、

新製品なども少しですが入荷していました。

かつては、にぎわっていたプラモデル屋さんですが、

もう、最近の子供はプラモデル買いに来ないのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に目当ての品はなかったのですが、

何も買わずに帰るのもなんなので、

2個ほど購入してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特価品で半額でしたが、また、在庫が増えてしまった・・・・(^^;

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.02.03

森高千里とビートルズ

 

先日の森高千里さんのイベントでは、

「渡良瀬橋」のプロモーションビデオのメイキング映像が上映されたわけですが、

実はこのPVに秘められた、驚きの事実を知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとこのビデオはザ・ビートルズの映画「Let It Be」の中で演奏される

「The Long and Winding Road」の映像をモチーフにしているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだったのか。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うー、気づかなかったのがクヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から森高さんがビートルズマニアであることは有名だが、

あのビデオがあれだったのか―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森高さんはペパーランドというタイトルのアルバムを出したり、

トゥモローネヴァーノウズというタイトルのコンサートをしたり。

ペパーランドはビートルズのアニメ映画「イエローサブマリン」に出てくる架空の国、

トゥモローネヴァーノウズはもちろんビートルズの曲のタイトルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡良瀬橋の歌詞に尾沢床屋が登場したのも、

ビートルズの「ペニーレイン」の歌詞に床屋さんが出てくるので、

そのイメージで書いたと本人がコメントしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、アルバムでもビートルズの曲をカバーしていますが、

その選曲がマニアックな

「Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey」

だったりするのもビートルズヲタクの証拠です。

その後もう一曲「Here comes the Sun 」も、

もろリンゴスター風のドラミングでカバーしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のドラムスタイルがリンゴ・スターそっくりであることは、

かつてこのブログでも書きましたね。「Ludwigの読み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、森高。

他にもこんなコンセプトのPV作ってるのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.02.02

SNOW AGAIN 2018

 

また、降りましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、降らない年は降らないのだが、雪の積もる冬は2回以上降るような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回は前回よりはだいぶ少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の前には片方向のみの謎の足跡。

何となく、ミステリーのトリックのような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、この付近のニャンコだな。

雪の降る前に泊まって朝帰ったのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の時点では、まだ多少降っていました。

たしかに前回よりだいぶ少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬はまた雪降るでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々は真っ白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、明日は節分、日曜日は立春です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暦の上ではもうすぐ春。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道ではみぞれになって、歩道の雪はどんどん融けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年前の大雪の年、2014年の時もたしか2回雪が積もり、

ブログは「SNOW AGAIN」というタイトルでした。

    

 


コメントはまだありません
2018.01.29

森高千里さんのイベント@足利市民プラザ

 

昨日日曜日の夕刻、向かったのは足利市民プラザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントを見にやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホールはロック&ポップスで、何回か出たことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口を入るなり、足利にようこそ、と声をかけられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、オレんちこっからすぐだけど…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のイベントは

渡良瀬橋のプロモーションビデオの原版の35ミリフィルムが発掘(?)されたため、

そのメイキング映像を含めた完全版ブルーレイ発売に伴うイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この完全版ボックス購入者が抽選で受けられる特典イベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷わず買って、応募、みごと当選しましたが、

実はブルーレイはまだ見てない(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内にはこんなお花が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡良瀬橋の歌詞に登場する床屋さんの尾沢さんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を隠そう、この尾沢さんちの長男はオレと

幼稚園、小、中、高校とずっと同級生だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このイベントの前半はその完全版を大スクリーンで上映する上映会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間あまりのメイキング映像。

正直、やや、飽きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、後半は森高さん本人が登場し、

トークショーとミニライブを行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、これが目的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返せば森高さんがデビュー25周年を機に活動を再開したのが5年前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その最初のライブが足利市民会館でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、見に行きましたぜ。←クリックするとその時の記事に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時以来の足利ライブ、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年前の活動再開コンサートといい、今回のイベントといい

森高さんが足利のことを特別に思ってくれているようなのは、

地元ファンとしては大変ウレシイ次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンドではなく、カラオケ主体のミニライブなので

普段コンサートでは聞けない歌が聞くことができて、よかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、会場が家から近くてラク。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場には岡山や、函館など遠方から来た方がいてビックリしましたが、

たぶん近さではオレが一番でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はイベントの性格上、コアなファンが多かったと思いますが、良い雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観客は、ぱっと見は、ほぼワタシと同じくらいの年齢が主体であろうか。

8:2で男性多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若いころから、コンサートの「追っかけ」やってた人も多いのかしら。

お互いに顔なじみの人たちもけっこういたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはデビュー以来のファンでCD、レーザーディスクの類は持っていましたが、

ファンクラブにはいったり追っかけやるということはなかったので、

今回も立ち上がって拍手や手拍子はしましたが、

どうもあの口の横に片手当てての

ちーさとー

という野太いコールは気後れしてできませんでした。(^^;

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ