ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.20

やっぱりフライデーJリーグなんてキライだ。

 悪名高き(?)フライデーJリーグ。

大口スポンサーのDAZNの要請ではじまったと思われるこのシステムだが、

ここまで、レッズは、この金曜日開催のリーグ戦は全敗。

そして今日が、今季最後の「嵐の金曜日」。

*****************************************************************************************

 2019年J1第29節

浦和レッズ  0-1   大分トリニータ (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-0)

  (後半  0-1)
*****************************************************************************************

 日本代表のワールドカップアジア2次予選の2試合のため、

約2週間中断したJリーグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間は、日本代表の格下相手の2次予選より、

ラグビー日本代表の活躍の方が、マスコミには大きく取り上げられ、

Jリーグの、しかも下位争いなんて、箸にも棒にも掛からぬネタではあったが、

レッズサポにしてみれば、この試合は日本代表戦よりも、

ましてラグビーの試合なんかよりはるかに重要な試合なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果については、書く気にもならず・・・・。(--〆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、あれだけ攻めて攻めて、

相手キーパーは遅延行為でイエローカードをもらうような流れの中、

ロスタイムにカウンターくらって敗戦とは・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一つ言えるのは、もし、このあとの

アジアチャンピオンズリーグ準決勝第2戦がなかったら、

大槻組長は解任されてもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも逆に、アジアチャンピオンズリーグ優勝の望みが

少なからずあるから、その驕り、気のゆるみから、

この試合に負けたのか・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.06

ようやくリーグ戦でも勝ち点3

日曜日の夕方でしたが、バンドメンバーの前原先生が足利市内でライブ、

ということで、現地観戦はあきらめ、テレビ録画観戦になりました。

*******************************************************************************************

2019年J1第28節

浦和レッズ  2-1  清水エスパルス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-1)

   (後半 1-0)

*******************************************************************************************

水曜日のアジアチャンピオンズリーグ準決勝第1戦で

広州恒大を2-0と破り、決勝進出に大きく躍進したと同時に、

公式戦2か月ぶりの勝利をした浦和レッズである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、リーグ戦の未勝利は続いているわけで、

残留争いから早く脱出することも、極めて重要な問題である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手、監督も、そこは重く受け止めていたようで、

先発メンバーも気合の入ったラインナップであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の試合で鬼神のごとく活躍したDF鈴木をセンターに置くのは当然だが、

やはりワントップは興梠慎三で、

故障がちで休ませたいところであるが、替えのきかない絶対的エースなので

まあ、やむを得ないところ。

このあと、代表戦によるリーグ中断もあるので、ここはもう一回無理してもらう、

といったところか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな乾坤一擲の思いで臨んだ試合であるが、

19分、相手ロングスローからドタバタした守備で失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだよ、やっぱ国内では勝てないのかよ、と思った前半ロスタイム。

橋岡からのクロスに横っ飛びに相手ディフェンダーの前に飛び込んだ興梠。

これぞストライカーという見事なヘッドで

前半のうちに同点に追いついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1点は大きかった、

ていうか、やはり興梠が出てくれてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、後半30分。

FKの流れからのこぼれ球をワントラップで振り抜いたのは1点目アシストの橋岡。

これが、相手ゴールに吸い込まれ、逆転弾となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして2-1の逆転勝利で、レッズは10まで浮上。

まだ、残留確定ではないが、ちょっとホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、Jリーグ公式チャンネルではカットされているが、

後半相手ディフェンダーがボックス内で明らかなハンド

これをまたも審判が見逃し、誤審。

そのあと、橋岡のゴールで勝ったからいいようなものの、

VARはどこ行っちゃったんだっけ・・ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.03

アジアでは別の顔

2年前は試合に遅刻したが、今回は大丈夫。

過去の失敗経験は常に次回に生かされる。

人生において大事なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間は10月とは思えないほど暑かったが、日が暮れるとひんやり秋の風。

秋の宵、ススキと月と埼スタと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待と不安を抱いてスタジアムに向かう人の波。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーグ戦の優勝、ACL圏内の3位以内はすでに遠く、

いまだ残留争いからは、脱出できず、

ルヴァンカップも、天皇杯も敗退した今、

粉々になりそうな浦和サポーターのプライドをかろうじてつなぎとめているのが、

このアジアチャンピオンズリーグである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中北千住駅で買った、レンコン包み揚げフライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手入場に合わせて、バックスタンドでは大旗展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの席より下層のお客さんはすっぽり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間にゴール裏ではコレオグラフィーを披露。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、大旗の下の人は見られない。

展開したサポーターグループのスタッフは写真撮ってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 円陣が解けたころやっと旗が下がります。

プハーッて感じ?

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2019アジアチャンピオンズリーグ準決勝第1戦

浦和レッズ   2-0    広州恒大 (埼玉スタジアム2002)

    (前半 1-0)

    (後半 1-0)

*********************************************************************************************

 準決勝の相手は、準々決勝と同じ中国の広州恒大。

準々決勝で鹿島アントラーズを破って勝ちあがってきた。

レッズが勝った上海上港はアジアチャンピオンズリーグの優勝経験はないが、

この広州恒大はレッズと同じく2度のアジア制覇を成し遂げている。

しかも今も中国の国内リーグは首位らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上海上港よりかなり多くのサポーター。

アウェイユニは黄色だが、チームカラーはこれまた赤らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、試合はともに失点をしたくない両チームの様子見で始まるが、

次第にレッズの気迫が広州恒大を圧倒していく。

相次いで、得点をにおわせるシーンを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんななか、19分にファブリシオの見事なミドルシュートが決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 欲しかった先制点でゲームの流れを更に引き寄せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前から思うのだが、この埼玉スタジアムのサポーターが醸し出す雰囲気は、

海外のチームにとってはかなりのプレッシャーになるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内では浦和レッズが、応援はすごいけれど

実は勝負弱いことは相手チームも知っているので、

サポーターのこけおどしにはビビらないが、

海外のチームに対しては、ヨーロッパのトップチームのような強豪、

という(誤った)印象を与えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズは集中を切らさず、押し気味にゲームを進める。

なんでこれが国内リーグでできないのかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチもあったが、しのいで75分、待望の追加点が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コーナーキックのこぼれ球を回収した関根が、思い切りよくシュート。

鋭い弾道のミドルシュートが相手ゴールに突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節のような後半の失速もなく、守り切るかと思ったが、

カウンターから失点。

ああー、またか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思ったら、これがオフサイドでノーゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はこのまま終了し、準決勝第1戦は2-0で勝利。

これは公式戦11戦ぶりの勝利、となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2戦は10月23日だが、この試合引き分け以上、

負けても1点差ならば決勝進出が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ナゼにアジアでこんなに強いのか。

もし、鹿島アントラーズが勝ち上がってきたら

ゼッタイこうはいかなかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道、けっこう中国人サポーターが多いのに驚く。

赤いレプリカなので分かりにくいが、やたら大声でしゃべるのでそれと分かる。

それにしても、0-2で負けたのにみんな意外と明るくしゃべってるんだよねー、

なんなんだろう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.10.02

人間ドックからの・・・

 人間ドック受診は5年目かな。

今日は、訳あって、というか、夜にサッカーの試合があるので、

館林駅まではクルマで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この手で2年前はアジアチャンピオンズリーグの決勝進出を決めたので、

そのゲン担ぎの意味もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから、りょうもう号に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お、こんなところに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 館林駅発8時11分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ドックが終わり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腹を空かせて、帰路につく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 断食のあとは必ず肉が食いたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、検査中から頭の中は肉、肉、肉・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、初の10パーセントの消費税を払いました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、館林にとって帰して、今度は埼スタへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.28

重要な試合

 28日、ラグビーワールドカップでは日本代表が

世界ランキング2位のアイルランドと対戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の午後、テレビをつけたら試合が始まったところだったので、

せっかくなのでなんとなく見はじめたけれど、

ラグビーよくわからないし、

たいして面白くないので、15分くらいで見るのをヤメタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はそれより、はるかに重要度の高い試合が、あるのだ。

********************************************************************************

2019年J1第27節

サガン鳥栖  3-3  浦和レッズ (駅前不動産スタジアム)

   (前半 0-2)

   (後半 3-1)
********************************************************************************

 前節までで浦和レッズは勝ち点31で15位、

サガン鳥栖は勝ち点27で16位。

16位以下がJ2降格となるので、

レッズにとってはまさにカド番の直接対決である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラグビーは、日本が勝ったところで、オー、スゴイね、

アイルランドが勝てば、やっぱりアイルランドは強いね、

ってことでどっちにしろ1週間もたたずに忘れてしまうが、

もし、この試合に負けて来年J2落ち、なんてことになれば、

丸々1年ツライ思いをしなければならぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、この試合、鳥栖でのアウェイゲームなのにテレ玉が生中継。

アウェイゲームを生中継することは異例中の異例で、

この試合がいかに重要な試合か、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇杯でアマチュアチームに負け、スッキリした(?)レッズの

出足は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーズボールへの寄せや、前への推進力もあり、

気迫あふれるプレーでサガン鳥栖を攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エース興梠がベンチ外ということで、

ワントップに入ったファブリシオが、

後方からのボールを頭で武藤に落とし、

これを、武藤が鮮やなワンタッチコントロールからゴール。

前半7分に早くも先制する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで、リーグ無得点だった武藤のゴール。

興梠不在のなか、ファブリシオ⇒武藤のゴール、というのは

チームに勢いを与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その勢いのまま、前半29分には長澤が、

まるでマンガかアニメみたいなアクロバチックなシュートを決めてみせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぐれとまでは言わないが

この試合にかける執念が生み出したラッキーシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、本気出せば、強いぜレッズ。

この試合は楽勝だ、残留争いも脱出だ、

佐賀に行った人は良かったねー、と思ったものだが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうはいかないのが、このチーム。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで、何度も経験したことだが、

こういう試合でこうなっちゃうのが浦和レッズ。

もう30年間変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、豊田の投入から勢いを取り戻したサガン鳥栖に

浦和の守備陣は混乱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、24分、29に失点し同点とされると、

さらに後半37分、残り時間も少ないところで逆転の3点目を喫す。((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、レッズが実力(?)を発揮しちまったー。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、まさかの敗戦かと思われた後半ロスタイム。

ペナルティーエリア内で岩波がつきとばされ、PKを得る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰が、蹴んの、誰が、蹴んの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 興梠はいない、武藤もファブリシオもすでにベンチ。

キャプテンマークを巻く槙野がベンチの組長のところに相談に行くが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおおおお、杉本!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールを渡された杉本は「マジすか」といったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それもそのはず、

なんせ、ほんの3日前、

アマチュアチームホンダFCとの天皇杯ホーム埼スタで、

ロスタイムに得たPKをはずし、

帰りのバスをとり囲まれサポーターから罵声を浴びた杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプレッシャーたるや・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、よく決めたぞ杉本健勇。\(^o^)/

それを託した槙野も男だ。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、最悪の事態は免れた浦和レッズ。

今度の水曜日はアジアチャンピオンズリーグ決勝進出をかけた

広州恒大との第1戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアの頂点を狙いつつ、J1の底辺を争うレッズ・・・(^^;)

ところで、ラグビーは日本が勝ったみたいです。

ふーん。良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.25

あえて、自ら退路を断つ?

 早々に姿を消したルヴァンカップのあとで、

準決勝までコマを進めたアジアチャンピオンズリーグ。

残留争いに巻きこまれそうなJリーグ。

で、JFLのチームと戦う、天皇杯ラウンド16。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来週には、アジアチャンピオンズリーグの準決勝第1戦があるし、

その前に次の土曜日リーグ戦の相手は、

降格圏を挟むサガン鳥栖との直接対決。

ともに、勝ちが必須の2試合である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう天皇杯は勝った場合、

その先まだ、準々決勝、準決勝、決勝までちょっと道のりは長い。

しかも次はアントラーズとマリノスの勝者とやらねばならぬ。

マリノスには2連敗、鹿島にはリーグ戦は引き分けたが

ルヴァンカップで敗れたばかり。

中国のチームより難しい相手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかにも、この試合、中途半端なモチベーションではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日夜、行く気になれば見に行けた試合であったが、行かなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカパーでの生中継はあったが、未契約チャンネルで、

この1戦のためにお金を払って視聴契約するのもなあ・・・・。

と、ワタシも中途半端。

 

********************************************************************************

第99回天皇杯全日本サッカー選手権 ラウンド16

浦和レッズ  0-2   HondaFC (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-0)

  (後半  0-2)

********************************************************************************

 でも、これは、ねーだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といいつつも心のどこかでこれを予感していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「予感」は、ひょっとしたら「期待」といいかえてもいいかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中継は見られないので、インターネットで途中経過を

時々チェックしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半0-0。

後半も40分くらいまで0-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、やだな、と思いつつ、プールに行ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰って、パソコンをつけると、0-2で試合終了。

83分と87分に1点ずつ取られている・・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うわ、マジか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、途中経過、得点の様子など全くわからないが、

まさか、という気持ちと、やはり、という気持ちが半々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、これで邪念なく、ACLと残留争いを戦い抜ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テスト前に、もう全部やってる時間はないから、この部分は「捨てよう」、

なんてこともあったなー、などという学生時代の心情も蘇ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なまじ、ACLダメでも、天皇杯が残っているから、

などという甘えを切り捨てるために、

あえて負けた、負けて良かった、

と、今は思うしかない・・・・(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、見に行ってたら、キツカッタだろうなあ・・・

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.18

最後の希望ACL制覇の夢をつなぐ

 今や、レッズサポの心の支えといえば、

アジアチャンピオンズリーグである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルヴァンカップも終わり、リーグ戦も興味が無く

(残留争いというシビアな戦いが待っている可能性があるが)

天皇杯はまだピンと来ないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、ACLがなかったら、どんなにムナシイ日々であったろう。

 

**************************************************************************************

2019年アジアチャンピオンズリーグ準々決勝第2レグ

浦和レッズ   1-1    上海上港 (埼玉スタジアム2002)

    (前半 1-0)

    (後半 0-1)

**************************************************************************************

 第1レグを引き分けてホームに戻ってきた浦和レッズには、

2大特典があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、アウエイゴールの2点。

よって、引分けの場合でも1-1までであれば、レッズの勝ち抜けとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、第2に相手の最も怖い存在であるフッキが累積イエローで出場停止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2つは大きい。

さらに言えば、もう一人の中心選手オスカルは、

ここ埼スタのレッズ戦で1試合に2回PKを失敗しており、

良い印象を持っていないであろうということ。

そして、ACLのチャンピオンを2回取っている浦和レッズに対し、

上海上港は、まだ決勝進出すら果たしたことがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きな大会になればなるほど、こういうことは選手の重圧になってくるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この優位性を受けて、レッズの試合の入りは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズがいいのか、相手が委縮しているのか、

ともかく、Jリーグのチームよりははるかにやりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-0でもいいわけだが、当然「組長」は「勝ちに行くぞ」といったはずで、

前半39分に先制ゴールが決まったおかげで、

レッズのゲームプランはぐっと楽になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、頼りになるのはやはり興梠。

ベルギーから関根が戻ってきたのも、助かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、再三ゴールチャンスがあり、

このうち1点でも入れば、もう試合の行方は決まったようなものだったが、

そんなスタイルはレッズらしくない・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半15分に、カウンターから失点。

試合は1-1。

トータルは3-3。

アウェイゴール2を持つレッズが、この時点ではまだ勝ち抜けることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし一方、次の1点が相手に入れば敗退になってしまうという、

危険なシーソーにのってしまったことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長かった残り30分であったが、

レッズの選手に焦りはあまり感じられず、

むしろ常に相手チームより精神的優位と集中力を保っているように見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その長かった残り時間30分+ロスタイム3分、

何とか守り切って1-1のまま、試合を終えた。

相手チームの監督は何でロスタイムが3分しかないんだーと、激怒してたらしいですけど、

ともかくこれで、レッズの準決勝進出が決定した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は、1日置いた18日夜に行われる、

鹿島アントラーズ対広州恒大の勝者。

興梠慎三は試合後のインタビューで、鹿島アントラーズにリベンジする意味でも

鹿島に出てきてほしい、と言ってましたが、

確かにそれはそうだけど、

広州恒大より鹿島に勝つ方が、やっぱりいろいろ難しいような気が・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.15

フライデーJリーグはもはや「鬼門」。

 フライデーJリーグなんてキライだ―。

今年の金曜日の試合は

4月5日(金)横浜マリノス相手にホームで0-3。

そこまで5試合無敗で来たのにボロ負け。

5月17日(金)湘南ベルマーレにホームで2-3。

あの誤審試合。

8月23日(金)松本山雅にホームで1-2。

下位相手に逆転負け。

そして、今日も・・・・

******************************************************************************************************

2019年J1 第29節

浦和レッズ   1-2    セレッソ大阪  (埼玉スタジアム2002)

    (前半 0-0)

    (後半 1-2)

******************************************************************************************************

 たしかに、4連勝中、

もうちょっとで3位位以内のACL圏内に手が届くセレッソに対し、

リーグ戦の上位進出はとうになく、

この間ルヴァンカップも敗退したばかりのレッズは、

来週火曜日のACL第2戦が最後のプライドをかけ戦いである。

当然、試合に臨むモチベーションには、ビミョーな温度差がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、しかし、前半は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うん、今日は勝てるんじゃないかと思ったが、

前半を0-0で終えてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半早々に失点。

ゴール前で右から左に大きく降られ、最後は西川よく見えなかったか、

と思ったが、汰木に当たってコースがやや変わったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 唯一の希望は55分、汰木に代わって入った

荻原拓也のガッツであった。

60分の興梠のゴールは、

この荻原の漢気あふれる強引なシュートから生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆転のムードもあったが、

阿部が82分に2枚目のイエローで退場し、

レッスは勝ち点1を守るのか、勝ち点3を狙うのかで揺れる中、

84分にセレッソの田中亜土夢に

キレイなゴールを決められてしまい、万事休す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気がつけばリーグ戦は15位で、

降格圏の16位サガン鳥栖とは

勝ち点3が4しかない、という状況。

たとえ、アジアで勝っても、リーグ降格では話にならんぞ。ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.09

ルヴァンカップ、終わっちゃった。

 日曜日夜のカシマスタジアム。

現地参戦をためらった理由は

①昼間、補聴器講習会なので、夜また遠方まで出かけるのがシンドイ。

②台風15号の接近で、茨城方面は直撃しそうで、帰宅困難になるかも。

③第1レグで2-3とアウェイゴール3発もくらって負けてるので勝つ自信がない。

④スカパーで生中継がある。

といったところ。

内訳は①が40%②が15%③が40%④が5%くらい、かなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、スカパー観戦。(^^;)

*******************************************************************

2019年YBCルヴァンカップ準々決勝第2レグ

鹿島アントラーズ  2-2   浦和レッズ (カシマサッカースタジアム)

     (前半  1-0)

     (後半  2-1)

*******************************************************************

 第1戦の結果を受けて

浦和レッズはもう攻めに出て点を取るしかない。

いっぽう、鹿島は攻めるか、守るか2通りの選択肢があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーのチーム戦術は明快な方がいい。

序盤から攻め続けるレッズ、

鹿島が必然的に押し込まれる形、という構図になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのパススピード、ボールへの寄せは早く、

28分に、波状攻撃から待望の先制点。

エヴェルトンが押し込んで、トータルは3-3。

しかし、アウェイゴールルールでこれではまだ鹿島が勝ち抜け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-0で迎えた後半、レッズの攻勢は続く。

次の1点が入ればトータル4-3でレッズ勝ち抜けとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが4分、思わぬアクシデント。

今や浦和の絶対的エース、鹿島キラーでもある興梠慎三が

早々と負傷退場してしまう。

第1戦も興梠の投入から試合の流れがレッズに傾いたことを思うと、

この負傷退場は、戦力的な面からも、精神的な面からも、

とてつもなく、イタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じポジションにファブリシオが入るが、

ボールのおさまり、ボールの引き出しで興梠が果たしていた役割が

いかに巧妙なものだったかがわかった。

プレースタイルの違いだけで説明できるものではなく、

サッカーセンス、ゲームマネージメントの面で

ファブリシオは興梠にはまだ遠く及ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、66分に取られてはいけない失点を喫す。

トータル4-3、これでレッズは残り時間で

あと2点をとらねば負けてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 73分に杉本健勇が投入される。

すると、その4分後に杉本が落としたボールを

荻原がゴール前にクロス。

そこに走りこんでヘッドでゴールに叩き込んだのは

167センチのチビッコ関根であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、レッズがもう1点取れば、勝ち抜けに持ち込めるが、

なんと87分、パスミスから失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、浦和の野望を打ち砕く1発であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、よく考えればその前のトータル4-4でも、

その後の5-4でも

レッズがあと1点取らねば負けることには変わりない。

この辺、アウェイゴールシステムの妙である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、その1点は遠く、

6分のアディショナルタイム後のホイッスルが

むなしくカシマスタジアムに鳴り響いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして浦和レッズの2019年のルヴァンカップは

中3日の鹿島アントラーズ都の2試合のみで終わってしまった。

こうなると、ACLのみに期待が高まるが・・・・

(天皇杯もあるけどねー。)

 

 

コメントはまだありません
2019.09.05

ルヴァン杯準々決勝第1レグ、前半の3失点、取られすぎ

何事も、うまくいくときにはすべてが良い調子でまわり、

悪いときには、何やってもダメ、ということがある。

いわゆる「負の連鎖」というやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルヴァンカップ準々決勝での対戦は鹿島アントラーズ。

ともにリーグ戦と並行して

アジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメントに勝ち残り、

タイトな試合日程の中で戦う両チームであるが、

リーグ戦でも2位と好調な鹿島は、前節のリーグ戦は主力を温存。

アジアチャンピオンズリーグのスタメンから7人を入れ替えたが、

清水エスパルス相手に4-0と快勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、リーグ戦11位、もうすぐ残留争いに巻き込まれそうなレッズは

湘南戦に主力を投入したが、消耗戦を勝ち切れず

土壇場に追いつかれてドローに終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、勝てなそうで、今日はスタジアムに行きたくないなあ、

と思ってはいたが・・・・。

また、今度いつ行けるかわからないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が短くなりましたね。

まあ、今夜は平日なので7時半キックオフではあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと早めに来て、途中のスーパーで買ったハムカツでビールを飲む。

ここのハムカツ、ちょっとハマっています。

 

**********************************************************************************************

2019年ルヴァンカップ準々決勝第1レグ

浦和レッズ   2-3    鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

    (前半 0-3)

    (後半 2-0)

**********************************************************************************************

ルヴァンカップは予選リーグがあるが、

アジアチャンピオンズリーグに出場の4チームは予選免除。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、準々決勝ではあるが、この2チームにとっては、

ルヴァンカップの初戦、ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19時33分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズは3バックにマウリシオ、槙野、鈴木を起用。

この布陣なら当然、マウリシオが中央で、鈴木が右のはずだが、

ACL第2戦でマウリシオが出場停止なので、鈴木のセンターを試したい、

という大槻組長の思惑なのか、鈴木がセンター、マウリシオが右に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがやっぱりダメで、スピードのないマウリシオは

サイドでの上下が苦手で、このサイドを崩され再三のピンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、36分、38分と立て続けに失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ、アウエイゴール2点は痛いぞ、と思っていたら

43分に3失点目を喫する。

ガックリひざまずくレッズの選手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半で0ー3とは・・・。

もう、帰るか、とチラッと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後半へ。

すでにポジションについて早く始めたいレッズに対し、

まだ円陣を組んでゆったりとした時間を使うアントラーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラチがあかず、後半7分、興梠慎三を投入。

前節も点を取ったがかなりファウルを受け、

休ませたかったところであるが、背に腹は変えられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、さすが浦和のエース。

前半まったくボールがおさまらなかったファブリシオに代わり、

ワントップに入ると、レッズに攻撃の形が見えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後半13分、武藤の強烈なシュートはGKに弾かれるが、

そのボールは興梠の前に。

ごっつあんゴールではあるが、やはりそれを引き出したのは

興梠のポジショニングであることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにその2分後、

コーナーキックから興梠が当てて、それを槙野がゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2点を返し、勢いに乗るレッズであったが、

もう1点が奪えず、2ー3の敗戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の3失点が重すぎた、という感じだが、

まあ、前半で帰らなくてよかった。(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2レグは今度の日曜日。

レッズが勝ち抜けるためには2点差以上の勝利、

または4点以上とって1点差の勝利が必要。

4ー3で勝つというスコアは現実的ではないが、

2ー0、3ー1はまだ「あり得る」ことではあるとはいえ・・・。

今のレッズに出来るかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ