ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.20

初戦、コロンビア相手に金星。

勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

まさかの大金星。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンビアに勝つにはどんなシナリオがあるだろうと思ったが、

まさか開始3分で相手CBハンド、一発退場、PKで先制、とは・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットボールは何が起こるかわからないとはいえ、

このシナリオはなかなか事前に書けませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッカーは香川。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当なプレッシャーだったと思いますが、

ヨーロッパでもまれた経験が生きたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願ってもない展開になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、油断はできない。

とっさに思い出したのは2006年ワールドカップドイツ大会。

初戦オーストラリア相手に中村俊輔のゴールで先制するも

その後逆転負けを喫した試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10人となってかさにかかって攻めてくるコロンビアに対し、

日本はひいて守るのか、攻めに出るのかがどうもちぐはぐ。

ピッチの意思統一ができていない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定(?)前半終了間際にフリーキックから同点に。

ゴールラインテクノロジーを見るまでもなくゴールインでしたが、

そのフリーキックのきっかけになった長谷部のプレーは

ファウルじゃなかったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-1でハーフタイム。

お、早野さんの横にはわれらが野人岡野登場(^.^)

何となく、場違い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、NHKサッカーテーマを演奏するバンドが演奏。

もはや、こういう場面にロックは完全にお呼びではないね。

オジサン的にはダサい、と思うのだが、

今どきの若者はこういうのをカッコいいと思うのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

明らかに日本の攻撃は整理された。

受けるのか攻めるのかあいまいだった前半に比べ、

リスクを冒さずタテに速いパスで勝負する、という監督の指示と思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、得点はセットプレーから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本田のCKを大迫が見事にヘッドで合わせ、勝ち越し点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、スバラシイ。

よく、決めました。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロンビアにかなりの精神的ダメージを与えたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、タイムアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさにドン底からの奇跡的な勝利でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の勝利の大きな要素は、相手DFのハンドですが、

それを引き出したのは大迫の抜けだしからのシュート。

勝ち越し点と加えて、この試合のMVPでしょう。

アントラーズ出身のコイツはいつもシマラナイ表情で

あまり好きではありませんでしたが、見直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、原口をはじめヨーロッパ組を中心によくファイトしました。

昨日書いた「当たり負けしない肉弾戦」、かなりできていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後半、おそらく監督が戦い方を整理し、

チームの規律がまとまったことも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにくわえ、コロンビアのエース、前大会得点王のハメス・ロドリゲスが

ケガの影響で先発できず途中出場、

出場後も十分なパフォーマンスが発揮できず、動きが悪かった分、

10人のコロンビアの機動力がかえってさらに低下したこともラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、これで予選突破の可能性がぐっと見えてきたわけですが、

忘れてならないのは1996年のアトランタオリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブラジル、ナイジェリア、ハンガリーと同組に入った日本は

初戦でブラジルを破るといういわゆる「マイアミの奇跡」をおこしたが、

その後ナイジェリアに敗れ、ハンガリーに勝ったものの、

得失点差で決勝トーナメント進出を逃している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もセネガルがポーランドに勝ったようで、

ブラジル≒コロンビア、ナイジェリア≒セネガル、ハンガリー≒ポーランド

と見れば、キビシイ戦いはこれからです。

セネガルはナイジェリアと同じ緑のユニホームだし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このアトランタ五輪の時の指揮官がほかならぬ西野監督なので、

当然、その教訓は織り込み済みだと思いますが、

今後の戦い方をしっかりと検討してほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても心配なのはハンドで一発レッドもらった

あのコロンビアディフェンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1994年、ワールドカップアメリカ大会で、

オウンゴールを献上して敗戦の一因となったコロンビア代表DFエスコバルは

帰国後、まだ、ワールドカップの期間中でしたが

なんと射殺されてしまったという事件がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのハンドしたディフェンダー、ビビってるだろうなあ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.19

ワールドカップは初戦がオモシロイ?

 ワールドカップ。

 

 

 

 

 

 

 ある意味面白いのはこの各組初戦かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、面白かったのはアルゼンチン対アイスランド。

 

 

 

 

 

 

 

 前回準優勝のアルゼンチンに対し、初出場のアイスランド。

しかし、体がデカくてあたりがやたら強い。

この国はバイキングの系譜なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半19分にアルゼンチンに先制されれば、

誰でもアイスランドの勝ち目は無いかと思いきや、

その後、すぐに同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身体をはって守りまくるアイスランド、しかし、後半にPKを献上。

万事休すかと思われたこのメッシのPKをまさかのキーパーがとめてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人口わずか34万人足らずの小国が、

ワールドカップ優勝2回の強豪アルゼンチンに対しての勝ち点1は、なかなかスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、昨日のドイツ対メキシコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップ優勝4回、前回大会も優勝したドイツは常に盤石な戦いで知られるが、

これを、メキシコが1-0で破る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメキシコサポーター、ウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優勝したような騒ぎでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハビエル・エルナンデス、泣いてたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブラジルも手こずってるけど、まあ、ブラジルは予選リーグではわりとそういうことありますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、どのチームもあたりが強くどんどんシュートを打つなあ、

というのが今回何試合か見た印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとなく、華麗なパスサッカーから、

ラグビー的な肉弾戦に世界のサッカーがシフトしている印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とすると、パスをつないでボールを保持するサッカースタイルは

今や時代遅れなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペインとか、今回はけっこうキビシイかもですが、

当然日本も・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでのワールドカップの試合を見て、

今までの日本代表の試合運びを頭の中で組み合わせて

ゲームをシミュレーションしてみると、

たぶん、ゼッタイ、勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本番で何か違うことをやらないと・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今晩です。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.15

ワールドカップ2018ロシア大会、開幕。

ワールドカップロシア大会、地味に開幕しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開会式見たくてテレビつけてましたが、

やってるのは時間つなぎのどうでもいいワールドカップ・バラエティー番組。

「あさイチ」の新キャスターの漫才コンビ(?)と杉浦アナと、まさかの中村憲剛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーでもいいクイズ番組、つまんねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のワールドカップは民放を含め全試合地上波で見られるようですが、

地上波も善し悪しだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーファンをなめてるとしか思えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも仕方ないので見てましたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時半になってやっと開会式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり気分アガります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングアクトはイギリスの歌手、ロビー・ウイリアム氏。

有名なヒトらしいが、知らない。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なして、ロシアの大会のセレモニーにイギリス人?と思ったが、

このヒトは親ロシア家らしい。

ただ、先のイギリスでのロシアスパイ暗殺未遂事件を受けて、

イギリス王室や政府が参加を断る中の出演とあって批判も多いらしい。

(ネットの受け売りですが・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして火の鳥に乗って出てきた女性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このヒトはロシア人のソプラノ歌手、アイーダ・ガリッフリーナさんという人らしい。

ロシア人の名前は、ムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2人の絡みになり盛り上がります。

でも、演出も、バックバンドも何となく野暮ったく、

ムカシからずっとロシアはヨーロッパの「田舎」なんだなあと改めて感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドカップの開会式ではオリンピックのような選手団入場はむろんありませんが、

出場国のイメージカラーをまとった女性たちが入場。

先頭ロシア、次はポルトガルかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツわかりやすい。

待てよ、ベルギーはどうなってるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、日本か・・・・。

なんか、ちょっと・・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロナウド。あの、ロナウドか、太ったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モハメド・アリかと思った。(^^;

2002年の日韓大会で準決勝、決勝と生ロナウド観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ、ワールドカップは祭典です。

この華やかな雰囲気は好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開催国のプーチン大統領の挨拶。

ここんとこトランプ、金正恩の話題多く陰に隠れていたが、

アブナイ指導者の一人であることに依然変わりはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この大会が平和裏に終わることを願っております。

日本代表?まあ、それなりに。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後開幕戦。

開催国ロシアとサウジアラビアの対戦。

少し見ましたが、遅いので寝ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝起きて結果見ると

なんでもロシアが5-0でサウジアラビアに勝った模様。

同じアジア代表としてここに日本が出たかもしれないわけで。

最終予選では、日本とサウジアラビアの対戦は

ホームで2―1、アウェイで0-1とほぼ互角だったことを考えると、

ここに日本が出ていきなり0-5で負けてたらヤバかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.10

ルヴァンカップ敗退。ランチは美味しかったけど。

第1戦を0-2で落としたルヴァンカップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地参戦、いろいろ迷ったが、結局行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由その①0-2とはいえ、相手はJ2。

ホームで2-0なら、延長まで持ち込んでも勝機はある。

その②土曜日4時は行きやすい。特に夜ライブの予定などもない。

その③天気がよさそうだ。

その④前から気になっていた食べたいものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その④である。

いつものキッチンカロリー。

駐車場の看板に「とんかつ&厚焼ロース」とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「厚焼ロース」は看板メニューらしい。

メニューでも赤文字。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店一押しのコレでいってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ました。

デカイ、アツイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、美味い!

厚いのだけど、超柔らかい。

ナットクの一押しメニューでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと、一応の達成感をもってスタジアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋岡君もトゥーロンから帰ってきたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイも咲き、梅雨だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2018年YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦

浦和レッズ  2-1   ヴァンフォーレ甲府 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  2-1)

  (後半  0-0)
*********************************************************************************************

さて、第2戦。

レッズは3点差以上の勝利が求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲府がかなり有利だが、2-0なら延長戦。

そうなればアウェイゴールルールが無くなりPK戦まで含めても

ホームチームが有利といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、甲府、気合入ってんなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを勝ち抜ければ17年ぶりのJ2勢のベスト8らしい。

一方、本日はメインアッパーの開放は無く、ややサビシイスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始。

レッズは4バック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲府がどう来るかが見ものであったが、

ドン引き作戦ではなく、ラインをコンパクトに、前線からボール奪取に来る。

やるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前半19分、エース興梠が左足を振り抜き、先制。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、反撃の狼煙が上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、24分、またしても興梠が巧みなループシュートで2点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、得点差はチャラになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は次の1点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、レッズがとればトータル3-2でレッズの勝ちになるが、

甲府が取った場合2-3になりしかも、アウエイゴールルールの適応により

レッズが1点返しトータルスコア3-3に追いついても甲府の勝ち抜けになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがわずか3分後、

そのアウェイゴールを奪われてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってもうたー。(T_T)

この1失点でレッズはこのあと2点取らねば勝ちはないことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは次々と交代選手を投入。

後半開始早々から柏木。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールを狙いにく。56分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールポストやクロスバーなど惜しいチャンスもあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アウェイゴールの1点が重くのしかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム4分。

だが、ココで1点ではなく2点必要、というのはキツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、ゴール奪えず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気は悪くなかったし、時間もちょうどよく、

厚切ロースは、予想以上の味であったが、①は達成できなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道のアジサイは行きと違ってどことなくウエットなイメージでした。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.05

4バックのレッズ

 さて、時間はさかのぼるが6月2日(土)はルヴァンカップであった。

 

 

 

 

 

 

 

 プレーオフステージ第1戦がヴァンフォーレ甲府相手に

アウェイの山梨中銀スタジアムで15時キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 横浜から向かうことも考えたが、時間的にムリなので、録画観戦ということに。

 

*******************************************************************************************

ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦

ヴァンフォーレ甲府 2-0 浦和レッズ (山梨中銀スタジアム)

     (前半  1-0)

     (後半  1-0)
*******************************************************************************************

 プレーオフステージとは予選リーグの各組上位2チームが組むトーナメント。

 

 

 

 

 

 

 

 グループリーグ1位のチームが別のグループ2位と当たるという、

ぶっちがえトーナメントである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはC組1位。

相手はB組2位のヴァンフォーレ甲府。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の2位チームを見ると、

A組2位が横浜、B組2位が甲府、C組2位がガンバ大阪、D組2位が湘南と、

リーグ戦では今年、甲府を除いて負けた相手ばかり。

その中で、現在J2の甲府、しかも7年間負けなしの相手との対戦は、

レッズにとって、もっともラッキーなカードだったはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 代表の西野監督は4バックを廃し、3バックを試してうまくいかず、

そして今回、オリヴェイラ監督はレッズ伝統の3バックから、

自身が信奉する4バックにシステムを改める模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この3バックと4バック、サッカーマニアの間では、

常に議論の種であり、解説者、記者、指導者についても

みな一家言を持っているが、永遠に結論の出ないテーマである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ言えることは、センターバックはさておき、

サイドバックのキャラクターが4バックのキャラクターを決定づけるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1999年、ワールドカップ日韓大会を控えたトルシエジャパンが

ブラジルと対戦した親善試合を国立でナマで見たが、

その時のブラジル代表右サイドバック、カフーの動きが忘れられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 右サイドを何回も何回もアップダウンし、

相手ゴールラインから抉るクロスを上げたかと思うと、

自陣のコーナーフラッグまで下がって身体をはった守備をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その動きは機関車が開かずの踏切を行ったり来たりするような感じであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに、攻撃では得点につながるラストパスを送り、守備では最後の砦となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシのサイドバック理想形はこのカフーやかつてフランス代表だったリザラズ、

日本ではむろん長友選手ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにカフーがセレソンの右サイドバックやってた時代には、

左サイドバックにはロベルト・カルロスというこれまたキャラの立ちまくった名選手がいましたが、

やっぱ、ワタシの理想形としてはもっとドリブルで持ち込む選手ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズにいるか、といわれれば宇賀神がビミョーなんですけど、

代表から戻ったら槙野がやるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で今年注目ルーキーの橋岡選手は

サイドバック、ハマるのではないかと大いに期待してるんですが、

現在はU-21日本代表でトゥーロン行ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、気づくと、今回の試合のこと何も書いてないや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって良いとこなしのレッズは格下ヴァンフォーレ甲府に

わずかシュート5本に抑えられ完封負け、

何を書く気も起こらない。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリヴェイラ監督は最初からホームでの2戦目を加えた180分のゲーム、

という点を強調していたというが・・・・。

 

 


コメントはまだありません
2018.05.31

ロシアまで愛をこめて

ワールドカップロシア大会前の最後の国内での試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリルホジッチ電撃解任後、西野新監督の初采配。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月30日水曜日、場所は横浜国際競技場(日産スタジアム)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日は午後休診なので、行けないことはないし、

木曜日からは横浜みなとみらいで日本耳鼻咽喉科学会。

総会は参加予定、しかし、金曜日から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむむむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木曜日も休診にして、水曜午後から横浜入りし、

サッカー見て、学会出て、・・・・・

などという「夢のプラン」も一瞬頭をよぎりましたが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに3連休というわけにもいかないので、

学会のトランクにパッキングをしながらのテレビ観戦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行かなくてよかった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひどかったですね、日本代表。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この期に及んでの3バック。

しかも、両サイドに吉田、槙野でセンターにまさかのマコ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開始早々、その新造3バックのウラをスカッと破られゴール前にクロスを上げられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやうく「秒殺」されるところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も迷走の度はさらにアップ、

もはや選手が何をやりたいのかが全くわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、香川、岡崎が入って事態はさらに悪化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香川の必殺技はいまだゴール前でボールが来たときの

またぎスルー、というのが情けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長友のパフォーマンスがややマシであったが、

あとは、どうも・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西野監督、途中からは顔面蒼白。

インタビューでは完全に目が泳いでいました。

この、キャップにジャージというか体操服姿も、ダサイし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、本田、香川、岡崎、長友、川島、長谷部らは

前々回2010年南ア大会からの代表。

(香川は予備登録)

とっくに賞味期限は過ぎてるメンバーがいまだ、チームの中核とは・・・・。

いっそ、イニエスタに山口蛍の特殊メイクを施して出しちゃうとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップロシア大会がいよいよ楽しみになってきました。(^^;

 

 


コメントはまだありません
2018.05.21

15連戦の最後はGK対決でスコアレスドロー

4月からの15連戦もいよいよ最終盤、

このあとはワールドカップの長い中断に入るので、

ぜひともココはイイ感じで締めたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいうものの15位、13位と低迷するガンバ大阪と浦和レッズの戦い。

だがナゼかNHK地上波で放送あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK的には高い放映権料を払ってワールドカップの中継をする以上、

この時期に多くの視聴者にサッカーをアピールしたいところ。

そして、土曜日のデーゲームはこのカードと横浜対長崎だけで、

横浜、長崎の2チームには日本代表選手がいないのでこの試合の放送を決定した、

ということでまず、マチガイないでしょう。

 

**********************************************************************************

2018年J1第15節

ガンバ大阪  0-0   浦和レッズ  (吹田スタジアム)

   (前半 0-0)

   (後半 0-0)

**********************************************************************************

前日発表になった日本代表に選ばれたのは

浦和レッズからはDFの槙野、遠藤航。

ガンバ大阪からはGK東口であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにGKに関しては川島は確定とおもわれたが、

中村航輔、東口についでレッズの西川も候補の1人であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その東口が4月に顔面骨折をし、ワールドカップ絶望かと思われたが、

前節からフェイスマスクして試合に復帰、ギリギリ間に合わせて代表に呼ばれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西川にして見れば、かなりクヤシイところであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合の見どころは、その明暗分かれたGK対決になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの怒涛の攻撃を東口がしのいで見せれば、

ガンバのきわどいシュートを西川が跳ね返す場面が幾度となくあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに西川の気合は凄く、

至近距離からの1対1の決定的なシュートを右手1本で止める場面が2回、

ボールを持つとすばやいキックで前線の相手の裏までピンポイントのパスを通し、

攻撃の起点としてのタレントもアピール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局両キーパーの好守が0-0のドローという結果をもたらした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ともに見事な完封とはいえ、2人を比べると

フェイスマスクのせいか、飛び出しの判断に迷う様子も見られた東口に対し、

今日のゲームのパフォーマンスでは明らかに西川に軍配が上がったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これでワールドカップの中断に入るわけだが、

シーズン途中でオズワルド新監督を迎えたレッズにとって、

この中断期間が大変重要な意味を持ってくるのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中断明けには、より完成形に近づいたレッズが見られますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、日曜日の試合で、

代表キーパーの柏レイソル中村航輔が脳震盪、頚椎捻挫、のニュースあり。

すわ、西川が代わって招集か?と色めき立ったが、

夕方の報道では予定通り代表合宿参加の発表。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、西川くん、残念だけど、

第3キーパーで試合に出ずにずっと代表に帯同するよりは、

中断期間にオズワルド・サッカーをみっちり会得して

中断後のリーグ戦で活躍してほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、盛り上がってねーな、ワールドカップロシア大会。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.16

ワタシのスタジアム今季初勝利でルヴァンカップ予選1位通過。

 4月から続いた週2ペースの怒涛の連戦も

今回が最後のホームゲーム、今週末のアウェイガンバ大阪戦で終了し、

ワールドカップの中断期間に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日の埼玉スタジアムでのカップ戦。

さすがに今日は駐車場がすいている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今日は重要な試合である。

ルヴァンカップ・グループリーグ突破がかかる最終節なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでグループ首位のレッズは、

引き分け以上なら、プレーオフステージに進出できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、敗戦の場合、他会場でのガンバ大阪対名古屋グランパスで、

ガンバ大阪が引き分け以上だと、グループ敗退となってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はメインアッパーは解放しないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今日は時間に余裕があったので、蓮田SAで、夕食用にお弁当を調達してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのかき揚げ弁当が、大のお気に入りなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エビ天でもキス天でもなく野菜かき揚げ弁当550円。

このようにぐちゃぐちゃにして(?)食べるとオイシイ。\(^o^)/

 

 

**********************************************************************************************

2018年YBCルヴァンカップ予選グループ最終節

浦和レッズ  1-0    サンフレッチェ広島 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-0)

**********************************************************************************************

 

 柏木、興梠、武藤などを温存しても、

武富、マルティノス、岩波、李忠成とスタメン級の選手は豊富なレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に言えば、ここでカップ戦を敗退したら、リーグ戦だけでは選手層が厚すぎて

レッズの選手はだぶついてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほど述べたようにレッズは引き分け以上でOKだが、

サンフレッチェ広島は勝たなければ突破はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンフレッチェ広島は現在リーグ首位、絶好調である。

しかし、試合はレッズの攻勢で進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的な感想だが、最近のレッズはリーグ戦より、

カップ戦の方が生き生きしていて試合が面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アタリも強く、寄せも早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半はスコアレス。

引き分け以上で良いので、あせることはないが、不用意な失点で負けてしまっては元も子もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして66分。

絶好のチャンス到来。

相手DFがエリア内でハンドを犯し、PKゲット。

李忠成は早くからボールを手にしてける気満々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがコレを止められる。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その10分後、

相手ディフェンダーからボールをからめとったマルチノスからのボールを

李忠成が左足でシュート。

ボールは、相手GK林の指先をかすめてゴール隅に突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PKを失敗したFWが自ら得点を取ると、すっごくウレシイ。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、ロスタイムに入る。

ロスタイムは何分?

表示出なかったような気がしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局4分余りのロスタイムも、この1点を守り切り、1-0で勝利。

グループリーグを首位で通過することになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ワタシの今季初勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他会場はガンバ大阪がホームなのに1-4で名古屋に負けており、

それでもサンフレッチェ広島に勝ち点2差をもって2位通過になった。

もし、サンフレッチェがレッズに勝っていたら、

サンフレッチェとレッズが通過だったわけで、

ガンバは予選敗退になったはず。

よっぽどレッズを信頼して1-4で負けたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレーオフステージではヴァンフォーレ甲府とH&Aで戦うことになったらしい。

まだまだ、先は長いが、とりあえず良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.15

(行ってたら)イライラのドロー

そんなわけで、悪天候にかこつけて現地参戦を取りやめた

お誕生日のJリーグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はテレ玉の中継がありあした。(^.^)

 

*********************************************************************************************

2018年J1第13節

浦和レッズ  0-0   サガン鳥栖 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-0)

  (後半  0-0)

*********************************************************************************************

今回の相手は9連敗など絶不調で現在下から2番目のサガン鳥栖。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーの試合には

勝ち試合では

序盤から追加点を重ね安心して見られる試合、

感動的な逆転勝利、

ラッキーな得点を守り抜いての勝利など、のパターンがあり

負け試合では

まったくいいとこなしのダメダメ試合、

惜しいところで負け越したクヤシイ試合、

審判の疑惑の判定で負けた怒りの試合など、のパターンがある。

まあ、どれでも勝てばうれしいし、負ければガックリである。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方引き分け試合では、いろんな感情が試合後に残る。

緊迫感が最後まで続いたスコアレスドローな試合、

まあ、いいゲームだったねという満足感。

ジェットコースターのような点の取り合いで結局ドローのような疲労困憊の試合、

やっと終わった、疲れたけどすごかったね。

ギリギリロスタイムで追いついた、あるいは追いつかれた試合は

おおーヤッター、あるいはうわーヤラレター、という感想などがあるが、

今回はそのどれでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  深く自陣に下がってひたすら守備を固めるサガン鳥栖。

この作戦をサッカー用語ではイタリア語で門の閂を意味する「カテナチオ」、

日本語では「ドン引き」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 攻撃を受けるピンチもなくほぼ一方的にレッズが攻め立てるので、

そのうち点が入るだろう、と選手、監督をはじめスタジアムの誰もが思っていたが

攻めても攻めてもゴールを奪えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はシュートが阻まれても選手の顔には余裕があったが、

次第に様相が変わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビで見てると、次第に退屈して眠くなってくるが

スタジアムで見ている人はそうではなかっただろう。

 雨は激しくなり、気温も下がったことも相まって

ともかく、点はまだなのか、というイライラが

時間とともに増していったと想像される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手のシュートは後半25分と試合終了間際の2本だけ。

いつかは点取って勝つだろうと思ったが

結局、得点を奪えないまま4分のロスタイムも経過した。

ホイッスルとともに湧き上がったブーイングが

テレビの画面からもはっきり聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寒い中、雨に打たれてストレスをために行く試合、

わざわざ誕生日に行かなくて正解だったかも。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.05.10

名古屋を蹴落とし、ルヴァンカップグループリーグ突破に王手。

 ルヴァンカップもグループリーグは早や終盤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在勝ち点7のレッズは、今節、名古屋に勝ち、

かつ、広島がガンバに勝てばグループリーグ突破が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、名古屋はここで負ければ突破は絶望になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦の日程が立て込む中、

この辺のチームの目標をどこに設定するのかがビミョーになってくる。

********************************************************************************************

2018年ルヴァンカップ グループリーグ第5節

浦和レッズ  2-0    名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

  (前半  1-0)

  (後半  1-0)

********************************************************************************************

 土曜日のリーグ戦とは先発9人を入れ替えたレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、マルティノス、李忠成、武富、岩波、山田直輝など、

リーグ戦のスタメンでもじゅうぶんイケるタレントがいるわけで、

レッズの選手層の厚さはやはりなかなかのものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カップ戦とリーグ戦で上位の戦いをするためにはこれくらいのタマは必要なわけで、

逆に言えば、ACLもないのだから、

ルヴァンカップ予選で敗退しちゃったら、それこそ宝の持ち腐れで、

タレントを消費できなくなってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、このゲームに負けるとあとが無い名古屋は当然、激しく攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前線からボールを奪いに来るスタイルで、強引なドリブルやウラをつく動きで、

試合を優勢に進める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、先制点はレッズだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半32分、長澤からのパスに武富が左サイドを深くえぐりゴール前に早いクロス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 李が飛び込んで後ろに送るとファーでフリーになったマルティノスがきれいにミート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マルティノス移籍後初ゴールは、

グランパスに大きな打撃を与えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズに追加点が入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 65分、高い相手ディフェンスラインの裏に飛び出した李忠成はGKと1対1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう場面は意外と決められないものだが、

李は落ち着いてキーパーをかわしてゴールゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺、李の貫録勝ち、といったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま2-0で勝ち切ったが、ガンバが広島に勝ったので、

グループリーグ突破は最終節に持ち越しになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チーム状態は徐々に上向いて、あとワールドカップ中断まで残り試合数は2。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、そのワールドカップは、監督解任もあって、全く盛り上がっていませんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ