ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.05.09

高校卒業のころ

 NHK朝の連ドラは何となく見てるけど、

今回の主人公たちの年代ははワタシより10歳くらい若い時代の設定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今放送中なのはちょうど高校を卒業するころの場面ですが、

現代よりはワレワレの時代に近いのだが、なんか、だいぶ違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何より違うのが共学であることですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは男子校であったので、当時、同世代の女子と話すことはほぼなく、

男女共学のこの高校はまるで夢のようだ。

当然、彼女などいませんでしたし・・・・。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、卒業式前後の様子もまるで違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの卒業した昭和53年は

現在のセンター試験の前身にあたる「共通一次試験」導入の前年であり、

国立一期校、二期校があった最後の年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国立一期校の受験日は3月上旬、たしか3日~5日ころ、

そして高校の卒業式はその入試後、合格発表前の10日ころだったと記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、東大だけは1次試験、2次試験があったので、

卒業式の時点で1次試験の合否は判明しており、

東大受験者にとっては卒業式への出席はビミョーなのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二期校の試験前で卒業式に参考書の類を持ち込む輩はまれではなかったし、

受験勉強のために欠席するヤツもいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、卒業式の1,2日後に国立一期の合格発表があるわけだが、

二期校の受験前にもう一つすることがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予備校の受験です。

もし、一期も二期も落ちた場合、予備校通いとなるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、河合塾は東京にはなく、

「いつやるの、今でしょ。」の予備校もなかった頃、

駿台高等予備校(今は駿台予備学校)は

医学部・東大受験の最高峰といわれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、一応これを受験し、そのあと二期校の受験が3月の20日前後だったかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ワレワレ当時の受験生は、

卒業式の時点では進路はほぼ決まっておらず、

誰が、どこに行ったというのは、新聞発表で知るほかは、

(昔は合格者の名前が新聞掲載された。)

卒業後風の便りで耳にするくらいなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、卒業式で母校や恩師や友人との別れを惜しんだりするゆとりはなく、

まして、お別れ会やパーティーなどあり得なかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも進路決まってても男子校だと、やっぱ、パーティーはないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみると、そもそも、高校に関しては卒業式の記憶そのものが無いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、一期校、二期校ともに落ちて、

駿台に通うことになったのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ひとこと負け惜しみ言っときますと、

ワタシが合格した駿台午前部理3は

偏差値的にはワタシが受験した国立二期校よりは高かったんですよー。

ところが予備校に入ってみると隣の隣のやつはワタシと同じ大学を受験してて、

「あそこは受かると思ったんだけどなー。」

と話をしてました。(笑)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.02.11

リターンズ

 

 今を去ること30年以上前、

「月刊WIND」という前橋・高崎の若者向けタウン誌がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、群馬大学の学生だったワタシは、学園祭の宣伝のために

同じく学園祭実行委員の佐野くんと一緒にその「WIND」編集室を訪れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、そこのスタッフと仲良くなったワタシと佐野くんは

そのタウン誌の企画する「MiniFM局」の仕事に関わることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、電波法の改正で「MiniFM局」が認可され、

アマチュア団体が限られた出力で実際にラジオ局を開くことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはそこのパーソナリティの一員として、日曜日に

前橋市の敷島公園のスタジオからラジオ番組を放送していたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その「敷島放送;SBS」は、時にスタジオを飛び出し、

前橋西武のサテライトブースや、高崎慈光通りにあったBIBI高崎のサテライトスタジオ、

はたまた夏は流れるプールの高崎カッパピア、

冬は嬬恋スキー場のリフトから放送を流し、

全国のミニFM局のイベントで渋谷の特設野外ブースからDJをしたこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飲んで、遊んでの楽しい仲間たち。

学生時代から医者になってもしばらく続けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、昨夜はその「月間WIND」「SBS」のスタッフが

30年ぶりにあう同窓会的なパーティーがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30年の時を経て、再会。

まさにツインピークス・リターンズ的な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時10代、20代だった若者はみんないいオジサン、オバサンになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、話し始めると、ああ、この話し方はコイツだ、変わってねー、と。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「しゃべる」人たちなので皆、話が面白く、盛り上がらないわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、子供たちが当時のワレワレの年齢になってるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレと佐野くんはいつもあってるけど、他はお互い30年ぶりのヒトも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の発起人の木幡くんは、このコミュニティで知り合った彼女と結婚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今夜はすべて「旧姓」で呼び合う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学時代の同窓会と違い、それぞれ職業もさまざまなのでオモシロイ。

大変楽しい一夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二次会では当時の写真も披露され、また大ウケ。

髪があったり、黒かったり・・・(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、会いましょう。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.01.26

48年ぶりの寒波

 サムイ、サムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東地方は最高気温が3℃とか4℃とかで、48年ぶりの大寒波だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 48年前というと、1970年、昭和45年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とするとワタシは小学4年生であったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通学していた足利市立西小学校の新校舎が落成したのが、

昭和45年の春だったと思うので、

1月はまだ、以前理科室とか音楽室とかとして使用した教室で

授業を受けていた仮校舎だったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、石炭ストーブの最後の冬だったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家庭のストーブはずっと石油だったし、

新校舎になった時には石油ストーブが設置されたが、

それまでは教室では石炭で燃焼するいわゆるダルマストーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 石炭当番の日直が毎朝バケツもって裏庭にある石炭置き場から石炭を運んできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鋳鉄製のストーブはなかなか温まらなかったが、

温まってくると、シューシュー音を出してきて、

熱くなると時にキンキンという金属音が教室に響いたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーブの前の席の子は顔がかっかと暑くなっちゃうわりに、

教室の後ろの方は寒かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本体に触ると火傷しちゃうので

周りには鉄のさくがあって、

雪合戦のあとはそこに手袋を載せて乾かしたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今どきの人たちには、想像つかないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分は、生まれたときからテレビも冷蔵庫もある

文明化された時代に生まれ育ったと思っていたが、

こう考えるとオレもすげージジィってことだなあ。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.01.17

1月17日

 

本日1月17日は何の日?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というと、ほぼ「阪神淡路大震災」の日という回答でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23年前の今日、未明の神戸を大地震が襲いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、ワタシは群馬中央病院に勤務しており、

外来休憩室のテレビでニュース映像を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、1月17日は阪神淡路大震災の日として記憶していますが、

その前から、別件でこの日は記憶していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1959年1月17日は山口百恵さんのお誕生日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学時代、ファンでした。

はじめて好きになった芸能人、でしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて買ってもらったラジカセでデビュー曲「としごろ」を

ラジオから録音した時はウレシかった。

当時、わが家にはステレオがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番好きだったのはこの「としごろ」。

デビュー当時からファンでした。

次の「青い経験」にはビックリしたけど、

「横須賀ストーリー」からは何となくあまり好きではなくなってしまった。

(その後、「キャンディーズ」に移行(^^)v )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の誕生日というのはいくつか覚えていますが、

家族を除いては数人だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園からの友人の家泉くんの誕生日は5月21日です。

ワタシの誕生日が5月13日なので

いわゆる「お誕生会」を一緒にやった仲なので、

覚えてしまいました。

ちなみに彼は幼稚園、小、中、高と、学部は違えど大学まで一緒の唯一の人物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学の同級生の勅使河原くんの誕生日は5月14日。

同じ、サッカー部所属ですが

ワタシの誕生日の次の日だから覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一人は小峰くんで、あの薬剤師のショーグン様ですが、

こいつはワタシと全く同じ1959年5月13日生まれなので、

忘れたくても忘れようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その同級生関連以外で唯一覚えているのが山口百恵さんなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシ、好きになった女の子の誕生日なんかも覚えたはずだが、

みんな忘れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  その後好きになったアイドル歌手や、女優さんもいるのだが、

そちらは誕生日を確認したり覚えた記憶もない。

やはり、最初は肝心(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山口百恵さんは、ワタシと同じ1959年生まれだけど、

早生まれなので学年は1個上。

森昌子さん、桜田淳子さんと「花の中3トリオ」だった頃、

ワタシは中2だったというわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 するてーと59歳になったわけですね。

今晩、三浦家では誕生会とかあるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.08.17

勝利を呼ぶ3本線

 

 いわゆる「ブランド物」といえば、

「ルイ・ヴィトン」とか「シャネル」「エルメス」「ブルガリ」などを指すのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般にブランド品とは上質で作りが良く、

そしてたぶん最も大事なことは値段が高価であること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが子供のころ、昭和30年代は、

基本的に商品は近くのお店(多くは歩いて行ける)で買うものなので、

「ブランド」という概念はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて「ブランド」みたいなものを意識したのは

サッカーを始めた小学校5年生のころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市教育委員会が主宰する「足利サッカー教室」に加入していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市内の小学5,6年生を対象にほぼ毎週市営グラウンドで練習を行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは西小から友人数人と参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのとき、ある小学校

(ワレワレよりずっと大人数でしかもサッカーの先進校。)の子供たちが

おそろいの巾着バッグを持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこにかかれていた文字が「adidas」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまでまったく知らなかったが、

やがて、それが西ドイツのサッカーシューズメーカーであることを知る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学に進み部活でサッカーをやるころには

雑誌で見るヨーロッパの一流プレイヤーが履いている

「adidas」のサッカーシューズがあこがれの存在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雑誌の広告のキャッチコピーは

「勝利を呼ぶ3本線」、であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、値段は約20000円と、とても中学生の手の届くレベルではナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「adidas」と人気を2分したのが、ご存知「PUMA」。

「adidas」がベッケンバウアーをはじめとする

ヨーロッパの選手に多く愛用されていたのに対し、

「PUMA」は、断然南米、ブラジルのプレーヤーが多かった。

(この当時「Nike」は、まだ誕生前である。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「PUMA」の最高級モデルといえば泣く子も黙る「キング・ペレ」。

カンガルー革で、お値段なんと25000円ほどであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小学生の頃はいていたのは

アキレスや月星のサッカーシューズ風運動靴、たしか1000円はしない。

中学生になって買ったスパイクは4~5000円であったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん「adidas」や「PUMA」では無く、国産のコピーモデルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の国産サッカーシューズメーカーは、

オニツカタイガー(現アシックス)、ヤスダ、

ヤンガー、モンブラン、ミツナガ、タチカラなど。

遅れてミズノがサッカースパイクを作り始めたが、まだ「ランバード」ではなく、

ミズノの「M」をかたどった「Mライン」、

強烈にダサかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国産メーカーはオリジナルモデルも作ったが、

「adidas」「PUMA」のラインを模した3本線、1本線の「コピーモデル」

も存在した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「コピーモデル」がある、というところが「ブランド」たる所以である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまや、小学生が「adidas」「PUMA」のシューズをフツーに履き、

フデバコなどの文房具にまでそのロゴがついてるのを見ると、

今の時代これを「ブランド」と呼ぶ人はいないけれど、

当時サッカー少年だったワレワレ世代のオヤジたちは、

少年の日のあこがれを今もココロに秘めているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ワタシが買うスニーカーはこんなんばかり。

当時のサッカーシューズ風が好き。

 

 

 やはり「PUMA」はブラジルカラー(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもって、ついこの間、

またこんなヤツをネットで発見。

そのルックスにサッカー少年だった頃の気分が昂り、

数日間悩んだ末、アマゾンでポチってしまった・・・。

(だって一度クリックすると毎日広告が出てくるんだもの・・・。)

ラインが黄色だとさらによかったのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 、

 


コメントはまだありません
2017.08.12

「日活」といえば

 

 お盆の長期休暇に入ったが、特に今年は旅行の予定はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、妻と、娘は連れだって泊りがけでリゾートホテルなんぞに行っちまった。

ワタシは、一人、イヌの世話をする・・・(^^;。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11日は祝日だがスイミングスクールは営業中とのことで、

普段の金曜日と同じくレッスンを受け、

帰って夕食作ってビールを飲みながら録画していた番組を見る。

これも日常と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、番組いっぱいたまってるなあ、何見ようかなあ・・・・、

と思ってふと思いあたってこれに決定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この番組好きで毎回録画してみている。

ただし、このお姉さんはあまり好きなタイプではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、コレ、ずいぶん前に録画してHDに入っていたのだが、

何となく見づらくて見残していた回である。

どうも、妻や、ましてや娘の前では見づらくて・・・(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日活ロマンポルノ、いやー、反応しちゃいますね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「日活」といえば

かつては石原裕次郎や小林旭などのスターを擁する大映画会社だったが、

映画産業の衰退とともに、倒産の危機に見舞われる。

ワタシ的には「日活」=「大巨獣ガッパ」だったんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その起死回生のためにまさに社運をかけて挑んだのが

この「ロマンポルノ」だったのだ。

その第一作が公開されたのが1971年の年末。

ワタシは小学校6年生。

まさに性に対する興味が芽生えるころですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といいながら、この後1988年まで

1000本を超えロマンポルノ作品が公開されるのだが、

ワタシはおそらく映画館では1,2本しか見たことがナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、地方の高校生が地元の映画館で見るわけにもいかず、

初めて見たのは東京の予備校時代だったと思うが、

家庭の事情からゼッタイ二浪はできない、という状況から1,2回見たかも、

という程度である。

あー、この字体、なんと扇情的な・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この第一作「団地妻 昼下がりの情事」の主演女優白川和子さんが、

なんとインタビューに登場していました。

なんか、ステキな感じの69歳になられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画を見たことがないのですが、

映画のタイトルや、女優さんの顔と名前は良く知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、お世話になった「週刊プレイボーイ」や「平凡パンチ」のグラビアは

トップがアグネスラムとか、キャンディーズの水着写真で、

その次が日活ロマンポルノの女優さんのヌード写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は、雑誌でヌードになってくれるような女性はあまりいなかったのだ。

今は、みんなホイホイ脱いでるけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、このヒトも良く知っています。

天地真理よりも先に有名になった「元祖真理ちゃん」、田中真理さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の大学生に指示されていた「反体制のアイドル」といった感じだったか。

日活ロマンポルノわいせつ裁判で、無罪を勝ち取った。

ただ、ワタシが性に目覚めたころはすでに第一線からは退いていて

グラビア登場はなかったけど伝説のポルノ女優であったように記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもなんとご本人が出ていまして、動く田中真理さん、初めて見た(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近になって日活ロマンポルノの映画としての素晴らしさが

認識されてきているようで、大変興味深かったです。

 

それにしても、NHKでこんな番組ができるなんて、

当時は思いもよらなかったでしょうね。

そういえば、ロマンポルノ出身の美保純さんは

いまやNHKの昼間の番組のレギュラーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜も更けたので、もう、寝ますか。

明日も散歩行こうね。

 

 

 


3件のコメント
2017.07.23

新宿の夜

 

 昨日は、外来終了後、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目的地は新宿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例、大学時代の仲間が集まる「同窓会」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「同窓会」といってもオフィシャルなものではなく、

東京近郊にいて集まれる人だけが、集まって飲む、

というオヤジ呑み会、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は毎年変わりますが、決まってることは

「新宿で開催」ともう一つ「3時間飲み放題コース」の2点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同期で耳鼻咽喉科を選択したのは2人のみ。

ワタシとこの林くん。

彼はこのたび、横浜の300床もある総合病院の院長に就任したそうだ。

「院長スゲエな」といったら「オマエも院長だろが。」とかえされた。

ま、そりゃ、そうですけど・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメンバーになると、一気に30余年をさかのぼれるのがスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3時間飲み放題コースを飲み倒し、また、新宿の町へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、またまた、飲んでしまうのだった。

皆さん、ますますお元気で何より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、来年あいましょう。

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.14

あこがれのハワイ

 

子供の頃に読んだ雑誌で、

太平洋プレートは日本の手前で落ち込んでいるので、

その移動に伴って日本とハワイの距離は年間数センチずつ近づいている、

ということを知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイが日本に徐々に近づいているので、

そのうちに茨城まで行けばひとまたぎで、ハワイに上陸できる、

という記事はなかなかにインパクトがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろんその日が来るのは8000万年くらい先だ、というわけだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、最近それを思い出すのは、あの例の一件である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイのごとく遠いあこがれの存在であった足利女子高が、

ナント向こうから近づいてきて、陸続きになるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな声では言えないが、ワタシが足高生のころ、

天文部の友人に誘われて部室に行くと、

高校の屋上にあるその部屋から、彼ら天文部員は足女を「観測」していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に着替えやプールを覗くわけではなく、

廊下を歩いている女子高生を眺めるわけである。

(足利高校は女子高の北にあるので、

校舎の構造上、教室ではなく廊下側の窓が見える。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、天体望遠鏡なので上下逆さまであった。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなはるか遠くの存在だった女子高が、統合されるなんて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの周囲の足高のOBの意見としては、

「ウラヤマシイ」とか

「また高校に入りなおしたい」

というような(不純だが)肯定的な意見が多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この間、杏奴ライブの時に聞いた話では、

どうも足利女子高OGのお姉さま方は、この統合に大反対らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 統合されればおそらく名前は「足利高校」になってしまう可能性が高いので、

そこが気に入らないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ワタシの意見としては、学校は卒業生のものではなく、

いま在学してるヒトのものなので、

すでに卒業しちゃったヒトビトがとやかく言う筋合いはないと思っております。

 

(でも、意外と現役の学生間でも足高生はワクワクしている一方、

足女の生徒の方はヤダー😩とか言ってる気もする。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ワタシ、足利高校の校医なんですけど、

そっちの方はどうなるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点での足利女子高の校医は市内の耳鼻咽喉科医を仕切る重鎮のA先生。

もうお互い20年になるが、そもそも、今の振り分けも

「僕が女子高見るから、センセイ足高頼むね。」

というA先生の鶴の一声で決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、男子と女子と分けて健診、ってのもヘンだし、

「ああ、それなら、オグラ先生、全部診てよ。」

なんていわれたら、ちょっと負担大きすぎですがな。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.04

昭和57年2月

 

この間、久坂部羊氏の本を読んで面白かったので、

またお医者さんの書いた本を読んでみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本、だいぶ以前に買って、ワタシの「積ん読」コーナーにあったものだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イントロで、この作者が工学部の学生のころ、

医師である父がたまたま上京し、ひさびさに会食をする場面になる。

思春期以降対立していた親子がひさびさに、心が通い合うような雰囲気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その晩、そのお父さんはホテル火災で亡くなってしまうのだ。

ホテルニュージャパンの火災事故だという。

その後、作者はサラリーマンになるが思うところあって医者になるのである。

この本は、その研修医時代を実話に基づいて書いた作者のデビュー作らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、そういえば、ワタシの母校、群馬大の脳外科の教授も

そのホテルニュージャパンの火事で死んじゃって、学内大騒ぎだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思って、何となく作者の名前を見たら「川渕圭一」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっ。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしか、群馬大の亡くなった教授も川渕教授だったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサカと思って読み進むと、間違いない、この作者の川渕氏は

あの群馬大の川渕教授の息子さんであり、

ナントワタシと同い年であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしない1982年(昭和57年)2月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、ワタシは大学3年生、

ということは医学部専門課程の1年次で、

群馬大生の間で「地獄の学1」と呼ばれる、キビシイ期末試験の真っ最中であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学1は「解剖学」「生化学」「生理学」を学び、

わが群馬大にあってはもっとも「留年(落第)」の危険性の高い年次である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中に起こった「ホテルニュージャパン火災事件」。

死者33人の大惨事で、その背景には

ホテルの安全管理に関する重大な落ち度が認められ

「人災」の側面が次第に明らされていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強しなきゃならないのに、つい、ワイドショー見ちゃうじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、そのまさに翌日起きたのが、24人の犠牲者を出した「羽田沖日航機墜落事故」。

あの「機長の『逆噴射』」の一件である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機長が精神的問題を抱えていたことが発覚し、

こちらも「人災」の要素が次第に追求されて行く。

「心身症」「逆噴射」は流行語にまでなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、勉強に集中できない、なんとかしてくれー・・・・。

(テレビ見なきゃいいわけだが、なかなかそうもいかず・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばそのちょっと前、

1月30日にはイギリスのパンクバンド「クラッシュ」の来日コンサートを

新宿厚生年金まで見に行ってしまい、

同級生から、学1の期末試験前にいい度胸してるぜ、と脅されたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸い、ワタシは無傷で学1を突破したが、留年になった同級生も少なからずいました。

(クラッシュの件でオレにプレッシャーかけた奴は落ちた。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再試験になった同級生に頼まれて

家まで資料もって「家庭教師」に行ったりしたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に印象深い「春」だったので、よっく覚えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、本の感想はまた別の機会に。(^_^;)

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.06.30

足高、足女、合併( ゚Д゚)

 

今日の「下野新聞」のトップ記事。

 

 

足利高校はワタシの母校である。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、最近定員割れやら、人数縮小やら、いろいろ聞いてましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、有名大学進学の成績も以前に比べて低迷してるようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはおそらく、

少子化の影響、

この足利市そのものの人口減少・都市としての衰退、

そして、近隣や首都圏の私立進学校への優秀な生徒の流出が

地盤沈下につながっていたということは充分考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々のころはこの地域の進学校といえば足利高校しかなく

「足高(あしたか)」ブランドはそこそこ権威があったと思う。

群馬県からの「越境入学」もけっこうありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも小中では一応成績トップクラスであったが、

高校に入ると、なかなか1ケタ取るのは難しく、

さすがに足高はアタマいい奴多いなあ、という印象であった。

(だが、高3の時、一回だけ学年1番取ったのはハッキリ言って自慢です。(*^^)v)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、同級生はみんな、普段からよく勉強していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校則はゆるく、服装や髪形も自由度高く、

それでいて勉強できるのはカッコいいぞ足高生、と思っていたものだ。

男子校として旧制中学のバンカラ校風の「痕跡」程度は残っていたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、共学、しかも足利女子高と合併統合ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利女子高、通称「足女」のこととなると、また語りたいことイッパイあるんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で言えば、ともかくあこがれの存在でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど相手にされませんでしたが・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、これも時代の趨勢、この統合により

新時代に向けて母校のますますの発展を期待するわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、共学になっていいとこ見せようと男子生徒の成績が上がるか、

それとも邪念が入って、成績低下になるか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレだったら、どっちになっていただろうか・・・・。

 

 

 

 


1件のコメント
医療系をまとめました。
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ