ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.02.09

ニッケルバック東京公演@日本武道館

前日からの天気予報では、

土曜日の関東地方は大雪の恐れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は娘とニッケルバックのコンサートの予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、雪で電車が止まったら帰ってこられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に泊まっちゃう手もあるが、

翌日はハートロックフェスで朝9時に

佐野に集合しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、クルマで行くことにして、

スタッドレスタイヤに履き替えておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、当日お昼過ぎまでの天気状況で、

どうも電車が止まるほどの降雪にはならなそう、

東京に住む娘からのLINEでも積雪は無い、との情報を得て

電車で行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九段下駅で待ち合わせて、武道館に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が降る中を田安門へ。

なんか討ち入りみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッケルバックは昨年夏のサマーソニック以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単独公演ということでは、

4年前の東京都体育館以来ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の公演の時には、コンサート中に地震があったが、

今回降雪とは自然災害に縁がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、フェスや外タレコンサートでも

Zeppやスタジオコーストなどの

ライブハウス、オールスタンディングが多かったので、

この武道館のまったり感はなんか懐かしい感じ。

もちろん、コンサート始まればずっとスタンディングなのだが、

始まるまでは座っていられるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻の18時を2分過ぎくらいにスタート。

最初は「Feed the Machine 」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一気に温度が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒット曲のオンパレードだが、

単独ライブなので、フェスとはまた違った

「ホーム感」「ファミリー感」がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中「Rock Star 」では、お馴染みの観客を上げて歌わせる演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見込んで「Can I sing with Nickel back?」

のプラカードを用意してきた彼は、歌詞もバッチリ入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トークも満載。

どうもギョーザを食べて気に入ったらしく、

日本は「ギョーザ・ヘブン」だと言っていた。

そして「Gyoza in your mouth」からの「Something in your mouth」(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、他のアーチストの曲は無し。

そこ、ちょっと残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールのシメはお約束の「Burn it to the Ground」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外は雪の降る寒さだが、中はアツイアツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出ると、雪はみぞれになっていた。

武道館の熱気が雪をみぞれに変えたか。

電車も止まらず、無事帰宅。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.06

製薬メーカーの社内勉強会

 水曜日の午後は某製薬会社の社内勉強会に

講師として招かれ宇都宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のシーズンに先立って、今回のテーマは、

 

 

 

 タイトルバックは、去年の天皇杯決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2世代の抗ヒスタミン剤は

花粉症を含むアレルギー性鼻炎治療の中心ですが、

今回それを薬剤別に大解剖、という企画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マル秘情報満載。

ご要望があれば、他のメーカーさんでも講義しますよ。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はもちろん、バンドの宣伝をさせていただきました。

 

 

 

 


1件のコメント
2019.02.02

潮目

 2月最初の土曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず、土曜日は他の曜日と違って患者さんの数が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、2月に入っての今日、ふと気づいたのは、患者さんの傾向の変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ(疑いを含む)<花粉症のクスリ、という構図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザ、あるいはその疑い、もかなり多いのであるが、

前回受診が1年前、カルテを見れば、

名前を呼ぶ前から、花粉症の準備だな、とわかる患者さん多し。

ここが、潮目か、分水嶺か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今シーズンのレーザー手術も先月末で終わりになり、

確実に季節の歯車がかちりと、回った感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、昨日の朝の散歩で、梅の花が咲いていたっけ。

これからが、試練の季節。(T_T)

 

 


コメントはまだありません
2019.01.30

今日は何の日?

 1969年1月30日、今からちょうど50年前の今日、

ロック史上もっとも有名なコンサートのひとつが行われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのライブを実際に生で見た人は、極めて少ないけれども、

そのライブ映像を見たり、聴いたりした人の数をカウントすると

ライブとしては地球上では最多かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それがロンドンのアップルビル本社屋上で行われた、

ザ・ビートルズ最後のライブ、

いわゆる「ルーフトップ・コンサート」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画「レット・イット・ビー」のラストシーンの撮影目的で、

予告なしに行われた「ゲリラ・ライブ」は、

期待通り(?)に警官隊に阻止されて終わるが、

演奏自体は47分ほどだったという。

ただし、資料によれば、コンサート、というよりは、

「音出し」であり、「ゲット・バック」はリハを含めて4、5回、

「ドント・レット・ミーダウン」「アイヴ・ガッタ・フィーリング」が2回ずつのほか、

鼻歌や、断片的な曲も含まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏は正午過ぎの昼休みどきであったが、

1月30日のロンドンは冷え込み、気温わずか2℃程度だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反体制のロック・バンドたるザ・ビートルズの

実にカッコイイ、ラストライブだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今だったら、スマホで動画撮って、ばんばんYouTubeにアップされてたかもだが、

当時は、そんなものは無くバルコニーからでもそのライブを見た人は、

末代までの自慢だったろうなー。

もっとも最近は、バンドやってる子でもビートルズ聴いたことが無い、

という若者もいるみたいですが。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.27

大阪なおみ選手、全豪オープン優勝

 大坂なおみ選手、全豪オープン優勝ですと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、世界ランキング1位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、多分かなりスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボクシングや柔道なんかはバンタム級とか、56キロ級とかあるし、

水泳だって自由形、平泳ぎなどの種目や、距離によってチャンピオンがいるわけだが、

とりあえず世界中のテニスやってるぜーんぶの女子選手の中の1位

ということですからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビも見てたんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ワタシ、テニスまったくシロートなのでテレビつけた瞬間、

試合の途中から見たのだが、今が試合のどこらへんで、

点数見ても、今どっちが勝ってるのかが、サッパリワカラナイ。

アナウンサー、解説者の話も聞くのだが、それでもワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーと違って残り時間が出るわけでは無いので、

この間、大阪選手だか錦織選手だかの試合で、5時間にわたる死闘、

などといってたので、まだしばらく続くんだろうなあ、

まず、風呂入っておこう、

と思い、テレビつけっぱなしのままお風呂に入っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風呂からあがって、テレビの前に行ってみると、

なんか、試合、終わってるみたい。

しかも、どっちが勝ったか、すぐわからない。

アナウンサーも、解説者のヒトも淡々とした口調なので、

負けちゃったのかな、と思ったら上のテロップに

「大阪なおみ初優勝」の文字を見つけ、結末を知った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、優勝の瞬間の「ヤッター」という感動を逃してしまったんですけど、

まあ、スゴイことです、おめでたいです。

ちょっと、個人的にはくやしいけど。

テニス、難しいよー。(T_T)

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.26

「花粉症 名医がすべて答えます」

 マスコミ、特にテレビの影響力は強いものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療関係、特に耳咽喉科に関したものだと、

テレビを見た患者さんが来院し、質問や検査、治療の要求をしてくる場合が多いので、

目についたものは、なるべく内容をチェックするようにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間もNHKの「ごごナマ」で

「花粉症 名医がすべて答えます」

という番組があったので、録画して見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、どんな「名医」が出るかが問題でしたが、

千葉大の耳鼻咽喉科講師の櫻井大樹先生という方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はテレビに出る医者の中には「トンデモ」な先生は、けっこう多く、

「新宿ナントカクリニック」とか「有楽町ナントカアレルギーセンター」とか、

その手のネーミングの施設の私立大出のセンセイは、

マスコミずれしてて、表情はにこやかで弁舌も滑らかなのであるが、

誤解を招くような言い回しや、誇張やこじつけでウケを狙ったり、

専門家がみると、明らかな知識不足や、誤認識があって、

唖然とするような発言をすることがしばしば見受けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の医者の人選は多分、NHKから

アレルギー性鼻炎、花粉症の日本の権威の一人である

千葉大の岡本美孝教授のところにまず、オファーがいって、

教授が、部下のアレルギーグループの先生に

それを「下請けに出した」ということだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、岡本先生は知識も人格もすぐれた花粉症の「名医」といっていい先生だから、

その弟子の先生も真っ当な方だと思いましたが、その通りでホッとしました。

なんか、雰囲気も似てましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話の内容は目新しい物もなく、

いつもワタシが患者さんに説明しているのとほぼ同じ内容だったので、

取り立ててどうということもなかったのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になったのは、出演の落語家と料理愛好家のお二人のコメント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お二人とも花粉症ではないようだが、

話の内容を茶化したり、脱線させたりすることに終始し、

花粉症の治療にまともに向き合おうという様子はさらさらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い付きの本題とは関係ない質問を櫻井先生に浴びせたりで、

いや、ホント、センセイお気の毒でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話題が花粉症で、

がんなどのもっと直接命にかかわる病気ではなかったからかもしれませんが、

花粉症で本当にこころから悩んでいる患者さんは多く、

何らかの情報を得ようとこの番組を観たそのような方にとっても、

この態度は、少なからず不愉快なものだったのではないかな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岡本先生は、このような事態を想定して、

この仕事を弟子に回したのだろうか・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.08

休むは易いが・・・・

 正月明けで、5日土曜日は大混雑。

そして、昨日の月曜日も午前中だけで100人越え。

最近、寄る年波に体力もだいぶ衰えた身にとっては、かなりの負担である。

ただし、月曜日の午後はそれほどでもなく、

今日、火曜日は午前中は楽勝であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺、休みの方もさることながら、

足利市内の小中学校が、今日から3学期、というのも大いに関係している。

事実、今日は昨日と反対に夕方の患者さんが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、今年のゴールデンウィークである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月1日の新天皇即位にともない、その前後がまるでオセロゲームのように

「国民の休日」といことになってしまい、振替休日などを含めて、

世間的には4月27日(土)~5月6日(月)まで10連休ということになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、当院はどうしたものか。

カレンダーどおりで行くと土曜日は診療日なので、

28日から6日までの9連休、ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休むのは簡単であるが、そのしわ寄せが大ごとだ。

しかも、その連休明けの週は、日本耳鼻咽喉科学会総会が

5月8日(水)から11日(土)まで、開催されるので、

これにもどこか休診にして出なければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この正月明けの混雑ぶりを見ると、

とても怖くて9連休になんかできない、という気がしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼに、新天皇陛下は5月1日に即位なされるか。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祝日のない6月のどこか、というお考えはなかったのか。

6月なら、できれば、プール開きのあとがいいな。(耳鼻科医の希望)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、今、検討中ですが、

他の医療機関はどんな感じなんでしょうかね。

 

 


コメントはまだありません
2019.01.04

一番蕎麦

 正月3賀日、朝はお雑煮、おせち。

夜は、夜でおでん、すき焼き、もつ鍋の日替わり鍋コース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ランチはどうしようかと思うが、食わないのもなんなので、

1日は明治神宮初詣の折に屋台のヤキソバで済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日は、スーパーに買い物の用事があり、そのついでに吉牛。

基本的に妻と娘はランチは家でサラダみたいなもの食べてるので、

息子と男二人で出ることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、3日目、お正月にやっているのは基本的に

ファストフード、チェーン店系だけなのでどこも混んでる。

丸源ラーメン入ろうとしたが、駐車場いっぱいで、

出待ちの車までいるのであきらめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時、ふと、昨日吉野家から帰るときに見た、

おそば屋さんのノボリ。

あれ、あんなとこにそば屋あったっけ、と、息子と話したが、

どうも最近できた店らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日やってたのなら、今日もやってるだろうとクルマを回してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、やってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 営業中を確認して中に入ったのだが、

中には店主とおぼしき男性が、テーブルで新聞を読んでいた。

「あ、いらっしゃいませ。」

と驚いた様子で、席を立ち、代わって出てきたのは、

もうちょっと年配の、先ほどの男性の母親かといった印象の女性。

奥の席に案内される。

むろん、他に客は無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めてのお店なのでメニューを見て暫し考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると「ソースかつ丼は美味しいですよ。」

とお店の人が声をかけてくれた。

では、息子と2人「ソースかつ丼セット」で。

そういわれてじゃあ、カレー丼で、というのも頼みづらいので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待っていると、先ほど女性が

「どうしてこの店のことを知ったんですか?」

と尋ねる。

 

 

「いや、前通ったら、ノボリが出てたもんで・・・。」

 

 

「そうですか、できたばっかりでまだ何も広告、宣伝してないもので。」

 

 

何でも聞くところによると、昨日1月2日のオープンらしい。

 

 

「お宅様が、初めてのお客様なんですよー。」

 

 

 えー、そうなんだ、ビックリ。

ってことは、昨日はお客さんゼロだったわけか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で運ばれてきた「ミニソースかつ丼セット」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレはなかなか美味い。

ソースかつ丼は足利の名物のひとつだが、かなりいいセンなのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、お蕎麦。

これもまたイケます。

足利はソバの激戦区なので、そうマズいお店は無いが、これも高得点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何でも、もともとは足利の松田でやってたお店の

支店だか、移転だか、ってことらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しいのでお勧めです。

あー、店の名前「ふるさと」、かな。

なんせ、看板もなくてお店の前のノボリに店名がかいてあるだけなんで・・・。

風で、見えねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、来店者第1号というのは

なんか、新春早々気分イイなあ。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.01.03

Dreams Come True

 初夢とは1月1日夜から2日にかけてみる夢のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「一富士二鷹三茄子」などといいますが、

富士山も、鷹も、茄子の夢も見たことないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいがいは忘れちゃんですけど、

ワタシが今年観た初夢は・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこかのお殿様とその若君とかなんか、

時代も国もよく覚えてないので、ひょっとしたら国王と皇太子だったかもしれないが、

ともかく偉い人とのその後継者的な人たちが病に侵される。

病気はその一族の多数のヒトに蔓延し、

やがて生命を落とすものも出てきた・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その病気がナント「副鼻腔炎」、まあ、俗に言う「蓄膿症」ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時点で物語のシナリオとしては成立しないが、

まあ、そこは、夢なんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこに招かれたワタシが「シュミット」して次々に治しちゃうという。

王様は手遅れで亡くなっちゃったが、王子など多くの人は救われて、

大変感謝されるという、荒唐無稽なストーリーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナゼ、こんな夢を見たのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その理由は、起きてすぐわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭が重く、後鼻漏でタンが絡んで、ノドがイガイガ、

左の頬のあたりと、左の上顎の奥歯が痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、まぎれもなく「急性副鼻腔炎」の症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年末からやや風邪気味だったが、

忘年会ではしゃぎ過ぎたか、または忘年会が終わって気が緩んだか、

大みそかも酒飲んでから、真夜中の寒い中に

除夜の鐘をつきに行ったからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風邪をこじらせての副鼻腔炎。

その症状が夜半に悪化したため、こんなヘンテコな夢を見たに違いない。

まるで、おねしょする前の子供がトイレに行く夢見るたいなもんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 声も出ないし、週末にはライブもあるのでマイッタナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シュミットも自分ではできないし、妻にやってもらうのも怖いので、

死なないうちに(笑)、抗生剤を開始しました。

 


コメントはまだありません
2019.01.02

2019年、25回目の明治神宮

 お正月のブログは毎年同じような写真で、

まあ、お正月というのは、そんな「恒例行事」の繰り返しだから、

それはそれでいいとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もこうして、家族が集まってお正月を迎えることができる幸せである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2019年の元旦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も明治神宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは御守り札をお返しして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参拝に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは昭和34年生まれ。

今年は「大厄」かあ。

でも、これでいくと今後はもう無いってこと?

まあ、歳とって、今後は毎年が厄年みたいになるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いい天気ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーポくんの指示に従って進みますが、それほどの混雑は無く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イノシシ年、今年は年男で還暦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものように中央の門は混んでるので、脇の門から入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜか混んでる真ん中を通りたがる人が多い。こっちはこんなにスイスイなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内に。

空が、青い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家のお賽銭は

「しじゅうごえんがありますように」と1人45円。

これはもう、35年くらい前に医局旅行で長野の善光寺に行ったとき、

バスの中で「ネタ」としてガイドさんの説明を聞いて以来、

ずっと律儀にそれを遵守してるんですけど、

世間的には、どうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、問題は金額の多寡ではなく、信ずる気持ち??

このようなオープン・エアな賽銭箱は、雪国ではダメだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も無事参拝ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、お守り札と、干支鈴を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚して当初は浅草寺や佐野厄除け大師などに初詣に行っていましたが、

ここのところずっと明治神宮。

明治神宮に行きはじめたのが前々回のイノシシ年、25年前なので、

今年から3クール目に入ったことになります。

その時から、この干支鈴は毎年買っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も家族が息災でありますように。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ