ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.17

イニエスタ、ついにレッズ戦に登場

 医院の再開とともに再開したJリーグ。(泣)

神戸でのアウェイゲームは、DAZNで観戦。

むしろ当日は、サマーソニック2日目に行きたかったが、

やはり外来の混雑状況では15時半のランシドには間に合わなかった。

それより、足の小指が腫れて、靴がはけない!

イヌの散歩はビーサンでした。(T_T)

*******************************************************************************************

 2019年J1第23節

ヴィッセル神戸  3-0   浦和レッズ (ノエビアスタジアム神戸)

     (前半 1-0)

     (後半 2-0)
*******************************************************************************************

 3試合連続引き分けの不完全燃焼浦和レッズに対し、

神戸の方は2試合連続引き分け、6戦未勝利という「くすぶり対決」であったが、

蓋を開けたら、神戸の快勝、浦和の惨敗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツ2部ハンブルガーSVから移籍加入した元日本代表酒井高徳が

いきなりの先発で、大活躍、もたしかに神戸勝利の原動力ではあったが、

一番の要因は、やはりこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018年に来日し神戸に加入したバルセロナの手品師、

アンドレス・イニエスタはこれまでいろいろな事情で

対浦和戦には出場がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、満を持して(?)の初先発。

いやあ、やっぱりイニエスタはスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 35歳のロートルと思いきや、ボールのおさまり、さばき、

正確なキック、スルーパスから、強烈なシュートまで、

やっぱ、異次元だわ。

おまけに、前線から相手をつぶしに行く激しいボディコンタクトも見せ、

小手先のテクニックでなんとかしようということではなく、

サッカー選手のお手本のようなプレーぶりに感服いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいえ、1点も取れず、逆に失点にはならなかったが、

レッズのゴールポストにあたったシュートが3本(!)、

また西川のファインセーブに救われた場面が何本かあり、

大量失点していた可能性もあるレッズは、ヤバいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸に行った方は、お疲れさまだったなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.10

赤いチーム相手に3戦連続ドロー

 11日から16日が、当院の夏季休診、要するに私の夏休み、

ということであるが、

Jリーグの日程が、ちょうどそれを外したように

8月10日と17日に組まれている、というのはいかにも意地悪だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、10日が札幌、17日が神戸のアウェイゲーム、

もし夏休み期間中であれば観光もかねて観戦ツアーをしたいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やむなくDAZNで。

連休前の最終土曜日は、普段の土曜日より来院者が少なくあっさり終業。

 

***************************************************************************************

2019年J1第22節

北海道コンサドーレ札幌  1-1   浦和レッズ  (札幌ドーム)

      (前半    0-0)

      (後半    1-1)
***************************************************************************************

 札幌ドームはまだ行ったことがないスタジアム。

一度行ってみたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は小野伸二選手がFC琉球に移籍する壮行試合を兼ねている。

小野伸二といえば、言わずと知れた元浦和のエース。

1998年、当時まだ弱小チームだった浦和レッズに加入。

静岡県出身、小学生のころから天才の名をほしいままにし、

清水商からJリーグ入りするときは、地元清水エスパルスが有力視されていたが、

なんと、この弱っちい浦和レッズによく来てくれたものよ、と、

当時は驚きと喜びで話題であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 加入後、デビュー2戦目のアウェイ、

横浜フリューゲルス戦で初ゴールを記録するが、

この試合、横浜国際競技場のスタンドで、しっかりナマで見ました。

当時日本代表のGK楢崎正剛をいなすような落ち着いたシュートに、

感動と、今後の期待で胸が熱くなったことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、浦和に数々の勝利をもたらしてくれましたが、

2000年の浦和レッズJ2降格時も、J1のチームからのオファーを断り、

チームのJ1復帰の原動力になってくれたことを、

浦和レッズのサポーターは決して忘れません。

2001年、J1でのファーストステージ終了後にオランダ、フェイエノールトに移籍。

その後も2006年にいったんレッズに復帰しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズでの在籍は通算6年ほどだが、札幌も2014年に移籍だから、

こちらも、もうかれこれ6年目になるわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 監督は元レッズのペトロヴィッチ氏だし、

何となく因縁めいていてヤだな、と思ったが、

けっきょく、小野伸二の出番はなく、

浦和レッズサポもみんな「俺たちの小野伸二」だと思っているから、

試合が引き分けになったのもあって双方のサポーターが

暖かく、小野伸二選手を送り出せたのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合に関しては、レッズのポゼッションに札幌のカウンターという図式で入ったが、

札幌ドームは涼しいようで、前2戦よりは動きが良い。

見る方も楽だろうし、行きたかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、コーナーからエヴェルトンがヘッドで先制するも、

68分に鈴木武蔵のゴールで同点に追いつかれる。

鈴木武蔵には今年ホームでもやられているが、

浦和レッズ相手には相性がいいのか、

このシュートも身体能力の高さを十分に発揮した素晴らしいシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、鹿島、名古屋、札幌と「赤いチーム」相手に

3戦連続引き分け、勝ち点の積み上げが「1」ずつなので、

順位が11位に落ち、またボトムハーフ入りしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次節、また「赤いチーム」、ヴィッセル神戸と戦うわけだが、

そろそろ勝ってほしいなあ。

 

コメントはまだありません
2019.08.05

再び猛暑の消耗戦、引分けは拍手かな

灼熱の鹿島戦から中3日。

日曜日の午後7時キックオフのゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み中の日曜日の夕方、ということで

上り方面の渋滞はある程度予測して、早めに家を出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、館林インターから乗ったところで、いきなり渋滞にハマる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、羽生で事故らしい。

その先、岩槻手前でも事故があったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型連休や、夏休みは

普段クルマに乗らない人も高速道路を利用するので

普段より事故が多いが、

この日なんと、館林~岩槻間で5,6件の事故に遭遇。

ほとんどが、渋滞中の低速時に起きた事故らしく、大事故はなかったが、

大幅に時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、早めに出たのが幸いし、時間は充分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに暮れなずむ時間帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズ・ワンダーランドへと足を踏み入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番安いし、見やすいので、もっぱらここです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日の相手は名古屋グランパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順位はレッズの一個下の10位で、勝ち点差は2。

ということは、負ければ順位がひっくり返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、現在10試合連続勝ち星が無く、

最後に勝ったのは、5月12日のレッズ戦だとか・・・・(ーー;)

0-2で完敗した、あの試合か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこの暑さ。

ピッチ上は、さらにであろう。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************

 2019年J1第21節

浦和レッズ  2-2   名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-2)

   (後半 1-0)

*********************************************************************************

 

 

 

 

 

前回、水曜日にレッズと熱戦を繰り広げた鹿島アントラーズは、

昨日のゲームで、格下湘南相手に敗戦している。

やはり、コンディション面で、水曜日に試合があったチームと

休養をとったチームの差は、大きいようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時6分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開始直後早々に、コーナーキックを与える。

そういえば、鹿島戦では試合開始直後のコーナーで

いきなりクロスバー直撃でヒヤリとしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと思っていたら、そのコーナーキックをクリヤーしたボールから、

まさかの失点を許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、観客の中にも、試合観戦モードに入っていない人も多く、

なんだ、なんだという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間の失点はマズイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、中3日のレッズの動きは重い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなうちに24分に2失点目を喫す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま、給水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋は10戦ぶりの勝ち試合の期待に元気いっぱい。

このまま、前半が終わるか、と思われた前半ロスタイム、

ゴール前の波状攻撃から武藤がクロス。

ファーサイドの興梠がヘッドを振り抜き1点を返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興梠慎三、今季9点目、あと1点でJリーグ記録となる8年連続2ケタゴールになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、エース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、レッズも攻めるが、グランパスもきわどいシュートを放ち

何度か西川のファインセーブに救われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、猛暑のため選手のパフォーマンスは落ち、

ややオープンな展開に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの選手交代はまず60分橋岡に代え、山中。

山中は左サイドにはいり、関根が右にまわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その6分後つづいて、柴戸に代え長澤を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに76分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオに代え、杉本健勇がトップに入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今日のMDPの表紙は彼だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、得点を奪えず、ロスタイムに。

4分か・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロスタイムにドラマは用意されていた。

4分のロスタイムの3分経過時、

左サイドの山中のクロスに走りこんだのは

右からの関根、これを狙いすましてヘッドで合わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールはネット吸い込まれ、同点に追いつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グランパスは前節もガンバ相手に1点リードで迎えたロスタイムに

同点弾を食らって、勝ち点3を逃したらしい。

こたえるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の残り1分でレッズは猛攻を仕掛けるが、あと一歩及ばず。

最後山中のシュートはゴールをそれた。

レッズの得点は、前後半ともロスタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホイッスルとともにピッチに倒れこむ選手たち。

この猛暑の中の試合の消耗度を物語る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合であったかもしれないが、

この過酷なコンディションの中、最後までファイトした選手には拍手を送りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回短いインターバルで5日間のうちに2回現地観戦したわけだが、

今後はスケジュールの関係で、

すくなくとも9月末まではもう見に行ける試合はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日のリーグ戦や、火曜日のカップ戦はホントやめてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に現地で見られるのはいつになるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.02

猛暑の消耗戦、引き分けは拍手かブーイングか?

ミッドウィークだが、アジアチャンピオンズリーグ出場4チームの

積み残した第14節の試合が行われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、夕立の心配はなさそうだ。

それにしても暑い。ι(´Д`υ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともに赤をチームカラーとする2大クラブの激突。

なんか、不思議な空の色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな因縁の戦いでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季初対戦、しかし、この後、鹿島とはルヴァンカップ準々決勝での2戦が決まっており

アジアチャンピオンズリーグ、天皇杯を含めて最大7試合の対戦があるやも知れぬ。

 

 

 

****************************************************************************************

2019年J1第16節

浦和レッズ  1-1   鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-1)

****************************************************************************************

 

この夜、一番の歓声をもって迎えられたのは41番。

ヨーロッパから戻り、いきなり前節大活躍をした関根であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がるゴール裏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、平日というのに鹿島からもけっこう来てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主審は、西村氏。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始早々、相手コーナーキックからのヘッドがクロスバーを叩き、ヒヤッとするが、

その後すぐ、3分と5分にレッズも二度の決定機を作った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半と、後半に給水タイムが設けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はレッズがポゼッション優位にすすみ、何度かの決定機もあったが、

結局前半はスコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーズボールへのアプローチは明らかにレッズが良かったので

後半に期待が、もたれたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さのせいで、プレーに精度を欠き、決定機に決められない。

だが、それはアントラーズも同じで、

あわやというところでミスに救われる場面も少なからずあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、77分。

長澤が自陣で後ろ向きにボールを持っていたところを、背後からさらわれる。

第一波の攻撃は防いだものの、続く波状攻撃の中で

代わって入った伊藤翔にゴールを許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドからはGK西川がゴールから掻きだしたように見えたので、

また誤審か、と思ったが、帰ってDAZNで確認したら、

しっかりゴールラインを割っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、俄然苦しくなったレッズ。

前半から有効なパス供給のできなかったエヴェルトンに代え、杉本健勇を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日夜だがこの観客数。

たいしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうダメなのか、と思った88分。

決めたのは、やはり興梠慎三であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、山中のクロスに際し、中央の杉本がディフェンダーを引っ張ったことにより

ファーの興梠がフリーになったので、

杉本健勇の投入もゴールの一因ではあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、これで一気に盛り上がるスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝負の行方はレッズに傾きかけたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5分のロスタイムにも決めきれず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 灼熱の消耗戦は1-1の引き分けに終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合でもあったが、負けていてもおかしくない試合でもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、サッカーをやるには暑すぎる、ということはいえますね。

アントラーズサポも、赤いレプリカだが、イエローハットが目印。

なので、ワタシはカー用品はオートバックスに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.22

電車でDAZN

第20節、アウェイゲームのジュビロ磐田戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿での同窓会のため、翌日DAZNで見逃し配信で観戦、

ということは決まっていたのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、初めての試み。

*****************************************************************************************

2109年J1第20節

ジュビロ磐田  1-3   浦和レッズ (エコバスタジアム)

   (前半  0-3)

   (後半  1-0)

*****************************************************************************************

どうせDAZNで見るなら、帰りの列車で見てみようかと。

iPadとイヤホンを持って行った。

さすがに総武線では、落ち着かないので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北千住からの特急りょうもう号で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東武鉄道のWi-Fiはイマイチつながりが悪いけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、見られないことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、なんか、レッズ、調子良いぞ。

先週のマリノス戦とはまったく別のチームのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緩急を取り交ぜたパスがスムーズにつながり、

ボールへのチェックも早く、完全にジュビロを圧倒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、開始10分、2回目の決定機で先制。

長澤から興梠への見事なスルーパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリノスとジュビロの実力差なのか、レッズが進化したのか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、22分の2点目は復帰したばかりの関根のクロスを、

逆サイドから駆け込んだ橋岡がゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両ウイングバック間でのゴールは、チームの約束事ができている証だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらに32分。

中央突破から長澤がバランスを崩しながらも

かかとでボールをゴール内に転がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクニカルというよりは、前に進む推進力が生んだゴール、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいてジュビロはフリーキックくらいしか、チャンスが無く、

ほぼレッズのワンサイドゲームであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで、前半のうちに3-0のリード。

これは、電車でDAZN、調子いいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ここで電車が足利市駅に近づいたので、

後半は、自宅で観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、後半、流れはジュビロへ。

前半と後半で流れがガラッと変わることはよくあることだが、

何となくあのまま電車で見てればよかったともフト思う。

見逃し配信で、昨日すでに終わってる試合なので

実は結果はもう決まってはいるのだが、

心情的に・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、貯金が効いたおかげで、後半退場者が出ても

3-1で逃げ切れて良かった、良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは電車でDAZN、か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.14

「誤審」2発で負け

 今日の対戦は現在リーグ2位、

今季ホーム負けなし、今年のホームゲームでは0-3で完敗した

横浜Fマリノスとのアウェイゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビ中継はないので、DAZNでした。

**********************************************************************************************

2019年J1第19節

横浜Fマリノス  3-1   浦和レッズ (日産スタジアム)

   (前半  1-0)

   (後半  2-1)

**********************************************************************************************

 首位争いをするチームの好調さを示すように、

なめらかなパスワークでポゼッションをするマリノス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボール支配率は数字上は6割ちょっとだが、

見た目には8:2くらいでボールをキープされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自陣に押し込まれ、ほとんど攻撃することのできないレッズだが、

最終ラインで何とかしのぎ、失点を許さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この展開で、0-0ならば、レッズの優位ともいえる。

事実、31分にはカウンターから

左サイドのファブリシオが素早くゴール前に供給したボールが

相手ディフェンダーのあわやオウンゴールになりかけた。

ボールはクロスバーを叩き、ゴールはならなかったが、

この時点で横浜Fマリノスのシュート12本に対し、浦和は0。

シュート数0対12で先制したら痛快だったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、38分、攻めあがろうとした右サイド橋岡が、

ボール処理を誤って、いきなりすべって、コケた。

これを、パス1本でゴール前につながれて、失点。

いらぬ失点をしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半にはトンデモナイことが待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズが、少しずつ攻撃の糸口を見出し始めた後半15分、

マリノスの右サイドからのシュート気味のクロスが、

ゴール前に飛び込んだ、レッズ宇賀神とマリノス仲川に当たってゴール。

これが宇賀神にあたったのならオウンゴール、

仲川ならばポジションはオフサイドであったが、

なぜか松尾主審の判定は仲川のゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、判定が二転して、ゴールは一時オフサイドでノーゴールになり、

ボールがセンターサークルから西川のところに戻されたが、

再び、ゴールインの判定になった。

この間約8分間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リプレイで見れば、ボールはマリノスの仲川にあたっており

明らかなオフサイドである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-2となったが、その後もレッズはあきらめず、

後半24分、宇賀神のシュート性のボールが相手ディフェンダーにあたり

オウンゴール。

これで1-2になった。

思い出される湘南ベルマーレとの一戦。

レッズは逆の立場で逆転負けをした。

今回はその裏返しを、とおもったが、

そのレッズの思いを断ち切ったのは、またまた誤審であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半41分、レッズペナルティーエリア内で、

相手のシュートブロックに行った岩波がハンドをとられる。

しかし、リプレイで見ると、これは手ではなく顔面、顎あたりにボールが当たっている。

抗議もむなしく、PK決められ、1-3。

反撃の目も詰まれ、黒星を喫した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの、誤審による2失点が無ければ1-1のドローであった。

しかし、試合はひっくり返らない。

F1だと、レース後の裁定で、レース終了後に5秒ペナルティとか

優勝取り消し、なんてことはあるんだけど。

やっぱ、VARはあった方が良いでしょう。

コパ・アメリカでもビデオ判定してましたし。

これを機会に、Jリーグでの導入が進むと思う。

 

今回、公式ハイライトでは、

肝心な部分はやはり流されてますねー。(ーー;)

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.08

興梠、仙台キラーぶりを発揮し1-0で勝利。

 土曜日の夜は北朝鮮飯店のライブだった関係で、

現地観戦は出来ず、録画で見たこの試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、せっかくDAZNに再加入したのにテレ玉で放送あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせならDAZNで見るかと思いましたが、

自室のインターネット環境が悪く、中継がすぐ止まってしまうので、

テレ玉録画で観戦。

・・・・・まったく。

 

 

 

*********************************************************************************

2019年J1第18節

 浦和レッズ  1-0   ベガルタ仙台  (埼玉スタジアム2002)

   (前半  1-0)

   (後半  0-0)

*********************************************************************************

 今日の相手ベガルタ仙台の名前の由来はたしか七夕。

織姫である「こと座」一等星「ヴェガ」と

彦星こと「わし座」一等星「アルタイル」からとったはず。

そのチームと七夕EVEに対戦。

もっとも、由来のもとになった仙台七夕まつりは月遅れの8月ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、浦和レッズはこのベガルタ相手に今までホームゲームで負けたことが無い。

2002年から実に8勝4分け0敗。

くわえてエース興梠は「仙台キラー」である。

過去、鹿島時代の3得点を加えて仙台から17得点を奪っている。

ゴール率でいうと17試合で17ゴール、

浦和移籍後に限って言うと11試合で14ゴール、

実に1試合平均が1.27ゴールという高い得点率である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節、大分に手痛い敗戦をして組長の不敗神話がストップしたが、

ここはお得意様相手に、是非とも勝ち点3をとりたい試合であったが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DAZNではなくテレ玉で見たのが良かったのか、

1-0の完封勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、またも決めたのは興梠。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半42分、武藤のパスに、ウラに飛び出した興梠は、

ディフェンダーが追いつく前に、

日本代表GK、長身のダニエル・シュミットの上を超えるループシュートを

相手ゴールにおさめてみせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもこれで興梠慎三は浦和でのJ1通算ゴール数が92となり、

元日本代表FW福田正博氏が保持していた通算91ゴールのクラブ最多記録を更新した。

ちなみに鹿島時代を加えると141得点でこれは三浦知良氏の139点を上回り歴代6位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頼りになるエースであるが、

他のFWがパッとしないのが、ちょいと不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半15分に相手選手が2枚目のイエローで退場。

レッズは、この1点を守り、勝ち点3をとって10位。

だが、まだ、順位表ではボトムハーフから脱していないけど。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.07.01

DAZN再加入で見たものは・・・

先日DAZNが突然見られなくなったのは、

自動引き落としの預金残高が足りなかったための様でした。

そのため自動退会になっていて、

どうしようかな、このままやめちゃおうかな、とも思いそのまま保留。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コパ・アメリカはDAZNでしか中継がなかったのですが、

まあ、見なくてもいいか、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、土曜日夜の大分トリニータとのアウェイゲームは、

DAZNのみの中継であった。

JリーグタイムとGGRでもいいかなあ、とも思ったが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大槻新監督になってから、

フロンターレ戦ロスタイムの劇的同点弾、

サガン鳥栖戦ロスタイムの劇的勝ち越し弾、

アジアチャンピオンズリーグ第2戦で劇的逆転勝利、

と、スペクタクルなゲームを連発しているここのとこのレッズ。

やっぱり、この際、試合みたいなあとDAZNへの再加入を決意。

何より、この間DAZNでロスタイムの勝ち点3を見損なったのが

残念だったので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、手続きしようとすると

DAZNに再加入するとその日から月額料金がかかります、

という表示が出てくる。

じゃあ、たとえば、6月30日に加入すると

1日しかないけど6月一月分の料金が発生しちゃうんだろうか、

という不安があり、

念のため7月1日に再加入した。

セコイようだが、どうせ録画なら1日くらいは待ちますわ。

 

*****************************************************************************

2019年J1第17節

大分トリニータ  2-0  浦和レッズ (昭和電工ドーム大分)

   (前半  0-0)

   (後半  2-0)

*****************************************************************************

ああ、やっぱり、オレとDAZNは相性悪いのか。

DAZNで、見損なったサガン鳥栖戦は

ライブ中継で観戦したかったナイスゲームだったが、

わざわざ再契約して見たこのゲームは・・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアチャンピオンズリーグの勢いのまま

行けるかと思ったレッズだが、

中2日のアウェイゲーム2連戦は予想以上にきつかったようだ。

しかもアウェイの地は韓国から九州大分と移動距離ハンパなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて、梅雨真っ盛りの九州大分ドームは屋根を閉じ、

高温多湿で風も抜けない。

選手の体力の消耗は想像以上のようだ。

長らく大分はJ2にいたので、

レッズの選手はこのスタジアムでのプレーはあまり経験なかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうの大分トリニータの選手は地の利を生かし、

スタジアムの勝手もわかるうえに、

体力的にも前節から1週間のインターバルがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半、自陣にひいてパスを回し、

レッズの選手を走らせる形にしたのは、

大分の監督の意図的な消耗作戦であったかとも思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンスの数を見てもこの結果は妥当な敗戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わざわざ、再加入してみるべきでは無かったか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.30

敵地で蔚山を撃破し、準々決勝へ

 学会で名古屋に行ってた関係で、試合を見たのは翌日の夜であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホームゲームで1-2と2点のアウェイゴールを献上したレッズは、

2点差以上、あるいは3点以上取っての勝利が突破条件。

これは、かなりキビシイという戦前予想であった。

 

***********************************************************************************

2019年アジアチャンピオンズリーグ ノックアウトステージRd.16 第2戦

 蔚山現代    0-3     浦和レッズ  ()

      (前半 0-1)

      (後半 0-2)

***********************************************************************************

 しかし、蓋を開けると、戦前にイメージしていた状況とは多少違う点が明らかになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 韓国サポーターは日本チームに対して刷り込まれた敵対心を持っており、

アウェイゲームでは、そのスタジアムの雰囲気が、

アウェイチームにとってかなりのプレッシャーになることが予想されたが、

なんと、スタジアムはガラガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日のマッチデープログラムの情報で、

蔚山現代はチームとしては強豪だが、集客力がなく、

熱烈なサポーターはあまりいない、との情報があったが、

これはあまりに寂しすぎる。

レッズの場合、ウィークデイとはいえ天皇杯の2回戦でも

もうちょっとお客さんはいるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのサポーターは例によって、かなりの数が韓国入りしており、

勢いでは完全に圧倒していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて監督は、アウェイゴールを許さず、

逃げ切ろうという守備的作戦を選択した。

自陣に引きこもり徹底的にレッズの攻撃からゴールを守る作戦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今のレッズはこの間までの点の取れないレッズとは違う。

大槻組長に率いられた戦闘集団だ。

「ぜったい、敵のタマ獲って来いや。いてもうたれ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (本当にそういったかどうかは知らないが)

この掛け声に、次々と積極的な攻撃を仕掛けるレッズ。

蔚山はそれほどカウンターを狙ってくるわけでは無く、

ともかくグローブを上げて、ガードを固める構え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、相手ガードをかいくぐって相手顔面に強烈なパンチをヒットさせたのは

浦和のエース、興梠慎三であった。

とりあえず、最初のダウンを奪った形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トータルスコアは1-1のイーブンだが、

アウェイゴールの関係で、まだこのままではレッズは敗退である。

組長の目はキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、状況は大きく異なる。

次の1点が浦和に入れば、2-0で勝ち抜け、

その後1点取られても延長になるだけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、蔚山の監督は戦術を変えなかった。

アウェイゴールにかけたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、浦和に有利な条件がもう一つあった。

試合開始後から激しく降り続くこの雨である。

雨のゲームはミスが起こりやすく、守るチームは神経を使い、

攻めるチームに有利である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく粘った、蔚山であるが、後半35分に貴重な2点目を奪たのは

またしても、この男、30番の興梠であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、2回目のダウンを奪い、勝利の天秤は大きく浦和の方に傾いた。

次に1点を取られても、延長戦になるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大槻組長は、雨で曇るメガネに飲み水用のペットボトルの水をかけていたが、

とうとうメガネをとってしまった。

迫力あるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、組長の取った作戦は、ひたすらこの点差を守り切ることではなく、

ある程度バランスをとったうえで、カウンターで相手を脅かせ、というものであった。

そのために起用したのが、杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、杉本はその仕事をこなした。

杉本の丁寧な落としに、

勝負を決定づけるシュートを決めたのが、エヴェルトンであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半43分のゴールで相手は完全にノックアウト。

蔚山が勝つためにはロスタイムを入れて5分程度の残り時間で

3点を取らなければならないからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからは、

さながら立ち上がってファイティングポーズをとることができないボクサーに、

レフェリーが目の前で10カウントをとるようなものである。

試合は、このまま終了。

韓国の選手やサポーターがベンチや観客席から飛び出して

暴力行為を仕掛けることもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、劇的な逆転勝利でベスト8に勝ち上がった浦和レッズ。

このラウンド16をトータル180分のゲームと考えれば、

大槻組長の不敗神話は、まだ続いているともいえる。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.06.26

「G-Shock」ショックからの立ち直り

 この間のACL蔚山戦でダメージを負ったGショック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い外れた部分は回収したので、

一時はこれを瞬間接着剤でくっつけちゃおうかと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウレタン全体が劣化しているので、一時的に見た目は戻っても

他の部分もいずれ崩壊してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 G-Shockのウレタン部分は

加水分解によって劣化してしまうことが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくゆうワタシもG-Shock好きなので、10本あまり所有していましたが、

うち4本はウレタン崩壊によりオシャカになってしまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 G-Shockはタフな時計として1981年に企画、発売されたが、

コンセプトは「トリプル10」(落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年)。

ということは、外部のウレタンが10年で崩壊しても、

残念ながらそれはコンセプトに反していないのか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしこのG-Shockは浦和レッズ特別モデル。

2006年にリーグチャンピオンをとった時に発売されたモデルも所有しているが、

これは、その何年か前に発売されたもの。

ということは、すでに15年くらいは経過している。

優勝記念モデルは、ヤフオクでも時々見るが、こっちは、かなりレアものである。

現在、リズム時計が浦和レッズのスポンサーなので、

今後浦和レッズ仕様のG-Shockが発売される可能性は、ほぼ、無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このG-Shockは何とか復活させたい。

裸にすると赤でかっこいいけど、このままではボタン類が浮いているので、

実用化できない。

カシオのホームパージを見ると、このモデルは生産終了モデルで修理不能であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、困った時の「ヤフオク」。

さがしてみたら、ありました、G-Shock GW-300用ベゼル、新品、未使用。

送料も合わせると5140円もするけど、背に腹は代えられない。

さっそく、落札、届きました。

すごいね、インターネット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、装着して、見事復活。(^O^)/

だが、よく見ると上のシルバーの飾り部分が無い。

赤でG-Shockと書いてある上の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、以前の壊れたベゼルから取り出し、接着剤で「移植」しました。

これで、もと通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何とか、今夜のACL第2戦に間に合った。

これで、あと15年は使えるかな。

15年後は75歳。

もう生きてるかどうかもビミョーなので、ほぼ一生モノ・・・・・、か?

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ