ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.16

ニーズがあるから商品がある

 そんなわけで、本日16日水曜日は、

院長、人間ドックを受診するため不在です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドックの前日はアルコール禁止。

なので、昨夜は年間数日の稀少な休肝日。

病気、体調不良以外のノンアルコールデーは

ひょっとして人間ドックの前日の2日間だけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察終了後、ギターを持ってスタジオへ行き、

バンド練習からの帰宅後、ビールをグッとやりたいところだが、

ココはガマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段の生活の後ろめたさもあって、

昨夜の飲み物はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、最近のノンアルビールは、

けっこうウマイ。確実に進化しております。

日本全国にドック、検診前にコレ飲んでるお父さん、

かなりいるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.14

2019年F1日本グランプリを家で見る

 けっきょく、DAZNで見ることになった2019年F1日本グランプリ。

そこにいたはずなのに、と思いながら見るクヤシイ中継。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当日午前に行われた予選(これも、いければ見ることができた)の結果は

1位がベッテル、2位がルクレールとフェラーリがフロントロウを占め、

続いて3,4位がメルセデスのボッタス、ハミルトン。

レッドブル・ホンダは3列目5位フェルスタッペン、6位アルボンという結果であった。

これが、今のマシンの早さの序列といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、スタートではメルセデスのボッタスが素晴らしいスタート、

フェラーリ2台をかわし、トップに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その直後、これまたいいスタートで3位に割り込んだ

レッドブルのフェルスタッペンが、

第2コーナーでフェラーリのルクレールに押し出されてしまう。

ちょうど、ワタシが予約した席のすぐ前あたり。

その場にいたら、周りの観客とともに

「あーーー(゚Д゚;)」

と叫んでいたであろう。

いきなり、やっちまったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、フェルスタッペンは数週走ったがリタイア。

フェラーリのルクレールはノーズを交換して6位完走するが、

レース後に15秒ペナルティの裁定で7位降格となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ホンダのエースの早々のリタイアで、

レースの興味はガックリ落ちた。

なんか、1990年鈴鹿のスタート直後の

セナとプロストの第1コーナーをチラッと思い出したりして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レースはその後単調になり、ボッタスが盤石の走りで、

アゼルバイジャンGP以来の優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2位フェラーリ、ベッテル、

メルセデスのハミルトンは3位に入り、

メルセデスの1-3フィニッシュにより、

6年連続のコンストラクタ―ズタイトルがメルセデスのものになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッドブル・ホンダ勢はエース、フェルスタッペンのリタイア、

アルボンは自己最高の4位だが、表彰台には届かず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トロロッソ・ホンダのガスリーの8位は健闘ではあるが、

ホンダ勢の表彰台はならなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、現地観戦を逃した身としては、

つまらないレースで良かった。(^_^;)

ここで白熱のバトルの末、ホンダの優勝、

なんてことになったら悔やんでも悔やみきれないので、

まあ、来年につながるいい結果くらいで済んでホッとした、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終的に東名高速が再開通したのは午後4時過ぎであった。

高速道路はいったん閉鎖したら、天候が回復しても

なかなか解除されないものだ、ということがわかった。

人生に無駄な経験はない。

この経験を踏まえて(?)来年は、台風が来ても行けるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.13

鈴鹿行きは、ならず(T_T)

 朝は4時に起きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鈴鹿サーキットまで約5時間半、

朝4時半に出れば、予選から全部見れちゃう。

外に出ると、雨はやんで、綺麗な星空。

さあ、行くぞ、と思ったが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、パソコンで確認すると、まだ高速道路はすべて通行止め。

なんて、こった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜が明ければ開通するだろうと思ったが、

あたりが明るくなっても、表示は通行止めのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、川の様子見てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 渡良瀬川は増水しているが、緑地帯は浸水していないので

あまり問題は無いようだ。

渡良瀬橋は普通に通行できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中橋は通行止めだが、氾濫の兆候は無いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、待っても待っても、パソコンの道路標示は通行止めのまま。

仕方なく、レディアの散歩に出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家の周りも雨のあとはあるが、目立った被害は見られない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8時を過ぎても通行止めの解除は無く、

やむなく、鈴鹿行きは断念することになった。

ああ、7万円が・・・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、東北自動車道の通行止めは10過ぎに解除になったが、

上信越自動車道、東名高速の一部は11時半の時点で、いまだ開通せず。

こんなに晴れていい天気なのに・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この辺は何事もなかったが、

足利市でも東の方では川の氾濫があったようだ。

バンドメンバーからLINEで送られてきた写真。

あしかがフラワーパーク方面のようです。

まあ、災害にあわず、命が守られてよかったと考えるしかないかなあ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.12

台風19号、接近、上陸

 台風19号の接近に伴い、朝から強い雨が降る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝のNHKニュース。

やはり、来るらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東直撃、のニュースを受けて、

土曜日朝の診療予約はわずか30数名。

それも、早い時間に来院し、12時ちょうどに終業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当初、終業と同時に出発、のつもりでいたが、

台風をある程度やり過ごしてから、午後6時以降の出発に変更。

台風を回避して、東名道は避け、

上信越自動車道から長野道~中央道経由を予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、ガソリンスタンドが閉まってしまうかも、

という恐れがあったので、ガソリンを入れに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、すでにどこも閉まっている。((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕方なく、バイパスまででて、開いてるスタンドを探し、給油。

そこは、セルフ給油だったので風にあおられ、ずぶぬれになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰宅して、午後は台風の様子をうかがう。

携帯のアラームが鳴り、緊急避難情報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、この辺は問題ないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地元ケーブルテレビのわたらせテレビで見ると、渡良瀬川も増水しているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、キビシイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「命を守る」ためには、やはりここは、移動は翌朝か。

すでに、東名自動車道は通行止め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鈴鹿では土曜日のセッションはすべて中止になったそうなので、

日曜日の朝からなら、予選も見られると思ったのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とかいってるうちに、上信越自動車道が通行止め。

しかも、土砂崩れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、翌朝の東名道の開通を待って、あさイチでいくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、明日未明には、もう過ぎ去ってしまうので

朝から天気は良いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、まずはギョーザとビールで早寝と決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も携帯も何回もピーピーなるが、この辺は何の気配もない。

中橋は通行止めになったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、朝を待ったが・・・

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.11

ストライク

1年前から楽しみにしていたこの週末。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、ひさびさに鈴鹿のF1の日本グランプリに行って楽しかったので、

今年も行こうと早くからチケットも確保しておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、よりによって・・・・(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年365日、時間帯といい場所といい、

なぜ、今、ここに来る、というような

まさに宝くじ当選的な確率でのストライク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップは順延らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機も新幹線も止まってしまうらしく、

高速道路もおそらく閉鎖されそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車中泊目的で予約したサーキット脇の駐車場はすでに閉鎖が発表された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、どうしましょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビでは台風が来ない今日のうちに対策を、

と盛んにいってますが、

さすがに金曜午後から、明日土曜日も休診にして鈴鹿入り、

というわけにもいかないからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.10

ロスタイム

 10月9日は母の、10月10日は父の命日である。

母は10年ほど前、父はもう亡くなって40年以上になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者である父が亡くなったのはワタシが高校2年生の時、

急性心筋梗塞で緊急入院して半日で亡くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時10月10日は体育の日で祝日、

入院した日は、その早朝。

今日と同じようなひんやりとした抜けるような青空だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、収入がまったくなくなり、

また父が一切の生命保険をかけていなかったこともあり、

多額の相続税を払った一家三人は耐乏生活に追い込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校と塾は通ったが、予備校の夏期講習、冬期講習はあきらめ、

趣味で購読していた音楽や、模型の雑誌はすべてやめて、

食費や光熱費も切り詰めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食費節約のため、近くのパン屋さんに

よく「パンの耳」を買いに行かされた。

サンドイッチの時に切り取られたパンの耳は

大きなビニール袋で10円くらいで分けてもらえた。

恥ずかしかったので「金魚の餌です」といってたけど、

そんなにたくさん金魚飼ってるわけないですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 兄弟2人、ともに一浪はしたけれど、

なんとか、国立医学部に入り、

奨学金と授業料免除で医者になることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その弟が、フェイスブックで父の写真とともに

記事を書いていました。

当時中学3年生だった彼も、

今年、父が亡くなった歳と同じ

57歳の10月10日を迎えたそうです。

これは、旧小倉耳鼻咽喉科の玄関と、

当時父が乗っていた日産サニー1200。

父は晩年、ラバウルで軍医やっていたころの

海軍の帽子を愛用していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、父が亡くなった年の夏休み、

この年はまだ、ワタシは予備校の夏期講習に

行かせてもらうことができたので、

残った弟と父が2人で出かけたときのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ兄弟にといっては、人生の「ロスタイム」。

健康に気を付けて、大事に使いたいものです。

 

 

1件のコメント
2019.10.09

一人外来。

 本日は副院長が人間ドックのため、一人で診察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前もって、お知らせしていたので患者さんはそれほど多くありませんでしたが、

来院された方については待ち時間が長く、ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、単純に考えても倍かかるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに加えて、普段副院長が診ている方だと、

いつも来ているのにどんな患者さんかよくわからないわけで、

過去のカルテを見かえす分、お待たせしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今月10月の水曜日につきましては、

来週は逆に副院長のみ、

再来週は学会休診、

でその次の週は、またまた副院長が不在となりますので、

ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ムカシ、勤務医時代は患者さんを診るスピードは超早かった。

医局内の他の先生に比べても、多分相当回転早かったと思います。

その方が看護婦さんにも喜ばれるし、患者さんの待ち時間も少ないので

良いことだ、と思っていましたが、

今思えば、けっこう雑な診かたをしていたような気もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今のところ、スピードの衰えは、

体力、運動神経や思考力のスピードの減退ではなく、

思慮深さと、知識経験の増加による診療内容の高度化、

だと思っていますが、

そのうち、

あらこのセンセイ、動きがスローモーで、ずいぶんとヨボヨボね、

などということになっていくやも知れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうなったら、医者を辞めるべきだろうなあ。

あと、何年かしら・・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.05

コレラと豚コレラ

 豚コレラが問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豚コレラというと、人間のコレラのブタ版かと思うが、

病原体的にはまったく関係ないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間のコレラが「コレラ菌」という「細菌」を病原体とするのに対し、

豚コレラは「豚コレラウイルス」という

「ウイルス」によって引き起こされるものなので、

これはもう、全く縁もゆかりも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレラ菌は学名をVibrio choleraeというので

これ見ただけで、食中毒を起こす

「腸炎ビブリオ」の仲間なのだな、ということがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう「豚コレラウイルス」はclassical swine fever virusなので、

直訳すれば「古典的ブタ熱ウイルス」。

じゃあ、なんで豚コレラというかというと

アメリカでこの病気がHog Choleraと呼ばれるためらしい。

swineとpigとhogはいずれも「ブタ」であるが、

swineはイノシシなども含めた「種としての豚」、

pigとhogは家畜の豚だが、hogは大きいオス豚をさすらしく、

pigのほうが比較的小さい豚、ブタちゃんで、可愛いイメージ、

丸焼きの豚もpigらしい。

hogはでかいので、ブタのように喰らう、とかブタ野郎、はこっちだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話がそれましたが、

消化管がやられて発熱下痢でヒトが死んじゃう怖い感染症が

コレラなので、その病態のブタ版、ということで

症状からつけられた病名、ということになるようです。

あとから、病原体がウイルスであることがわかったということで、

紛らわしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレとしては、感染症と聞くと、

まずその原因となる病原体はナニか?

というところにすぐ関心が行くのですが、

一般のヒトは、そこまでは考えないのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としては病原体が

ウイルスか細菌か、寄生虫か、はたまたプリオンか、ということは

まず、知りたい点なので。

それによって、取り扱いの注意点や対応の仕方がかなりわかっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 牛はレアでもいいが

豚肉は充分加熱する理由のうち、もっとも重要なものは

ウシに寄生する無鉤条虫は、人間にはほぼ無害だが、

ブタに寄生する有鉤条虫は筋肉内に潜み、人間に重篤な感染症を起こすため、

と大学の寄生虫学の授業で習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、病原体が細菌かウイルスかなどということには一切関心が無く、

「のどが赤いから風邪ですね、抗生物質出しときますね。」

となどという、アタマの悪い医者もけっこういたりするのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、万一、豚コレラに感染した豚肉を食べても

人体には全く問題ないそうなので安心ではあります。

加熱によりウイルスは死滅しますし、

そもそもウイルスは細胞に侵入するために種を選ぶので、

豚コレラウイルスが人間の細胞に入ることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豚肉しょうが焼きが、あらゆる食べ物の中で一番好きだ、

というワタシにとっては、アリガタイことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、そもそも国産肉は高いので、

オレはスーパーで買うのはほぼアメリカ産かカナダ産なので、

そこは全然関係なかったっす。^_^;)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.02

人間ドックからの・・・

 人間ドック受診は5年目かな。

今日は、訳あって、というか、夜にサッカーの試合があるので、

館林駅まではクルマで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この手で2年前はアジアチャンピオンズリーグの決勝進出を決めたので、

そのゲン担ぎの意味もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから、りょうもう号に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、こんなところに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 館林駅発8時11分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ドックが終わり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腹を空かせて、帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 断食のあとは必ず肉が食いたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、検査中から頭の中は肉、肉、肉・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、初の10パーセントの消費税を払いました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、館林にとって帰して、今度は埼スタへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.11

外来の混む時間帯

 今年の夏は短かった。

梅雨明けが遅かったのもあるが、

ワタシのイメージとしては、なんか食い足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般に、夏は耳鼻咽喉科が最もヒマになる季節ですが、

なんか十分休んでない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、ちょっと調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休み中は患者さんがみんな具合よくなり、

花粉類も飛ばず、風邪をひくヒトも少ないので、来院数が減り、

午前午後の来院数を合わせても100人を切る日が結構出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、この夏は外来が100人を切った日が3日しかなかった。

しかもそのうち2日は北仲通り七夕夜店まつりで夕方4時半終了なので、

来院数2ケタは実質1日のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり調べたことがないのですが、多分異例ではないか、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて。外来は、すでに秋冬型になり、

夏休みが終わると、やはり夕方の時間帯が混んでいます。

最近は、年齢的に激務には不安があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は水曜日なので午前中だけ。

来院患者さんの数も58人で、途中待ち人数ゼロもありました。

だが、終了間際は混んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、またまた調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんの来院時刻です。

電子カルテはこういうことが簡単に調べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8時45分から診療開始なのですが、

受付時間は次のようでした。

①8:45~9:15 14人

②9:15~9:45 10人

③9:45~10:15 2人

④10:15~10:45 4人

⑤10:45~11:15 8人

⑥11:15~12:00 16人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人数の差はあれ、比率は毎日ほぼこんな感じ。

午後も多分似たような傾向です。

開始直後と、終了間際は混雑しますので、

これからの混みあう季節、

なるべく真ん中辺の時間帯に受診すると、待ち時間が少ないと思います。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ