ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.14

綾戸簗

 お盆休みに子供たちが帰ってきたら

みんなで鮎を食べに行こうといってたのですが、

今年は忙しくて、戻れない、とのことで、

夫婦2人で行ってきちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 綾戸簗は赤城インターと沼田インターのあいだ、国道17号の対岸にあり、

以前、スキー帰りの裏道で通ったことはありましたが、

鮎を食べに訪れるのは初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり奥まったところにあり、ちょっと秘境感あります。

が、お店のヤル気はかなり感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナカナカ雰囲気は良い。

椅子席もあるので股関節術後には助かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 利根川沿いの桟敷。

利根川もここまで登ると、かなり狭く早い流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この、一見シンディ・ローパー風のピンク色の髪のオバサンが、

店内を仕切っていますが、かなりデキる人と見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、奥ではオジサンたちが、働いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちのオジサンは、いけすから取り出した鮎に串をさしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこっちで、塩を振ったり、さばいたりしてる模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはカンパイ。

帰りの運転は妻です。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはお新香と酢の物。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、「うるか」。

鮎の塩辛である「うるか」は日本酒が合いそうだが、

かつては胃腸薬でもあったとのこと。

「楊枝ひとすくいで、腹痛が治ったのよ。」

と、シンディさんが言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しい。(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、フライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、鮎の活け造り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、動きます。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど「活鮎料理専門店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とかいってるうちに雨がザーッと降ってきた。

台風は明日西日本上陸らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、いよいよ田楽と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 塩焼き、やってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒレもパリッパリでウマイのなんの。

アタマまで、全部いただきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夏も鮎をいただくことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、海なし県だけど、北関東に住んでることの特典のひとつ、かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.12

幻の巨大空母「信濃」

 夏休み中、妻が福岡に帰省中なので、リビングのテレビは独占。

一緒だとなかなか見られない戦争モノの映画やテレビ番組を観ていたのですが

先日NHKで放送された、これは、オモシロかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空母信濃といえば、大和型戦艦の3番艦で、

ミッドウェーの敗戦を受けて、途中から空母に設計変更され、

艤装途中の回航中に米潜に撃沈された薄幸な艦として記憶されていますが、

知らない人が多いのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女性や、若者はともかく、この年齢の男性でも知らない人がいるとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに「信濃」は謎の艦。

現存する写真はこれだけだが、今回、航空写真の2枚も紹介されていた。

この写真が撮られた経緯も紹介されていて興味深かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この写真もワタシが小学生のころにはまだ世に出ておらず、

我が家にあった福井静雄氏の写真集「日本の軍艦」にはイラストのみであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、CGで再現されるとは、スゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 知らなかった新事実もいくつか出てきて、大変興味深かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 信濃の搭乗員の方で、まだ御存命の方がいらっしゃるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駆逐艦「雪風」の元搭乗員の方も出ていたが、

すごくしっかりしていてアタマ良さそうな感じの方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、もうずいぶん前に作った1/700の「信濃」をひっぱり出して見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、巨大。

もとになる戦艦大和の形を反映しているので、異形の空母ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この煙突の形状は日本海軍独特のもので、

商船改造空母「飛鷹」「隼鷹」で、試されたのち、

これも短命だった正規空母「大鳳」で採用され、「信濃」へと受け継がれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコいいっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この大戦末期のグリーン系の迷彩色は好みではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飛行機が無いと、空母はのっぺりした印象。

本当は「烈風」や「天山」を載せたいのだが、

「信濃」は艦載機を搭載する前に沈んじゃったので、そうもいかず。

前方のエレベーターだけ下げてみました。

そういえば、紫電改の艦上機改造型が発着訓練していた、

と証言してる方がいましたね。

紫電改がそもそも「紫電」の改良版なので

「紫電改改」かと思いきや「紫電改二」だそうで。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この部分を見ると「大和型」だ、とわかりますね。

後方のエレベーターが、この位置にあるのは、

「大和型」の水上機「零観」の格納庫を利用したため、と番組で解説していました。

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、番組で元搭乗員の方々が

「あのフネは・・・・」

と言っているのをNHKはすべて、「あの船は」と字幕を出していましたが、

これは「あの艦は」と書くのが、ホントは正しいニュアンスでしょう。

正確には「艦」には「ふね」という読みはないので

NHK的には「船」としたのでしょうが、

せめて「フネ」でやってほしかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 視力と根気の衰えから、この2,3年艦艇モデルは作っていませんが、

これも、在庫がいっぱいあるんだよなあ・・・・。

なんとかせねば・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.09

夏季休診のお知らせ

 今年は山の日が日曜日で、12日月曜日が振替休日になります。

13,14,15,16日とお盆のお休みなので

日曜日から金曜日まで休診ということになります。

17日土曜日は通常通り午前の診療をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には夏休みはお盆休みを外して取りたいのですが、

職員の希望や、世間の慣習もあり、なかなかそういうわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学病院のころは、交代で休みをとるので、

優先権のある先輩の先生が、先にいいところをとっちゃうので、

研修医はお盆の時期に休みを取らせれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、市中病院に出てからは、

学校の夏休み期間中は予定手術がビッシリなので夏休みはゼロ、

日曜日も隔週出勤、という状態だったので、

今はチョー恵まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこ行っても混んでるし、お盆期間中はホテルも高いので、

旅行に出かける予定はなく、

妻が九州の実家に帰っちゃうので、朝晩のイヌの散歩が休み中の仕事です。

Jリーグもないので、サマソニに日帰りで行くくらいで、のんびりします。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.07

第74回原爆の日

 昨日は74回目の広島原爆の日。

広島での平和祈念式典の一部を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島市の松井市長の言葉は毎年、感動するが、

とりわけ今年は、昨今の情勢に対する危機感と、

進まぬ核軍縮に対する歯がゆさが感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年に核兵器の開発、保有、使用を禁じる核兵器禁止条約が

国連で採択されたが、

唯一の被爆国である日本は参加していない。

これは、大変恥ずべきことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今年、米露の中距離核戦力廃棄条約が失効。

アメリカ、ロシアはミサイル配備に動き出し、

中国もまたそれに対応して軍備の強化を進める動きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、主要国で右派勢力が政権を握り、

自国第一主義を掲げて、他国の排除、軍備の拡張を進め、

また、日本もこれに同調する動きを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国や、韓国は今後東アジアの隣人として、

友好と協調関係を保たなければいけないはずなのに、

現政権の態度は、全くそれに逆行しているようで不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、広島の原爆資料館がリニューアルオープンしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも以前の資料館には何回か足を運びましたが、

行くたびに戦争の悲惨さ、愚かさ、

平和の尊さを強く実感し、強く胸を打たれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しい展示もまた是非見たいものですし、

日本国民及び日本を訪れた人たちには、必ず見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トランプ大統領を日本に招いた阿部首相は、

ゴルフやったり大相撲なんか見せてる時間があったら、

広島に連れて行くべきだ。

何も言わなくても、見せるだけで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、日本の小中高生も一度は修学旅行のコースに

広島原爆資料館を組み込むことを、

文科省がルールにすればいいんじゃないかと思うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日8月6日は「広島原爆の日」。

そして、今日、8月7日は「鼻の日」です。

こちらは今年で第59回だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.04

第105回足利花火大会

 8月最初の土曜日は伝統の足利花火大会。

今年で105回を数えるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も岩谷家とご一緒させていただきます。

エミリちゃんはお友達と、ずっとディズニー歩きスマホ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、娘は仕事、息子が数年ぶりにこの時期帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨男の彼だが、今日は大丈夫そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花火師さんたちが仕掛けの打ち合わせ中。

1時間45分で2万5000発を上げるのだから、段取りは重要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後7時、開始の合図の花火が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若干長い、市長や、商工会議所の挨拶のあとはじまりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからは、もうノンストップ。

月は細い三日月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第105回、途中中断もあって今年で116年目だそうですが、

子供のころから、何回見たことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの幼いころは親戚が我が家に集まり、

二階の物干しからみんなで見た記憶がかすかにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、花火の音がコワくて泣いていた、と聞かされました。

今の子は、泣かないなあ。

大きい音になれてるからかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、還暦を迎え、今年も花火が見られました。

冥土の旅の一里塚、か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家族も健康でなによりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供も大きくなって、宿題の心配もないし。(笑)

それにしても、すごいヒトの数。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観客数50万人ともいわれるが、どうやって数えてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今回の打ち上げ2万5000発は全国屈指であるが、

会場では約3万発とアナウンスしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも、観客には数えようがないけど、

5000発が誤差内というのは、だいぶ盛ってますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにおそらくはコンビュータ制御で、矢継ぎ早に打ち上げられる花火は、

ヘビメタのツインキックペダルか、はたまたマシンガンのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のナイヤガラ点火は8時40分過ぎ。

通常は9時までのプログラムが、今年は8時45分までだったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが間近で見られるのはウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、これでもかの連打で完全にノックアウトされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も、ステキな夏の思い出ができました。

小1の2人は夏休みの絵日記に書くでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.03

北仲通り七夕夜店まつり 2109

そんなわけで、8月1日、2日は恒例の北仲通り七夕夜店祭りでした。

朝の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の前からがお祭りロードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院は4時30分までの受付で早じまい。

もっとも最後、4歳の女の子の両側鼓膜切開などで終わったのは5時20分でしたが。

午後7時過ぎ、妻と外に出てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、雨の心配はなさそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかし、暑いわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の税理士で中学時代はサッカー部の同級生、

山ちゃん夫妻にあいました。

この北仲通りに住んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬局の小峰紀久くんの一家にも。

リサちゃん、ママにそっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今年は、やや賑わいがイマイチか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントは忍者ショーと大道芸と、たかうじ君のみ。

マーチングバンドや猿回しなど、昨年はあった出し物が無くなっている。

たかうじ君、内容:ゆるキャラ、時間:随時(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜店の出店も、やや少ないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはちょっとヤバいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、外国人のお店は増えた模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このケバブ屋さん、美味しくて2日とも買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右のお兄さんがショーバイジョーズね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケバブをその場で切るのではなく、

あらかじめ切って炊飯器に入れておく、というのは待ち時間短縮で効率がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャベツの上にケバブとソースを敷き詰めた、その名も「Otsumami」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、このペルー料理も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内のペルー料理のお店の出店みたいですが、

これまたうまかった。

フライドポテトが入ってるのがミソ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子はこの怪しい色の紫トウモロコシジュースも飲んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼きそばやから揚げも悪くないけど、

こういうエスニックフードをもっと集めると、

一味違った夜店まつりで盛り上がるんではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、やっぱりお祭り広場的イベントステージあがった方が良いと思いますね。

見ながら食い、飲みすれば売り上げも上がりますから。

3年前はわが「北朝鮮飯店」も出演したのだが。

声かければ、盛り上げてくれるアマチュアバンドいっぱいいますけど。

やっぱり「たかうじくん」1体では、ヨワイ。

チラッと見えるのが「たかうじ君」のカブトの一部。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 実行委員の方、是非御一考を。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.01

8月1日(木)2日(金)の午後の受付は4時半まです。

 8月になりました。

梅雨明けが遅れて、このまま明けないんじゃないかと

ハラハラしてましたが、

いざ明けるとタコ殴りの暑さにメゲそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて今年も、花火大会前の、木、金は北仲七夕夜店まつりが開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北仲通りが午後4時半から交通規制で進入禁止になるので、

今日と明日は受付は午後4時半までになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、第2駐車場が移転したおかげで、

そこなら入ろうと思えばは入れるんですけど、

なかなか、いったん決めた休みを取り消すのはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただでさえ、8月はお盆休みと山の日の関係で営業日が少ないのですが、

まあ、お祭りだから仕方がないか。

当院受診後、そのままクルマとめたまま、

夜店祭りに行っちゃっても可、とします。

お祭りなんで。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.21

新宿の夜2019

 昨夜は、新宿へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年この時期恒例の同窓会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同窓会、というよりは元同級生が集まっての気のおけない飲み会、

といったスタイルで、都合のつく同級生がテキトーに集まる、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、だいたい同じメンツが毎年参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はたから見れば、還暦近辺の医者の会とは、まさか思わないであろう。

今回参加は13人、うち開業医4人、大学教授を含めた勤務医8人、

定年で仕事辞めちゃってとりあえず無職(!)が1人。

また、今年も3時間飲み放題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ全員が2次会も。

同級生はいいものです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.11

スマホちゃん

 先週末、スマホの調子が悪くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 画面が砂嵐状になり、表示がその裏にかすかに見える程度。

動作は正常で、見える部分で指での操作も可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、3回目で、原因は大体わかっている。

今までの3回ともジーパンの尻ポケットにスマホを入れて、

車を運転していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、尻とシートのあいだでスマホが曲がって

液晶に負荷がかかったためと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初の時はブログにも書いたが、数時間で復活。

2回目の時は、ちょっと時間がかかり半日以上かかった。

3回目は2日間回復せず、こりゃいよいよダメか、と思ったら

3日目に復旧した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だんだんと、弱っているようなので、近くの「スマホ修理屋さん」に行った。

最初の時ソフトバンクに行ったら、機種交換を進められたのだが、

どうもネットで検索すると、

ちゃんと総務省の登録修理業者、というのがあって、

アイフォンの修理をしてくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットで調べたショッピングモール内にあるその店に行くと、

ケンタッキーフライドチキンの前の通路にあったその店は、

店というよりは駅弁かなんか売ってるブースみたいな感じで、

若いオジサンが一人でやっているようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今は直ってるんですけど、画面が砂嵐みたいになっちゃうんですよね。」

店員さんはスマホを手に取り、操作しながら、

「今は、直ってるんですね。」

「多分、ジーパンの尻ポケットに入れてクルマ運転して

ちょっと力が加わっちゃったんじゃないかと思うんですけど。」

すると、店員さんは顔を上げて

「じゃあ、お尻のポケットに入れなければいいんじゃないですか。」

「いや、それはそうですけど、前はそうならなかったもので・・・。」

「スマホの液晶はマイクロ単位で接触していますから、

曲がる力が加わっちゃダメなんですよ。」

「はあ・・・・。」

「特に、この子は曲がりやすい機種なんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、尻ポケットに入れない約束で様子を見ることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「この子」とは・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ペット飼ってる人がイヌやネコを「うちの子は」といったり、

ペットショップの店員さんや獣医さんが「この子は」

ということはよくあるけど、

スマホ修理のヒトは、「スマホ」が「この子」なのか・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、ワタシを見あげたあの店員さんの目には、

ワタシが、ペットを虐待する、

トンデモナイ飼い主のごとく見えたってことか・・・。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.11

梅の雨

 今日も雨。

今年の梅雨はわかりやすくていいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ゴールデンウィーク前にできたこの連続鳥居。

いったい何考えてるんだか、

わざわざ道を狭くして歩きにくいし、景観を損なうことこの上ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントにこんなもの良いと思ってやってんだろうか、センスを疑います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、山道を歩くと、なにやら転がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、これは梅の実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早春に目を楽しませてくれた梅は、この時期に実をつけます。

「梅雨」の語源には諸説ありますが、

梅の実の季節の雨なので「梅雨」、という説が有力なようです。

日本は四季折々の風情があっていいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、レディアは梅の花にも実にも興味はないようです。

帰り道になると、急に「笑顔」になります。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ