ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.10.17

才能は環境によって

 基本、日本代表の親善試合あたりは

見はするがそれほど「燃えない」ワタシですが、

昨夜のウルグアイ戦は良かったですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 スアレスを欠くとはいえ、

カバーニを中心としたベストに近いウルグアイ代表。

まして、直近で韓国代表に1-2で敗れているので、

「絶対に負けられない戦い」はウルグアイ側にありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方の森保ジャパンは、若手中心でのびのびとプレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 素晴らしい連携から4点を奪い、

4-3のスコアでFIFAランキング5位の強豪を攻め倒した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ていて気付いたのは南野にしろ、中島にしろ、堂安にしろ

今回活躍した20歳そこそこの若手選手が、いずれも海外クラブ所属で

ワタシがあまり見たことがない選手であること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり彼らはJリーグでデビューするかしないかのうちに

早々と海外に移籍して、そこで実力を伸ばしてきたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前、海外移籍といえば、

三浦カズにしろ、中田ヒデにしろ、小野伸二にしろ、

Jリーグでトップクラスの活躍をし、

それを踏まえて海外リーグに移籍、いわば「世界に挑戦」したものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが今は、才能のある選手はJリーグで結果を出すのを待たず

早々に日本から飛び出し

どんどんヨーロッパでプレーするようになっている。

そのことが、日本人選手の実力、

技術やメンタルの底上げになっていることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、受験生時代を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつての地方の公立の進学校は、地域の秀才が集まった。

みんな地元の公立の中学を出て当然のように県立高校に入ったものだ。

そして我が母校でもその中でトップクラスのやつらは

東大や京大に毎年何人かは入学していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、最近は、ちょっと出来のいい子は、

県立高校ではなく私立の高校に行き、

なかには中学から東京周辺の一貫校に通うことも珍しくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、この現象は非常に良く似ている。

そういう時代になってきたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのため、我が母校を含め

地方公立進学校は地盤沈下にあえいでいるが、

今後のJリーグはどうなのかしら。

まあ、南米リーグはとっくの昔からそういう感じになってますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.12

前半は愛知県、後半は栃木県。

 さて、この試合は先のブログにも書きましたように

前半は、愛知県刈谷ハイウェイパーク内駐車場の

特設カプセルホテルで見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、後半は帰宅後、リビングのテレビのDAZNで見たわけですが、

同じIDでログインしてると、カードを選ぶと

ちゃんと途中まで見た続きから再生してくれるので驚いた。

***************************************************************************************

2018年J1第29節

ベガルタ仙台  1-1   浦和レッズ (ユアテックスタジアム仙台)

   (前半  1-1)

   (後半  0-0)

***************************************************************************************

 前節までの勝ち点41同士で並ぶ浦和と仙台、

上位、ACL圏内への挑戦権をめぐる戦いである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもベガルタ仙台には関口、石原と元レッズの選手、

そしてレッズには元ベガルタの武藤、と

両チームの因縁めいたものがスタメンからも伺われて妙にキナ臭い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はロングボールを多用して、攻め込んでくるホーム仙台に対し、

ブロックを作ってカウンターを狙うレッズという図式で進んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは最近のレッズのスタイルで、

どちらかというと攻められているレッズのペースだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定24分、興梠の落としから長澤がアーリークロスをいれると、

なんとそこにはフリーの橋岡が走りこんできていた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをヘッドで決め、先制。

ルーキー橋岡、J初ゴールである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思わず車内でワンカップをかかげて祝杯をあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが40分。

遠い位置からのFKだったが、野津田のキックに板倉に頭で合わせられて同点。

なんか、偶然入ったんではないの、というようなスーパー不運なゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、こっから後半は自宅で見たわけだが、

押し込まれるレッズだが、相手にはなかなか決定機を与えず、

逆にレッズに3つ4つの決定機があったにもかかわらず、

これを決めきれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7分という、本気かよというような長いロスタイムもあったが、

結局前半のスコアのままドローとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上位への挑戦権を奪い取ることはできなかったが、

3位4位の鹿島とFC東京の直接対決がやはり引き分けに終わったので

こことの差は変わらず、まだ、望みはつながった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、次はその鹿島アントラーズとのホームゲーム。

4ある勝ち点差を1まで詰めたいところだ。

行きますぜ、今度は。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.10.01

3連勝でACL争いの背中が見えてきた

 台風近づく日曜日。

午後2時キックオフならば、東北道は大丈夫かな、ということで埼スタへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間的に館林でランチを、と考え、

ネットで調べたこのお店に初見参。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう感じのお店は大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は「カツ」にこだわることはやめたので、

「ロースしょうが焼き」を、定食にしてもらいました。

人間ドックも近いしね。(^^;

実はあらゆる食べ物の中でワタシがもっとも好きな食べ物は「しょうが焼き」なので、

初めてのお店でメニューにあるときは、とりあえずそれを頼むことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駐車場に到着、まだ雨は降ってません、風もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、どんよりとした不気味な雰囲気を醸す「嵐の前の」スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いざ、決戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肉フェスやってた。

こっちで食べればよかったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、超混んでたし、ランチ美味しかったのであれで正解かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の相手は柏レイソル。

オリヴェイラ監督就任後の初戦で負けた相手だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在16位の柏に対し、レッズは8位だが、

勝ち点が詰まってきたのでここで3連勝して上位に迫りたいところ。

今日は、ワタシは興梠の30番のユニを着てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サブメンバーにアンドリューナバウトが帰ってきて、

ちょっとどよめくスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週の神戸戦と比べ、空席の目立つスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はJFAのリスペクト・フェアプレーデイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始前に柏レイソル、クリスチアーノ、浦和レッズ、柏木陽介の両キャプテンから

フェアプレー宣言があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************************************************************

2018年J1第28節

浦和レッズ    3-2     柏レイソル (埼玉スタジアム2002)

     (前半 2-1)

     (後半 1-1)

 ***************************************************************************************

 さあ、どうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、ホイッスルの前に手のひらに向かって何か言ってる槙野。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レイソルは、ラインを高く保って攻撃的にくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、そのうちに攻撃の主導はレッズに。

ただし、これは必ずしもいいことではなく、

ここのところレッズはポッゼションサッカーから

リアクションサッカーに重心を移しているのだが・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、35分には先制点を許してしまう。

中盤でボールをロストすると、瀬川の抜け出しから数的不利を作り出され、

最後はオルンガに押し込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 喜ぶ黄色いカッパの人たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、38分、前線に武藤が長澤に出した出したスルーパスが、

相手DFとの絡みで、長澤の前にこぼれ、これを長澤が落ち着いて決めた。

今日1発目のロケットが上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 短い時間で同点になり、士気高まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、さらに41分、武藤から前線で受けた興梠は、

GKの位置を読んで、迷わずダイレクトでループを選択。

見事に決まって、逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、FWとしての判断の速さと正確さ、

そして確かな技術がもたらしたファインゴールであった。

2発目、発射。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この頃から、本格的に雨が振りはじめてくる。

メイン、バックスタンドはいいが、ゴール裏はカワイソウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この頃が一番雨が激しく降っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲の景色も雨でけぶっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レイソルは交代のカードをきる、ヤなやつが入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その伊東のスピードを警戒していると、

60分、クリスチアーノの強引なアーリークロスに

相手FW瀬川に合わせられ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、この悪天候下で危険なのはドリブラーよりもハイクロスであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの交代は橋岡に代えて、李忠成。

その後、長澤に代えて、阿部勇樹。

やはりココはゼッタイ勝ち点3をとらねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の観客数は26431人。

前回神戸戦の半分以下である。

だが、この悪天候の中駆けつけたサポーターは

イニエスタ目当ての見物客よりは、レッズを勝たせたい思いは数倍強いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、81分。

右サイドでボールをキープした李から左サイドに展開されると、

宇賀神のクロスを武藤が折り返し、興梠が丁寧にインサイドボレーで合わせてゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2点目に続き、興梠のサッカーセンスが光るゴールが、

3本目のロケットの発射台に点火した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム5分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この点を守って、3-2のままホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この勝利によってレッズは6位浮上。

4位鹿島との勝ち点差は4まで詰まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エース興梠のここ2試合の3ゴールは、

いずれも彼のタレントが生んだ、素晴らしいゴールであり、

彼のコンディションが上がってる、というのは大変に心強い。

30番を着てきた甲斐があったというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次節、仙台戦にきっちり勝って、

その次のホームで鹿島アントラーズを粉砕したいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道は雨。

試合中よりはやや小降りになったが、傘持ってきて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黄色いサポーターは傘をささずに帰るヒトも多し。

その気持ちはワカル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.23

イニエスタ効果

 9月23日は埼玉スタジアムでのヴィッセル神戸戦。

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところあまり盛り上がらない中位に低迷する浦和レッズだが、

連休だし、天気も悪くないようなので埼スタに行くか、

と思い、インターネットでチケット会員ページを開いたのが、

週末の天気予報が出た、金曜日のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 え、購入画面が開かない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナニ?ウソ?・・・・チケット完売??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、イニエスタか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この7月からヴィッセル神戸に加入したイニエスタ選手といえば、

サッカーファンならずとも知っている世界的プレーヤーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、イニエスタは加入後、まだ首都圏では

湘南ベルマーレとのゲームに出場しただけで、

湘南のBMWスタジアムのキャパの小ささ、アクセスの悪さを考えると、

埼スタでイニエスタのプレーを生で見たい、

というサッカーファン、にわかサッカーファン、および単なるミーハーが、

こぞってチケットを買い求めたものと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、埼スタ6万が完売とは、

イニエスタ効果、おそるべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ワタシとしては、タイトルマッチでもないゲームで、

ピントのぼけたコメントをするヌルイサッカーファンのぎゅうぎゅうにつまった座席で

サッカー観戦をするのも気が進まないので、

チケットとれなかったのも、さして悔しくはなかったが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜はテレ玉の放送があるし、ゆっくりテレビ観戦、ということで。

*************************************************************************************************

2018年Jリーグ第26節

浦和レッズ  4-0    ヴィッセル神戸 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  2-0)

  (後半  2-0)

*************************************************************************************************

 そんなわけで、リアルタイムでテレ玉にチャンネルを合わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ピッチに整列する選手の中に、イニエスタの顔が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、サブのリストにも名前は無し。

なんと、右足違和感で、今回はベンチ外だそうで。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、イニエスタ目当ての皆様、残念でしたねー。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場者数55689人。

その前の埼スタ、セレッソ戦の入場者が27000人だったことを考えると、

ざっと3万人近くがイニエスタ目当てだったと思われ、いとおかし。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その満員の観衆に奮起したのは、

他ならぬ浦和レッズの選手だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく埼スタ完売は昨年のACL決勝以来、

もちろん今季初で、今年は、もう無いかな、という現状である。

このシチュエーションに、なにくそという気持ちがわいたはずである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柏木が戻って、彼の中盤から多彩な球出しが、次々にチャンスを演出する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのヴィッセル神戸は、タレントは多いのだが、

イニエスタを欠いて、タクトを振る指揮者のいないオーケストラは、

処々でテンポの乱れや、不協和音を発し、レッズの5バックを破れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもセットプレーからはレッズゴールに迫るが、

前節から「ノッテ」いる西川や、DF陣が身体をはってゴールマウスを死守。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に23分、柏木のクロスのこぼれ球を

ボランチ青木が低い弾道のシュート。

相手キーパーの指先をかすめ、先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この日のメインディッシュは前半42分の2点目であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柏木のスルーパスに反応した興梠が、相手DFを振り切るようにして、

体勢を崩しながらのゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに「スーパーゴール」で、

イニエスタ⇒ポドルスキーでもこんな芸当はできないだろうというプレーであった。

にわかサッカーファンの諸君、ちゃんと見ましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半早々8分の、武藤の3点目で、この試合は早くも決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手DF高橋峻希のミスパスを逃さずループシュートを選択。

元レッズの高橋にすればクヤシイミスだが、これを決めた武藤はサスガ。

そういえば、神戸の左サイドは元レッズの橋本和で、

神戸の両サイドは元レッズの選手なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半31分にはまたしても柏木の(利き足でない)右足からのクロスを、

長澤がヘッドで押し込んだ。

この辺で、もう神戸はまったくバラバラになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてきっちり守ってクリーンシート、4-0での完勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柏木の復帰も大きいが、

自分たちとは違う要素でホームスタジアムがいっぱいになったことで

レッズの選手の闘志に火がついたことを考えれば、

この4-0の完勝も「イニエスタ効果」といえるのかしらん。

 

 

 


2件のコメント
2018.09.18

勝利の秘策

 ミュージックザウルスの関係で、翌日DAZN観戦となったJリーグ。

 

 

 

 

 

 

 中断明けのアウェイゲーム、横浜Fマリノス戦である。

*********************************************************************************************

2018年J1第26節

横浜Fマリノス  1-2   浦和レッズ (日産スタジアム)

   (前半  0-1)

   (後半  1-1)

*********************************************************************************************

 逆転負けで連敗中のレッズ。

しかも、今日の相手はここのところ苦手な横浜Fマリノス。

この3年間、ホーム、アウェイを含めて未勝利である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2週間の中断期間があったが、

オリヴェイラ監督はそれをまたいで2試合のベンチ入り停止処分なので

今回も、ベンチで指揮をとるのは大槻組長。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回は、大槻組長の不敗神話が崩れたが、

それに対し、彼は大胆な、しかしわかりやすい策をうってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オールバック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これだ、組長のトレードマークといえば、

銀縁メガネにオールバック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを見たとき、今日は勝てそうだ、と思ったのは

ワタシだけではあるまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在マリノスはレッズより下位ではあるが、

積極的にポゼッションして攻めてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、最近のレッズはこのパターンの方が得意なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、押し込まれ決定機を何回かつくられるが、

ポストに当たるなどして、失点は免れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、迎えた43分。

柏木不在でFKを蹴った武藤のシュートはDFにはじかれるが、

こぼれ球を宇賀神がグラウンダーのシュート。

これが相手GK飯倉の手をかすめてゴールイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半も攻め込まれる展開に69分、失点。

3連続逆転負けの悪夢が頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、79分、青木のパスに反応した武藤が素晴らしいゴールを決め、

2-1で勝ち越し。

このリードを守って、対マリノス3年ぶりの勝利とともに連敗を止めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、オールバックが決めてであったか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ここまでレッズの外人は振るわない。

シーズン前にいなくなったラファエル・シルバからケチがついて、

オーストラリア代表アンドリューナバウトは、

レッズ加入後すぐワールドカップに出場したが、

そのワールドカップで怪我して離脱。

ズラタンは腰痛で母国スロベニアに帰国中だし、

加入後いきなりゴール量産で期待されたファブリシオが

前節のケガで今期はもうダメらしい。

そこで、マルチネスが奮起して古巣マリノス相手に活躍するかと思いきや、

まったくフィットせず前半で交代になっちまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、頼みの綱はオールバックのみか・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.09.03

嵐の夜はツキが無い

 今日も埼スタには行くつもりでいたが、

どうも天気がヤバそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、前回、絶望的な逆転負けをして、

モチベーションは下がる一方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、今日はテレ玉、NHK-BSともに放送あり、これでイイか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、登録しているREX CLUBからはスマホにメールが入り

試合開始時間が現時点で7時半に変更、

その後の天候状況によってはまた変更の可能性あり、

試合開催の可否を含め変更があった場合にはまた連絡します、とのこと。

天気、ヤバそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、テレビ中継はない時はないのにあるときは2局もあるなんて・・・・。

どちらで見てもいいが、ここは地元テレビ埼玉かな、

と思い予約録画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は30分遅れで7時30分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合の指揮をとるのは、大槻組長、もといヘッドコーチ。

オリヴェイラ監督は

名古屋グランパス戦後の審判に対する暴言で2試合ベンチ入りできず。

なにやってんだか、だが、

だが、無敵の「組長」の陣頭指揮はかえって大敗後のチームに「追い風」か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***********************************************************************************************

2018年J1第25節

浦和レッズ 1-2  セレッソ大阪 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 1-1)

  (後半 0-1)

***********************************************************************************************

 なんてこと言ってたら試合開始後わずか4分で、

ファブリシオが負傷退場、李忠成が投入される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゲームプランが大きく崩れたレッズだが、

12分、その李忠成が宇賀神のクロスをうまく受けて左足できれいなゴールを決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、李はフィットしていた。

このひさびさのKLMトリオ+柏木のそろい踏みでレッズはいいリズムを作っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボール保持率はセレッソが60%超、でレッズは30%台。

これが、今レッズがいいリズムで戦える配分なのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま行けるかと思ったら、

29分、FKからのゴール前の混戦でオスマルに押し込まれ、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 追い風がやみ、次第にレッズはボールを持たされ、リズムを失っていく。

と、ともに天気も激しい雨でかなりヤバそうだ。

何となく「逆転負け」という前節の嫌な流れが頭をよぎる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つの嫌な流れは、この試合は終了後、録画再生で見ていたが、

どうも30分遅れの分、すべてが録画されていないんではないかという懸念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、予感はまず53分のソウザの勝ち越しゴールで現実のものに。

しかし、これはすごいゴールでした。

ほぼノーステップであの位置に蹴られたらさしもの西川もムリだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もう一つの予感もこんな画面により的中してしまう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうやらNHK-BSでは、延長中継したようなので、

そっちを選択しておくべきだった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、残り15分をDAZNで見たが、案の定そのまま試合終了。

2試合連続の逆転負け・・・・・。(--〆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「大ツキ」ヘッドコーチの采配のわりに、

まことにいろいろツイてない試合ではあったが、

見に行って大雨でずぶぬれになって風邪ひいたり、

高速でスリップでもしたかも、などということを考えれば、

いくぶんでもオレのツキは残っているか・・・・と、考えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.27

大敗は、些細なことから

 書きたくないなあ。

 

 

 

 

 

 前節のアゥエイ、エスパルス戦3-3の追いつきドローのあと、

水曜日の天皇杯のヴェルディ相手の1-0を経て、

また、日曜日のアゥエイゲームは名古屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一時、絶不調、降格圏だった名古屋グランパスだが、

ここにきて5連勝中だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、連敗中のチームには弱いレッズだが、

連勝中の方なら何とかなるんでないかい、と漠然と思っていましたが。

************************************************************************************

2018年J1第24節

名古屋グランパス  4-1   浦和レッズ (豊田スタジアム)

     (前半  2-1)

     (後半  2-0)

************************************************************************************

 前半早々に決定機あり、外す。

だが、前半22分、興梠のクロスが相手DFのダイビングヘッドオウンゴールとなり、

なんなく先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、27分、自陣ボックス内でいったんはマイボールにしたマウリシオは

ボールキープがちょっと緩慢になったところをかっさらいに来た相手宮原を倒し、

PKをとられる。

この、とられなくても良いPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このジョーのPKを西川周作が素晴らしい反応でセーブしたが、

そのはじいたボールに飛び込んだ玉田がゴールゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セーブの瞬間はやった、と思ったが、詰めた玉田に比べて、

やはりレッズのディフェンス陣は集中を欠いていた、といわざるをえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手のオウンゴール、PKセーブ、まではツキはレッズにあったが、

この玉田の詰めから、潮目が変わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり書く気はしないが、レッズは裏目裏目に、

グランパスはやることなすこと上手くいく・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョーのハットトリックで1-4の大敗だが、

ちょっとしたきっかけから、こんな結果になるとは・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今宵は、ここらで、良かろうかい・・・・・。

 

 


コメントはまだありません
2018.08.23

天皇杯4回戦、東京ヴェルディに勝ってベスト8へ

 天皇杯4回戦。

天皇杯はかつて年末の「季語」であったが、

ここ10年は全く違ってしまったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は東京ヴェルディ。

かつてJリーグ発足前後は人気、実力ともに日本一、

代表選手の大半を輩出していた黄金時代もあったが、

いまやそんなことも若いサッカーファンは知らないかも。

**********************************************************************************

第98回天皇杯

浦和レッズ 1-0 東京ヴェルディ (熊谷文化スポーツ公園)

  (前半 0-0)

  (後半 1-0)

**********************************************************************************

 天皇杯では通常J1のチームはスタメンを落とし、

下位リーグのチームはジャイアントキリングを狙って

ベストメンバーで臨むものだが、

今回はまったく逆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京ヴェルディはJ2で現在6位、

J2で1,2位はJ1自動昇格、3~6位がプレーオフ進出圏なので、

ここは踏ん張りどころ、

リーグ戦の順位は絶対落とすわけにはいかない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方の浦和はJ1は現在9位、優勝は絶望だが、

ACL出場権内の3位以内も現実的にはかなり厳しい状況。

くわえてルヴァンカップはすでに敗退している。

唯一天皇杯が残されたタイトルであり、

しかもこれをとればACL出場権もついてくる、

ということで、リーグ戦よりむしろ重要なゲームだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、J1浦和レッズはほぼベストメンバー、

逆にJ2東京ヴェルディは前節のリーグ戦からスタメン10人を入れ替えた

いわば「控え組」という、異例の状況になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それならば、すんなり浦和が勝つだろうと思うのは

シロート衆の考えることで、

浦和レッズサポを長くやってると、これはキビシイかも、と思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、のびのびとファイトしてくる東京ヴェルディに対し、

何となく調子の出ない浦和レッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半38分には右サイドを崩されてシュートを打たれる。

やられた―と思ったが、

シュートはポストに当たりゴールインせず、救われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半とばしたヴェルディの選手は、後半になり次第に消耗してくる。

アップになると書いている汗の量が両チームで明らかに違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、64分、

大きなサイドチェンジから相手ディフェンスラインを揺さぶり、

岩波のアーリークロスは興梠にピンポイント。

興梠はゴール前にフリーになっているファブリシオに丁寧に頭で落とし、

これをファブリシオがゴールに突き刺した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた、スペシウム光線ポーズ。

今後、これを見るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、とどめを刺す機会もあったが、

このまま1-0で終了。

ヴェルディも浦和レッズ相手によくやった感があり、

レッズもノルマを果たした達成感があり、

双方ともに「良い」結果であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝のスポーツニュース。

天皇杯で、トーレスとイニエスタが同じピッチに立ったというニュース。

映像はJリーグレベルでも特にどうってことない、

イニエスタのヒールパスと、トレースの初ゴールのシーン。

そして、横浜対仙台で、そのイニエスタと同じバルセロナにいた

横浜Fマリノスの久保のゴールアシストのシーン。

これも、まあ、大したことはない。

しかも勝ったのは仙台で、仙台のゴールシーンはなし。

で、そのあと他試合の結果くらいは出るかと思ったが、

スコアすら出ず、天皇杯のニュースおしまい。(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、天皇杯の扱いなんてこんなもんで、

トーレスとイニエスタの対戦がなかったら、

そもそも朝のニュースではかすりもしなかったでしょう。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.22

3たび追いついてのドロー

 サマソニの関係で直接見られなかったJリーグ。

 

 

 

 

 

 またまたDAZN観戦です。

最近、ネットTV調子いい。

 

***************************************************************************************

2018年J1第23節

清水エスパルス 3-3  浦和レッズ (IAIスタジアム日本平)

    (前半 1-1)

    (後半 2-2)

***************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のエスパルス戦はエコパではなく日本平なのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここはキャパ小さいし、行きにくいがスタジアムグルメがなかなかだった。

また、行って海鮮焼き食べたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気温が下がり、真夏の猛暑が消えたこの試合、やはり選手の動きがイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、前半エスパルスの見事なワンタッチスルーパスでウラをとられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵ながらキレイなゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後、ファブリシオが相手ボックス近くでハンドのファウルをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は柏木が控えなのでFKは誰が蹴るかと思ったが、

いったんボールのところにいた武藤が離れて、阿部がボールをセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 右足一旋、ボールはココしかない、というコースを通ってネットに吸い込まれ、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半11分までで同点になったあとは、相手の良いところををつぶし合うような展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は同点で後半に入るが、開始早々にまた失点。

マウリシオのスライディングがファウルとなったFKで

ドウグラスが滞空時間の長いヘッドでゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガックリ、だが、61分にファブリシオがカウンターから同点ゴール。

しかし、その直後の63分、今日のっている清水の金子にまた失点をくらう。あわただしいゲームだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、逃げ切られるかと思ったが、72分、青木のロングフィードに

CKのあとまだ前線に残っていた槙野がバックヘッド。

これが上手い具合にゴールイン、みたび同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はこのまま終了となり、ともに勝ち点1を分け合った。

ダンゴ状態のリーグ戦の中で勝ち点3を奪えなかったのはイタイが

気分的には3回追いついたレッズの方がエスパルスよりは充実感があるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて水曜日は今や、ある意味、もっとも大事な天皇杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.16

なつやすみの思い出

 この6日間の夏休み、唯一の「お出かけ」は15日夜の埼玉スタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 猛暑が続くが、雲には秋の気配も垣間見える8月15日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブタクサの季節も始まるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はいつもと違って南ゲートから入場してみました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 席もいつもと違いスタンドで一番安いバックアッパーではなく、

バックロアーのSB席、3200円。

休み中全くお金使わなかったから、というわけではありませんが・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、発雷確率も気になったので、

バックアッパーの下のいちばん雨にぬれにくいこの席にしたんですが、

結局雨降らなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また今日も上りの蓮田サービスエリアで夕食のお気に入り「かき揚げ弁当」550円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前も書いたけど、このようにぐちゃぐちゃにして、食べるのが好きなのです。

イヌか、ネコのご飯みたいだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜の相手は、ジュビロ磐田。

2016年にJ1に復帰してからの対戦成績は浦和の1勝1分け3敗。

今年のアウエイでも逆転負け、また、埼スタでは2年連続で敗戦を喫している苦手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、現在9位の浦和、10位のジュビロだがともに勝ち点は28。

得失点差でレッズが上だが、負けた方が蹴落とされるというシビアな試合である。

相手選手紹介で一番ブーイングが大きかったのはサブの大久保であった。

気持ちは、わかる。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はイエロー累積でSBマウリシオが欠場。

最終ラインは真ん中に阿部が入り、左槙野、右岩波の3バック。

阿部ちゃんは、ホント「使えます」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************

2018年J1第22節

浦和レッズ 4-0 ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 0-0)

  (後半 4-0)

********************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 さて、何回か書いたが、ここ最近の浦和レッズは、

引いた相手に対しボールを保持した試合では苦戦し、

逆に相手に持たせて早い攻撃やセットプレーで得点している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、磐田がどう来るかが見ものであったが、

この通り、かなり高いディフェンスラインをひいてきた。

これなら、チャンスがあるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、前半は0-0。

ポスト直撃のあぶないシュートも受けたし、予断許さない展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始後10分、右サイドの崩しから青木が強烈なミドル。

これがカミンスキーにはじかれるが、それをファブリシオが見事なボレーで叩きこみ、先制。

写真よくわかんないですね。

ゴールの瞬間立ち上がったら、カメラのバッテリーがずれたみたいで、

電源が入らなくなってしまい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、59分、柏木に代えてケガから復帰した長澤投入。

中盤の厚みという意味で彼の復帰は心強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、待望の追加点は59分、

武藤のパスにラインの裏に抜け出したファブリシオがキーパーを見てシュート。

またしてもファブリシオ、今日の彼は「来ている」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今期初先発の森脇に代えてはいったのは、

橋岡ではなく、菊池大輔であった。

それにしても、今夜の森脇は気合入ってたなあ。

やはり、橋岡の存在が脅威だったのでしょうね。

けっこう手を抜く森脇があんなに走るとは・・・。

チーム内にいい緊張が生まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3点目はコーナーキックからであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 85分の槙野のこのヘッドで、試合は決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、さらに「デザート」が待っていた。

終了間際の90分、

交代でディフェンスに入った荻原が相手を振り切ってゴール前まで持ち込み

ファブリシオにパス。

きょうのファブリシオは外さない。

ダメ押しの4点目、自身のハットトリックとなるゴールで、

真夏の花火大会を締めくくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、苦手なジュビロを完膚なきまでに粉砕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4点取って、完封、ってのもまた気持ちがいいったら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオ、これで一気にブレイクか。

ゴール後のウルトラマンポーズ、また見たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでレッズは勝ち点31で順位は9位だが、

4位神戸の勝ち点は33。

実に6チームが勝ち点さ「2」の間にいるという大混戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナントカ、この大団子から抜け出して、3位以内のACL出場権を目指したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それにしても今夜は絵日記に書きたいくらいの

楽しい夏休みの思い出ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
医療系をまとめました。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ