ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.16

なつやすみの思い出

 この6日間の夏休み、唯一の「お出かけ」は15日夜の埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 猛暑が続くが、雲には秋の気配も垣間見える8月15日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブタクサの季節も始まるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はいつもと違って南ゲートから入場してみました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 席もいつもと違いスタンドで一番安いバックアッパーではなく、

バックロアーのSB席、3200円。

休み中全くお金使わなかったから、というわけではありませんが・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、発雷確率も気になったので、

バックアッパーの下のいちばん雨にぬれにくいこの席にしたんですが、

結局雨降らなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また今日も上りの蓮田サービスエリアで夕食のお気に入り「かき揚げ弁当」550円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前も書いたけど、このようにぐちゃぐちゃにして、食べるのが好きなのです。

イヌか、ネコのご飯みたいだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜の相手は、ジュビロ磐田。

2016年にJ1に復帰してからの対戦成績は浦和の1勝1分け3敗。

今年のアウエイでも逆転負け、また、埼スタでは2年連続で敗戦を喫している苦手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、現在9位の浦和、10位のジュビロだがともに勝ち点は28。

得失点差でレッズが上だが、負けた方が蹴落とされるというシビアな試合である。

相手選手紹介で一番ブーイングが大きかったのはサブの大久保であった。

気持ちは、わかる。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はイエロー累積でSBマウリシオが欠場。

最終ラインは真ん中に阿部が入り、左槙野、右岩波の3バック。

阿部ちゃんは、ホント「使えます」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************

2018年J1第22節

浦和レッズ 4-0 ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 0-0)

  (後半 4-0)

********************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 さて、何回か書いたが、ここ最近の浦和レッズは、

引いた相手に対しボールを保持した試合では苦戦し、

逆に相手に持たせて早い攻撃やセットプレーで得点している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、磐田がどう来るかが見ものであったが、

この通り、かなり高いディフェンスラインをひいてきた。

これなら、チャンスがあるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、前半は0-0。

ポスト直撃のあぶないシュートも受けたし、予断許さない展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始後10分、右サイドの崩しから青木が強烈なミドル。

これがカミンスキーにはじかれるが、それをファブリシオが見事なボレーで叩きこみ、先制。

写真よくわかんないですね。

ゴールの瞬間立ち上がったら、カメラのバッテリーがずれたみたいで、

電源が入らなくなってしまい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、59分、柏木に代えてケガから復帰した長澤投入。

中盤の厚みという意味で彼の復帰は心強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、待望の追加点は59分、

武藤のパスにラインの裏に抜け出したファブリシオがキーパーを見てシュート。

またしてもファブリシオ、今日の彼は「来ている」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今期初先発の森脇に代えてはいったのは、

橋岡ではなく、菊池大輔であった。

それにしても、今夜の森脇は気合入ってたなあ。

やはり、橋岡の存在が脅威だったのでしょうね。

けっこう手を抜く森脇があんなに走るとは・・・。

チーム内にいい緊張が生まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3点目はコーナーキックからであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 85分の槙野のこのヘッドで、試合は決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、さらに「デザート」が待っていた。

終了間際の90分、

交代でディフェンスに入った荻原が相手を振り切ってゴール前まで持ち込み

ファブリシオにパス。

きょうのファブリシオは外さない。

ダメ押しの4点目、自身のハットトリックとなるゴールで、

真夏の花火大会を締めくくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、苦手なジュビロを完膚なきまでに粉砕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4点取って、完封、ってのもまた気持ちがいいったら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオ、これで一気にブレイクか。

ゴール後のウルトラマンポーズ、また見たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでレッズは勝ち点31で順位は9位だが、

4位神戸の勝ち点は33。

実に6チームが勝ち点さ「2」の間にいるという大混戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナントカ、この大団子から抜け出して、3位以内のACL出場権を目指したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それにしても今夜は絵日記に書きたいくらいの

楽しい夏休みの思い出ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.12

トーレスでも金崎でもなく・・・

 さて、夏休み期間中にJリーグは2試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 11日は佐賀県鳥栖でサガン鳥栖とのアウェイゲーム。

ちょうど妻が福岡に里帰り中。

福岡と鳥栖はすごく近いので、

一緒にくっついていってアウェイ観戦、という考えも一瞬頭をよぎったが、

イヌの世話があるのでやっぱムリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、夕方のイヌの散歩を終わらせてテレビ観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、不調だったDAZNが今夜は調子いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

***********************************************************************************************

2018年J1第21節

サガン鳥栖 1-0 浦和レッズ (ベストアメニティスタジアム)

  (前半 0-0)

  (後半 1-0)

***********************************************************************************************

 それにしてもなぜ今夜はこんなにきれいに映るのか。

普段、妻が何か妨害電波でも出してるんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はっ、スペイン国旗。(゚Д゚;)

そう、サガン鳥栖にはワールドカップ明けから

あのスペイン代表フェルナンド・トーレスが加入。

これは要注意でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったら、金崎ムーもいるやんけ。

調べたら彼もワールドカップ後、先月鹿島アントラーズがら電撃移籍したという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なのでサガン鳥栖のエース、マウスピース豊田はベンチスタート。

この豪華2トップはヤバイ。

サガン鳥栖、お金あるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、無得点で折り返した後半早々、53分のコーナーキックを

頭で飛び込んで決めたのは、

トーレスでも金崎でもなくディフェンダーの高橋であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで0-1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間はまだ、十分にあると思われたが、

結局、得点を奪えず、降格圏のサガン鳥栖に0-1の敗退。

中断明けの無敗記録も「7」で途絶えてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、今回の審判は、ちょっと鳥栖びいきだったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオのイエローも厳しすぎるし、

槙野がゴール近くでトーレスに倒された時も笛を吹かずプレー続行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後、87分の幻のゴールである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柏木のコーナーキックからマウリシオが頭で落としたこぼれ球を

李忠成がゴールに蹴りこんだが、なぜかファウルの判定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、判定は副審。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにコーナーキックを蹴るときに

李忠成が相手キーパー権田の服をつかんではいたが、

本当にそれで旗あげたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 副審の旗を上げるタイミングはオフサイドのタイミングであったが、

ゴール内に鳥栖の選手がいたのでオフサイドでは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとして副審、やっちまった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うっかりオフサイドとして旗あげてしまったので、

引っ込みがつかず、ファウルということにした・・・・・、

なんてことも、勘ぐりたくなる判定であった。

やっぱ、JリーグもVAR導入すべきか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、もともとこの鳥栖スタジアムは

レッズにとって「鬼門」ではあるわけですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DAZNがすんなり映っちゃったのは、何か前兆だったのか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は15日のホーム磐田戦。

一応参戦を予定しています。

 

 


コメントはまだありません
2018.08.02

ついに魔法がかかった?

実は、前節の試合見損なった。

 

 

 

 

 

 

 

先週末に行われたアウェイでの首位サンフレッチェとの1戦は

フジロックの時に行われたが、

そのフジロック参戦でばたばたし、もとよりテレビ中継はないが、

DAZN見る間もなく、テレビのスポーツニュースで結果だけ知ってしまった。

 

 

 

******************************************************************************************

2018年J1第18節

サンフレッチェ広島 1-4 浦和レッズ (エディオンスタジアム広島)

(前半   1-1)

(後半   0-3)

******************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか、勝つとは・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、今回はホームゲーム、

テレ玉でも、NHK-BSでも中継もあるのだが、ここはナマで見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもι(´Д`υ)アツィー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが夕立の心配はないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日なので早目にスタジアム入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生ビールが旨い、ったら・・・。

この1杯のために、1時間も早くスタジアムに来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 片手で持って食べられるから揚げ串がスタジアムでは便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップの中断があったので、

1か月半ぶりの埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、前節見てないので、

いったいなんでレッズが首位に勝てたのかわからないが、

今回の相手も現在3位、昨年のチャンピオン川崎フロンターレ、

強豪である。

 

 

************************************************************************************************

2018年J1第19節

浦和レッズ  2-0   川崎フロンターレ (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-0)

   (後半 1-0)

************************************************************************************************

 それにしても、この暑い中で試合する選手は大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 だが、試合は思いのほか早く動いた。

開始7分、ディフェンスライン岩波からの縦フィードに

上手く武藤が裏をとり、ゴールライン近くで折り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中を見据えたクロスに、走りこんだ興梠とのタイミングもぴったり。

相手DFとGKが寄せてきて難しいシュートだったが、

エース興梠はこれをキレイにネットにおさめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、興梠は7年連続2ケタゴールで、

エジミウソン、佐藤寿人と並んでJリーグ記録に並んだ。

とくに浦和レッズにきてから6年連続、というのがウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、リーグ随一の得点力を誇る川崎フロンターレ相手に

前半7分で先制、というのは正直早すぎたかな、という思いもあった。

このまま、済むはずはない・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、川崎フロンターレの怒涛の攻めが始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今までのレッズと違うのは、

前回書いたように、守ってカウンターというスタイルが

以前のポゼッション・サッカーから、新しいレッズのサッカーになってきている、

という点。

現代のサッカーのトレンドを踏まえた上でかどうかは、別として。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のようにボール保持率を高めて戦う戦い方ではないから、

このような展開になっても比較的平静に試合を進められるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも西川のスーパーセーブがなかったら、

プランは破綻していただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半にも1対1を防いだ西川周作であったが、

また後半、疲れがたまってミスが目立った橋岡が

相手にGKと1対1になるプレゼントパスを与えたが、

これをまたまた西川スーパーセーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 武藤に代えて阿部を入れ、中盤を固めたオリヴェイラ監督は

その橋岡をすぐ引っ込めて、森脇に代え、

また、その後、興梠に代えて李忠成を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半ロスタイム、川崎フロンターレの猛攻を必死にしのぐレッズが、

飛び出した李忠成が相手ペナルティエリア内で倒されPKを得る。

ここはオリヴェイラ監督が

「ファイター」タイプの李忠成を投入したことが図に当たった形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをファブリシオが決め試合の幕をひいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ワールドカップの中断明けから

天皇杯を含めて公式戦5試合で4勝1分け、

しかもここ3試合はリーグ戦上位との対戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オズの魔法使い、中断期間中にやはり魔法を使ったか。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.23

移籍、新加入の中断明け2戦目

Jリーグ再開して2試合目。

 

 

 

 

 

 

 

今節から神戸にイニエスタ、サガン鳥栖にトーレスと、

大物外国人のJデビューが話題を呼んでいますが、

いきなりこの暑さでは2人ともかなりめげているのでは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本自体、スペインに比べれば相当暑いと思うし

そもそも彼らがプレーしていたヨーロッパリーグは

イングランド、プレミアリーグにしろ、スペイン、リーガ・エスパニョーラにしろ、

イタリア、セリエAにしろ、

リーグ戦は5月までで、6~8月の夏季期間はサッカーお休みですからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回もテレビ中継がないので、DAZN。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回調子悪かったので、今回は試合開始30分以上前から接続の準備したのだが、

・・・・・・・・・・こんどは、さらに全くつながらず。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Youtubeは見られるので、ネット環境だけの問題ではない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自室のパソコンではDAZN見られるので、

PC画面での観戦になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

**********************************************************************************************

2018年J1第17節

セレッソ大阪 1-1  浦和レッズ (ヤンマースタジアム長居)

   (前半 1-0)

   (後半 0-1)

**********************************************************************************************

 

 さて、レッズにも新加入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポルトガルのポルティモネンセからブラジル人FWファブリシオを獲得。

今夜、デビューになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前、鹿島アントラーズにもいたということだが、

全く、記憶にない・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今回見た限りでは、合流して1カ月のわりには

かなりチームにフィットしてる印象なので、今後に期待。

それにしてもレッズの外国人マウリシオとファブリシオ、アナウンサー泣かせかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方で、湘南から一昨年加入し、

日本代表にも選出された遠藤航が、なんとベルギーに移籍。

今夜がラストマッチになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、かなりイタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、海外志向強かったので、ある程度予測はあったが、

このタイミングとは・・・・。

そういや、関根君、どうしてるかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな移籍の話題ばかりでは、ということで肝心の試合の方ですが、

これまた、今期、レッズからセレッソに移籍した高木が、

まさかの「恩返し」ゴール。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始わずか8分。

コーナーキックから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな「恩返し」、いらないから・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 猛暑の中の消耗戦になったが、

以後なかなか両チームにゴール生まれず。

パソコンの小さい画面だと、見ててだんだん眠くなる・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうこのまま、逃げ切られてしまうかと思ったが、

後半のこりわずかの78分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 武藤のコーナーキックのこぼれを、エース興梠が蹴りこんで、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目が覚めた。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、追加点は奪えず、逆にロスタイムには西川周作の神セーブで、

辛くも負け越しを凌いでのドロー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終了のホイッスルとともに、多くの選手がばったり倒れこむという、

ホントはこんな中運動なんかしちゃイカンだろ的な、ご苦労様な試合であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遠藤航のラストマッチを勝利で送り出すことはできなかったが、

まあ、今の両チームの順位を考えると、

アウェイで上位セレッソに追いついての引き分けは悪くない結果でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、次は、首位爆走の広島ですが、

ワタシ、週末フジロックなので、帰ってからの録画観戦になるかなあ。

また、DAZNだが・・・・・。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.19

浦和レッズは時代の最先端に?

さて1カ月にわたるワールドカップが終わって、

Jリーグのワールドカップ中断期間も終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日にワールドカップの決勝があり、

待っていたかのような水曜日スタートですが、

まさか、日本代表が決勝まで進むことはないけど、

まあ、そういうこともあるかな、としなければいけないという

「建前」の日程ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日夕方なら、当然埼玉スタジアムに向かうはずで、

そのつもりでいたが、午後買い物に出たらあまりの暑さに

すっかり気分がなえてしまい、

老人なので、熱中症で倒れたら大変だと思い

テレビ観戦に切り替え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHK-BSでもテレ玉でも生中継がないので、

DAZNで見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たまには見ないと、視聴料金もったいないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、部屋のテレビで見るとなかなか設定がうまくいかず、

視聴開始までに四苦八苦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやくつながったが、どうにも画像が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は「さっき雷が、ゴロゴロしてたからじゃない?」

などというが、これは衛星放送ではなく

インターネットでつながってるので、気象条件は関係ありません。

彼女は本当に理系か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうも我が家はインターネット環境が悪いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******************************************************************************

2018年J1第16節

浦和レッズ  3-1   名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

  (前半  1-1)

  (後半  2-0)

******************************************************************************

 

 

 今日の相手は名古屋グランパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親会社の「世界のトヨタ」の潤沢な資金で、

元ブラジル代表のジョーやガブリエル・シャビエル、

他にも佐藤寿人やら、風間監督やらタレントは豊富だが、

目下13戦未勝利でリーグ最下位、という泥沼状態である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方のレッズも、目下14位と低迷中ではあるが、

途中交代のオリヴェイラ監督がこの中断期間に

どうチームを立て直してきたかが注目されるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この記録的猛暑の中でプレーする選手はかわいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の湿度の高い暑さは独特なので

Jリーグは世界で一番熱いリーグとはとても言えないが、

世界で一番暑いリーグではあるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、レッズはセットプレーからの3得点で名古屋を3-1と粉砕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界のサッカーはワールドカップごとに

「ニュースタイル」「トレンド」が生まれるが、

今回のロシア大会の「トレンド」はセットプレーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 VARの導入もあるが、今回のロシア大会での総得点のうち

43%にあたる73点がセットプレーからの得点で、

これは今までの記録、98年アルゼンチン大会の61ゴールを

大幅に更新したという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズが、この潮流に乗ったというわけではないが、

先週の天皇杯の2得点、今回の3得点のすべてが

コーナーキックからのゴールだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2試合の5ゴールが

すべて、コーナーキック、すべてヘディング、というのは、

偶然とは思えず、

少なくともオリヴェイラ監督、

中断期間にこの練習を相当やらせたと見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つ、このワールドカップでかつて一世を風靡した

ポゼッション・サッカー、スペインに代表される「ティキ・タカ」は

もはや時代遅れになった、という評価が下った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今回もボール・ポゼッションは名古屋、

レッズは奪ってからのカウンターが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とすれば、レッズもミシャスタイルを捨て、

堅守・速攻、セットプレーからのゴール、という時代の最先端にシフトか?

なんてね。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、J2の松本山雅と、J1最下位の名古屋に勝ったくらいでは、

まだ何も言えない、ということだ。(^^;)

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.12

ワールドカップで浮かれていたら天皇杯

 水曜日夜、なんか、忘れてるかも、

と思いだして浦和レッズのホームページを開く。

 

 

 

 

 

 

 

 おお、やっぱり、天皇杯3回戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカパー、フジテレビNEXTで生中継がありました。

 

**************************************************************************************

 第98回天皇杯3回戦

松本山雅  1-2  浦和レッズ  (アルウィンスタジアム松本)

  (前半 1-1)

  (後半 0-1)
**************************************************************************************

 ワールドカップはいよいよ大詰めを迎えており、

昼間に録画でフランス対ベルギーの白熱した試合を見たばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグの日程はすべてiPadに入っているが、

天皇杯はまだ入れてなかったので、うっかりしていた。

キックオフ時間ギリギリ直前にテレビの前に。

やっぱり国内の試合は時間的に見やすいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇杯、松本山雅、アルウィン、というと

忘れようとしても決して忘れられない負の遺産がレッズにはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2009年の天皇杯2回戦。

当時まだ、JFLの下、4部リーグだったこのチームにレッズは歴史的な敗戦を喫している。

チームの名前の読み方すらわからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの負の遺産は、松本山雅にとってはチームの宝物、勇気の源だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ワールドカップによる中断でレッズは1カ月以上公式戦から遠ざかっているいっぽう、

J2は中断なくリーグ戦を続けており、

松本山雅はここ最近3連勝で、現在首位だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 槙野、遠藤はロシア帰りだが、スタメン。

槙野はポーランド戦のみ、遠藤航にいたっては試合出場はなかったが、

それでもワールドカップ帰り、というとハクがつく。

疲労もついてると思うが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな松本山雅は勝つ気満々。

ドイツに勝ったメキシコの気分か、

はたまたアルゼンチンに引き分けたアイスランドの心意気か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合勘がいまひとつ戻っていないレッズは

相手に押し込まれる展開が続き、前半10分、あっさりと先制を許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 負の記憶が頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを払拭したのが、前半終了間際のコーナーキック。

柏木のキックをファーにいた槙野がヘッドで競り勝って戻し、

中央のマウリシオがヘッドでゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これによって0-2で負けた負の記憶がリセットされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後後半、レッズは攻め続けるが得点は奪えず。

天皇杯は引き分けは無いので、延長、PKのこともちょっと考えたが、

後半終了間際に、またしても柏木のコーナーキックから、

マウリシオが頭で押し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局マウリシオ大先生の頭2発でジャイアントキリングを阻止し、

ベスト16に駒を進めることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、直前で思い出したかよかったものの

ワールドカップで浮かれていてこの試合のことを忘れてあとで結果知って、

しかも負け試合だったら、ショックだっただろうなあ。

現時点でリーグ戦14位で、ルヴァンカップも負け、天皇杯しか望みはないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の試合は、水曜日の名古屋戦、リーグ再開である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのころにはワールドカップも終わってるので、

浦和レッズモードに切り替わっているかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.04

サッカーの話題

 ワールドカップ真っただ中ですが、

今回はロシア開催なのでキックオフ時間が、日本時間の

午後9時、11時、12時、午前3時などの試合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学生ならば、それこそ全部リアルタイムで見てもいいのですが、

平日、仕事もある身としては、試合の重要度によっては、生で見ますが、

まあ、翌日録画で見る、というのがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、問題点はいかに試合結果を知らずに録画を見るか、

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、日本戦とかは情報をシャットアウトすることは極めて困難だし、

リアルタイムでみたい面もあるので、今までは全て同時刻に見たのですが、

その他の、「できれば見たい試合」が問題になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペイン対ポルトガルは開幕2日目に行われた屈指の好カードでしたが、

朝、スマホを開けたら、いきなりロックを解除する前に画面に速報が出ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うかつだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それほど大きなショックではないが、

残念な気持ちは否めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は朝、携帯を開くときは画面を見ないようにしてロックを解除します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、予選グループ最終戦でドイツが破れた試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この試合、途中まで見て、残りを昼休みに見ようと思っていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼に面会に来た某製薬会社のヒトが

「ドイツ、負けちゃいましたね。」

と、バラしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも死ぬほど残念というわけでは無いが、ああ、ガッカリと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時は、それ以上その話題をして欲しくないので、

あわてて話をそらしましたが、

もしもっとワタシの中で重要な試合の結果であったら、

そのメーカーは以後出禁になるかもという事態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチに来るMRさんだけではなく、

全国の営業職の人々、この時期にサッカーの話題の振りには、十分気をつけましょう。

以前のこんなブログがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〇〇対××の結果はもうご存知ですか?

と訊いてから話題に入るのがまあ無難でしょうが、

場合によっては、その質問そのものによって、

質問を受けた側にいろいろな憶測が沸き上がり、

録画を見るときに、いらないバイアスがかかることもあるので

その前振りで確認すれば100%大丈夫、というわけでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、サッカー好きの相手には、この時期、自分からはサッカーの話題を持ちかけない、

というのが一番正しい安全策でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、火曜日早朝3時からの日本対ベルギー。

非常に見にくい時間ではあるが、

これはなんとしても、ということで、リアルタイムでみましたが。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後の決勝トーナメント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観たい試合も続きますが毎朝3時起きはできないので、

なるべく皆さん、診察室でサッカーの話題は出さぬよう。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.03

日本対ベルギー、午前3時キックオフ

そんなわけで午前3時キックオフの試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと、起きていて見る、というのは翌日のことを考えると相当厳しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録画して、朝早起きして見る、という手はあるが、

決勝トーナメントの場合は、予選グループと違って、

延長、PK戦まで行く場合がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなので、早朝に起きて録画を見るときに

総録画時間を見ると、90分で終わった試合なのか、

延長、PKまでもつれたゲームになったのかが、

おおよそわかってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、早く寝て、試合を見て、終わり次第また朝まで寝る、というのが、

最善の策であるような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、アラームを3個かけて2時半起床。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビの前にスタンバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ベルギー強かった。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、日本も強かった。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半開始早々、ゲームは日本ペースで進み、

ファーストシュートも日本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お、意外とイケるでないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら、20分前後から押し込まれる展開に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、凌いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の終盤にはやや盛り返し、スコアレスでハーフタイム、

というのはまずプラン通りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、後半3分、柴崎のまさに魔法のスルーパスが通り、

これを原口がゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れの中から先制点が生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、まさかの、まさかの追加点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で、もしかしたら勝っちゃうのではないかと、はじめて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、結果は・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシからよく言われる「2-0はサッカーで最も逆転負けをしやすいスコア」、

という法則の通り、2-3で日本は逆転負けを喫する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1点目のチョンボがなければ、などという議論はやめておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、勝負は時の運、

ここは、世界の強豪とも互角に戦える力をすでに日本はつけている、

と考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが足らない、とか世界の壁、とかいうのはやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、日本人はすぐに「壁」を作りたがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ「アジアの壁」とか「世界の壁」とか、そういう言い方をするのは

悪しき島国根性に他ならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンビアがブラジルの壁とかいうか?

フランスがドイツの壁とかいうか?

トランプはメキシコに壁を作りたがってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も「何が足りなかったのか?」とか「世界との差は何か?」

などということを、訳知り顔で語りたがる輩がいるかもしれないが、

そんな議論は興味ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大会で感じたことは、

日本はかなりいいセン行ってたので、この分なら次は勝てるかも、

で、いいのでは?

なんて、気楽なことが言えるのも日本代表だからで、

話が浦和レッズならこんなコメントはしないかも、ですが。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、日本代表のワールドカップは終わっちゃいましたが、

これからがワールドカップの本番です。

MCのお姉さんの青い服、イイですね。

 

 

 

 

 

 

けっきょく、試合後明るくなってるし何となく寝る気もおきず、

そのまま早朝ブログ書いちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は眠いだろうなあ。(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 


2件のコメント
2018.06.30

勝負事

W杯ロシア大会の、奇跡の日本代表予選リーグ突破から1日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞や何やらのメディアを見ると

ポーランド戦の西野監督の大ばくちにけっこう非難の声が多くビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもスポーツマンシップに反するとか

子供たちに見本として恥ずかしいとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナーニをバカなこと言ってるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この試合の目的は決勝トーナメントに勝ち抜けること、

それに尽きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥じることなどまったくない作戦で、

悪質なラフプレーや、審判の目を欺く行為などとは違う。

いや、場合によってはテクニカルなファウルや、

もらいもののPKだってサッカーのうちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに残り時間の10分あまり、

攻めに行って得点できずに

かえって失点したり、イエロー、レッドをもらってしまうリスクと

セネガルがコロンビア相手に得点を挙げてしまうリスクを

天秤にかけ、どちらが勝ち抜ける確率が高いか、を考えた時に

西野監督は今回のプランの方が分が良いと踏んだに過ぎない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、そっちで来たか、とは思いますが、

別に恥ずかしいことでもなんでもないっしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、成功しちゃったので、

ガマンしてよくやった、というわけでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ攻めに行って失点して負けたとしても、

よく戦ったからそっちの方が良かったという考えは

誠に浪花節的で、オレは好きではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっして西野派ではないワタシですが、

ここは勝負に勝った西野監督の肩を持ちますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、結果成功したからであって

負けてたらけちょんけちょんにけなしてますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.29

(新ルールで)ワールドカップ史に新たな歴史を刻んだ日本代表(^^;)

ここまでの流れで、マスコミはじめ社会の風潮は

すっかりもう日本が決勝トーナメント進出を決めたような口ぶりだが、

いやいや、そんなに甘いもんじゃないワールドカップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツだって予選グループで敗退するなんていう大番狂わせもあるので、

何が起こるかワカラナイ。

いや、日本が決勝トーナメント進出なら大番狂わせなので、それでいいのか、

などとあれこれ考えるうちに午後11時がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西野監督は何とスタメンを6人も入れ替えてきた。

しかも、川島はそのまま。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この布陣はナゼ?

なにか、大胆な秘策あり?

それとも、思い出づくり?(高校野球かっ)

相変わらず「?」の多い西野采配。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ロシアワールドカップなので、ともかくウォッカでも飲みながら。

だが、このウォッカはフランス製でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで1勝1分けで、この試合引き分け以上で決勝トーナメント進出の日本、

いっぽうすでに2敗して決勝トーナメント進出の見込みは無くなった

ポーランドのエース、レヴァンドルスキは

3連敗で母国に帰るわけにはいかないという。

じゃあ、ここはお互い、引き分けで手を打ちません?と相談を持ち掛けたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーランドはさすがに元気が無く、前線からは取りに来ない。

日本は、何とかいけるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半はスコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ相手はFIFAランク8位。

日本は60何位だっけ、引き分け引き分け、よしよし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーランドも、それほどガツガツやる気は無いが、

フリーキックだけはモチベーションが上がるので要注意だなあ。

などと思っていたら、後半14分、不用意なファウルで相手フリーキック。

 

 

これを、ナントフリーの選手にボレーで合わせられ失点。

決めたのはディフェンダーの選手。

だから、こういうセットプレーは怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、このままでは日本敗退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ポーランドも、勝てるもんなら勝っておこう、という気になり

なかなかムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、もう一方のセネガル対コロンビアで

コロンビアが後半29分に1点取ったという情報がはいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とすると、勝ち点6でコロンビアが首位、

セネガルと日本はともに勝ち点4、得失点差も同じ、総得点も同じ、直接対決はドロー、

そこまでは、今までも良く知られたレギュレーションであるが、ここまで全く差が無い。

で、次の条件は、何かと思えば、なんとイエローカードの枚数だという。

このルール、いつからあるんでしょう。

ともかく、それを適用すると日本の方が2枚少ないので勝ち抜け、らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この情報をおそらく後半37分に入った長谷部がピッチの選手に伝えたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ロスタイムを含めた10分以上、

日本は点を取りに行くのをやめ、後方でボールを回し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムになり、まだまだ時間はあるが、攻める気全くなし。

ポーランドも、1-0で勝つならそれでいいやと、

こちらも攻めてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうボール回しは今までもワールドカップでよく見ました。

しかし、その時は、例えば、当該チーム同士が引き分けで両方勝ち抜ける、みたいな

双方のチームがもう結果間違いなし、というときにとる策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、他会場でセネガルが1点取れば、すべて崩壊するので、

これはかなりのギャンブルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、チャンネルを切り替え、NHKに。

こっちはロスタイム4分、まだまだある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、日本対ポーランドは3分のロスタイムも消化して0-1で終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたNHKに。

ここにきてチャンネル切り替え忙しい。

セネガル、攻めてるー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと9秒。

あのバルデラマ氏も日本とともにコロンビアの勝利を願っている。

あの髪、今も地毛なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくしてコロンビア対セネガルは1-0でコロンビア勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、こっちに切り替え。

まさに薄氷を踏む勝利であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セネガル監督、そりゃクヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら、この「フェアプレー・ポイント」は今大会から初めて導入されたとのこと。

日本は初めてこのルールによって予選を勝ち抜いたチームになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始前にラモス瑠偉さんが、

「イケ、日本!レキシをツクレ!」

といったが、まさに日本は

「フェアプレー・ポイントで初めて予選突破」

というワールドカップ史に残る記録を作ったことになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHK解説の元日本代表、いつも怖い顔の森岡さんも苦笑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ともかく、おめでとうございます。

それにしても、西野監督、私生活でもギャンブル好きなんだろうか?

今回の大バクチはシロートとは思えねー。

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ