ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.21

オリンピックチケット

 オリンピックのチケットの抽選結果が発表になって、

あちこちで当落が話題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほとんどは「当たらなかった、残念」という話題ですが、

中にはもし多数申し込んだチケットが全部当たっていたら

何百万も払うところだったので、

残念な反面、ちょっとホッとした、という意見などもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシといえば、一つも申し込んでなかったので、

ふーん、という冷めた感想ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、それほど見たい競技がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだん、陸上や水泳、体操、柔道などの試合を

見に行くことはありませんし

サッカーは好きだけど、フル代表ならともかく

オリンピック代表では、あまり食指は動きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開会式はちょっと見たいけど、

数万から数十万円も払って見たいかというと、

そこまでではなく、テレビでいいかなあ、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2002年のワールドカップ日韓大会の時は違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時は、チケットは確か郵送で登録制だったので、

自分はもちろん、職員のお父さんの名前、

当院に出入りしている製薬メーカーのヒトの名前を「借りて」応募。

これで40通くらい応募してたしか2通当選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、Jリーグサポーター枠、というのがあって

Jリーグのチケットの半券の裏に

住所と名前を書いて、もぎってもらうと

抽選でチケットの購入権が当たる仕組みがあった。

ふだんからレッズの試合に通っていた甲斐があって、

この枠でも1枚当選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2次募集でも電話かけまくって1試合当選。

その他、サッカー仲間の方があてた枠と

当院の薬局の親会社の方から、サッカー好きの先生のためにと

スポンサー枠的なチケットを譲ってもらい、

全5試合を見ることができました。

結局、日本戦2試合は日本対ベルギーは1人で、

日本対ロシアは友人と、

予選リーグのイングランド対スウェーデンは妻と、

準決勝トルコ対ブラジルはそのスポンサーさんから譲ってもらった人たちと、

そして決勝のドイツ対ブラジルを息子と見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、サッカーファンとして

八方手を尽くして一生懸命努力したので、

それなりの結果が出て

チケットを確保することができ、良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに比べ、今回はそんな気分にはならず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、全競技が完売することはないだろうから、

あまりメンドクサイことはしたくないが、

簡単に手に入る地味なのでイイから

1個くらいは話のタネに見てみたい気もします。

一番お手軽に見られる競技はなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.06.20

ACLラウンド16第1戦はホームで手痛い敗戦

セブンイレブンでチケットを発券。

チケットホルダーに入れようとしたら、この間のチケットが。

そうか、0-4でちんちんにされた試合だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、その後監督交代、ロスタイムでの川崎戦ドロー、

続く鳥栖戦でもロスタイム勝ち越しで

チーム状態は上向きに。

本日はACLノックアウトステージの第1戦だ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高速に向かう途中でめずらしいクルマ。

お、これはルノー・ゴルディーニ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走ってるところ初めて見ました。

乗っているのは年輩の方のようですが、

フレンチブルーに白の2本ライン入りはかなりのカーマニアでしょう。

素敵ですね。

それにしても、おそらく排ガス対策などは全くない時代のクルマなので

うしろ走っているとクサイ、クサイ、スゴイ臭い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなこんなでたそがれの埼玉スタジアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雑草、伸びたなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日から、アジアチャンピオンズリーグは、

ノックアウトステージへ。

いつもより30分遅い、7時半のキックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************************

2019年ACLノックアウトステージラウンド16第1戦

 浦和レッズ  1-2   蔚山現代 (埼玉スタジアム2002)

    (前半 1-1)

    (後半 0-1)

*********************************************************************************

 今日の相手は韓国の蔚山現代。

チームの情報は知らないし、何と読むかも知らなかったが「ウルサン」らしい。

今夜はメインアッパーは閉鎖。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦の優勝はやや遠いが、アジアチャンピオンはまだまだ狙える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 韓国からのサポーターは数えるほど。

聞くところによるとこのチームは実力はあるが、成績のわりに人気はイマイチで、

ホームゲームも空席多いらしい。

ん?レッズと逆??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のレッズの布陣は、なんとワントップに杉本健勇。

2シャドーに興梠、武藤。青木とボランチを組むエヴェルトンがボールをさばき、

両ワイドは山中と森脇。

3バックは槙野、鈴木、岩波、GK西川である。

注目はなんといっても、ひさびさの先発になった14番、杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始後、ゲームはレッズの支配で進む。

蔚山は自陣深くブロックをしいて、カウンター狙い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ、蔚山サイドだけでゲームが展開。

なんだ、蔚山、たいしたことないじゃん、という印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時間帯に得点を奪うことが大事だ、と思っていたら、

37分、待望の先制点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも得点者は、青木からのクロスに頭で合わせた杉本健勇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも得点が欲しかった男が、ここ一番で結果を出した。

スタジアム全体もそのことがわかっていて、感動の嵐。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、もうこの展開で、このゴールで、今日は決まったな、

ホントに良かった良かった、と思ったのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアムも、チームも、感動しすぎた・・・・。

前半終了間際、中央でのボールロストから、突破を許し、

蔚山のヘッドはすんなりとレッズゴールに吸い込まれてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、何で、入っちゃったの、というようなエアポケット的な失点であった。

オーロラビジョンでのリプレイが無かったので、

なおさらキツネにつままれたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、仕切り直しだ。

アウェイゴールを喰らっちまったので、

ここはもう2点くらいとって3-1くらいにしておかないと第2戦がキツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蔚山にすればアウェイで1-1なら、かなり有利なので、

そのままブロックを固めてカウンターという戦法をとり続けるかと思ったが

あにはからんや、後半、蔚山は別のチームのように攻撃的になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この豹変ぶりに、ちょっとたじろぐレッズの選手。

押し込まれる時間が増えてくる。

あー、早く点が欲しいのに時間が過ぎてゆく、とふと手元の時計を見ると、

見慣れたGショックが、なんか、オカシイ。

 

 

 これは、Gショックの上半分のウレタン部分がわれて落ちて、

下の赤い部分がむき出しになってる。

Gショックは経年劣化でウレタンがわれてしまうことが多いが、

これは大事な大事な浦和レッズ限定モデル。

うわー、大ショック、不吉極まりない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 69分杉本に代えて汰木康也投入。

個人的には、もうちょっと杉本使ってほしかったが。

興梠がワントップにまわり、汰木がシャドーに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして72分に森脇に代えて、この前の試合でゴールを決めた宇賀神を右サイドに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日の観客数は20741人

蔚山サポーターは20人にも満たない感じなので、

のこりの2万720人位はレッズの勝ち越しゴールを渇望していたが、

なんと、中盤からドリブルで持ち込まれたボールをそのままミドル打たれ

これがまた、ナゼカ、入ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたキツネにつままれたような失点で、残り時間9分で1-2となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、青木に代えて柴戸が投入されるも得点を奪えず、

4分のロスタイムもむなしく過ぎて試合終了のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大槻組長の不敗神話も途絶え、勝ち抜くためには

次のアウェイゲームで、2-0

または、1点差の場合は3点以上取らなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、この試合は90分ではなく180分の試合の前半。

ということは、ロスタイムで逆転勝利する大槻組長のサッカーをもってすれば、

まだまだ、これからだ、・・・・・・と、考えたい。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.06.15

大槻神話、始まるか?

土曜日のナイトマッチ、現地参戦も考えたが、

水曜日のアジアチャンピオンリーグ、来週土曜日の鹿島アントラーズ戦にも

行こうかと思い、

また天気予報でかなりの大雨とあったので、

つい日和ってDAZNでいいやと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて夕方6時50分になり、テレビでDAZNのアプリを開く。

ところがなぜかログインできず。

手帳でメールアドレスとパスワードを再確認して入力するが、

どうしても加入手続きの画面になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自室に戻ってパソコンでログインするも、同様。

iPadもダメだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかでパスワード変えちゃったかな、と思い、

パスワード再設定の手続きをするが、

やはりログイン出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう時間もだいぶ経ってしまったので、

あきらめて、風呂に入る。

********************************************************************************

2019年J1第15節

浦和レッズ  2ー1      サガン鳥栖 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-1)

   (後半 1-0)

*********************************************************************************

けっきょく、9時からのNHKBSのJリーグタイムで、

結果だけ見る羽目になった。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大槻組長復帰で、劇的なロスタイム同点劇、土壇場の黒星回避から約一週間。

間に代表戦を挟んで、ホームに迎えた相手はサガン鳥栖。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、開幕から負けがこんで、降格圏に入り、

監督が交代、チーム立て直し中のチームである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何しろ2、3分のニュース映像なので、試合内容については、

コメントを書けないが、

ロスタイムの興梠の勝ち越しゴールで、

勝ち点3をゲットした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容はともかく、この2試合連続のロスタイムゴールは、

大槻組長の神がかり的なイメージを増強したのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想でも勘違いでもいいが、

この2試合の流れで、チームが自信を取り戻しつつあるのは、

間違いない。

もともとタレントは豊富なチームなので、

勢いがつけば、このイメージが実体を持ってくるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、つくづく相性の悪いワタシとDAZN。

もういっそこの際、解約しちまおうかなあ。

 


コメントはまだありません
2019.06.02

組長、おかえりなさいませ。

サンフレッチェ広島に0ー4でチンチンにされた試合を生で見た翌日の月曜日には

何のアナウンスもなかったが、

翌火曜日に突然オリヴェイラ監督との契約解消が

チームから発表された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あの男「組長」が、帰ってきた。

 

****************************************************************************************

2019年J1第13節

川崎フロンターレ      1ー1     浦和レッズ  (等々力陸上競技場)

                 (前半       0ー0)

                 (後半       1ー1)

****************************************************************************************

10年ぶりの4連敗では、監督交代もやむなしだし、

現時点で新監督の選択としては、

大槻氏しかない、というのも納得である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はオールバックは封印する、という話は聞いていたが、

またまたインパクトあるヘアースタイルだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に先日の川崎市の通り魔殺人事件に対する黙とう。

まったく、痛ましい、許せない事件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながらスタメンもいじってきて、

チーム内にも新たな緊張が感じられる。

赤字が変わったスタメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーキー岩武はリーグ戦初出場、初先発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その新鮮なスタメンと、監督交代の緊張からくる前がかりな攻めに

当初、川崎フロンターレは完全に気圧されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのレッズには無い早い縦へのボールの供給は

川崎に不安と混乱を起こさせ、

しばしば決定的なチャンスを演出した。

前半2分の宇賀神のシュートはゴールネットを揺らしたが、

オフサイドの判定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、なんか行けるぞ感が、満ち満ちて、良い感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、点は取れるときに取らないと・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は0ー0で終了。

ボクシングなら判定は10対8でレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大槻新監督も、この時点ではそれなりの手応えを感じていたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、さすがは2連覇のチャンピオンチーム、

後半、キッチリと修正を入れてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の半ば過ぎから次第にゆるくなったレッズのプレスに

川崎フロンターレは攻勢を強めてきていたが、

55分、ついにレッズのゴールを破る。

得点したのはゼロックスでもやられた、

レアンドロ・ダミアン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、完全に川崎のゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早いパス回しと、前線からの守備で

レッズは攻撃の機会さえ与えられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎の選手はのびのびとプレーをし、

その表情には、どの選手も余裕の笑みがこぼれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、追加点は入らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、点は取れるときに取らないと・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半のロスタイムは4分。

そこまで完璧なサッカーで、川崎の勝利は99%固い、と思われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最後のコーナーキック、奇跡は起きた。

レッズはゴールキーパーの西川まで相手ペナルティボックスにあがる。

まあ、だいたいこんな展開は、負けパターンである。

キーパーが上がってゴールが決まったなんて、

何年か前の天皇杯でモンティディオ山形の

GK山岸が決めたヘッドくらいしか思い浮かばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、武藤のコーナーキックは一度ははじき出されたが、

宇賀神がふたたびボックス内へとキック。

それを足技に長けたゴールキーパー西川がアシストし

ボールは森脇の前に。

思い切って打ったシュートは相手DFに当たって

フロンターレゴールに吸い込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4分のロスタイムの5分目のことであった。

直接ゴールではないが、ボックス内で相手DFを背負ってフリックしたところが西川らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年暫定監督時代、公式戦4勝2分けと無敗だった

大槻監督の「無敗神話」はいまだ健在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイッスルとともにピッチに倒れこんだ川崎の選手に与えたダメージは少なく無いが

それよりも新体制の初戦で強豪チーム相手のアウェイゲームで

絶対的劣勢の中、ロスタイムに同点ゴールを挙げ、

4連敗から脱出したことは

限りなく大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリヴェイラ体制下でかつての鹿島アントラーズのような

タイトルとりまくりの黄金時代の到来は淡い夢と消えたが、

ここから、無敗神話が続けば、なんてことも

チラッと思ってみちゃったりするのだった。

 

 

 


1件のコメント
2019.05.26

5月の猛暑の中、4連敗となる

5月としては記録的な猛暑。

関東地方の予想最高気温は軒並み34~5℃。

これは、クルマをオープンにしていくのは無理だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時キックオフなので、途中の定食屋さんで、カツ丼を食べていくことにした。

検索すると、道中のこの店がヒット。

こういう昔ながらの個人の定食屋さんが好きなもので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べログ、便利ですね。

昭和47年といえば、1972年。

たぶん、店主は2代目でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、フツーに美味しかったので、マンゾクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダの付け合わせもマル、ですが、一切れあるバナナはやや疑問。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、アツイアツイ。

湿度はさほどではないが、日差しと気温が真夏のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、頭の中のカレンダーが錯覚を起こしそう。

今、何月だったっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもキックオフは午後2時。

影はほぼ足元だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツ丼食ってのんびりしてたので、到着はギリギリ。

スタジアムの外で、スタメンの発表を聴く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありゃま、マッチデー完売かー、マズった。

今日は、そんなに満員ではないはずだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、スタジアムへ。

コレオの文字は「No Guts,No Glory」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******************************************************************************************

2019年J1第13節

浦和レッズ    0-4    サンフレッチェ広島 (埼玉スタジアム2002))

      (前半   0-2)

      (後半   0-2)

******************************************************************************************

ともに勝ち点17で8位のサンフレッチェ,10位の浦和。

3連敗中の浦和だが、5連敗中のサンフレッチェである。

今日メインスタンドを選んだのは陽射しの関係。

午後2時の時点でバックスタンドロアーは、この陽射し。

この後、次第にアッパ―に向かうと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインロワーは、陽射しが無く、屋根も2重で涼しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺、ホームスタジアムを知り尽くしたプロの選択?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開始4分にレッズの攻撃で、ボールは相手ポストを叩きゴールならず。

その2分後、サンフレッチェの攻撃で鈴木のクリアーはレッズゴールのポストに当たり、

ああ、これで、おあいこだなと思った次の瞬間、

こぼれ球を森嶋に先制点を決められてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆらゆらしていた試合の歯車が、広島方向にまわりだした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにお互いにポストをたたいた2本が、両者の吉凶を占うことになった。

ブロックを作り守備にまわった広島相手になかなかアタッキングサードまでボールを運べない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうこうするうちに広島に2点目が入る。

コーナーキックから押し込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーパー西川は、しばらく立ち上がれず手当を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は0-2、ハーフタイムのホイッスルとともに大ブーイング。

そして、後半。 

2点差はサッカーではセーフティリードではない、

1点取ればここはホームだ、流れが変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 交代のカードまずは宇賀神、後半最初から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ファブリシオが入り、トップ中央に、

武藤と興梠は1.5列目にまわり

ワントップツーシャドーあるいは3トップ気味で、攻撃的に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、63分、交代したハイネルのシュート、

西川、いったんは防ぐが押し込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3点差はキツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑さも、選手の意気を削ぐ。

勝っていればいいが、0-3でこの暑さではさすがに萎える。

ワタシも熱中症対策で持ってきた水筒は、後半途中で空になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 77分、興梠に代えて汰木康也。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、80分に4点目をくらい、撃沈。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4失点は、ないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3万3千人、落胆す。

今日は、普段は75分過ぎに出る公式入場者数の発表がこんな時間になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島は5連敗から脱出、レッズは4連敗となった。

ホーム4失点は2年ぶり、4連敗は10年ぶり・・・・(T_T)

バックスタンドのヒトは西日をモロに受け、疲労感はさらに倍加したかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 No Guts,No Glory。

そうだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、強い日差しの中を変えるヒトビト、うなだれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りの、館林市内。

ふと、信号で止まったクルマにレッズのステッカー。

前の車も、同じ思いで家路を急ぐんだなあ。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.22

交代で入った長澤の活躍などでACL予選突破。

 あの(黒)歴史に残るゲームから、中三日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 に、しても、エライ書かれようだなあ。

完全に、悪役にまわっている。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今夜のこのゲームに勝つことで、また顔を上げることができる。

そのためにも・・・・・

****************************************************************************************

2019 ACL グループステージ最終節

 浦和レッズ  3-0   北京国安 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 2-0)

   (後半 1-0)

****************************************************************************************

 こんな、大事な試合に現地に行けないなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのスタメンは予想通り、現時点でのベストメンバー。

金曜日の試合からの連続出場はGK西川を除けば、DF鈴木とキャプテン柏木のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回書いたようなレギュレーションの解釈から、

この試合でレッズが勝ち抜ける条件は、勝利あるいは0-0のドロー。

負ければもちろんだが、1-1,2-2の引き分けでも敗退が決定してしまう。

それにしても、北京国安のユニフォームカラーが

湘南ベルマーレと同じライトグリーンであるのは何となく、ヤナカンジだ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリヴェイラ監督がどう出るかが見ものであったが、

試合は、レッズが仕掛けるスタイルで始まった。

たしかに、0-0で守り切るという手は、なかなか狙ってできるものではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、開始早々にアクシデント。

13分、キャプテンマークを巻く柏木陽介が相手との接触から交代を余儀なくされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 代わって、入ったのが長澤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、何が幸いするかワカラナイ。

この長澤が、結果的に今夜のキーマンになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 34分、武藤からのパスを受けた長澤は

そのままボックス内で相手をかわし、右足を一閃。

ボールは相手ゴールに吸い込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで1-0。

だが、先も言った通り、このスコアはリスキーだ。

このまま、進んで終盤に1点取られたらレッズは1-1でアウトになる。

ある意味、パンドラの箱を開けてしまったかもしれないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、41分の2点目は大きかった。

左サイドを巧みなボディバランスで突破した長澤がカットイン、

シュートを打つと見せかけてDFを引き付けたところで武藤にパス。

これを武藤が倒れ込みながら打ったボールは相手DFに当たったがゴールイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2-0となると、1点取られてもまだ勝ちなので、ここではじめて余裕が生まれる。

柏木の思わぬ負傷から交代した長澤の活躍が、この2点を生んだことを考えると、

この間の誤審といい何が幸運や、何が不幸につながるかはワカラナイ。

まさに禍福はあざなえる縄の如し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、むろん、セーフティではない。

後半45分間、守りに入って1点でもとられれば、またサドンデスに逆戻りだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは、守りに入らず、積極的にボール奪取に行き攻撃的に進めた。

支配率はやや北京に傾いたが、引きこもってブロック一方ではなく、

カウンターで相手を脅かす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジリジリした展開の中、時計はレッズの味方である。

北京も次第に焦りをあらわにしていく。

特に、監督。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、試合をフィニッシュさせたのはエース興梠。

81分、山中のパスを左サイド深いところから武藤がダイレクトでマイナス方向へ折り返し、

これを抜群のポジション取りをした興梠が、これまたダイレクトでシュート。

まさに、息の根を止めるストライカーの一発であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、3-0の快勝で、グループ2位での予選通過を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レナト・アウグスト、ビエラ、そしてこのセドリック・バカンプを擁する

強豪北京国安から勝ち点3をもぎ取ってのラウンド16進出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、チームの上昇気流になってくれるといいんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.18

因果はめぐる

 悪名高い(?)金曜日のJリーグ。

金曜日の夜はスイミングに通ってるので、帰宅後DAZNの見逃し配信で視聴。

この、見逃し配信、というのも気に食わねえなあ。

別に、見逃したわけでは無く、最初から録画で見る予定だったわけで、

「見逃し」とかいわれると、こちらに落ち度がある感じがするのが、

ビミョーに不快である。

 

**********************************************************************************************

2019年J1第12節

浦和レッズ  2-3   湘南ベルマーレ (埼玉スタジアム2002)

  (前半  2-0)

  (後半  0-3)

**********************************************************************************************

 試合前は、金曜日の地味なカードと思われていたが、

いろいろと「歴史に残る」試合になってしまった、悪い意味で・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、驚きのスタメン。

GK西川はいいとして、DFの中央は阿部ちゃん、両ワイドは宇賀神、荻原を置き、

中盤には柏木、長澤と先発から柴戸海。

2トップはなんと、マルティノスとアンドリューナバウトを持ってきた。

槙野、山中、森脇、エヴェルトン、興梠、武藤などはごっそり抜けた。

これはむろん、来週火曜日のACL予選突破をかけた北京国安戦に、

主力を温存するためだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まるで、リーグ戦とカップ戦の比重が入れ替わっているが、

まあ、現状ではこの采配もやむなし、といったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、序盤はそのサブ組の奮起と、

予想外のメンバーに相手湘南が対応に混乱をきたしていたこともあり、

このスタメンは「吉」とでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半22分のゴールはマルティノスから柴戸へ出たマイナスのボールを、

柴戸がゴール前の長澤にダイレクトで通し、

長澤が相手DFを背負いながらの素早い反転からのシュートから生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、わずか3分後の25分には長澤とマルティノスがボールを奪い、

ドリブルで持ち込んだマルティノスがアンドリューナバウトにスルーパス。

これを、アンドリューナバウトが落ち着いて決め、あっという間に2点差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタメン抜擢組の連携で、流れの中から得点し、

長澤は今季初ゴール、

アンドリューナバウトは昨年レッズ加入以来の待望の初ゴールを記録し、

流れは完全にレッズ。

こりゃあ、今晩は楽勝じゃい。

スタメン組もうかうかしてられんぞ、

などとヌカヨロコビしたファンは多いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、その流れが、あんな事件で変わろうとは・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 31分、元レッズの梅崎からのパスを受けた湘南GW杉岡は

思い切りよくシュート。

シュートは西川の手の先を走り、

レッズのゴールポストをたたいて反対側のサイドネットにゴールイン。

西川はくやしがりながらもボールを拾って、センターサークルに戻す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、主審が、これを見逃し、ノーゴールと誤審。

試合がそのまま流され、相手ゴール前までボールが運ばれたところで

アンドリューナバウトが、倒され、負傷。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 湘南側の猛抗議があったが、何故か主審は副審に意見を求めず、

そのままノーゴールの判定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DAZNでは繰り返し、ゴールシーンが流されたが、

スローやストップモーションを使わなくとも、明らかにボールはゴールに入っている。

ゴールシーンやそれ以外のビッグチャンスは

通常スタジアムのオーロラビジョンで試合中に再生されるが、

たぶん、今回は埼玉スタジアムのオーロラビジョンでは

その映像はヤバ過ぎて流されなかったんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、レッズの選手も、ベルマーレの選手も

あれは本当はゴールインだった、ということはわかっていたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となると、湘南の選手はコンチキショー、ふざけやがって、と闘争心に火が付き、

レッズの選手はホッとしながらも、後ろめたいモヤモヤした気分が付きまとう。

ハーフタイムのロッカールームで、その「気分」はさらに増幅されたはず。

レッズの選手にしてみれば自分が悪いことをしたわけでは無いが、

何となく、犯罪の片棒を担がされたような・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、2点取ったあとだったので、

レッズはあそこで1点失っても良かった。

むしろその方が、ストレートな気持ちで戦えたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、後半開始早々、湘南菊池のゴールが決まった時は

「2-1だが、ホントは、これで2-2の同点だったんだなあ。」

ということは、みな考えただろうし、

79分にまたまた菊池のゴールで2点目が入った時は、

「あー、2-2で同点だけど、実際は2-3のわけなんだなあ。」

と、思ったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ロスタイムでベルマーレの3点目が決まった時、

ああ、これで、罪は許された、と思ったヒトもいるかもしれない。

あの幻のゴールがあっても、無くても

レッズの勝ち点は0、湘南は勝ち点3、

ということになったわけで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝負にたら、れば、はないが、

あのゴールが認められていればレッズが勝てたかも、

ということは、じゅうぶん考えられることだ。

アンドリューナバウトのケガもなっかっただろうし・・・。(T_T)

 

げにサッカーとはメンタルなスポーツであるぞかし。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.15

名古屋に完敗しリーグ戦2連敗

 この試合は5月12日に行われDAZNではあったが、ライブ配信で見たのですが、

何となく、60歳の誕生日のブログとしては内容がアレでしたので、

掲載が遅くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日の15時の名古屋アウェイはその気になれば現地観戦が可能な試合。

そしてまた、木、金、土は大阪で日耳鼻総会だったので、

土曜日まで休診にして学会に参加すれば、

日曜日の帰りがけに、名古屋で下車して観戦、などという大名旅行だって

可能な選択肢にあったわけですが・・・・・・・。

 

********************************************************************************************

2019年J1第11節

名古屋グランパス  2-0   浦和レッズ (豊田スタジアム)

    (前半   2-0)

    (後半   0-0)

********************************************************************************************

 うーん、その気にならなくて良かった。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ACLのタイのブリ―ラム戦で快勝し、意気上がるレッズであったが、

いっぽうの名古屋グランパスは、現在絶好調。

リーグ戦は2位につけ、今期のホームゲームは4連勝中、

しかもすべて無失点で、連続無失点時間記録も更新中なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大枚はたいて獲得したジョーや、風間監督のサッカーがようやく実を結び、

今や、リーグ内でも屈指のチーム力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合が、始まってすぐわかった。

アジアチャンピオンズリーグよりはだんぜんレベルが高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーはボール支配率の高いチームがつねに勝つとは限らない。

むしろ、カウンター主体で

相手の守備が手薄なところに攻め込んだ方が得点の確率は高く、

近年、「ボールをポゼッションして圧倒するサッカー」は廃れつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、名古屋はこの「王道のサッカー」でレッズを圧倒し、勝利した。

ジュビロ戦は最終盤のミスからイタイ敗戦を喫したが、

今回は、いや、もう、完敗ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもレッズの攻撃陣には決め手がない。

前回、ケガから復帰してタイに帯同したとの情報もあったファブリシオだが、

今回はサブにも入ってなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオ、アンドリューナバウト、そして杉本健勇、

いったい、タレント豊富なはずのレッズのフォワードはどこ行っちゃったんだ。

武藤がわずか1ゴール、あとは興梠しか点を取ってないという状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、今年もダメかも・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、次節はまた金曜日開催。

日曜日の名古屋は行けるが、金曜日の埼玉スタジアムはどう考えてもムリ。

そしてそして、その次の大事なACLグループステージ最終節北京戦は、

またまた火曜日の埼玉スタジアム。

行けるわけねーじゃん。

何とかしてほしいぞ、この日程。ヽ(`Д´)ノプンプン

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.09

アウェイでブリーラムに勝ち、最終節に望みをつなぐ

ゴールデンウィーク中のリーグ戦では、

5万人の前で残念すぎる敗戦を喫したレッズは、

わずか中3日で灼熱のタイでのアウェイゲームに臨んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ACLにしても全北現代にアウェイとホームで2連敗し、

予選通過圏外の3位に転落したレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ACLヤバそうなのでソッチはそこそこにして、

リーグ戦に精力を傾けよう。

というムードから、いや、リーグ戦も厳しそうだから、

ACLの方も諦めないでタイトル奪取の可能性をひとつでも多く残さねば、

というモチベーションになったとすれば、

ジュビロ戦の敗戦もマイナスの経験ではなくなる、

などとポジティブシンキングをしてみる。

 

****************************************************************

2019年ACLグループステージ第5節

ブリーラム・ユナイテッド   1ー2    浦和レッズ

                              (前半    1ー2)

                              (後半    0ー0)

 

****************************************************************

タイは熱帯雨林気候、気温は摂氏30度を超え、湿度も高そうだ。

試合は真夏のJリーグでみられる吸水タイムがとられるコンディションであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリヴェイラ監督は前節試合後のコメントどおり、

ミッドフィールドに長澤とエヴェルトン、

もう一人は敗戦の原因となったバックパスミスの青木を入れ、

3バックは中央に岩波、左右に槇野、鈴木、

ワイドは山中と、やはり全北戦で失点の原因をつくった森脇、

2トップは興梠と武藤という、

俠気のある布陣をはってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリーラムは、負ければ予選敗退が決まる。

一方のレッズは、この試合を含めた残り2試合を連勝すれば、

自力突破が可能である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、開始わずか3分での興梠の先制点は、

浦和に大きな勇気を与えた。

何しろ得点力不足のなか、

セットプレーではなく、流れの中からの得点はイケる感があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかにJリーグのチームよりも守備は格下のブリーラムディフェンス陣相手に、

すぐにでも追加点が取れるかと思ったが、

そこは浦和レッズ、先制点のちょうど10分後の13分に

相手の中では唯一警戒しなければならないペドロ・ジュニオールに、あっさり同点ゴールを許してしまう。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽勝ムードに冷水を浴びせられ、事態の深刻さを改めて認識させられたレッズは、

今度はペドロ・ジュニオールの動きに常に注意を払い

チャンスの芽を潰しつつ攻撃の厚みを増してゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、またまた10分たった23分、

バイタルエリア内でエヴェルトンが体を張ってキープしたボールが、

ゴール前の武藤に渡る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、1点目の興梠のゴール左隅に決めたシュートと

まったく左右対称のような武藤の左足のシュートが、

ゴール右隅に決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武藤の今期初ゴールは、

いったんは追いついたブリーラムにかなりのダメージを与えたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、双方にチャンスはあったが、

結局スコアは動かず、2ー1でレッズの勝利。

勝ち点を7に伸ばし最終節に望みをつないだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまででグループEは、

全北現代の1位通過と、ブリーラムの予選敗退が決定。

次の北京国安との直接対決でレッズは2位通過を狙うわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点で勝ち点は同じ、得失点差でレッズが2位ではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、勝った方が勝ち抜け、ということは当然だが、

引き分けの場合は少々ややこしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き分けなら2位のレッズがそのまま予選通過かと思いきや、

勝ち点が並んだ場合、当該チーム間での優劣が決め手になる。

つまり直接対決の2戦での勝ち点、得失点差、総得点、アウェイゴール数、の順になる。

そこで差が無い場合はグループステージ全体の得失点差、総得点の順に評価される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウェイでの北京国安戦は0ー0の引き分けだったので、

最終節が引き分けの場合、

当該チーム間での勝ち点、得失点差、総得点には差がつかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると当該チーム間でのアウェイゴールが関わってくる。

0ー0の場合はこれも差がつかないので、

グループ全体での得失点差で上をゆくレッズが勝ち抜け。

1ー1の引き分けの場合には北京の埼玉スタジアムでのアウェイゴールがカウントされ、北京国安の勝ち抜けとなってしまう。

もちろん2ー2でも3ー3でも負け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでレッズ的には、0ー0で試合が進んだ場合、

1点取られたら2点を取らないとダメ、という事態になる。

先制点を取っても1点取られたら負けちゃう、ということになる。

あー、今からドキドキしちゃいますね。

やだな。

オリヴェイラ監督の戦術に期待したいです。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.05.04

憑き物と香辛料

 さて5月3日は後半5連休の2日目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この5連休の予定といえば、真ん中の4日に

埼玉スタジアムに浦和レッズの試合を見に行くことくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとはのんびりして、

本を読んだり、模型を作ったり、録りためた映画を見たり、

という予定。

これが大変、楽しみ。

妻は1日午後から、九州の実家に帰っており、

ワタシの役目は、イヌの世話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり外にも出ず、もっぱら基本は3食自炊なのだが、

昨夜遅く、急遽、息子が帰ってくるとのLINEが入ったため、

お昼はカレーでも作るか、と思いたった。

朝、ご飯を炊き、朝飯の支度とともに、カレーも仕込んでおく。

とりあえず、「減塩」で。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はお昼ころ着くとのことであったが、

その後、特急りょうもう号が満席でとれず、

やや、遅れるとのこと。

じゃあ、こっちは、先に食べちゃうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、カレーを火にかけ、

まったりとなんかテレビでも見ながら食べよう、

とテレビをつけ番組表を検索すると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「!」

 

 

 

 

 

 

 

 14時からテレ玉で、「浦和レッズ スーパーマッチ」ですと!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、試合はたしか、明日では・・・・

と調べると、なんと本日5月3日午後2時キックオフ

ハッと、時計を見ると、現在午後0時30分!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やばーーーーーい💦、勘違いをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、カレーの火を止めて、支度をする。

チケットは買ってあるが、まだ発券していないので、

まずセブンイレブンに寄って行かないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レプリカやタオマフをバッグに詰め、クルマで出発。

ちょっと走ったら

「ETCカードが挿入されていません」

と、機械がしゃべる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シマッタ、こりゃ、イカンと、すぐさま自宅へとってかえし、

もう1台のクルマからカードを抜き取って、再出発。

あせっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番近い駅前のセブンイレブンに寄ったら、

向かいの専門学校で何かイベントらしきものをやってて、

ヒトがうじゃうじゃ。

レジは列ができている。

ここは、時間がかかる、ダメだ、とまたクルマに戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、昨日までに発券しておけばよかった。

そうすれば、日時の勘違いにも気づいたかも、だし。

ともかく、街道沿いのセブンイレブンで、チケットを発券し、

埼玉スタジアムに向かう。

もう、半泣きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い道は、混んでおらず、一般道、高速道を吹っ飛ばしてゆく。

 

気持ちが動転してるので、ヒトやネコをはねたら大変だ。

 

こういう時は、気をつけないと。

 

ネコならいいが、ヒトだと一生がフイになっちまう。

 

いやいや、ナニを言ってる、ネコだってはねたらダメだ。

 

 

・・・・・あせっているので、どうも思考が混乱している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お腹は空くが、スタジアムでお弁当でも買えばいい、とまずは現地へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう、誰もいませんね。

キックオフ時間はテレ玉の中継があるということは14時4分だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2019年J1第10節

浦和レッズ   0-1    ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  0-0)

   (後半  0-1)

*********************************************************************************************

 

 

 

 

 そんなわけで、滑りこんだのは開始15分後、まだ0-0であった。

昼メシは、キックオフ後なのに売店前にまだけっこう長い列ができていたので、後回し。

まったく、今日はどうしちゃったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはスリーバックか、ふんふん槙野、マウリシオ、鈴木、

両ワイドが山中と、森脇で、中央に長澤とエヴェルトン、

2トップは武藤、興梠、主審は・・・あの顔は松尾一だな、

と、ピッチを見ながらスタメンと、そのスパイクの色を確認する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、メインスタンド南をとったので、ジュビサポモちらほら。

それにしても、バックスタンド上方までよく入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半30分過ぎに出るオーロラビジョンでは、

本日の入場者数は53361人、と発表されました。

たいしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは、ボールを支配するが、司令塔の柏木を欠くためか、

なかなか有効な攻撃ができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に、カウンターから決定機をつくられ、西川のファインセーブで間一髪しのいでいる。

文化シャッターの「Nice Save」、今日は何回あったかしら。

そのたびにざわつく、これまた上までいっぱいのメインスタンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マッチデープログラムと何か食いものを買おうと、

後半終了前にコンコースに出たが、

マッチデーを買って戻るとすでに飲食販売はごった返しており、

蛇行する列にならぶ元気もなく、食事はあきらめる。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的には前半からの流れだが、

次第にレッズも形ができてきた。

しかし、得点力不足・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3連勝したが、ついに引き分けか、とおもった88分。

レッズに最大の決定機が訪れる。

山中がカウンターから抜け出し、キーパーと1対1。

よし、そこだ打て―(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

・・・・・・・打たねー (*_*;

 

 

 

 

 

 

 

なんと、中の興梠に出したが、コースが甘く、キーパーに止められる。

おそらく前節エスパルス戦の汰木~興梠のゴールが頭にあったのかとは思うが・・・。

あそこは、打つでしょ。

そのままロスタイム突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、4分のロスタイムも残りわずかとなった時、

レッズ左サイドにいた青木が何を血迷ったか、

キーパーに、不用意なバックパス。

むろん、ロドリゲスがそれを見逃すはずが無く、

かっさらって、持ち込んでシュート。

そりゃ、うれしいよな、満員のアウェイでレッズ相手にロスタイムのゴールなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決勝点となって試合は0-1で終了、レッズにとっては痛すぎる敗戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、最初からツイてなかったからなあ。

負け方のパターンとしてはサイアクだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、どうも何かとり憑いているらしい・・・。

さらに悪いことは続く。

なんと帰り道で、スマホの液晶がおかしくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに、足利の携帯ショップにもっていったら、

これは、修理ですね、

ここではできませんのでアップルショップに持ち込んでください。

または、機種交換しちゃいますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この際、機種交換でもいいかな、とも思ったのだが、

待ち人数もいて1時間くらいかかる、とのこと。

ともかく腹が減ってどうしようもなかったので、

いったん帰宅することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、朝飯のあとは、何も食べられず、

帰ってから午後7時に、遅い昼ご飯を食べました。

まあ、カレーは良くできてましたけど・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、カレーライス食べて少ししたら、なんと液晶が復活。

あら、機種交換しなくて良かった。

カレーの香辛料が効いたのだろうか・・・・。

香辛料は、古くはクスリや魔除けとして用いられていた。

ジャワカレーだし・・・。

カレー食べてから行けば、試合も勝ったかなあ・・・、なんて。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ