ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.17

検査の日

さて本日は足利日赤でワタシの心臓検査の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冠動脈の石灰化があるため

運動負荷をかけてアイソトープを使い

心臓の虚血性変化の有無を調べる検査らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から絶飲食。

10時過ぎまで診察をしてあとは副院長によろしくで病院へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付をしてアイソトープに行くと、

担当の技師さんは、この間日赤けいおんライブでご一緒だった人でした。

技師長で北朝鮮飯店のメンバーでもある

久保田さんも顔を見せてくれて

他にも知ってる人が多くフレンドリーな雰囲気で

病院とはいえリラックスできます。

なるほど愛想トープか・・・、などとオヤジギャグが頭に浮かぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点滴を入れ、心電図をつけてトレッドミルに乗ります。

これで予定心拍数に達するまで運動負荷をかけるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので「何分間」という時間が決まっているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりなスピードから、

次第にピッチと傾斜が上がっていきます。

次第にキツくなるが、まだまだ、行けるぞ、とも思う半面、

よく考えると疲れて心拍数が上がらないと永遠に終わらないわけで

モチベーションがビミョーである。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後、アイソトープを注入して、

撮影に入ります。

これは30分ほど、寝てるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、撮影終了後約3時間近くのインターバルをおいて

再度、撮影するという。

その間、院内にいなければいけないし、

食事はもちろん、カフェインの入った飲み物も禁止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、待合室で水を飲みながら

このブログを書いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、となりに座ったオジサンが、リポビタンDを飲みながら

サンドイッチを食べ始めました。

くそー、ハラヘッタなー(T ^ T)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.12

あさイチに森高千里さん生出演。

 今朝のNHK「あさイチ」は、森高千里さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前もって番組表で知っていたので、

録画予約をして待っていました。

曲は「ララサンシャイン」。

たしかに朝の番組なら、コレだな。

「ロックン・オムレツ」は他局だし・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京のスタジオではなく、

意外にも福岡からの生中継でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全国ツアー中なので、ちょうど福岡公演中なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝なので、全部見てられないので、あとで録画を見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、その直前、7時台の関東ローカルニュースで

「足利学校」の話題が放送。

新元号「令和」の出典となった足利学校所蔵の「万葉集」の話題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり出てましたね、所長の大沢くん。

高校の同級生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やるなあ。

別に森高千里さんと共演したわけでは全然ないが、

ちょっとウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.07

奇想の系譜展

 前日に思いたって、土曜日の午後、上野まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お花見に来たわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、サクラもきれいでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、サクラ無いところでも、お花見はできるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の目的はコレです。

前から気になっていたこの催し。

会期は明日までなのでギリギリ滑り込み。

だが普段は17時半までだが、今日は特別に20時まで開室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京都美術館は2017年6月のバベルの塔展以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わりとスムーズに入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「奇想の系譜」展とは、かつては傍流とされたが近年大ブームになっている

伊藤若冲をはじめとした、ちょっと「ヘンテコ」な絵画を集めたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 撮影禁止なので、以下、ショップで買い求めた2700円の図録から。

最初のコーナーは伊藤若冲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻が大ファンで、今回のお目当てでもある。

まず、このゾウとクジラがどどーんと御出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若冲の絵は「伊藤若冲展」だと大混雑で入場も大変で、

行ってもとても絵を見るどころではないが、

企画展なので、ゆっくり見られてラッキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニワトリは若冲のもっともポピュラーなモチーフだが、

これは最近発掘された作品で初公開らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキンケイなども見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、フグとカエルのお相撲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては、このヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、たしかになかなか、グロテスク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな襖絵があったら、怖くて寝られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの絵は、ちょっとユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きなゾウと、ウシ。

この牛の下のところにいる・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このイヌがやたらカワイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヌとかサルは好きみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナメクジの掛け軸とはユニークすぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3センチ四方に五百羅漢を描いた作品。

拡大鏡でないと見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際の大きさは、こう。

こんなモノ掛け軸にして、どうするんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 絵巻物が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、お客さん渋滞していたので、スルーして次へ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては、狩野派のこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかにも襖絵、っぽいですね。

梅がそのまま上に伸びると、襖からはみ出しちゃうので、複雑に横に伸びている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 虎と龍は日本画の重要なモチーフだが、この虎と龍は何となくユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、インパクトがあったのはこのヒトの絵。

画家ではなく、お坊さんなので、ある種独特のアート感がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代的には若冲より前で、彼に影響を与えたという解説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、パルコのポスターにでもなりそうな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの絵は好きだな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、琳派のこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 尾形光琳くらいはアートに疎いワタシでも知っています。

この、百鳥百獣図は明らかに若冲の影響を受けてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつの絵の中にいろいろな鳥、獣が大集合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、テッペンにいるのは「麒麟」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この構図は何となく東宝の「怪獣総進撃」を思い出させる。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、これまた最近大ブームのこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 有名なこの絵もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クジラも題材として多いですね。

ムカシは日本近海でもクジラが獲れましたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも超有名な「だまし絵」です。

顔が人間の体で構成された人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、閉館時間も気にせず、ゆっくり、たっぷり見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、オモシロカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出るともう真っ暗。

上野公園は夜桜見物でにぎわい、いたるところで嬌声が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくぶん、風も冷たくなっていました。

早く帰って、イヌの散歩しなければ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.02

新元号は「令和」

 新元号は「令和」だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「平成」の時はテレビで見た気がするけど、

今回は、スマホのニュース速報で知るんだろうなあ、と思っていたが、

やはり午前中の診察時間中に、机の上のiPadに

「新元号は『令和』に決定」との速報が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に思ったのは読みは「りょうわ」?「れいわ」?

ということだったが、「れいわ」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 令は、命令、号令などの「言いつけ」の意味、

条令や法令などの「おきて」の意味、

県令などの「長、おさ」の意味、があるので、

なんとなく上からの押しつけ感があってちょっと気になるけど

令息や令嬢などの「りっぱな、よい」という意味もあるので

まあいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、元号なんて一種の「記号」なんで、

何でもいいっちゃ何でもいいですよね。

書きやすくて、間違いが無ければ。

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ「れいわ」入力するとこんな感じなんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホだと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「平成」も最初は違和感があったけどじき慣れましたけど、

「令和」も、すぐ慣れちゃうでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次期天皇、現皇太子の徳仁親王は、

おー、死後、オレは「令和天皇」と呼ばれるんだなあ、

と思われたことでしょう。

新元号の決定をある意味、日本一気にかけてた人かもしれませんが、

感想を伺ってみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「天皇」がつくと「平成天皇」より「令和天皇」の方が、

かなりしっくりして、カッコイイ感じなので、

本人は気に入ってるような気がしますが。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ、新しい時代「令和」が

「平成」に続いて我が国に戦争のない、

平和な時代になることを、強く祈念します。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.29

等速直線運動

 春の訪れを感じ散歩コースのサクラも

いちりん、またいちりんと日ごとに花びらをほころばせて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カメラを持って行こう、と家を出たところ、

代わりに、オシッコ洗い流し用のペットボトルを忘れたことに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイ、今朝は歩道でシッコさせないようにしなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通りを渡り、神社の鳥居の下の砂場までは、しゃがませてはマズイ。

歩道を急いで神社までまっしぐら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、途中、ちょっと身構えて排尿態勢に入ろうとするレディアの首輪を

ぐいぐい引っ張り、立ち(座り?)止まらないように速足で歩かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 150メートルほどで砂場に着き、ハイどうぞ、としたら

おもむろに「大」の方を始めたレディア。

ちっ、ウン〇かよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、石段を登り、境内まで行く。

途中、脇の山に入り、無事、シッコも済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラの花、まだ満開にはかなり間がありそうであったが、

一応、写真も撮り、石段を下りて帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、鳥居をくぐって、通に出ると、歩道の上になにやら小さい物体が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ん?これ、ウン〇じゃね?

ったく、どこのイヌだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思って、歩道の先を見ると、

同じような小物体が、1メートルくらいの間隔で点々と・・・・、

ちょうど、「中学理科」で習った等速直線運動の

走る台車の紙テープに記録タイマーでパンチされたスポットのように

規則正しく並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の瞬間、ワタシはすべてを悟った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれは、レディアのウン〇だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時、速足で駆け抜けながら、次々とウン〇を落としていったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、何回か、リードを引っ張る手ごたえがあった。

あの瞬間、走りウン〇をしていたのだ。

今思えば、砂場でしたウン〇もやけに小さかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝日に照らされる歩道に点々と並ぶウン〇。

お前は、ヘンゼルとグレーテルか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、それらを回収したが、ここは通学路、

すでに春休みに入っていて、

登校する小中学生がいなくて、ホントに良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、朝から、あせりました。

まさかの「等速直線ウン〇」になっていたとは・・・・。

実験としては、なかなかきれいなデータが取れてましたが・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.27

日本対ボリビア、試合の興味は・・・

先週末から今週はJリーグが無く、FIFAの国際Aマッチデーで

日本代表はホームでコロンビアとボリビアの2試合を戦った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果はコロンビアには0-1の負け、ボリビアには1-0で勝って

ワールドカップではハンド退場のコロンビアには勝ったが、

11人いるコロンビア相手には勝てない、ということと、

ボリビアならばホームなら、ベストメンバーを出せば何とか勝てる、

というあまりサプライズのない結果であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくにコロンビア戦からスタメン総とっかえで「選手層の拡大」をはかった

ボリビア戦の前半は、全くつまらないサッカーでうんざりした。

結局、中島、南野、道安がいなければダメ、ということを確認しただけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、興味を引いたのが

鈴木隆行氏と楢崎正剛氏のダブル解説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鈴木隆行氏は元日本代表FWで2002年の日韓ワールドカップ前に

彗星のごとく現れ大活躍。

その後、さしたる活躍なく消え去ったところは、

イタリア代表で1990年イタリア大会の時だけ輝いた

サルバトーレ・スキラッチぽいなあ、と常々思っています。

ベルギーからJ1そしてJ[2の各チームを渡り歩き、2015年に引退しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楢崎正剛氏もまた元日本代表GKですが、

横浜フリューゲルス時代の1996年から代表に選出され、

2002年の日韓ワールドカップ大会を挟んで10年以上日本代表GKとして君臨、

クラブは横浜フリューゲルス消滅以降は名古屋グランパスに移籍し、

以後、名古屋一筋で昨年華々しく引退しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの2人、同い年なんですねー。

これは、ちょっとビックリ。

太宰治と松本清張が同じ年なのと同じくらい、とまではいきませんが、

何となく、意外でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2人の解説ぶりの対比がオモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鈴木隆行氏は引退して数年たっており解説経験もそこそこ多いようで、

流暢だし、内容も的確で、言葉数も多い。

アナウンサーの実況に合わせていろいろコメントをさし挟んでくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楢崎正剛氏は昨シーズンまで現役だった関係で、

解説の仕事はまだそれほどない。

アナウンサーに「楢崎さん」と水を向けられるまでは全くしゃべらず、

振られてもなかなか言葉が出てこないし、解説の内容も(?)だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺、解説の経験の差、というよりは、キャラクターの違い、

つまりフォワードとして器用に多数のチームを渡り歩く鈴木氏と、

ゴールキーパーという特殊なポジションを選び一つのチームに長く在籍する楢崎氏の

生まれ持ったキャラの違いかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合が始まって間もなく、アナウンサーが楢崎氏にコメントを求めた。

アナ「日本は過去ボリビアと2回対戦し、1勝1分けです。

楢崎さんはそのどちらの試合とも出場されていますが、

ボリビアの印象はいかがですか?」

 

 楢崎「うーん、あのー、ですねー。

日本での試合と、南米での試合で戦いましたけど、

南米での試合では、日本でやった時とは違うチームのような強さでした。」

 

 

 

 

 

 

 

 おいおい、ってことは今日の試合は日本での試合だから

このキリンカップでのボリビアチームは本当の実力ではないってこと?

そんなこと言ったら、テレビ見てるヒトはしらけちゃうし、スポンサーは怒るで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、鈴木隆行氏と、楢崎正剛氏のコメントの対比が興味深く、

ゲームがつまらなかったので、

試合を見るよりも、解説を聴く方が面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、昨日のこのゲームは、試合を「見た」というよりは、

「ボリビアを聴きながら」

でした。(*^-^*)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.20

ローリングストーンズ展、行ってきました(前篇)

 水曜日の午後休診は、何かと重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発売と同時に買ったザ・ローリング・ストーンズ展のチケットは、

「3月・平日限定・早割」チケット。

一般は3500円、土日祝だと3700円のところ、2500円とオトク。

おまけ付きチケットなんてのもあってピンバッジセット付きは13500円。

ストーンズファンは年齢層が高くお金あるからなあ。

まあ、安いにこしたことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週15日金曜日開幕のこのイベント、

3月の水曜日は来週もう一回あるが、

春休みになりと混むかな、と思い今日の方にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は「五反田メッセ」。

きいたことない場所。

山手線は数知れずのっているが、五反田駅で降りるのは人生初かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場待ちの列はなく、すんなり入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入って、いきなりベロマークのジャガー。

カッコイー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、ストーンズは大英帝国のバンド、しかもミック・ジャガーだしなあ。

ジャガー欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内は撮影可らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はおそるおそるシャッターを切っていたが、

一眼レフでカシャカシャ撮ってる人もいたので、

安心して写真を撮る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーンズのメンバーが暮らしていたロンドンのアパートを再現。

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もっとも見たかったのはこのギター類の展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にライブやレコーディングで使われたギター類が年代順に展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブライアン・ジョーンズのダルシマーまであった。

やっぱ、ブライアンは楽器ヲタクだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサートのポスターやフライヤーなども展示。

アレックス・ハーベイの名前なんかがありますね。ナツカシイ。

その上のザ・バーズは有名なデビッド・クロスビーとロジャー・マッギンの

あのザ・バーズではありませんね。

「霧の8マイル」などで有名なアメリカのバンドのスペリングは「The Byrds」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、ロネッツの名前も。

同じステージに出ていたとは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キース・リチャーズの日記。

あのキースが日記をつけていただけでもビックリだが、

これが小さい、細かい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハーモニーのギターを買うぞ、なんてことも書いてあるらしい。

意外と、几帳面だった??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、チャーリー・ワッツのラディック。

リンゴ・スターと色違いで同じ店で買ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからミック、キース、ブライアン、ビルの背中を見てたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはスタジオを再現したコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダン・アームストロング/アンペッグのルーサイトギターはもってるぞ。

コピーモデルだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、70年代のギター類。

ストーンズ、このちょい前あたりからリアルタイムです。

このテレキャスター・カスタムは当時よく使ってましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年というと、ミック・テイラーが脱退し、

グレート・ギタリスト・ハンティングを行っていた時代ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイク切り替えのトグルスイッチが上部から

リアピックアップのトーンコントロールのあった位置に移設されています。

やっぱ、あの位置はカッティングの邪魔になるかななあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ミュージックマン。

1本目を盗まれてからは機内に持ち込むことにしたと

当時の雑誌で読んだ記憶がありますが。

キースのギターチョイスはみんな好きだが、

このギターだけはちっともカッコよくなくて、全然欲しいと思わないんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、このレスポール・ジュニア。

ワタシの最も好きなギターです。

キースのTVイエローのダイスがついた奴は残念ながら展示無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このギター、なんと塗装剥がしてのマホガニーカラーだったんですね、はじめて知った。

ワタシの所有するジュニアくんもキースの仕様にならって

ストラップピンをネック裏からツノの部分に移設、ブリッジをバダスに変更しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キースのエピフォン・カジノ。

マージービートには欠かせないギターです。

これもストラップピンがホーンに移動。

ワタシの所有するカジノちゃんも同じです。

こんどビブラートアームつけようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはロン・ウッドのストラトキャスター。

彼が加入直後のミュージックライフ誌のグラビアで

このギター弾いてミックと絡んでいる写真がやたらカッコよくてあこがれていました。

それが頭から離れず、20年以上たって似たようなモデルを購入。

もちろん本家フェンダーのビンテージではなく、フェンダー・ジャパンの中古ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ミック・ジャガーのギブソン・ハミングバード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、ロッカーのアコギといったらマーチンではなく、ギブソンでしょ。

ワタシのハミングバードは国産のオービル・バイ・ギブソンです。

・・・・みんな、これやな。

普通は張り付けてあるだけのピックガードがビスで止められていますね。

なんか、カッコイイ。真似しようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キースのミカウバーや335はさすがに無かったなあ。

ロニーのゼマティスもあったけど

残念ながらワタシはゼマティスは全く興味が無いもんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまで書いてきましたが、まだまだ、盛りだくさんなので、

続きは後篇で。

 

 

 「マダ、マダ、ツヅックヨー。」(←これがわかるヒトはちょっとしたストーンズ通)

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.15

外来患者さんの季節的変動。

今日は3月15日。

3月は、長い、まだ、半分か・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなに、花粉症の患者さん診たのに、

まだまだ、わんさか来院されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科は12月の風邪、インフルエンザの季節から、

2,3,4月の花粉症のシーズンが患者数のピークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対し、皮膚科などは

あせも、日焼け、虫刺され、湿疹、カブレなどの病気が夏場に多いので、

夏は患者さんの数が多いが、冬場は少ないという、

耳鼻科とはちょうど正反対の患者数だと聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の科はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、脳出血やなんかは冬場に多そうだから脳外科は冬忙しいとか、

雪の降って凍った道で転倒する人で整形外科が混んでいる、

なんてこともあるかもしれないが、耳鼻咽喉科ほどの変動はないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいうえば、精神科はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖かくなると、○○なヒトが増える・・・、なんて話はよく耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、暖かい日に外来に来たおばあちゃんがいうには

「脳内回線」でオグラ先生が、来た方が良いといったので来ました、

先生、朝、ワタシに言いましたよね、とのこと。

ワタシ、言ってませんよ。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルテを見ると、ちょうど1年前にも一度来院されていました。

放射能の風を受けてから2年後にのどの調子が悪くなったそうですが、

他にもいろんなセンセイから「脳内回線」を通じて助言を受けているらしい・・・・。

15分ほどお話を聴いた後で、しかるべき診療科あてに紹介状を書きましたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、春になると頭の中にお花が咲いちゃうヒトが増えるので、

精神神経科の外来は忙しいんでしょうか?

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.03.12

ギャング・オブ・フォー来日ドタキャン

 昨日のバンド練習のあと、弟の治之くんが、

「ギャング・オブ・フォーのコンサート、来日中止でキャンセルだよ。」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーーー、何だってーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギャング・オブ・フォーは1979年デビューのイギリスのバンド。

ジャンル的には、いわゆるポスト・パンクといったところか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、ラジオでこのバンドの音を聴いたときはぶっ飛びましたね―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今聴いてもカッコイー。

ギターのアンディ・ギルは、ワタシの好きなギタリストベスト5には入りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、大学生。

アンディ・ギルのようなギターを弾きたくて、

パクったような曲を作って演奏したこともあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の来日公演が、火曜日、水曜日にあるとのことなんで、

水曜なら行けるぞと、チケットを購入していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、前日にキャンセルとは・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、頭をよぎったのは沢田研二、さいたまスーパーアリーナでの一件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ギャング・オブ・フォー、

一部では超有名だが、一般には超無名なので、

チケットが売れなかったのでドタキャンしたのでは、

と思ったが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもギターのアンディ・ギルの病気らしい。

「ギャング・オブ・フォー 来日公演が延期に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、重度の肺感染症を患っており、呼吸するのが難しい状況、ってヤバいなあ。

アンディ・ギル、63歳ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、カプセル・ホテルとか予約する前でヨカッタ。

治之くんにいたっては、

チケットとったものの当直にあたり交換できずあきらめていたところ、

とのことで今回の件はかなりラッキーとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ロック・ミュージシャンも高齢化が進み、

ポール・マッカートニーも体調不良のキャンセルあったし、

バッド・カンパニーのミック・ラルフスも健康上の理由で来日できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ローリングストーンズ、元気なうちにまた来てくれないかな。

 

 


コメントはまだありません
2019.03.05

声を大にしていいたい

 この時期天気予報は気になるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2,3日前から気になっていて、

昨日来院された方には、繰り返し強調しましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、わかってるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを迎えてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日間の雨が上がって、晴れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温もぐんぐん上昇するとなれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然こんな感じ。

今日は、今季最高の花粉量が飛ぶ見込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントにみんな、わかっているんだろうな。

街中を街宣車で回って、外出禁止を呼びかけたい気分です。

頼むから、今日は外に出ないでください。

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ