ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.24

時の流れ

 ワールドカップを見ていて、耳にとまったのが、

デンマークのゴールキーパー、シュマイケル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 え、シュマイケル?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら、果たしてあの名キーパー、ピーター・シュマイケルのお子様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーター・シュマイケルは元デンマーク代表。

マンチェスターユナイテッドで8年間プレーし、

ベッカム、ギグス、スコールズらとともに

ファーガソン監督時代の意黄金期の不動の正キーパーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーター氏は54歳、息子のカスパー氏は31歳。

うーん、時代の流れを感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代の流れ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日のNHKあさイチにも出てましたが、

朝の連ドラで原田知世さんが、お母さん役をやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ世代にとってはあの「時をかける少女」が、

お母さんとは、とこれも感慨ひとしおです。

ちなみにおじいさん役が「われら青春」の沖田先生だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて夏になると角川映画の2枚看板であった薬師丸ひろ子さん主演の映画と

原田知世ちゃんの映画が、2本立てで併映されていた時期がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころワタシは大学生でして

同級生の大塚くんがたしか原田知世ちゃんのファンだったので、

付き合わされてよよく男2人で阿映画館に足を運んだものです。

2人とも彼女いなかったし。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、「薬師丸ひろ子」派と「原田知世」派があったような気がしますが、

ワタシは・・・・・・・

「菊池桃子」派でした。(^_^;)

ただ、その後原田知世さんが主演した

「私をスキーに連れてって」「彼女が水着に着替えたら」は

ワタシの青春のバイブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原田知世さんのお母さん役など、35年前には想像もつかなかったですが、

こうして同時代を生きた彼女の姿を見るとなかなか感慨深いものがありますな。

ワタシもそれだけ歳をとったわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、大河ドラマでは、南野陽子さんが

あの「篤姫」で松坂慶子さんが演じた「幾島」役をやられてましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの2代目スケバン刑事のナンノちゃんがですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初代麻宮サキの斉藤由貴さんが

あんなことになるとも当時は想像つかなかったし・・・。

これも時代の流れ・・・・、だけじゃないか。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、ちなみにスケバン刑事の中では3代目、

浅香唯ちゃんのファンでした。(笑)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.13

オペかん

ブラックペアン、相変わらず見てます。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、すっかり慣れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対成功するはずのオペがあって、

自信たっぷりのオペレーターが手術に臨むと

必ず、ミスやアクシデントなどの不測の事態が起こり、

トカイ先生が、ニヤニヤしながらオペ室に入ってきて患者を救う、という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで水戸黄門のようなわかりやすさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう最初っから今晩の展開がほぼすべてわかるところが、

お茶の間のためのドラマだということがよく理解できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、アリエナイ演出も、

そういえばスチュワーデス物語ってこんな感じだったなあ、

と思い当たりました。

「スチュワーデス物語」と言っても、最近の人にはワカラナイでしょうが、

一定の世代以上は

「教官!」とか「グズでノロマなカメ」といったセリフで反応しちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、医療現場のディテールは時々「アレ?」と思うことありですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回はサエキ教授がメスを落としたのを師長さんがかばい、

見ていた先生方が「オペかんのミスか。」

といったのですが「オペかん」とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも「オペかん」は「オペ看」で、

オペについてる看護師さんのことのようですが、

この言い方は初めて聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレは「オペかん」といえば「オペ患」のことで、

手術を受ける患者さんのことを指していたので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病棟で「今日のオペ患の〇〇さんの申し送りでーす。」

などと用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただネットで検索すると

手術室の看護師さんを「オペ看」と呼ぶのはよくあるようで、

この辺隠語のローカルルールなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレのところではオペ室の看護師さん(当時は看護婦さん)は

フツーにオペ室の○○ちゃん、とかオペ室ナースといってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペ室では術者に器械を渡す直接介助の看護師さんと、

周りをサポートする間接介助の看護師さんがいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常「器械出し」と「外回り」といいますが、

ワレワレはよく「中」と「外」などと言っていました。

「きょう、中、誰?」

とかいう感じで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この器械出し、大変重要で、器械出しの看護師さんの手際で、

手術の流れがぐんと変わります。

術者との相性もありますが、術者の先を読む力が求められます。

一緒にやってて、む、オヌシ、デキるな、と思ったことも、その逆も。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマで教授のオペに師長さんが器械出ししてましたが、

いくらウマが合うとはいえ、師長さんは普通器械出しやらないのでは。

そもそもこのヒト、オペ室ではなく、外科病棟の師長さんだったのでは??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葵わかなちゃんもそうでしたが、

オペ室のナースと病棟のナースは別ですんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オペ患かあ。

ムカシ、看護婦さんからの朝の申し送りで、

こんなのがありました。

「今日のオペ患は、〇〇さんです。

とくにおかわりありませんが、微熱が高めです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだよ、微熱が高いって(°_°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お熱がやや高めで、微熱です、

と言いたかったという気持ちはわかりましたけど、ウケました。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.23

鼻血のとめ方

 今朝の朝ドラ「半分青い」で鼻血のシーンがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この鼻血の女の子がハナを抑えて仰向けに横になってるシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血の対処法として大変な間違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 救急処置の「止血法」の大原則は

出血部位を心臓より高い位置に保つこと、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕だろうが、足だろうが出血した時は

その出血部位を心臓より高い位置に保持することが基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって、心臓へ還流する流れをふやし、出血を緩和することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、

鼻出血の時は横になってはいけない

立位はいろいろ大変なので、まず椅子に腰かけさせることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして上を向かないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上を向くと血液がのどに流れ込んで凝固しにくいばかりか、

多量の血液を飲むと気持ちが悪くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、椅子に座って「下を向く」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ひたすら圧迫です。

鼻に詰めたティッシュやガーゼは濡れても交換しないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに言うと、鼻根部をつまむのや、首をとんとんするのも意味がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻出血の止血法は看護学校の耳鼻科の試験の大ヤマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHKは、このシーンを医療考証の人に相談したのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 間違って世間に理解されてる鼻出血止血法がますます広がってしまう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今を去ること20年以上前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とある真夏の暑い日に、ワタシは当時小学校前後だった子供2人を

市営プールに連れて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供2人でプールで遊ばせ、ワタシは日陰で本など読んで休んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時に、プールに来ていた小学校3,4年生くらいの男の子が

どうも鼻血を出したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プールの監視員のオジサンのところにいって、

鼻血のことを訴えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは遠くから成り行きを見ていましたが、

やがて、男の子は係のオジサンの指示で、

鼻を抑えてプールサイドの日陰に横になりました。

オジサンはその場を離れ、男の子は一人で横になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おやおや、ということで近くに行ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「まだ、鼻血出てる?」

とのワタシの問いかけに、うなずく男の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、じゃあ、ちょっと起きてみようか、そのまま鼻はおさえてて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と言って、男の子をベンチに座らせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらくすると監視員のオジサン戻ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こら、お前、寝てなきゃダメじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というので、あわててワタシ出ていきまして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのワタクシ、いまは海パン一丁ですが、こう見えて本職は耳鼻科医でして、

鼻出血のときは横にならずに、すわらせておくのが止血法の基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、説明すると、オジサン、一瞬ぎょっとしたようでしたが、信じていただけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、NHKもこの件に対しては訂正を行ってもらいたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.19

その後のブラックペアン

ちょっと前にテレビドラマ「ブラックペアン」について書きましたが、

この件で医者向け掲示板はちょっとした議論になってまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題はコレです。

日本臨床薬理学会、TBS「ブラックペアン」に抗議

ドラマに登場する治験コーディ―ネーターの描写があまりにも現実とかけ離れ過ぎていて

視聴者及び実際に治験を受けようとする患者さんに誤解を与えるため、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについて、ネットのお医者さんの意見は2分しており

「まったく、その通り、ケシカラン」

というものと

「もともとありえないドラマなんだからそうメクジラ立てなくても」

というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもこの治験コーディネーターのくだりは、

原作にはないようなので、完全にTBSの演出らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、治験とはまだ承認されていない薬や治療法の効果と安全性を

患者さんの同意と協力を得て実際に臨床の場で検査する行為で、

全ての新規の薬、医療行為はこの「臨床試験」を経て一般に行われるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その治験コーディネーターというのはかなり新しい職種で

製薬会社と医療供給者が相談していて行っていた業務を

第3者的に調整する業務です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作のブラックペアンは読んでないのですが、

原作のタイトルが「ブラックペアン1988」とあるように

1988年が舞台なため治験コーディネーターは存在していないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治験に関しては、ワタシ自身は大学病院時代にアレルギー性鼻炎を専門としていたため

アレルギー性鼻炎の新薬の治験にかかわった経験があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室にいくら研究費が入ったかは知りませんが、

少なくとも教授はフランス料理の接待は間違いなく受けていないでしょう。

我々実際に論文にかかわった者も、東京で行われた検討会議に出ましたが、

どこかにメシ食べに連れてってもらった覚えはないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、旅費、宿泊費は出たので

この時グリーン車に乗って大変感動したことは鮮明に記憶しております。

なんせ、生まれて初めてだったもんで。(^.^)

高崎東京間だったのであっちゅう間でしたが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このドラマのことですが、

ワタシとしてはやはり世間に誤解を与えることになってはマズいのでは、

とは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットでは実際の刑事と刑事ドラマが別物であることはみんなわかってるでしょう、

などと書かれていましたが、

こと医療となると、ちょっと違うのでは、かと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、かつての「みのもんたの番組」に出てくる

アヤシイ医者のトンデモコメントを真に受けたり、

健康雑誌や、ホメオパシーや民間療法を

こともなく信用してしまう方々は実にいっぱいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレが見れば、まさかそれはねーだろ、と一笑に付すようなことでも、

信じ込んじゃう人が実際いるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、一般の方が刑事さんのお世話になることはまれ(?)ですが、

病気になって病院にかかることは普通にありますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドラマはフィクションであり・・・、とテロップ入れても

どこまでがフィクションでどこまでが真実に近いのかは、

なかなかシロートにはワカラナイのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それならいちいちワンシーンごとに、

「実際には治験コーディネーターからはこのような多額の金銭の供与は行われません」

とか、

「治験コーディネーターが、このようにフランス料理や高級寿司店で接待することはありません」

とか、

「治験コーディネーターにこんな美人はいません」

とかテロップを入れなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうするとさらに

「この場合のように救急搬送された患者に対応する医者が研修医しかおらず

やったこともない救命手術を研修医がいきなりやることはありません。」

とか

「このように手術中に、で、できない、僕にはできないなどと絶叫する医者は実際にはいません。」

とか

「優秀な医者はこのようにタバコぷかぷか吸ってはいません。」

くらいまで、テロップを流さなければならなくなってしまう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ワタシですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、今まで全話見てます。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに一人ではわだかまってしまってキツイので、

必ず妻とツッコミ入れまくりながら見てますが、

何となくこの世界感に慣れてきたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても葵わかなちゃんは病棟にもオペ室にも出没しますが、

いったい病棟のナースなのかオペ室のナースなのか・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.04.26

「ブラックペアン」第1話は見ましたが・・・

 この間、医療ドラマのことを書いたのと

原作が医師で作家の海堂尊氏なので、

なんとなく録画しておいたTBSの「ブラックペアン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 某社MRさんに、センセイ見ましたか、といわれたので、

無視するわけにもいかず、見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに見ててイライラするので、我が家は基本的に医療ドラマ見ません。

ワタシ失敗しませんの女医さんのドラマも、コードブルーとか、医龍とか、

ムカシヒットした「振り返れば奴がいる」(だっけ?)そんなのも一切見たことありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回のドラマですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、これは、ありえねー、本当に海堂尊氏の原作なの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツッコミどころだらけで、もう、コメントのしようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーが、マンガです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、何よりも・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頼むから、「若き天才外科医」、

出ないでくれ。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この設定だけで、見る気が失せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマの宣伝では手術シーンにリアリティを追求した、とのことだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが手術室で毎日のように手術をしていたのはもうずいぶん前だし、

それも頭頸部の手術ばかりで、心臓手術は経験が無いけど、

あまりリアリティは感じませんでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出血してあんな大声で叫びまくる医者はいないし、

顔にかかるほどぴゅーっと出たのは動脈性の出血だから、

そこおさえれば止るんじゃね?

そもそも、 輸血持って来いというのは麻酔科の医者が出す指示だしなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、天才外科医を呼びに行く

あの研修医をまるきりバカにしてるオペ室の看護師さんは

凄くリアリティがあった。

まさに、ナース、あるある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと、オペ室で患者さんをストレッチャーからオペ台に移すとき

みんなでシーツもって「イチ、ニノ、サン」で持ち上げるのはあったなあ。

ワタシが務めていた病院ではあれを「どっこいしょ」といってましたが、

他ではどうなんだろ。

オペ終わると他の部屋の看護師さんなんかに

「どっこいしょ、お願いしまーす。」

といって人を集めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、第2話以降、続きを見たものか、かなり悩むところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルのブラックペアンの「ブラック」は「ブラック企業」のように

何か悪いことを象徴する意味だけかとおもったら、

教授が最後に「ブラックペアン」を使うと手術がうまくいったというしるしで、

みんなが拍手する、ってのも・・・・。

もともと黒塗りの手術器具は顕微鏡での手術用の器械で

そのままだと無影灯の光が反射して見にくいので艶消しの黒塗りなんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにネットで医療ドラマお勧め50選、というのを検索したら、

最初に上げたようなドラマタイトルなどが出てきましたが

見たことがあるのは田宮二郎の映画版「白い巨塔」と

NHKで放映した久坂部羊氏原作の「破裂」、海外ドラマの「ER」だけでした。

久坂部羊氏については以前このブログで書きました。)

「ER」は、かなりよくできていてけっこうおもしろかった。

あまりに長いので途中で見るのやめちゃったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、その医療ドラマ50選を見ると

「若き天才外科医」モノは腐るほどあり、

救急救命センターや内科医、産婦人科、小児科、美容外科、

法医学、監察医、看護師(男性、女性)まであるのだが、

やっぱ、耳鼻咽喉科医のドラマはないんだよなあ、クヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ