ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.04

少年朝日年鑑

 小学校5~6年の頃好きだった本があります。

 

 

 

 

 

 小説や漫画ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 「少年朝日年鑑」という本です。

 

 

 

 

 

 

 

 本誌と付録の「社会化統計」の2分冊でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はもう無いのかなあ。
 毎年発行され、その年のいろいろな出来事がジャンル別にまとめられていて
辞書みたいに「引ける」ようになってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「少年」というからには「大人の」やつがあってその少年版だったわけだ。
 特に好きだったのが分冊の「社会化統計」で、
山や川、海の様子などの地形から、気温、降水量などの気象状況、
工業、農業などの生産高や品目が、国内、世界とあらゆる品目に渡って網羅されていて、
見ているだけで楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 社会科の宿題にもバッチリだったんですが、
ヒマがあるとパラパラ眺めて、
「世界で2番目に高い山はK2っていうのか。」
「おー、ここではこんなもの作ってんだー。」
とか
「○○はこの地方が多いのかー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発見と感動の連続でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんといっても、圧倒されたのは
「アメリカ」のすごさです。
 自動車、機械、飛行機何をとっても第1位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本は高度経済成長が達成されつつありましたが、

その差は歴然でした。

唯一「造船業」だけが世界一だったことは覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、日米自動車摩擦が起きたり、

日本企業がバブルでばんばんアメリカに進出した時はマジかいな、と思ったもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットで探したら、ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1970年版はまさにワタシが小5の時、手垢がつくくらい読んだヤツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットの古本屋さんで5000円、

欲しいけど、ちょっと高いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.26

ひるね

 夏休みの計画を立てるときは

小学校の時などは「お手本」があって、

それを参考にしながら作ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学校低学年のころ

そこに「勉強」「ラジオ体操」「家の手伝い」「入浴」「食事」「テレビ」などと並んで、

「必須入力項目」だったのが「ひるね」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、曲者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中、宿題を(やってるふりを)して、

お昼ごはんにそうめんを食べ、2時からは学校のプールだが、

日課表に従うと、ここでその前に「ひるね」をしなければイケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段、昼寝なんてしないのに、

日課表にあるので、とりあえずバスタオルを上掛けにして横になるわけですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、全然ねられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 横になって、目はつぶっていても

外から、セミの声がすると、もう早くセミ獲りに行きたくて行きたくて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、明るいうちから眠れるわきゃねえ。

しかも、夏休みなのに・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・・・・あれから数十年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、お昼食べてソファに横になると、すぐ眠れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検診などの用事があって、午睡の時間が取れないときは、

午後の外来が眠くて眠くて・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時の「ひるね用の時間」を、「貯金」しておいて今にまわすことができたら・・・。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.24

昨日の友は、今日の敵

 さて、小中学校もいよいよ夏休み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い出しますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休みの初日、というのは学園生活で最も幸せな日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラジオ体操から帰って、まずやるのは

夏休みの計画を立てること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休みの1日の過ごし方を帯グラフや、円グラフで書くわけですが、

これもなかなか、ワクワクする作業で・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、全部、自分の時間ですからね。

中学からは、部活があったが、塾は週に一回だけだったし、

小学生時代なんか、それこそ何もないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中の涼しい時間は、宿題をやることになっていて、

この計画通りに行くと、少なくとも夏休みの前半のうちには

楽勝ですべての宿題が終わるはずだったのですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜか、毎年、8月31日はずっと宿題やっていたような・・・・・。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休み中に同級生と遊ぶと、

7月中にもう終わっちゃったよ、などという奴、必ずいたなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夏休みの友」の1ページ目をやるときには、かなり気合入っていて、

明日の分まで、やっちゃおうか、なんて思ったものでしたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夏休みの友」、毎年、夏休み後半にはきまって

「夏休みの敵」になっちまうんだなあ・・・。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.21

水分補給

 連日の猛暑で最高気温は体温より高い37~38℃前後の予報がずらり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日熱中症で救急隊は大忙しで、

熱中症で命を落とす方も、高齢者だけでなく

小学生の子供でも出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHKも以前は、

猛暑日なので屋外での活動は充分ご注意ください、

と言ってたのが、最近は

屋外での活動はやめてください、

との強いトーンになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、こまめに水分をとってください、

というのが決まり文句として繰り返されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ワタシが小、中学校、高校の頃は

運動中の水分補給は禁止であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまでは、まったく信じられないことですが、

かつては

運動中に水分をとるとバテる、

といわれ、部活や試合中の水分補給は

やってはいけないことになっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でも思い出す、あのツライ日々。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小5から足利市が運営する「足利サッカー教室」に入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市内の小学生から生徒を集め、日曜日ごとに練習。

練習は市営グラウンドでたしか午後1時から3時ころまでで、これは真夏も同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 指導者は足利サッカー協会に属する中学、高校の体育教官、

まあ、スポーツの専門家だったわけですが、

真夏でも練習中の水分補給は一貫して「禁止」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなどは人一倍汗かきなので、夏場はキツくてキツくて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はツバも出なくなって口内はベトベト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、考えると、かなりヤバいレベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は「科学的論理」より「根性論」が幅を利かせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの頃、適切な水分補給をしながらサッカーをしてたら、

もうちょっと上手くなったかもなあ。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、死ななくてよかったけど・・・・。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.14

「験勉してる?」~祝・少年ジャンプ50周年;ワタシと少年ジャンプ

少年ジャンプ創刊50周年だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

7月11日の朝日新聞の天声人語で知ったのですが、

そこで「筆者は『1.2のアッホ』のファンでした。」とのくだりでのけぞった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこかー。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こち亀とかアラレちゃんならまだしも「1.2のアッホ」で来るとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、歳、近いっすね。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年ジャンプの創刊時はよく覚えています。

50年前ならワタシ9歳なので当然なのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが物心ついたときから存在していたのは

少年マガジン、少年サンデー、少年キングの

いわゆる3大少年週刊誌であったが、

その中で少年キングが消滅しつつある中、

1960年代後半に相次いで参入したのが

少年チャンピオンと少年ジャンプであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが少年ジャンプで最も強烈な印象を持つ作品は永井豪氏の

「ハレンチ学園」であったが、

それは当時ワタシが小学校高学年にさしかかっており

エッチなことの興味を持ち始める年頃、

ということ確実にシンクロしてるからなわけで・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味では同時期の「少年チャンピオン」の

やはり永井豪氏の描く「あばしり一家」と同じステージでして。

今週はどっちがオッパイが見えるか、パンチラあるか、みたいな・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、少年ジャンプといえば、朝日新聞の天声人語氏の

「1,2のアッホ」も好きでしたが、

「トイレット博士」好きだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人気漫画でしたが内容とタイトルがアレだったので

アニメ化されなかったという・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「マタンキ」「メタクソ団」「MKバッジ」・・・ナツカシイ。

中学時代、同級生のキタバヤシ マサル君は

イニシャルが「MK」なのでイジられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後1976年から連載の「東大一直線」は、

これまた当時高校生だったワタシの大学受験と完全にリンクするのである。

「東大一直線」連載は1976年から1979年まで。

ということはワタシの高校2年生から一浪挟んで大学1年生まで

ということで、まさにピタリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時大学入試に新たに導入された「共通一次試験」や、

いままでになかったコンピューターで採点する「マークシート方式」は

いわゆる時事ネタで、マンガにも取り上げられたが、

またワタシ自身が、実際に直面していた問題でもあった。

マンガなんて読んでないで勉強しろよ、という意見もあるが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「パープリン」「パーペキ」「ずん進する」などは、よく日常使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公の「東大通」をはじめ「現役勝」「点取満太郎」「多分田吾作」・・・。

そういや登場人物に「金小根強歯(カネコネ ツヨシ)」って奴いたなあ。

この間の東京医大の事件で思い出した。

東京医大、なんかリスト、過去の分まで出ちゃったそうで、ヤバいっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、大学入学後は「すすめ!パイレーツ」。

この作品は1977年連載開始である。

当初からあった「ウルトラマン」ネタが好きだったが

途中から作者江口寿史氏が

ロック、パンク、テクノ、ニューウェーブにハマったと見え、

1979年ころから、その手の楽屋落ちギャグが作品中に多発するようになった。

ディーボやクラフトワークなんかがフツーに出てくる展開は

当時、その手の音楽に夢中だったワタシにはド・ストライクであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その後のジャンプと言えば鳥山明氏の登場であるが、

「Dr.スランプ」の途中までで、ワタシは「少年ジャンプ」を離れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「すすめ!!パイレーツ」が終わって、

その後の「ひのまる劇場」「ストップ!!ひばりくん!」という

江口寿史作品が、短期間で終わってしまったこともあるし、

研修医になって忙しくて、マンガどころではなくなってしまったため、ということも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、「ドラゴンボール」はうっすらですが

「キャプテン翼」「北斗の拳」「スラム・ダンク」「ONE PIECE]となると

ワタシは全く読んでないばかりかジャンプ連載であったことも知りませんでした。

だが、それぞれ社会的にも大きなインパクトを残した作品群が、

ジャンプにはあったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、50周年、少年ジャンプは日本を代表する週刊漫画雑誌として

いろんな世代の人の人生にかかわってきたわけだが、

オレもけっこうかかわってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、タイトルに返す、合言葉は「親指大ね!」です。

どれくらいのヒトが知ってるだろう、これ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなワタシの少年ジャンプの思い出でした。

と、いうことで

「これにて、パーペキ。」<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.24

時の流れ

 ワールドカップを見ていて、耳にとまったのが、

デンマークのゴールキーパー、シュマイケル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 え、シュマイケル?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら、果たしてあの名キーパー、ピーター・シュマイケルのお子様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーター・シュマイケルは元デンマーク代表。

マンチェスターユナイテッドで8年間プレーし、

ベッカム、ギグス、スコールズらとともに

ファーガソン監督時代の意黄金期の不動の正キーパーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーター氏は54歳、息子のカスパー氏は31歳。

うーん、時代の流れを感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代の流れ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日のNHKあさイチにも出てましたが、

朝の連ドラで原田知世さんが、お母さん役をやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ世代にとってはあの「時をかける少女」が、

お母さんとは、とこれも感慨ひとしおです。

ちなみにおじいさん役が「われら青春」の沖田先生だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて夏になると角川映画の2枚看板であった薬師丸ひろ子さん主演の映画と

原田知世ちゃんの映画が、2本立てで併映されていた時期がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころワタシは大学生でして

同級生の大塚くんがたしか原田知世ちゃんのファンだったので、

付き合わされてよよく男2人で阿映画館に足を運んだものです。

2人とも彼女いなかったし。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、「薬師丸ひろ子」派と「原田知世」派があったような気がしますが、

ワタシは・・・・・・・

「菊池桃子」派でした。(^_^;)

ただ、その後原田知世さんが主演した

「私をスキーに連れてって」「彼女が水着に着替えたら」は

ワタシの青春のバイブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原田知世さんのお母さん役など、35年前には想像もつかなかったですが、

こうして同時代を生きた彼女の姿を見るとなかなか感慨深いものがありますな。

ワタシもそれだけ歳をとったわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、大河ドラマでは、南野陽子さんが

あの「篤姫」で松坂慶子さんが演じた「幾島」役をやられてましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの2代目スケバン刑事のナンノちゃんがですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初代麻宮サキの斉藤由貴さんが

あんなことになるとも当時は想像つかなかったし・・・。

これも時代の流れ・・・・、だけじゃないか。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、ちなみにスケバン刑事の中では3代目、

浅香唯ちゃんのファンでした。(笑)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.16

エッシャー体験

 さて、ワタシのエッシャー体験ですが、

買い求めた図録に1970年ころに

少年マガジンでエッシャー特集が組まれていた、

との記載あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「巨人の星」「あしたのジョー」「無用ノ介」・・・

黄金時代ですね。

ワタシは間違いなくこれ見てるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、何となく、別のところで見たような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学・高校生のころ、お世話になった(?)雑誌「GORO」で見た記憶があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思って、ネットでググると・・・・・

出ました\(^o^)/

 「GORO1974年9月23日号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイなインターネット検索。

たしかに、表紙にはないが、収録作品のところに

「M.C.エッシャーのふしぎ世界「無限百貨店」 by 山野浩一(SF作家)」

の記事ありますね。

これで、スッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ここに1974年とありますが、

アグネス・ラム・ブームはワタシが高校生のころのはず。

1974年では、どうも計算合わないので別検索したところ

この雑誌は1976年9月23日号でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1976年と言えばワタシは高2か。

付録のジャンボ・ピンナップは「アグネス・ラム/原田美枝子」。

たぶん貼っていたのは「アグネス・ラム」の方だと思う・・・。(^^;)

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.07

科博 特別展「人体」

今日、6月6日、関東甲信越、梅雨入りですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日午後、上野公園に向かう道、目的はコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雨で、シャンシャンはどうしてるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そっちは目的地ではないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着きました。

平日午後というのにスゴイ行列。

雨で、動物園から流れてきた人もいるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような順路で進みます。

循環器・泌尿器系⇒神経系⇒消化管・呼吸器系⇒運動器系⇒発生・・・

残念ながら感覚器系はない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、館内は原則撮影禁止。

画像はネットで拾ってきました。実際は、押すな押すなの大混雑でした。

通算入場者が先日40万人を超えたとか(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんの話している内容を聴くと

その人たちが医療に関してどんな距離のヒトだかがわかります。

ある程度医学的な知識があって、彼女に説明してる男性は医学生か。

それに受け答えする女性は看護師さんかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、オレココ手術したんだよ、右の肺は3つに分かれてんだよ、

などと言う男性は入院経験者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわー、キモイ、血管やベー、などと言ってるのはフツーの人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレといえば、学生時代の人体解剖実習の記憶がよみがえり、

思い出話に花が咲く。(^^)v

半年にわたる解剖実習は医学生時代の最初のハイライト。

お互い、苦い思い出、ウケるエピソードが山ほどあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても実習を担当した第2解剖学の教授、

発生学のアコちゃんこと滝沢教授は怖かった・・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ココからは撮影可能エリア。

NHKスペシャルで放送された「人体 神秘の巨大ネットワーク」の特集コーナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビに登場したブロックタモリさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおー、これこれ、見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タモさんが入った「子宮」の模型もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは・・・・・、

お子様連れのお母さんは質問されたら答えに窮するかも・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その奥にはネットワークシンフォニー、と称し、

NHKで紹介された臓器間のネットワークをイメージ的に再現した空間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、ディスコみたいだなあ。(感性が古いっすけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そういう世代なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽は違いましたけど・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は人体各部の顕微鏡写真にイメージで着色して芸術作品ぽく仕上げた写真のコーナー。

内耳の細胞出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、これは「伊東細胞」。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓にある脂肪、ビタミンAの貯留細胞である「伊東細胞」は1956年、

ワレワレの母校、群馬大学の伊東俊夫先生によって発見されました。

この間の「遅発性内リンパ水腫」に続き、なんかウレシイぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、「人体」展、

興味深い内容と、学生時代を思い出させるナツカシイ事象もあり、

なかなか楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、上野精養軒で遅いランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目ざとく妻が食後に頼んだのはこの期間限定パンダ誕生記念カフェラテ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく、インスタに投稿か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、かき混ぜると消えてしまう・・・(^^;

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.30

続・ウイスキーの話

先日のウイスキーの話で思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイスキーといえばスコッチ、という時代があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてのサントリーウイスキーのヒエラルキーでは

ローヤルが高級ウイスキーであったが、

別格であったのがスコッチウイスキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、クラウンに対してのベンツ、BMW,

グランドセイコーに対してのロレックス的な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は1979年冬、群馬大学教養部のスキーツアーがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部、教育学部、工学部の三学部の1年次は

教養部といわれ同じ荒牧キャンパスで学びます。

まだ、各学部の専門分野ではなく

語学、数学、心理学、文学、化学などの共通一般教養を学ぶので教養部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3学部合同のスキーツアーで大学主催なので教授連も同行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間のスキー教室は

スキー初心者には教育学部体育科の学生がコーチしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、夜は当然ロッジに宿泊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大食堂での夕食のあと各々部屋に持ち込みのアルコールで二次会宴会となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとき親が医者やってる同級生が、

親がお歳暮でもらったスコッチをかすめ取ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョニーウォーカーブラックラベル、いわゆる「ジョニ黒」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまなら2000円ちょっとで買えちゃう「ジョニ黒」ですが、

当時は多分1本8~9000円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも安酒飲んでる貧乏学生にとってはなめたこともない超高級ウイスキーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、友人数人とわいわい飲んで、あっちゅうまにビンはからっぽ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかの持ち込みアルコールもしこたま飲んで、

誰かがふと言い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この空き瓶にサントリーを詰めて教授の部屋に行こう。

ドイツ語の教授に酒を飲ませて試験のことをお願いしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教養部で取得しなければならない単位の中で

ひときわ難関なのはドイツ語でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、行こう、ということでジョニ黒のビンに国産の安いウイスキーを詰めて

教授連の泊まっている部屋のドアをたたきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも酒盛り酩酊状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教授、 I 君が親父さんからかすめ取ってきたジョニ黒です、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、教授のコップになみなみと注ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、そうか、そうか、

うーん、やっぱりスコッチは違うねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変失礼ではありますが、

地方国立大学の教授レベルではスコッチウイスキーの味など当然わからず、

もっとも、あれだけ酔っぱらってれば誰でもわからないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生。ささ、もう一杯、

あートリンケン、トリンケン、ビッテ、ビッテ、

後期の試験、よろしくお願いします。

 

((注)トリンケン:trinken 【独】意味;(酒を)呑む、英語だとdrink 

ビッテ:bitte【独】意味:どうぞ、英語だとplease)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、わかった、わかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、無事われわれはドイツ語の試験をクリヤーしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、実際のところまさかそんなことで温情をかけて通してくれるはずはなく、

さらに、あんだけヨッパラってたので、

そんな約束はおそらく覚えてもいなかったでしょうから、

そりゃ、ワレワレは実力で通ったと思ってはおりますが。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今は、いろんな意味で、こんなことはないでしょう。

古き良き時代のお話です。

昭和は遠くなりにけり。

もうすぐ平成も終わっちゃうね。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.26

運動会の味

 本日は運動会の小学校が多かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは運動会は秋と決まっていて、運動会シーズンなんて言葉もありましたが、

最近は秋にやるとこも多いらしく、足利市のホームページを見ると、

市内の小学校全22校中、12校が春の開催で、開催日はすべて本日5月26日。

なんと、今や5月開催の方が多いのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはや「運動会」は秋の季語ではないのですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの子供のころは子供が多く運動会がにぎわったが、

最近は少子化でスカスカなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ自身は土曜日仕事の関係で、子供の運動会ほとんど行ったことないし、

ワタシが子供のころも親が小学校の運動会に来たことはなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、運動会のお昼というと

あらかじめ販売された食券をもってお弁当の交換所にいき

「助六寿司」を受け取って、やはり親の来ない友人たちと食べる、

というのが運動会の思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今と違って週休二日の会社はほぼなかったから、

親が来ない子供はけっこう多かったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親が来なくてさびしいかというと、さにあらず。

むしろ逆で、もともと、親が学校に来るとうっとうしいし、のびのびできない。

そしてワタシは何よりそのお弁当の「お寿司」、

特に「稲荷寿司」が毎年楽しみで楽しみで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは外食なんかほとんどすることなかったので、

その「店屋物」のお稲荷さんを食べるのが運動会の最大の楽しみだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまは、「手作りの味」「おふくろの味」が、ありがたがられるけど、

当時はこの「よそ行きの味」が、ごちそうだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、土曜日に運動会があると、月曜日は学校が代休。

時節柄、あさっては学校検診の紙持ってくる子供たちが多そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ