ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.11

ムンテラ

日本は近代医学の多くをドイツから学びましたので、

医療現場で使われる言葉にはドイツ語由来が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは学術用語のみでなくて、

いわゆる俗語、隠語の分野にもいえることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシは患者さんに病状や治療計画を説明することを

「ムンテラ」といいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは和製ドイツ語(?)で

ドイツ語で「口」を意味する「Mund」と。

「治療」を意味する「Therapie」を負わせた造語

「ムントテラピー」の略語です。

もちろん、そんな言葉はドイツ語にはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、医学生時代、紙のテストではなく

教授との面接で行ういわゆる「口頭試問」のことも「ムント」といいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて「ムンテラ」という語は、直訳では「口で治療」ですが、

実際は患者さんに対し、病名、病状や治療方針と、

期待される効果、およびそれに伴う副反応や後遺障害の可能性を説明する、

という意味で使われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教授が担当医に

「今回の手術のムンテラ、患者さんにちゃんといってますか?」

とか、

医者が看護師さんに

「〇〇さんに、ムンテラするのでちょっと呼んでください。」

などと言う感じで使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが最近は違うらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者が看護師さんに

「〇〇さんに、ムンテラするのでちょっと呼んでください。」

というと、

「はい、〇〇さんにICですね。」

と返されるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「IC」とは集積回路のことではなく、

まして「イメージ・キャラクター」のことでもなく

「インフォームドコンセント」の略語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990年ころから使われだした用語で

「説明と同意」と訳される。

医療提供者が治療行為の内容について十分な説明を行い、

受け手がその内容を十分理解したうえで同意を得る、

という一連の手続きを言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムンテラ、という言葉が医者から患者への一方通行的な行為、

また「言い含める」「言いくるめる」といったニュアンスがあるのに対し、

患者側の権利を尊重した形で、

「同意」は医療行為への「許可」だけでなく

「拒否」も含む「合意」と解釈されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来の「お医者様に診てもらう」時代から

「医者に診せる」時代になり、

医療訴訟が日常化し、

医療ミスがマスコミの格好の標的になってきた時代の流れでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、良いことだと思いますが、

患者さんとお医者さんの関係が、かつての漠然とした「信用、信頼」から

欧米的な明確な「契約」に基づくものになったということの表れともいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、耳鼻科医になって5年の研修を受けた後に受験する専門医試験は、

試験と、小論文と口頭試問でしたが、

ワタシが受けたときの小論文の課題が

「耳鼻咽喉科のインフォームドコンセントについて」

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 計算するとワタシが専門医試験を受けたのが1991年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、恥ずかしながらこのときワタシは

「インフォームドコンセント」なる言葉を知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 困った、と思っていたら、試験開始後まもなく

「皆さん、お困りの方も多いようですので補足しますが、

これは日本語で言うと「説明と同意」という意味です。」

と、試験官の方からの説明がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、ワタシ以外にも何のことかわからずあせっていた受験者が多かったと見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、中には「やっぱり出たな」などとささやき合っている者もいたので、

情報豊富な都会の大学病院では、試験のヤマだったのかも知れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、なんとか試験は無事一発で合格できました。

8月の、この時期になると、専門医試験のことが時々思い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.09

イメージが真逆

医学生のころ、どの科の医者になるかは、

ひととおり、全科の授業や、病院実習を回って、

自分の志向と照らし合わせて決めるものである。

全科を体験するわけですから、

だいたい何科はこんな感じ、というイメージはできるわけです。

このこと、以前もちょっと書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、学生のころ思い描いたイメージと、

現在巷に流布するイメージが180度違う科が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「皮膚科」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが学生時代に「皮膚科」に持ったイメージは、

「汚い」「気持ち悪い」「うつるとイヤダ」「診てるだけで痒くなりそう」

といったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚のカイカイやイボイボや、水虫や、いんきん・たむし、が皮膚科のイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床実習でワレワレの班にまわってきた症例は、

70歳代の陰部の毛ジラミのおじいちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫眼鏡で見ながら、ピンセットで陰毛を採取し、

それを顕微鏡で見て毛ジラミの虫卵を確認し、診断しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、ソープランドで何かうつされた男性とか、

全身の皮膚がべろべろでじくじくしている子供とか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くわえて、当時の皮膚科の教授は、

白髪まじりのもじゃもじゃ頭の鬼瓦みたいな顔した先生で、

大きな体にヨレヨレの白衣を着て、なにより顔面が異常にデカイ、

見るからに「怪人風」の先生でした。

話し方も関西弁まじりのぶっきらぼうな口調で、怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、こんな科には、絶対行かないぞー。

医学生のワタシの選択肢から「皮膚科」は早々に削除されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、どうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビ番組なので「皮膚科医」が出てくると、

ほぼみな女医さんで、美人、というか派手な化粧で、

エステの店長か、高級クラブのママか、というような雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランドものだかのちょっと変わったデザインの白衣を着て、

皮膚のケアや、化粧水の説明、紫外線対策の話なんかをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、今はこの辺が巷で連想される皮膚科医のイメージになっているようで、

「皮膚科医 画像」で検索すると、女性を検索ワードに入れなくても、

出てくるのはそんな女性医師ばっかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはオレの中の皮膚科医のイメージとはほぼ真逆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのキレイな女医先生たちは、

毛ジラミの診察でおじいちゃんの陰毛抜いたり、

いんきん・たむしの診断のために陰部から組織をとったりするんだろうか。

少なくとも、研修医、勤務医時代はやらないわけにはいかないし・・・・。

よく、皮膚科入ったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.06

「耳鼻咽喉科、ドラマ」で検索

「あさイチ」のさ―たりさんのお話を見ていて、

気になったことがもう一点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組でマンガ家のさーたりさんが、

いろんな医療マンガを紹介していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラックジャック」から始まって、

さまざまな診療科の漫画があるんですよ、というお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラックジャック」は、ご存知天才外科医で、

マンガでもドラマでもこの「天才外科医」の話はやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、最近は産婦人科や、麻酔科、心療内科、

病理医や放射線科のマンガまであるという。

そうなのかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまであって、なんで、耳鼻科はないのだー。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、気になるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまだ「耳鼻咽喉科医」を主人公にした、

マンガ、ドラマ、小説、映画の類を見たことがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部卒業の時点で自分の行きたい診療科を選ぶのだが

ワタシは「耳鼻咽喉科」を選んだことに後悔はないし、

自分の診療科が好きだし、誇りを持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、ドラマや映画でカッコいい

耳鼻咽喉科医が活躍する作品がないのが、超残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神の手を持つ外科医や、失敗しない外科医、

救急救命医、産婦人科、麻酔科、心療内科、小児科、

放射線科や病理医、法医学まであるっちゅうに・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ひょっとして、

最近はワタシの知らない耳鼻咽喉科医のドラマがあるかもしれない、

と思い、「耳鼻咽喉科 ドラマ」でグーグル検索したら

こんな質問箱がヒットしました。

Yahoo知恵袋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・やっぱ、無いのか。

しかし、ベストアンサー氏の

研修医が「やっぱり命そのものを扱うのは精神的に重い」

といって眼科や耳鼻科を選ぶ傾向にある

というのは、ちょっと納得できませんね。

勤務医時代は多くの人の命を看取りましたし、

一晩に2通死亡診断書書いたこともあります。

耳鼻科医はつねに「命そのもの」を扱っていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、検索でその知恵袋の上位にヒットしたのは

7年前に書いたワタシのブログでした。

この話題に世間の関心は薄い、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.05

研修医の身分

 ちょっと前にNHKの「あさイチ」に医者で漫画家のさーたりさんが出演していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女の漫画は以前、ブログで見たことがあり、

本職のお医者さんなので「あるある」があって大変面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に、研修医関係のネタは、ハゲシク同意、なネタ多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女は私立大学医学部出身の勤務医で、

田舎の開業医の日常とはかなり違うわけですが、

こと、研修医の話になると、これは私立でも国立でも大差ないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あさイチ」でさーたりさんの

「研修医の身分は病棟の最下層。」

という言葉に、スタジオの皆さんはびっくりしていましたが、

これは、まぎれもない真実。

ワタシと妻はテレビの前でアタマをブンブン振ってうなづいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般に人には理解されていませんが、医者と看護師さんは、

大きな病院ではまったく別の組織に帰属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、大学病院の耳鼻咽喉科の病棟を考えたとき、

何人もいるお医者さんは、大学の耳鼻咽喉科学教室に属しており

そのトップは、耳鼻咽喉科の教授です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、耳鼻咽喉科の病棟で働いている看護師さんは、

看護部に所属しており、その上司は師長さんであり、

そのまた上には総師長さんという人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科のお医者さんは通常、

ずっと耳鼻咽喉科のお医者さんですが、

耳鼻咽喉科の看護師さんはたまたま耳鼻科に配属されているだけで

何年かすると異動があり、

整形外科に移ったり、中央手術部の配属になったりします。

それは、師長さんも同じで他の病棟に移る場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般の会社ならば、○○課で働いている人は

すべてその課の課長の部下、ということになりますが、

耳鼻咽喉科の看護師さんは耳鼻咽喉科教授の部下ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、基本的に看護師さんは

師長や、主任のいうことは無条件にきくが、

医者のいうことは自分に納得がいかない限りきいてくれません。

たいがい、反発されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺の関係をよく誤解されていましたが、

海堂尊先生の小説では。さすがにきちっと書いていましたね。

ドラマ化されたら、脚本家は理解してい無いようで

やっぱし描き方がヘンでしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、研修医というのはまったく無力な存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医学部を出て国家試験に受かっても、注射1本打ったことがありません。

診断や治療はおろか、薬の名前も、検査のオーダーの仕方も知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、看護師さんは新人でも

注射や採血の実習も学生時代にバッチリこなしており、

検温や、血圧測定、配膳、清拭、など

いきなり病棟の仕事をバリバリこなすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、研修医は病棟でもっとも「役に立たない」存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病棟で、早朝から深夜まで看護師さんに叱咤され、

キビシイ指導医からは罵倒されるという存在が研修医です。

ただ、幸いにも群大耳鼻科には

当時はおっかない指導医はいませんでしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシの入局当時、

病棟の看護師さんの平均年齢を同僚と「試算」したら、

どう見積もっても40歳は越えている、という結論でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そうやって鍛えられて、一人前の医者になってきたわけです。

あの頃は、大変だったなあ。

でも、それなりに楽しかったけど・・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.05.30

高崎の夜

 水曜日の飲み会は高崎。

ホテルにチェックインし、ゆっくり風呂に入ってから出かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビジネスホテルながら大浴場があるので、ココにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、癒される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場はコチラ。

魚介メインの洋風居酒屋。

2時間飲み放題つきで¥3500!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30年以上前、いっしょにタウン誌を通じてミニFM放送局をやっていたメンバー。

一人転職するので、という

どうでもいいこじつけの理由で飲み会を開きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遅れてきたK氏。

高崎から新宿まで通勤しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろ、ミニFMとはいえ、放送局なので、男子はワタシ以外はみな技術屋。

今もコンピュータや電気通信関係のお仕事をしている理系集団です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、良いオヤジ、オバサンになったが、再会すれば気分は20代。

いや、今年50歳のY君は当初まだ高校生だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年齢、職業など様々ですが、気の置けない仲間との楽しいひと時でした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.05.29

思い出の風味焼き

 先日水曜日、ムカシの仲間との飲み会があり、グンマへ。

水曜午後からなら行きたいお店がある。

会場は高崎だが、まず前橋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここら辺はかつてのナワバリ。

この交差点を左折すると群大病院だ。

だが、この辺もずいぶん変わった。

エメラルドボウルは当時からあり、同級生がバイトしてたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目指すお店はコチラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「レストランとよだ」は群大病院の職員御用達のお店。

医局まで出前を持ってきてくれるので、週何回も食べていました。

ムカシは三中通りにあったけど、群大病院のすぐそばに引っ越した。

やはり、群大からの注文が多かったせいだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハンバーグ、オムレツ、フライなどいわゆる町の洋食屋さん的なお店だが、

注文するものはメニューを見る前から決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伝統の鉄板メニュー「風味焼き定食」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ナツカシイ。

外来で、医局で、何回これを食べたことか・・・・。

かみしめるほどに、若い医者の時代の記憶がよみがえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランチタイムも終盤の静かな店内。

パソコンを叩く男性も、多分群大のセンセイなんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、群馬大医学部の某教授が、退官の時このお店に感謝状を贈ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日が定休日なので、こういった機会が無いとなかなか来られませんが、

あの味が忘れれずに、また食べたくなります。

いつまでも続いてほしいお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.04.27

G.W.といえば・・・

さて、世間的には今日から10連休。(当院は明日から3連休、と5連休)

NHK的には大型連休、一般にはゴールデンウィーク、

今年は長いのでプラチナウィークと言ってたメディアもありましたが、

あまり浸透してませんね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今を去ること33年前、

昭和60年4月にワタシは医師国家試験を受けました。

合格発表は5月中旬ですが、

当時は慣例的に新入医局員はゴールデンウィーク明けから出勤、

ということになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医学部を出ても、なんら実務的なことはできないペーペーですから、

まずは、勉強、勉強です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先輩について、治療や病棟のことを覚えていき、

カルテの書き方なんかも学ばなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間を見つけては、カルテの医学用語や、病名、処方されている薬

などをノートに書き写し、教科書や辞書などで調べます。

細かいコトまではいちいち先輩は教えてくれませんから、

自分なりに知識を増やさなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入院患者さんの分厚いカルテを開いて、

病歴、所見、検査結果、手術記事、治療経過などを読み込んでいくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、ナース・ステーションにおいてあるカルテを開くと

直近の病棟カルテの病歴・処置欄には

毎日日付のあとに「G.W.」の2文字の記載のみが繰り返されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、ゴールデンウィークは手術や検査などは入らないから、

毎日「G.W.」なんだな、

だがなんでわざわざカルテに毎日ゴールデンウィークなんて書くんだろう、

決まり切ってるのに、書くことが無いからかな、

憲法記念日とか、こどもの日とは書かないのかな、

などと勝手に思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、先輩に、連休中なので毎日G.W.と書いてあるんですか?

と、尋ねたところ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あほか、こりゃ、「ホーコー」じゃ。

と、言われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ホーコー」????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ほうこう」は漢字では「包交」と書き

「包帯交換」のことだったのです。

当時のカルテの医学用語はほぼドイツ語、

ドイツ語の「包帯交換」は「Gaze Wechsel」といい、

これを略号で「G.W.」と書いていた、ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにゴールデンウィーク中は手術は通常ないが、

術後の患者さんは毎日ガーゼ交換をするわけで、

これを行ったことについての記載だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまは、カルテにドイツ語使うことはあまりないと思いますし、

電子カルテ化もされているので、このようなことはないと思いますが、

昭和の外科系医局ではこのようなアホな質問をする新人研修医が

毎年この時期、500人以上はいたのではないかと思われます・・・・。(^^;)

 

 

 

コメントはまだありません
2019.02.15

当直

 今朝の朝日新聞の見出しを見て

「マジか、ウソだろー。」

と思ったヒトは多いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『勤務医「当直後も通常勤務」7割。』

ひょっとして、一般のヒトは、えー、7割も通常勤務、と思ったかもだが、

ワタシを含めた一定年代以上の医者は

えー、当直後に休める病院があるんだ、それも3割も、

と、そっちに驚愕したに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシから思っていたが、医者の労働環境というのは

「労働基準法」なんて全く関係ナイ、という感じであった。

大学病院に研修医として勤務しても、社会保険にすら入れず、

ボーナスも時間外手当もなし。

勤務時間はあってないようなもの、というか

今思い返せば、そもそも勤務時間の規定はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも入院患者がいる病院は

夜でも医者が病院にいないとまずいので、当直はどんな病院にもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学病院の場合は、当直医は、

夜の回診をやったあとは、基本的にはいるだけでいいのだが、

入院患者さんが急変したりすると、その対応をしなければならない。

点滴が外れた、とか腹痛を訴えています、とかでもちょこちょこ呼ばれたりする。

また、耳鼻咽喉科の場合は、市中病院に耳鼻科医が当直していないので

救急患者の対応もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科だと、末期がんのヒトなんかが多いので、

夜中に、死の看取りが回ってくることが時々ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、「当たる」ほうだったので、

一晩に二人も看取っちゃって、死亡診断書を一晩で2通も書いたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、末期で延命治療をしない場合でも、

あと30分で家族がそろいます、なんてときは

30分近く心マをして、くたくたになったこともあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、そのまま朝からオペ室に入って、出てくるのは消灯後、

なんて、若かったからだが、よく身体がもったもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市中の総合病院では、全科の医師が「内科系」「外科系」に分かれ、

各1名ずつ当直することになっていた。

耳鼻咽喉科は「外科当直」をする。

これは、けっこう救急患者が多く、運が悪いとロクに寝られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当直室のベッドで寝てると、遠くの救急車の音で目が覚めて、

「内科でありますように・・・」

と心の中で祈っていると、トナリの内科当直の電話が鳴る音がして、

ホッとして、また寝る、なんてことがよくあった。

ナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当たり前のことだと思っていたが、

時代が変わって、こんなことがニュースになるようになったんだなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2018.12.05

ポケベル

NTTドコモが来年でポケベルサービスを終了するという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケベルは、ウィキペディア的には「無線呼び出し」といい、

携帯電話が普及する前、自宅や会社以外に「出て」いる人への

パーソナルな通信手段としてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼び出したい人が、その番号にかけると、

持ってる人の端末機がピーピーなって、連絡を取りたいことを知らせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんてことを書くのは、もはや「ポケベルを知らない世代」が

かなりの割合を占めていると考えられるため。

しかも、ワレワレより上のヒトは、

また逆にポケベルのお世話にならなかったかもしれないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポケベルは、1987年から数字送信機能が追加され、

数字の暗号でメッセージのやり取りを楽しむことが、

主として女子高生の間で流行りだし、やがて大ブームになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、そのころ女子高生だった人たち、

すなわち現在はアラフォーということになるが

その世代の人たちにとっては、

ポケベルは青春の甘酸っぱい思い出とともにあるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ワレワレ、それより上の世代は、

ポケベルは「鎖のついた首輪」だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが医者になったのが1985年だから、

まだポケベルは持ってなかったが、

2,3年すると病院からポケベルを「持たされた」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病棟の患者の急変や、急患などが来ると、

これが鳴って、どこにいても呼び出されるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポケベルの音は「恐怖の音」でそれが鳴るたび心臓が飛びあがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもポケベルは一方通行だから、呼び出された方は

出先であればどこか電話を探して病棟に連絡をとらなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、一時足利市から前橋市の病院まで

1時間ほどかけてクルマで通勤していたが、

通勤路沿いのどこに公衆電話があるかは完全に把握していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時FM群馬でポケベル会社のコマーシャルがあり、

そのコマーシャルが、いきなりポケベルのなる音で始まるものであった。

クルマでラジオを聴いていて、このコマーシャルに何度肝を冷やしたことか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、患者の急変のような重大事態ではなく、

かんたんに口頭で指示すれば済むようなことでも、

容赦なくポケベルを鳴らす看護婦さんもいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある、夏の日の日曜日、まだ小さかった子供を連れて、

足利市内の「じゃぶじゃぶ池」に行った。

この「じゃぶじゃぶ池」というのは、渡良瀬川の河川敷に作られた施設で、

膝くらいまでの水をはった浅いプール。

もちろん泳げる深さは無いので、小さい子供がぱちゃぱちゃやる遊び場であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、ポケベルが鳴りやがった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このじゃぶじゃぶ池、いわばでっかい水たまりなので、

事務所とかその手のものは無く、

何しろ河川敷なので当然電話線などきてないわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕方なく、子供を「回収」して、浮き輪やタオルをもってクルマに乗り、

土手をのぼって一番近い公衆電話までクルマを走らせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレホンカードをいれて

「あー、もしもし、耳鼻科のオグラですけど・・・。」

「あー、センセイ、〇号室の××さんですけど、点滴抜けちゃったんですけど。」

「(××くん、術後5日目で今晩でもう点滴抜去予定の小学生じゃん、

もうぴんぴんして歩き回ってるし、

そんなんそのままで良いに決まってんだろ、とは思いつつ)

ハイ、もう、そのままで良いです。」

「ですよねー。」

まあ、看護婦さんは勝手に指示書の内容を変えるわけにはいかないので、

仕方ないといえば仕方がないが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまさらじゃぶじゃぶ池に戻る気もおきず、

太陽は高かったがブーブー言う子供を連れて、そのまま帰宅したのであった。

まあ、急変でなくて良かった、ということで。

 

 

コメントはまだありません
2018.07.07

続・ブラックペアンの時代

そんなわけで、ブラックペアンには

バブル時代の地方大学病院外科系の描写があり、

ちょうどワタシが医者になったころのことで、

懐かしい気持ちにさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

小説でオペ室での場面。

 

 

 

 

 

 

 

 

手術に入る医者はまず「手洗い」をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペ着(最近は「スクラブ」というようです)を着て

「清潔」になるために、「手洗い」をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足で踏んで「ブラシ」を出し、3回ゴシゴシ洗う。

ブラシは当時は靴磨きのブラシみたいなごわごわしたやつでした。

最近はこの硬いブラシによる手洗いは、

手指に傷がついてかえって感染巣になる恐れがあるとのことで

やらないという話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガウンのはしをもって看護婦さんに渡し、ガウンを着せてもらう。

手術の手袋は大学病院では自分ではめました。

その後勤務した病院では、看護師さんがぎゅーって広げてくれて、

そこにずぼっと手を突っ込んではめてもらうのですが、

これがなかなかカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修医の世良先生がこの手術室に入って、

いろいろ学んでいくところは、

若い研修医時代の自分と重なって読んでいてワクワクした場面でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸結びの練習のシーンも出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絹糸をもらって、「外科結び」の練習をするのは変わらないのですが、

小説のように白衣のボタンホールではしなかったなあ。

引き出しの取っ手や、ブックスタンドのパイプ部分は結び目でイッパイでしたが、

田舎の病院の「あるある」はクルマのハンドルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎では「クルマ社会」なので、自家用車で通勤する人が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い外科医は信号待ちの時間を利用して

ハンドルに外科結びのタマタマを積み上げていきます。

医師駐車場を覗くとそんな車がいっぱいとまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡海先生のように製薬会社のプロパーさんを「金づる」にする、

というところまではなかったですが、

前回書いたようにメーカーによる接待なんかは多かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも先輩の先生に言わせると、

「オイルショック前は、こんなモノじゃなかった。」

という話ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡海先生が抗生剤の使用をめぐって

製薬会社に「たかる」くだりが出てきますが、

当時はたしかに抗生剤バブルの時代でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外科系の病棟では術後感染予防ということで、

点滴の抗生物質を大量に使用していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも多用されるβ―ラクタム系の抗生剤は、

ペニシリンから、セフェム系第1世代、第2世代、第3世代と

つぎつぎに新薬が開発、発売されていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世代が進むと、効く菌の種類(抗菌スペクトル)が拡大し、

それとともに薬の値段もどんどん上がります。

競争相手が多いので各メーカーとも売り込みに必死です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説では術後抗生物質を「精錬製薬」の「セイレイン」から

「サンザシ製薬」の「サンザシン」に替える、というくだり。

たぶん、どっちもセフェム系第3世代あたりだな。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この製薬会社の名前をもじった注射用抗生剤のネーミングは、

この頃たいへん流行ってまして、

「〇〇ノギ製薬」の「〇〇マリン」、「△△ジ製菓」の「△△セリン」

「××ダ製薬」の「××スリン」「◇◇ノウチ製薬」の「◇◇テタン」など、

みーんなセフェム系。

まさに社運を賭けた製品だったんでしょうね。

全問正解者は間違いなくバブル期の外科医です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがこのセフェム系、世代が進むと抗菌スペクトルは広がるのだが、

それに反比例して術後感染の主体となる

グラム陽性菌群に対する抗菌力が減弱していたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなことを知らずに、

新しいモノがいいモノだろうと使っていた我々医者がバカでしたが、

製薬メーカーの人はそんなこと一言も教えてくれませんでした。

メーカーでも学術のヒトは知っていても、

営業のヒトには詳しく教えていなかったのかもしれませんが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、術後感染、菌交代、耐性菌、などという問題が噴出し、

周術期の抗生剤の使用法は大幅に見直されることになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でも、この耐性菌の問題は継続しており、

ワタシはこのブログで繰り返し抗生剤の適正使用を強調しているわけですが、

その裏には「抗生剤バブルとその崩壊」を

リアルタイムで目の当たりにしてきた医者としての体験があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、手洗いにしろ、メーカーの接待にしろ、抗生剤の使用にしろ、

今と昔ではだいぶ医療現場も変わってきました。

でも、今も昔も若い研修医が思うことは、

少しでも早く一人前の医者になりたい、

医者としての技量を上げたい、

そして「良い医者」になり、一人でも多くの人を病気から救いたい、

という点では同じでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミステリーとしての楽しみのほかに

そんな、若い医者だったころの気持ちも呼び覚ましてくれた

「小説 ブラックペアン1988」でした。

オレもこんな小説、書いてみたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ